FC2ブログ

美弥るりかという「価値」―男役集大成の佐々木小次郎│夢現無双

正統派男役から異端の女役まで幅広い人物を演じてこられたみやさん(美弥るりか)。
宝塚集大成のお役は剣豪・佐々木小次郎。
劇中で本阿弥光悦(千海華蘭)が小次郎の剣を「まばゆい」と評しますが、それはみやさんその人への評価に他なりません。

併演のショー『クルンテープ 天使の都』。
シンプルな黒燕尾をまとったみやさんの、ダイヤモンドの粒子をまぶしたような煌めき。
照明や衣装の力ではなく、体の内側から発光するような輝き。
千穐楽が近づくにつれ、どこか、この世の者ではないような神々しさすら感じられます。

美弥るりかという「役者」


初めてみやさんのお芝居に注目したのは、2012年秋の『愛するには短すぎる』のアンソニー。
華奢で小柄な体から発せられた、思いがけず太い声が印象に残っています。

声色や台詞回しが星組の柚希礼音さんそっくりで、やはり育ってこられた組のトップさんに似るのかな?なんて思いながら観ていました。
しかしまもなく、誰でもないみやさん自身の魅力に気づかされたのです。

まさおさん(龍真咲)演じるフレッドとの息ぴったりの掛け合い。
軽妙洒脱な持ち味が合うのか、まさるりコンビは観ていて楽しい気持ちになりますね。

時は過ぎ、珠様(珠城りょう)がまさおさんの後を継いで、月組に新たな名作が次々に生まれました。
『グランドホテル』『All for One』『BADDY』…
作品の成功に大きく貢献したのは、みやさんです。

みやさんをひとことで表すなら、“フェアリータイプ”の男役さんでしょうか?
みやさんがお好きな涼風真世さんもこのタイプでした。

中性的な容姿に反して、芸風は骨太。
そんなところもよく似た二人であるように思います。

新生月組第一作は涼風さんの卒業公演となった『グランドホテル』。
みやさんのお役は涼風さんが演じられたオットー・クリンゲライン。

華やかで溢れんばかりの色気が魅力のみやさんが瀕死の簿記係?
初めはそう思いました。
しかし、蓋を開けてみれば、そこにいたのは限りある命を精一杯に燃やし、明日への希望を信じるひとりの人間でした。
愛を信じ、友を信じ、やがて生まれる新しい命を慈しむことができる男。

色気も美貌も封印して挑んだオットー役。
男役の垣根を超えた「人間」を演じたみやさんの芝居が心の奥深くに染み入りました。

「役」は「中の人」の写し鏡


オットーの真逆がスイートハートです。
宝塚ファンを熱狂の渦に巻き込んだ『BADDY』。
最大の立役者はみやさん演じるスイートハート。
初めて観た日の衝撃は忘れません。

色香も美貌もフルスロットル。
男役・美弥るりかの魅力、唯一無二の個性を最大限に活かしきった役と言えるでしょう。

スイートハートというキャクター無しで、果たして『BADDY』はあそこまでの狂乱を生み出し得たのか?

美しく妖艶でありながら骨太。
男性と女性の粋を集めたようなキャラクター。

オットーとスイートハート。
自由自在に色気を出し入れする変幻自在の役者、美弥るりか。
「役者」というより「人」ですね。

役は、それを演じる「中の人」以上の存在にはなれない
優れた役を演じるには、役者自身が優れた人間でなければならない。
そう思います。

観るのはひたすら舞台だけ。
スカイ・ステージはおろか、紙媒体もごくまれにしかチェックすることのない私ですので、みやさんの人となりは存じませんが、お人柄は演じる役に表れると感じます。
そういう意味で好きな役は『雨に唄えば』のコズモかな?

「MAKE 'EM LAUGH」の笑いを含んだいたずらっぽい目つきが忘れられません。
くりくり動く猫のような瞳、軽やかな身ごなし、豊かな表情。
前向きな心、抜群のひらめき、逆境にくじけぬ明るい強さ。
さりげなく誰かに手を差し伸べることができる優しさ。
観ていて自然に心がうきうき軽くなる、自然体で力みのない芸。

本名のみやさんもこんな感じの方かな?と想像してしまいます。

美弥るりかという「価値」


集大成の佐々木小次郎。
端的に言えば「美弥るりかだから成立した役」ですね。

より多くのエピソードを描くことに筆が割かれた分、中心となる人物たちの書き込み不足が否めない『夢現無双』。
しかしながら、わずかな点と点を結んで線と成し、主人公・武蔵の人生を遠隔的に支配する佐々木小次郎という男を強く印象づけたみやさんの手腕は見事です。

