FC2ブログ

2021年の抱負は「感じるままに、広く深く温かく」宝塚を楽しむ

新年おめでとうございます。
旧年中は大変な状況にかかわらず多くの方にご訪問いただき、誠にありがとうございました。

2020年「マイベスト宝塚」作品賞 TOP3/団体賞/作家賞/心に残る芝居/注目の生徒さん

「感じるままに、広く深く温かく」宝塚を楽しむ


2021年の幕開けは雲ひとつない快晴!
朝から嬉しいことが重なり、幸せな一年になりそうな予感がします☆*。

その勢いで新しい手帳をおろしました。
新鮮なインクの匂いが清々しくて大好きな瞬間です。

これからどんな日々が綴られるのか、わくわくします。
いつも観劇の感想を書き留めている巻末のメモ欄。
今年は真っ黒に埋め尽くしたいです。

「一年」という単位は素晴らしいですね。
過ぎゆく日々に区切りをつけて、365日おきにまっさらな一日が始まるように定めた先人たちの知恵に感謝します。

2021年の抱負は「感じるままに、広く深く温かく」宝塚を楽しむこと。
私の宝塚ファン人生で一番幸せな今。

目に見えるもの、耳に聞こえるもの、肌で感じるものを、あるがまま素直に受け止めたい。
視野を広く持ち、作品を深く理解し、温かな心で宝塚を愛したい。
そう思います。

すべての生徒さんがよいお役に恵まれ、持てる力を存分に発揮できますように。
すべての公演が滞りなく初日を迎え、無事に千穐楽を迎えられますように。

まだまだ予断を許さない状況ですが、皆さまどうぞお健やかに、楽しいヅカライフをお送りください。
本年もよろしくお願いいたします。

2021年1月1日 野口留香

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



\祝!1,000記事/宝塚ブログを続けて得られた3つの幸せ

こんばんは、野口留香です。
2016年のレビュー記念日に始めた宝塚ブログ『浪漫の騎士』。
おかげさまで1,000記事を達成しました!

大好きな宝塚歌劇についてのあれこれを残しておきたい!
おばあちゃんになって読み返したときに楽しめるものを!
そんな思いで始めて4年3ヶ月。
このブログは未来より先に現在の私へ、想像を遥かに上回る多くの喜びをもたらしてくれました。

ヅカ友の輪が広がった!


宝塚ブログを続けて得られた幸せは沢山ありますが、なんといってもヅカ友の輪が広がったこと!
これが一番の喜びです。

同じヅカファンでも、宝塚との距離感はさまざま。
必ずしも贔屓が同じである必要はなくて、劇団への想いや贔屓を応援するスタンスなど、価値観が近い方と知り合えるのが嬉しいですね。

コメントやリプでやり取りさせていただく皆さまも、宝塚愛あふれる温かな方ばかり。
勉強させていただくことも多く、楽しいです。

こんな状況ですのでゆっくり会ってお話しすることもままなりませんが、落ち着いたら思う存分、美味しいものを頂きながらヅカ話に花を咲かせたいです!

もっと深く楽しめるようになった!


ブログを始める前は漫然と観ていた私。
感想を残すようになってから、より深く楽しめるようになりました。
初回の気づきを二回目以降に反映して、さらにディープに観るのも面白いですね。

どうしてああなったのか?
あの人物の心の動きは?
より多くの情報を舞台から受け取れるようになり、作品の解像度が格段に高まったのは大きな収穫です。
いわゆる「目が開く」状態ですね。

もう一つの収穫は、書くことにより記憶が定着すること。
記憶力がザルを通り越して外枠しかない私。
書かないと片っ端から忘れちゃうんです。
文字にすることで脳みそに刻み込まれ、読み返すたびに観たものが鮮やかに甦ります。

私は世界で三番目に幸せな宝塚ファン!


昨日より今日、今日より明日、深く知れば知るほど幸せが増していく宝塚。
今の私は世界で一番…は言いすぎですが、二番か三番目に幸せな宝塚ファンだと思っています。
(おめでたいかもしれませんが、「幸せは自分で作る」と言いますし、そんなふうに思わせてくれる宝塚が好き☆*。)

今年はいつものようにいかないことが多い一年でしたが、寂しさを感じる暇もないほど舞台から沢山の愛と喜びとサプライズをいただき、心の底から幸せでした。
ファンからの愛の何倍も何十倍も深い愛を返してくださる生徒さん、劇団の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてなにより、飽きっぽい私がここまで続けてこられたのは、ひとえにお読みくださる皆さまのおかげです。
いつも本当にありがとうございます。
今後とも末永くお付き合いいただければ幸いです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

