FC2ブログ

胸キュン担当、コンデュルメル夫妻(柚香光・鳳月杏)+好きな台詞Best3│CASANOVA

『CASANOVA』は、花組そのものの魅力を楽しむような作品ですね。
明るく華やかに心浮き立つ舞台。
難しいことを考えず、ただ劇場の空気を楽しめば良い。

ストーリーは平易ですが、ひとりひとりのドラマがきちんと描かれ、薄味ではない。
満足度の高い作品だと思います。

カサノヴァ(明日海りお)・ベアトリーチェ(仙名彩世)編に続き、コンデュルメル夫妻の感想を。
愛!愛!愛!明日海りおと仙名彩世の愛があふれる大人のおとぎ話│CASANOVA

胸キュン担当、柚香光


れいちゃん(柚香)演じるアントーニオ・コンデュルメル・ディ・ピエトロ。
国事犯審問所の審問官というシリアスな役どころと思ったら、なんだか様子がおかしい。

子分たちとぴょんぴょん飛び跳ねる辺りから「あれ?」となり…
ベアトリーチェの部屋でカサノヴァを取り逃がし、「おまえのスッとした鼻筋をバッキバキにへし折ってやる!」とかなんとか言い出した頃、ようやく分かりました。
あぁ、そういう人なのね 笑、と。

クールなルックスのれいちゃんだから余計に面白く、妙な愛おしさがわきますね。

軽いタッチの作品なので、二幕にハンカチは要らないだろうと思ったら大誤算。

夫との愛に絶望し、死に至る薬をあおるコンデュルメル夫人(鳳月杏)。
意識を失った妻に向けて放った「ロザリア!」。
これは反則!
キャスト一覧にもないファーストネームをここで呼ばせる!?
ものすごい破壊力でした~~
生田先生、さすがです!

「ロザリア」、そして「誰か助けてくれ」の悲痛な叫び。
なりふり構わぬコンデュルメルの姿に胸がキュンとしました。

めちゃくちゃ愛し合ってるじゃないですか!この夫婦。
カサノヴァの手により息を吹き返したちなつさん(鳳月)の「私が夫を支えてまいります」で涙腺崩壊。

土壇場で気持ちが通じ合って本当に良かった!
末永くお幸せに~~

一粒で二度美味しい、鳳月杏


素直じゃないにも程があるコンデュルメル夫妻。
一体何がどうなって、あそこまでこじれたのか。

夫が振り向いてくれず、ついつい黒魔術に走ってしまった妻。
アントーニオに涙薬は与えても、惚れ薬は与えないところにロザリアの想いが表れているように思います。
薬の力で得られる愛など無意味。
妻は夫の心からの愛を欲していたのです。

愛の証(?)に無理難題(カサノヴァの身柄を要求)を押し付けるのは幼稚な自己満足ですが、そんな形でしか夫の心を試せないのは悲しいものです。

自分の指に光る指輪と同じものが夫の指にもあることに気づいていなかったのでしょうか?
それこそがアントーニオの気持ちの表れだったというのに…

ちなつさんの持ち味のひとつに「妖艶」がありますが、コンデュルメル夫人はその特性が最大限に活かされたお役でした。
単に妖艶なだけでなく、魔性の奥に無垢と可憐が見え隠れするのが最高。

センシティブで壊れやすいロザリアの本質は、独白のようなソロパートによく表れていました。
こんなに艷やかな歌声を隠し持ってらしたなんて!

夫人役以外の出番も見どころ。
先に観劇した友人からポイントを教えてもらったので見逃さずに済みました。
冒頭の市民の男とフィナーレ男役群舞。
特にフィナーレ、コンデュルメル夫人仕様のダークレッドの唇をした男役姿の倒錯感と言ったら!

女役も男役も、一粒で二度美味しいちなつさんでした。

好きな台詞Best3


Best3と言っても順位はないのですが、個人的名台詞を3つ選びました。

ひとつめは、カサノヴァの義父ブラガディーノ卿(航琉ひびき)の「こんな形でしか愛せない」と、執事の「立派な父親でございました」。
短いながら、人の情けが心にしみるシーンです。

ふたつめは、コンデュルメルの「ロザリア!」。
撃ち抜かれました!

みっつめは、カサノヴァとベアトリーチェの最後のデュエットソング。
みりゆきの関係と重なるような歌詞。
とどめは「あと1日、恋人として過ごしたい」。
生田先生~~~!!!
大千穐楽は号泣必至ですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『CASANOVA』関連記事はこちら↓
愛!愛!愛!明日海りおと仙名彩世の愛があふれる大人のおとぎ話│CASANOVA
愛が試される!?~ヅカファンには笑いと勇気が必要だ~│CASANOVA
スポンサーサイト



綺城ひか理さん・飛龍つかささん、おめでとうございます!鳳月杏さん、おかえりなさい!