武蔵の憧れであり、友であり、好敵手であった小次郎。
主人公に「この頂まで上がって来い」と言えるだけの度量。

なにより、劇場中の空気を一気に「美弥るりか色」に染め上げる存在感。
姿、声色、佇まい…
出てくるだけで「只者ではない」「物語の芯となる人物であろう」と思わせる説得力。

言ってしまえば、小次郎は美弥るりかという特異なタカラジェンヌの在り方に、すべてが委ねられた役なのです。

ただそこに在るだけで多くのものを観客に与えることができる役者。
それこそが美弥るりかの「価値」です。
舞台を通して沢山の喜びと希望をくださったことに感謝の気持ちしかありません。

ご卒業までまもなく。
完全燃焼の晴れやかな千穐楽となりますように。
そして、その先も、より豊かな輝きに満ちた道を歩まれますように。
心より、ありがとうございました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
似た者同士のふたり―月組の芝居巧者、祇園藤次(輝月ゆうま)とお甲(白雪さち花)│夢現無双
飢えが欲しい、渇きが欲しい│夢現無双
「たまき」が咲いて、まもなく『夢現無双/クルンテープ』東京初日の幕が開く
イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双
スポンサーサイト



『BADDY』人気、いまだ衰えず―スイートハートとキャベツと理想都市の狂気

近頃、検索ワード『BADDY』で当ブログを訪れてくださる方が増えています。
NHK放送の余波でしょうか?

とりわけ多いのが、みやさん(美弥るりか)演じるスイートハートに関するワード。
2位に「baddy スイートハート」、3位に「バッディ スイートハート」、5位に「美弥るりか スイートハート」。
(ちなみに4位は「baddy 歌詞」とBADDY尽くし)

もともと「BADDY」や「スイートハート」のワードでお越しくださる方は多かったのです。
しかし、放送後は引きも切らず…の勢い。

なぜこれほどまでに『BADDY』が人々の関心を惹きつけてやまないのか?
ひとつは「スイートハート」の魅力によるものでしょう。

* * *

公演当時から大きな話題を呼んだスイートハート。
宝塚歌劇としては異色。
しかし、美弥るりかの美貌、濃密な色気、男女を違和感なく演じ分ける唯一無二の個性が十二分に発揮された役となりました。
幕が下りて半年過ぎても衰えぬ人気。
これはもう「当たり役」と言って良いでしょう。

「男役が演じる役」としては賛否両論ありますが。
スイートハートは剛柔併せ持つ美弥るりかならではの役であったこと。
ファンに愛され、いつまでも話題に上るならば、役者冥利に尽きるのではないでしょうか?

好むと好まざるとにかかわらず、彼女の色を最大限に活かしきったキャラクター。
毎度毎度このような役を当てられては困りますが、たまにならアクセントで良いでしょう。

とりわけアクセス数が多いのがこちら。
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
だいぶ古い記事ですが、いまだに毎日多くの方がお読みくださいます。
宝塚ファンのスイートハートへの関心の高さがうかがえますね。

登場まもなく、熱い口づけを交わすバッディ(珠城りょう)とスイートハート。
その光景を目の当たりにして卒倒するピースフルプラネットの民、グッディ(愛希れいか)とポッキー(月城かなと)。

これはちょっと引っかかってました。
この小さなエピソードは何を意味するのか?

グッディたちがショックを受けたのはタブーを目にしたから?
ピースフルプラネットに性的少数者が居ないことはなさそうです。
「完全に存在しない」のであれば、月からやって来た男たち(?)のキスシーンを見ても無反応でしょう。
初めて知る光景なのですから。

グッディらの卒倒は、受けた衝撃の大きさを物語ります。
ピースフルプラネットで同性愛は相当重いタブーなのでしょうか?
「異性愛以外の愛=悪」として鎮圧(排除)されてきたのだとしたら?

* * *

話は変わりますが、中世ヨーロッパの上流社会ではキャベツやカブは貧民の食べるものとして蔑まれていたとか。
お上品ぶったご婦人方はキャベツを調理する匂いが漂っただけで卒倒してみせなければならなかった、と何かで読んだ記憶があります。
それがレディのたしなみだったのですね。

さて、お上品な方々はどうして知りもしないキャベツ料理の匂いを知っていたのでしょう?
知らなければ嗅ぎ分けようもないではありませんか?