2020年の抱負は「朗らかに、熱く激しく面白く」―ファンが守るべき“すみれコード”

新年おめでとうございます。
よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。
旧年中は多くの方にご訪問いただき、誠にありがとうございました。

今年の抱負は「朗らかに、熱く激しく面白く」。

元ネタはもちろん宝塚歌劇のスローガン「朗らかに、清く正しく美しく」。
特に、リズミカルな三四五調の「清く正しく美しく」は宝塚を観たことがない方でも一度は耳にしたことがあるはず。

いかにも乙女の花園にふさわしい、潔癖な清々しさを感じる言葉です。
黒紋付に緑の袴の正装でキリリと立つタカラジェンヌの姿が思い浮かびますね。

ファンが守るべき「すみれコード」


宝塚歌劇団創設から100年余。
時代は変われど「清く正しく美しく」の理念は決して形骸化してはいません。
構成員すべてが女性という特異な芸能集団を守る最後の砦であり、指標となるべきもの。
そこが崩れてはいけません。

もちろん、これは劇団側だけに求めるものではありません。
ファンも「清く正しく美しく」を守らなくてはなりません。

自分は「すみれコード」を踏み越えていないか?
考えてみることが必要です。

一例としては、
・公式発表以外の生徒さんの個人情報の暴露
・生徒さんのプライベートの詮索
・生徒さんの肖像権、劇団発行物等の著作権の侵害

他にも、
劇場で観劇マナーを守ること。
ファン活動の決まり事を守ること。
「夢の世界」を壊さないためには、ファンの協力が必要不可欠です。

いつも心にすみれコードを!


宝塚が宝塚らしくあり続けるのに必要なのはファンの姿勢なのです。
相手にだけ自律を求めるのは片手落ちです。

いつも心にすみれコードを!
清く正しく美しくあれ!

しかし、「清く正しく美しく」を「べきである」と位置づけては、互いに息苦しいことになります。
言葉の意味を必要以上に限定的に捉え、逸脱を許さない頑なさの象徴にしてしまっては、誰のための、何のためのスローガンか分からなくなります。

小林一三先生のお言葉のエッセンスを汲み取るには、むしろ英訳の方が優れているかもしれません。
“Modesty, Fairness and Grace”

いかなるときも、謙虚に偏りなく、品のある態度を保つ。
自省を感じられる素敵な言葉ではありませんか?

朗らかに―晴れ晴れと明るい気持ちで


本来の「清く正しく美しく」は頭に「朗らかに」がつきます。
いつの間にか「朗らかに」が外れてしまいましたが、当初はこの文面だったそう。
しかし、この「朗らかに」こそ宝塚を愛する者にとって最も大切な精神が込められているように思います。

「朗らか」とは、心にこだわりがなく、晴れ晴れと明るいさま。

「朗らかに」と「Modesty, Fairness」に共通するもの。
それは他者への「赦し」。
おおらかな「お互いさま」の精神。

相手を尊重し、自分の考えを押しつけず。
これからも朗らかに心豊かに、人として宝塚ファンとして、あり続けたいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

「浪漫の騎士」ブログをマイナーチェンジしました(名前表記変更/広告表示撤廃)

こんばんは、野口 留香(noctiluca)です。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。

東京は10月とは思えない陽気が続きますね。
星組さんが日比谷で公演中だからでしょうか?

週末はなんと31℃予報!
何を着ていくか迷います…
外と劇場は暑いけど、地下鉄は冷えるんですよね~~

月が改まり、ブログをマイナーチェンジしましたのでご報告。
(大したことではありませんが…)

名前表記を変えました


ハンドルネームを「noctiluca(ノクチルカ)」から「野口 留香 noctiluca」に変えました。

他のブロガーさんで、いつも記事の最初に「こんにちは、○○です」と名乗ってらっしゃる方が多いんですよね。
なんでだろう?と思ってたんですが、謎が解けました。

誰が書いているか分かりやすくするためなのですね。
当ブログはPC版だとサイドバー最上部にハンドルネームを含むプロフィールが表示されますが、スマホだと本文の下になる仕様なのです。

たまにブログタイトルの「浪漫の騎士さん」と呼ばれることがあり、今更ながら個人名(noctiluca)が認識されていないことに気づいたという…(遅っ!)

