FC2ブログ

『源氏物語』の面白さの秘密を探る│源氏物語「空蝉」講読 オープンカレッジ備忘録

『源氏物語』は面白いですね。
1,000年以上前に成立した物語ですが、いま読んでも抜群の面白さ。

長く読み継がれてきた理由は、筋書きや心理描写の巧みさもさることながら、読み返すたびに新たな面白さを発見できることでしょう。
以前は見過ごしていた部分に心惹かれたり、共感できなかった部分が腑に落ちたり…

読者の経験値により違った表情を見せてくれる、多面的な魅力に満ちた物語なのです。

『源氏物語「空蝉」講読』のオープンカレッジを受講しました


とはいえ、原文に触れたのは学生時代の古文の授業のみ。
54帖の大部分は現代語訳で読みました。

古典の中でも難解とされる『源氏物語』ですが、ぜひ原文に挑んでみたい…と思った矢先、タイムリーな企画が目に飛び込んできました。
某大学のオープンカレッジ。
テーマは『源氏物語「空蝉」講読』。

これを聴講しない手はありません。
同じく源氏好きの母を誘って出かけました。

結論から言うと、非常にエキサイティングで実りある講義でした!
受講して良かった!

ドニー教授のホットな源氏論


連続2コマの講義、最初の90分は「源氏物語とは何か」をざっくりと。
成立から、後世への影響、研究など…立て板に水の如く発する担当教授。
誰かに似てる?
…竹中直人だ!

周防正行監督の映画『Shall we ダンス?』のドニー青木を彷彿させるヴィジュアルと語り口。
熱いアクションと緩急自在の語り口で聴衆を飽きさせることがありません。

長大で難解な物語を理解する上で必要な知識を、簡潔に分かりやすく伝えてくださり、学生時代に得た「点」の知識が「線」でつながったような気がしました。

後半は、いよいよ「空蝉」の講読。
『湖月抄』などの注釈書を取り交ぜつつ、軽妙に語られる若き日の源氏の姿。

実のところ空蝉には関心の薄かった私ですが、改めて読んでみると陰影に富んだ面白い女性です。
ドニー教授の解説で54帖を制覇してみたいですね。

面白かったポイント 7選


1. 『源氏物語』は、本流(上流階級の女性)と傍流(中流階級の女性)の物語の組み合わせで構成されている

2. 『細流抄』で三条西実隆は『源氏物語』について (1)歴史書→資治通鑑である (2)道徳書→好色への戒めである (3)宗教書→悟りへの道である、と述べている

3. 昔の人は54帖の順番通りに読む事は少なかった
→縁起が良いからと、正月に「初音」を読んだりした

4. 源氏は母娘または、男系の親族の女性と関係を持つタブーは犯さなかった
→前者の例は夕顔と玉鬘、後者の例は正妻の葵の上(父帝の姉妹[三条大宮]の娘であった ※兄弟の娘は不可)

5. 本名の登場人物はたった2人(藤原惟光 と源良清)

6. 『源氏物語』とは結局、「A子がいいな、B子もいいな、C子もD子もE子、やっぱりF子がいいな!」という話である
→身も蓋もないが、それだけで終わらないところが長年愛されてきた理由だと思う

7. 平安京の朱雀大路は道幅82~84mもあった(羽田空港の滑走路や行幸通りより広い!)

雀百まで踊り忘れず


たっぷり3時間の講義を終え、すっかり王朝気分に浸った私たち。
かれこれ10年以上、先生について源氏を学んでいる母は、別の方の解釈に触れて新鮮だったようです。

「とても現代的、かつ男性ならではの視点を強く感じた」とのこと。
何事も多角的な視線で対象を捉えることは大切ですね。

帰宅して早速『源氏物語』をひもときました。
「いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに」
あぁ、これ!これ!覚えてる!

「桐壺」の冒頭を目にした瞬間、鮮やかに甦る学生時代の記憶。
雀百まで踊り忘れず。
独特のリズムに助けられ、するっと源氏の世界に入り込むことができました。

どの女人が好き?


登場人物で最も共感するのは「玉鬘」。
周囲に翻弄されつつも、持ち前の聡明さで、地に足の着いた幸福を得る姿を好もしく思います。

「源氏を受け入れない」ことで、逆に強い印象を残す「朝顔の斎院」や「空蝉」も味わい深いですね。

ヒロイン格の「紫の上」に関しては、生涯気の休まるときがなかった気の毒な女性というイメージです。
特に後年、源氏が女三の宮を正妻に迎えてからはドラマがぐっと深まります。

物語のキモは、葵の上や明石の君は子どもをもうけたのに対し、源氏最愛の紫の上は子どもに恵まれなかったこと。
源氏と紫の上をつなぐよすがが、ただ「愛」という移ろいやすいものだけであったことが『源氏物語』をいっそう面白くしているのです。

正妻という社会的地位もなく、子というかすがいもなく、きわめて不安定な立場にあった紫の上。

病に倒れてからの「あやしく、浮きても過ぐしつるありさまかな。げに、のたまひつるやうに、人より異なる宿世もありける身ながら、人の忍びがたく飽かぬことにするもの思ひ離れぬ身にてや止みなむとすらむ。あぢきなくもあるかな」の嘆きは、1,000年以上の隔たりを感じさせないほどリアルに響きます。

超訳するなら「源氏は私を“幸せ者だ”って言うけど、いつまで経っても悩みが尽きなくて、私はいつになったら安らぎを得られるの?あーやだやだ…」的な感じでしょうか?