知っていたのです、レディたちは。
キャベツの味を。
知っていてなお「慎み深い私はキャベツの味など存じません」と澄ましていたのです。

* * *

公演真っ最中は書くのをはばかられましたが、実のところ、ピースフルプラネットにおける「性愛」の扱いはどのようなものか気になっていたのです。
たかがショーにそこまで設定は必要はないでしょうが、モチーフとして同性愛のタブー視を扱うのであれば、作者の考えを知りたいものです。

生殖目的以外の性行為は禁忌なの?
愛を交わすため、快楽のためだけの行為は許されないの?

「慎み深い私たちは目的以外の性愛の味など存じません」

支配が閨房にまで及ぶのであれば相当に狂った社会です。
「全世界、緑化成功!」と脳天気に叫んでいる場合ではありません。

案外これも狂気の世界を形作るモチーフのひとつだったりして…
粛清され、排除され、犠牲となったものたちの血を養分に咲き乱れる花々。
怖いですね。
(そもそも気候風土が異なる地球全土を全面緑化というのも乱暴な話です)

綺麗なもの、心地よいものだけに注意を向けさせる。
その下に埋められた不都合なもの、醜悪なものから目をそらさせるための花畑。

異質への不寛容、一方に偏った正義の押しつけ。
花畑の満開の下には、切り捨てられたもの、「悪」として封じ込められたものたちの怨嗟が眠っているのです。

しかし、どんな状況に置かれても不当な圧力に屈しない人々は存在するものです。
その筆頭が、からんちゃん(千海華蘭)演じるシェフ。

彼が働く「ブルーラグーン」は単なるレストランとは到底思えません。
アルコールやタバコはもちろん、確実にそれ以外のサービスも提供しているでしょう。

嗜好品や性への欲求。
人間の欲望に関わるすべてを抑圧しようとする行為こそが「悪」である。
からんシェフは、月からやってきた男たちと呼応する、ピースフルプラネットの内なる「悪」であり、“Be Free!”を叫ぶひとりなのです。
※関連記事はこちら↓
善か悪か?白か黒か?の世界に潜む「グレー」―千海華蘭のシェフ│BADDY

『BADDY』の世界の「善」は行き過ぎて「悪」であるようにも感じられます。
「善」のみでは息が詰まる。
「悪」のみでは生きにくい。

互いを許容し、譲り合う精神。
善悪も白黒も入り乱れたグレーの心を持つことが、もっとも必要なこと。
『BADDY』はそう伝えているように思えます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○BADDY関連記事はこちら↓
上田久美子先生、“珠城りょう”をぶっ壊してくれてありがとうございます!│BADDY
善か悪か?白か黒か?の世界に潜む「グレー」―千海華蘭のシェフ│BADDY
世界よ、宇月颯色に染まれ―炎のデュエットダンス│BADDY
自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

「スイートハート」という花がある!

みやさん(美弥るりか)ファンの皆さま!

「スイートハート」というお花をご存知ですか?

そう、宝塚ファンの度肝を抜いた痛快ショー『BADDY』で、みやさんが演じ、好評を博した「スイートハート」役と同じ名前!

いつも素敵なお花情報を教えてくださるw様に伺いました。
お許しをいただきましたので皆さまにもおすそ分けいたしますね。

どんなお花だと思います?
なんと、すみれなのです!
すみれといえば宝塚歌劇を象徴するお花。

しかも、虹色スミレというシリーズだそう。
虹のようにカラフルなバリエーションを楽しめるということでしょうか?
夢のある素敵なネーミングですね。
サカタのタネ 園芸通信│パンジー 虹色スミレ スイートハート

「スイートハート」は鮮やかなピンクと白のグラデーション。
みやスイートハートのベルベットスーツを思わせる艶やかな色合いですね。

アンドロギュヌスな美貌と熟練の男役芸を兼ね備えた、みやさんならではの魅力が200%発揮された役、スイートハート。
素晴らしい当たり役でした。

他にも、「ムーンライト」「ラブリームーン」など月組ファンには嬉しいラインナップ。
サカタのタネ│虹色スミレの特性 各色のご紹介

↓こちらは虹色スミレではありませんが、『TAKARAZUKA 花詩集100!!』のロケットを思わせる花。
あのお衣装可愛くて大好きでした。
img-20181025_1.jpg
「るりたまあざみ」や「グランドホテル」「天津乙女」…
宝塚に関係するお花を見つけては喜んでいる私。
w様はこのような楽しみ方を「お花で宝塚遊び」と仰っていました。
優美な言葉ですね。
私も真似して使わせていただこうと思います。