ブログを書くなら、たとえ偽名とは言え、名前は大事。
顔の見えない、個別認識のできない“名無しの権兵衛”が書く記事では説得力がありません

実在の団体や個人について批評する観劇ブログなら尚のこと。
文責を明らかにする意味でも、しっかり名乗りを上げなければいけませんね。

もうひとつの理由は…
ありがたいことにブログを通じたお友だちが増えまして、劇場などで「noctiluca」と呼ばれると、自分じゃないみたいでちょっと気恥ずかしい 笑
(ピリッポス5世なんて名前にしないでよかった)
(初対面では本名を名乗ってますが、切り替えってなかなか難しいんですよね)

ブログ開設当初はこんなに長続きすると思わず、けっこう適当につけちゃったんですけど、もうちょっと呼びやすい名前にしておけばよかった~~

というわけで、表記を「野口 留香」に変えました。

広告表示が撤廃されました


夏頃よりFC2ブログから広告が撤廃されました。
もともとPC版は広告が少なくすっきりしていますが、スマホ版はやたらと広告が目立つ仕様で気になっていたのです。

友人たちには「何かの拍子にうっかりクリックしてしまう」と大不評でしたが、どうすることもできず。
FC2ブログは無料サービスなので贅沢を言ったらバチが当たる…
と思ってたら、なんと「広告表示撤廃」のお知らせが!

今年の8月1日から1年間の期間限定ですが、その後は「状況に応じて検討」とのこと。
ありがたい話です。
ご訪問くださる方に少しでも快適に読んでいただければ、こんなに嬉しいことはありません。

これからも「浪漫の騎士」と「野口 留香 noctiluca」をよろしくお願いいたします。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

宝塚ブログ開設3年目の人気記事ランキングTOP10

2016年9月1日のレビュー記念日に開設した当ブログ。
一昨日で丸3年を迎えました。

とぎれとぎれながら続けてこられたのも、ひとえにお読みくださる皆さまのおかげと深く感謝しております。

自己満足の覚え書きとはいえ、3年も積み上げれば一財産。
たまに読み返すと、その時々の舞台の感動が鮮やかに甦ります。
宝塚に対する自分の考えや楽しみ方の変化もつぶさに分かり、我ながら面白かったり…

思考は放っておけば雲散霧消しますが、形に残しておけばいつでもその足跡をたどれる。
「記録」の大切さを実感しています。

全642記事のなかで、皆さまの関心が高かった(閲覧数が多い)記事をまとめました。
1年目の結果はこちら↓
月組東京初日おめでとうございます!+ブログ開設1年目の人気記事ランキングTOP10

2016年9月-2019年9月│人気記事ランキングTOP10


1.星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖

2.美女たちの競艶、仙名彩世筆頭のエイト・シャルマン│博多座 Santé!!

3.「紅柳紅子の部屋」如月蓮の優しさと機転、天寿光希×輝咲玲央「星を継ぐ者たち」│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!

4.「好きだから」は理由にならない―“善意”による無邪気な侵害│宝塚歌劇団の「著作権」と「肖像権」

5.珠城りょうの「役者の目」―お茶会備忘録

6.めちゃくちゃ面白い異世界ファンタジー!サンファン個別感想(七海ひろき/輝咲玲央)│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

7.いい仕事してますねぇ!鉄壁の二番手、礼真琴について│ANOTHER WORLD

8.中の人(美弥るりか)が証言する!月組と星組の違い│15th ICHIGO-ICHIE リターンズ

9.観劇マナーは誰のため?―劇場にいるすべての人(役者も観客も)が気持ちよく過ごせるように

10.生田大和、会心の一作!紅ゆずる率いる星組に新たなる傑作誕生!│鎌足

今、最も宝塚ファンの関心を集めているのは誰?


星組5件、月組2件、花組1件、その他が2件。
個人では、OGの#美弥るりかさん、#仙名彩世さん、#七海ひろきさん、現役の#紅ゆずるさん、#如月蓮さん、#天寿光希さん、#輝咲玲央さん、#珠城りょうさん、#礼真琴さん、#朝水りょうさん、そして座付きの#生田大和先生のお名前が上がっています。

9月1日現在、礼真琴さんと朝水りょうさんは検索ワードランキングでもぶっちぎり。
皆さまの関心の高さがうかがえますね。
(1位 礼真琴、2位 紅ゆずる ディナーショー、3位 朝水りょう)

4位に「著作権・肖像権」、9位に「観劇マナー」についてがランクイン。
同じ宝塚を愛する者同士でも温度差の大きいテーマ。
誰のためのルールやマナーなのか?
根本に立ち返ってみることが大切ですね。

ブログ開設当初に比べ、一日の訪問者もグンと増えた今。
お時間を割いて読んでくださる皆さまに、少しでも有益な情報をお届けできればと思います。

温かなコメントをくださったり、ランキングや拍手ボタンを押してくださる方、いつもありがとうございます。
同じ宝塚を愛する方々と交流させていただけることが、何より嬉しく、励みになっています

新しい一年も、楽しく美しい思い出をたくさん残せますように。
どうぞよろしくお願いいたします。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**