劇団からちょっと遅めのお年玉!?
花組関連の大きな発表が6つもありました。

演目について3つ、生徒さんについて3つのニュース


1.バウホール公演『Dream On!』
2.赤坂ACTシアター公演『花より男子』
3.横浜アリーナ公演『恋スルARENA』
4.鳳月杏さんが月組へ組替え
5.芽吹幸奈さんが次期花組副組長に就任
6.華優希さんが次期花組トップ娘役に就任

凄いですね、まさに怒涛の勢い。
まずは、芽吹幸奈さん、華優希さん、おめでとうございます!

そして、新トップコンビお披露目は横浜アリーナ!
宝塚で使われるのは初めてでしょうか?
収容人数は17,000ですって。
これなら私にもチケット当たるかしら?

タイトルの『恋スルARENA』に齋藤吉正先生感があふれてますね!
サブタイトルの「明日海りおSUPER TIME@045」も凄い!
押しも押されもせぬスーパートップスターさんという感じがします。
ところで「045」って何のことでしょう?
横浜の市外局番が「045」なのですが、まさか…
(横浜アリーナの電話番号は045-474-XXXX)

あかちゃん・つかさ君、おめでとうございます!


あかちゃん(綺城ひか理)と、つかさ君(飛龍つかさ)がバウホールでダブル主演!
歌も踊りも見応え充分、真逆の個性の二人が魅せるショー作品。
楽しみですねー!

気になるのは「<特別出演>水美舞斗ほか」と「出演者につきましては、公演期間の前半と後半で一部変更となる予定」の部分。
他の公演との兼ね合いかもしれませんが、生徒さんにあまり無理なスケジュールを強いないで欲しいですね。
最近、怪我で休演される方が増えており、心配です。

ちなつさん、おかえりなさい!


『CASANOVA』千穐楽翌日付けで、ちなつさん(鳳月杏)が月組に帰ってらっしゃる!
驚きと喜びが入り混じって頭の中がカオス・パラダイス。
グルグルぐちゃぐちゃしています。

花組で多くのものを吸収し、一回りも二回りも大きくなられたちなつさん。
ちなつさんがもたらす空気が、今の月組にどのような変化を与えるのか。
これまた楽しみでわくわくします!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

結婚したい人No.1は誰!?(ほぼ決まってる)│スカイ・ステージ年末特番アンケート

数日前、Twitterで目にした「スカイ・ステージ グランプリ 2018」。
なんだろう?と気になっていたのですが、CSの年末企画だったのですね。

年末特別番組「輝け!!スカイ・ステージ グランプリ 2018」

2018年の宝塚歌劇とタカラヅカ・スカイ・ステージを振り返り、様々なお題でグランプリを決める年末特別番組「輝け!!スカイ・ステージ グランプリ 2018」の放送が決定しました!グランプリ候補を決めるのは視聴者の皆様からの投稿です。その後、豪華審査員が2018年ベストグランプリを決定します。[公式サイトより抜粋]

気になったのは「豪華審査員」の部分。
審査員の顔ぶれが豪華なの?
どなたかなー?楽しみですね!

お題はこちら。
(1)メチャクチャかっこいい台詞を言った人
(2)扮装がとにかくイメージ通りだった人
(3)クールさが際立った人
(4)とにかく可愛くてメロメロになった人
(5)悪すぎてゾクッとした人
(6)キャラ立ちして個性が際立った人
(7)ヒゲがイケメンだった人
(8)メガネなどの小道具遣いがインパクト大だった人
(9)弟キャラが愛おしかった人
(10)こんな人いたら、絶対結婚したい人

「項目に該当する生徒及びその理由、感想などを投稿フォームまたはハガキで投稿」ですが、ハガキ一枚に収まる気がしませんねー。

(1)は「メチャクチャかっこいい台詞を『書いた』人」がふさわしいのでは?
(7)(9)は男役さん限定では?
あれこれ突っ込みつつ、考えてみました。

* * *

(1)メチャクチャかっこいい台詞を言った人
生徒:明日海りお(花組)
理由:大海人皇子/あかねさす紫の花
※万感を告げる「来てしまった」。

(2)扮装がとにかくイメージ通りだった人
生徒:瀬央ゆりあ(星組)
理由:赤鬼赤太郎/ANOTHER WORLD
※(密かにアフロ+虎柄パンツを期待していた)

(3)クールさが際立った人
生徒:鳳月杏(花組)
理由:中大兄皇子/あかねさす紫の花
※冷徹さの奥に潜む激情が素晴らしい。

(4)とにかく可愛くてメロメロになった人
生徒:輝月ゆうま(月組)
理由:リナ・ラモント/雨に唄えば
※ともだち~~~!!!