宝塚とゆかりの深い花、すみれ。
歌劇とすみれにまつわるあれこれについては改めてまとめたいと思います。

○関連記事はこちら↓
「るりたま」という名前の花がある!
「たまき」という薔薇がある!
望海風斗×真彩希帆コンビにぴったり!「希望」という薔薇がある!│神代植物公園 秋のバラフェスタ2018

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

珠城りょうに心奪われた瞬間│月雲の皇子

珠城りょう様、お誕生日おめでとうございます。

10月4日の誕生花はカンパニュラ。
img-20181004_1.jpg
花言葉は「誠実」「感謝」。
珠様のお人柄に重なりますね。

さて、私が珠様に心を奪われたのはいつだったのか。
これは、はっきりしています。
忘れもしない、2013年5月5日のバウホール公演『月雲の皇子』でした。

もちろんそれまでも月組の舞台は観ていましたし、珠様のお姿も目には入っていたのですが、心惹かれるまでには至らず。

長年のヅカ離れから復活したのが2011年の『アルジェの男』。
『エドワード8世』のメンジーズでは「膝下の長い子だなぁ」と感じた覚えが。
思えば、ここで初めて珠様を個別認識したようです。

『ロミオとジュリエット』の死では「存在感のある子だな」と。
『ベルサイユのばら』のジェローデルは、白タイツに包まれた太ももの張りに目を奪われ。
(なんだかんだで結構気になっていた様子)

積極的に彼女のお芝居に注目し始めたのは『春の雪』の本多繁邦でしょうか?
主人公、松枝清顕(明日海りお)の親友。
原作の『豊饒の海』では全編通して登場する、キーパーソンとなる大きな役。

若者らしい苦悩、清顕への屈折した想い、その瑞々しさに引き込まれました。
カンパニー全体としても非常に若々しく、清新なエネルギーに満ちた気持ちの良い舞台でした。

そして、いよいよ『月雲の皇子』。
この期に及んで、まだ私の関心は珠様にはありませんでした。

実はモチーフである『古事記』の「衣通姫伝説」に惹かれ、遠征を決意したのです。
(ちなみにバウホールデビュー)
しいて言えば、『春の雪』で綾倉聡子を演じた咲妃みゆさんの上手さが印象的で、彼女が衣通姫ならば…という気持ちもありました。

結果的に私はこの作品で、月組と珠城りょうの芝居の魅力の虜になったのです。

ひたひたと心に染み入るような冒頭のモノローグ(夏月都さん?)。
恐ろしく研ぎ澄まされた台詞。
一字一句を聞き逃すまいと、息を詰め見守る観客。
瞬きするのもはばかられるほど静まり返った劇場。

役者の呼吸が自分の呼吸と同化するような、「お芝居を観ている」ことすら忘れる舞台。
素晴らしい体験でした。
(この公演を観に行こうと決めた自分グッジョブ!)

もしも、上田久美子先生が珠城りょう初主演作に『古事記』を当ててくださらなかったら。
今の私はなかったでしょう。

また、はばかりながら珠様にとっても『月雲の皇子』という作品、「木梨軽皇子」という役がなければ、現在に至るまでの道のりもまた違ったものであったかもしれません。

* * *

あれから5年。
上田先生は珠様率いる月組に新たな道筋を示してくださいました。
『BADDY』です。

青く、傷つきやすい果実にも思えた木梨軽皇子。
経験を積み、徐々に色づき、熟れ始めの甘い香りを放ち始めたバッディ。

『BADDY』の刺激が宝塚ファンにもたらした衝撃は、皆さま記憶に新しいところかと思います。

節目節目に目覚ましい飛躍のきっかけを与えてくださる上田先生。
優れた作品を引き当てる運の強さも、珠様の役者としての才能。

盟友ちゃぴちゃん(愛希れいか)を見送り、新しい相手役さくらちゃん(美園さくら)を迎え、次なるステージへ進まれる珠様。
これから先、どのようなお姿で魅せてくださるか、期待で胸が弾みます。

新しい年も、お健やかに。
素晴らしい作品に恵まれますよう、心よりお祈り申し上げます。

○関連記事はこちら↓
月の申し子!?奇跡のタイミングで誕生日を迎えた月組トップスター珠城りょう
【RT1004】珠城りょうさん、お誕生日おめでとう!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

エリザベート!カンパニー!BADDY!宝塚のアミューズメントパーク「歌劇の殿堂」に行って来た!