人の心は昔から何ひとつ変わっていないのです。
この普遍性こそ『源氏物語』が今まで愛され、読み継がれてきた理由ですね。

連れ合いは末摘花がお気に入りだそう。
源氏を信じて待ち続けた一途さにほだされるらしいです。
晩年は二条院に引き取られ、穏やかな幸福をつかむのもいい、とのこと。
これも『源氏物語』の世界をつらぬく「因果応報」の表れですね。

皆さまは、どのキャラクターがお好きですか?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事
ザ・因果応報!源氏物語ダイジェスト│花組 新源氏物語
スポンサーサイト

心の栄養―『論語』再読

最近、『論語』を読み直しています。

普段、何気なく使ってる「温故知新」「不惑」「過ぎたるは及ばざるがごとし」「一を聞いて十を知る」。
これすべて『論語』に由来する言葉や言い回し。

遠くの友達が訪ねて来るときは「友、遠方より来たる」とか言ってみたりして。
ここまで頭と口に馴染んでいる『論語』。
もう一度ちゃんと読んでみようかな?と手に取ったら、面白いこと、面白いこと。

学生時代の漢文の授業では文法や訳に精一杯で、肝心の内容はきちんと頭に入っていたとは言い難いのですが、おとなになって読み返すと腑に落ちることが沢山。

人生の指針、自己啓発、また人間関係やビジネスにも役立つ言葉が詰まっているのですね。

世の中の様々な動きを見るにつけ、それと符合する孔子の言葉が浮かぶのが面白いところ。
たとえば、日々ニュースを賑わす不祥事の数々。
発覚した時点で適切に対応すれば速やかに収束するものを、発覚を免れようと隠蔽に走り、更に状況を悪化させる。

これらの問題はさしずめ『君子喩於義、小人喩於利(君子は義にさとり、小人は利にさとる)』でしょう。
“優れた人は物事の道理をわきまえて行動するが、道徳心に欠ける人間は損得だけで行動するものである”
と言った意味でしょうか。

目先の利益に目がくらみ、問題をごまかそうとすれば、かえって高くつく結果になる。
君子は一時的には損になろうとも、選ぶべき正しい道を進むものである。

他にも、『過ちて改めざる、是れを過ちと謂う』『学んで思わざれば則ち罔し。思うて学ばざれば則ち殆うし』など、頷ける言葉がいっぱい。

部下の育成に試行錯誤する連れ合いにも薦めたところ、熱心に読んでいます。
以前は「当たり前のことしか書いていない」と申しておりましたが、やはり社会人目線で読むと、学生時代とは異なる収穫があるようです。
今では何かというと、会話の中に孔子の言葉を引用している私たち。

ちなみに私が好きなフレーズは『君子はこれを己に求む』と『賢を見ては斉しからんことを思い、不賢を見ては内に自ら省みる』ですね。
常に謙虚でありたいものです。

それにしても、紀元前に生きた孔子の言葉が2500年後の現在も立派に通用するのは驚きです。
真理は普遍的なもの。
『論語』を手に取るたび実感します。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

軽井沢のセンセ、旅に出る。

浅見光彦シリーズで知られる推理作家の内田康夫氏が亡くなりました。

信濃のコロンボ、岡部警部、そして浅見光彦。
先生の筆から生まれた愛すべきキャラクターたちが紡ぐ世界。
読みやすく平易な文章、緻密なミステリ。
デビュー作『死者の木霊』の完成度の高さは衝撃でした。

自分がいつの間にか光彦さんの年齢を追い越したとき、なんとも言えない感慨を覚えたものです。
TVドラマシリーズで光彦役を演じた俳優の榎木孝明さん。
生みの親である先生をして「光彦がいる」と言わしめた彼がやがて、光彦の兄、陽一郎役で出演されたときも。

光彦さんは永遠の33歳ですが、物語は時の流れと共に、違った形で読者に寄り添ってくれる。
同じように感じている方は大勢いらっしゃると思います。
それだけ、ファンを惹きつけてやまない息の長いシリーズを書き続けられた先生。

数年前、軽井沢の『浅見光彦倶楽部(現在は浅見光彦記念館)』と、クラブハウス別館として建てられたティーサロン『軽井沢の芽衣』を訪れたのは懐かしい思い出です。
記念館には献花台が設けられるそうです。
日程など詳しくはこちらから。
浅見光彦記念館

ひとつの時代が終わった寂しさを感じますが、先生の作品は末永く愛され続けます。
多くの喜びを世に送り出してくださり、ありがとうございました。

軽井沢のセンセは旅に出られた。
きっと日本のどこかで、次なる一作の取材をしてらっしゃるのでしょう。
どうぞ、良い旅を!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**