大劇場観劇のお楽しみのひとつは、なんといっても『歌劇の殿堂』。
歌劇の歴史を学んだり、企画展を楽しんだり、遠征の際は必ず立ち寄る大好きな場所です。

今回の企画展はこちら。

●第14回企画展「エリザベート展」
■会場:宝塚大劇場内 宝塚歌劇の殿堂3F(企画展ゾーン)
■日程:2018年8月24日(金)~12月14日(金) 月、宙、雪組公演期間中
宝塚歌劇の殿堂では、2018年8月24日より第14回企画展「エリザベート展」を開催いたします。本展では、1996年の初演から好評を博し、再演を重ね、名実ともに宝塚歌劇を代表する人気ミュージカル『エリザベート』の魅力を貴重な舞台写真や映像、衣装などとともにご紹介し、その軌跡を振り返ります。皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。[公式サイトより抜粋]


入り口では10人のトート閣下が出迎えてくださいます。
モノクロのアップ画像と公演年が入った縦長の垂れ幕。

20年以上の歴史が詰まった展示は見応え充分。
小池修一郎先生による各組公演の解説がとても良かったです。
それぞれの組、それぞれのトップスターへの温かいコメント。
エリザベート初心者の私にとっては勉強になることがいっぱい。
じっくり拝見しました。

当たり前ですが、同じ脚本・音楽であっても演者が違えば、決して同じ作品にはならないのですよね。
舞台はなまもの、一期一会の出会いを大切に、各公演を観たいと改めて思います。

映像コーナーでは、歴代のトート閣下(珠城りょう除く)の歌い継ぎによるダイジェストが観られます。
私のNo.1トートは初代の一路真輝さんですが、春野寿美礼さんも素敵ですね。
連れ合い曰く、春野トートはファンの間でも人気が高いとか。
それを聞いて、ますます生で観たかったと思いました。

興味深かったのは、初演時、宝塚版に改変する上での苦労話。
小池先生とウィーン側のスタッフの間で禅問答のようなやり取りが繰り広げられたとか。
また、小池先生から一路さんに「できるだけ男役らしい格好で来るように」とご指示があったそう。
その言葉にピン!ときて、めいっぱいお洒落して出かけられたという一路さん。
当時の緊張感、手探りでの日本初演の空気が生々しく伝わってきました。

* * *

併設の『現在の宝塚歌劇ゾーン』では、前回の月組公演『カンパニー/BADDY』の衣装や小道具、舞台写真などが展示されています。
スペースの都合により、恒例の背負い羽根体験はありませんが、代わりにタバコシャンシャンを持って記念撮影ができます。
img-20180825_14.jpg
煙がしっかりモクモクしていることに感動!
壊れやすいそうで、開いて扇形にすることはできませんが、バッドな気分を味わえて楽しいですよ。
お時間ございましたら是非どうぞ。

小道具展示も見どころいっぱい。
バッディ(珠城りょう)登場シーンの宇宙服のヘルメット。
バッドボーイズが「ちょきちょきペタペタ」した偽造パスポート。
女王様(憧花ゆりの)の肖像入り紙幣。
ポッキー(月城かなと)の爆破スイッチ。
スイートハート(美弥るりか)のマシンガン。

バッディとスイートハートのタバコ。
例の貰い火シーンを思い出して、ドキッとしちゃいました。

ところで公演中からずっと気になっていたのですが、バッディのリゾートウェアって厚着すぎやしませんか?
足元ブーツだし。
アロハシャツ+短パン+ビーチサンダル+浮き輪の珠様が観たかったなぁ。

ちなみに、「い~ま~帰ったよ~~ん」の折り詰めはありませんでした!残念ー!

○エリザベート関連記事はこちら↓
珠城りょう×愛希れいか、魂を分け合ったトートとシシィ│エリザベート
月組に、いい風が吹いている│エリザベート
久々の聖地巡礼!宝塚大劇場月組『エリザベート』公演メニューレビュー
「父なるトート、母なるトート」圧倒的な力強さと包容力を併せ持つ珠城トート│エリザベート
どこのミュージアムですか!?―「死と乙女」珠ちゃぴエリザベート画像解禁
翔ぶがいい、カモメよ―愛希れいかの卒業
ミュージカル『エリザベート』マニアが辿るシシィの足跡と、その夫フランツ・ヨーゼフについて│ウィーン旅、土産話
自分史上最高のトート役者は誰?25年来のエリザベートファンと考えた
北翔海莉トートが観たい【エリザベート妄想キャスティング】
まぁ様のイメージが覆ったパッショネイトなトート!宙組『エリザベート』
真風フランツがとっても良かった!宙組『エリザベート』
初めてのエリザベート生舞台&ルキーニアドリブ
エリザベートデビューします!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**