(5)悪すぎてゾクッとした人
該当なし
※悪の定義は難しい。

(6)キャラ立ちして個性が際立った人
生徒:紅ゆずる(星組)
理由:康次郎/ANOTHER WORLD
※問答無用。

(7)ヒゲがイケメンだった人
生徒:輝咲玲央(星組)
理由:源頼光/ANOTHER WORLD
※生えてるよね?

(8)メガネなどの小道具遣いがインパクト大だった人
生徒:珠城りょう(月組)
理由:バッディ/BADDY―悪党は月からやって来る―
※タバコの扱いが印象的。オールバック+タキシードの銀橋渡りが最高。

(9)弟キャラが愛おしかった人
生徒:礼真琴(星組)
理由:捲殘雲/Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
※わんこっぽくて可愛い。

(10)こんな人いたら、絶対結婚したい人
生徒:珠城りょう(月組)
理由:青柳誠二/カンパニー―努力、情熱、そして仲間たち―
※一緒に暮らすなら、誠二さんみたいな人が一番。

\珠様二冠獲得!/

それにしても、「絶対結婚したい人」の「絶対」にCSスタッフさんの並々ならぬ意気込みを感じますね。

* * *

番外の「2018年タカラヅカ・スカイ・ステージ編」は「スカイ・ステージの番組を通じて印象に残った人」を選びます。
あまりCSを観ない私にはいまいち分かりませんので、好きなスカイレポーターさんを。
キリッとした舞台姿とは一転、ハの字眉毛と愛らしい語り口のギャップがたまらない(たまに素でギラつく)輝咲玲央さんに一票投じます。

○公式サイトはこちら↓
年末特別番組「輝け!!スカイ・ステージ グランプリ 2018」
締切は10月31日(水)です。
応募される方はお早めにどうぞ。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

500記事達成!礼真琴&BADDY強し!アクセスランキングTOP10

2016年のレビュー記念日に始めて、ほぼ丸2年の当ブログ。
ついに500記事を達成しました。

飽きっぽく、日記の類は続いた試しのない私ですが、ここまで来れたのもひとえに大好きな宝塚のおかげ。
なにより、貴重なお時間を割いて読んでくださる皆さまのおかげと深く感謝しております。
いつも本当にありがとうございます。

* * *

500とはいえ、そのうちの100は下書き状態なので、実際は400本ほどでしょうか?
400記事中、アクセスランキングトップ5は以下のとおりです。

No.1 いい仕事してますねぇ!鉄壁の二番手、礼真琴について│ANOTHER WORLD
No.2 “項羽と虞美人”を思わせる“鳳月杏と仙名彩世”│金色の砂漠
No.3 「人生は美しい」稀代のつっころばし、紅ゆずるが紡ぐ優しい世界│ANOTHER WORLD
No.4 星風まどかさんについて、組の名刺代わりのショー『シトラスの風』について
No.5 美女たちの競艶、仙名彩世筆頭のエイト・シャルマン│博多座 Santé!!

花組2、星組2、宙組1という結果。
1年前にも同じテーマの記事を上げていますが、上位にかなり変動がありますね。

比較的新しい、今年4~7月にかけての星組公演関連記事がぶっちぎりのトップとは驚きです。
礼真琴人気恐るべし!
2本ランクインの花組トップ娘役の仙名彩世さんも強いですね。
お二人とも歌・踊り・芝居の三拍子揃った実力派。
人気も納得です。

ちなみに、10位までに範囲を広げると月組が3本入ります。
カテゴリやタグにいたっては月組が独占。
1. 観劇記録│月組
2. ほぼ珠日記
3. #アーサー王伝説
月組ファンとしては嬉しい限りです。

* * *

「人気ページランキング」の他に「移動先ランキング」という項目もあります。
これがなかなか興味深い結果となりました。

No.1 阿弖流為(礼真琴)×坂上田村麻呂(瀬央ゆりあ)、役に生きたふたりの男│阿弖流為
No.2 パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
No.3 いい仕事してますねぇ!鉄壁の二番手、礼真琴について│ANOTHER WORLD
No.4 YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
No.5 「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY

なんと、礼真琴さんを取り上げた記事がアクセス&移動先ランキングを連覇!
さらにアクセス1位の記事が、移動先の3位にも。

礼真琴、強し!

そして、月組生の魅力を最大限に引き出し、大好評を博した芝居仕立てのショー『BADDY』関連記事から3本ランクイン。

BADDY、強し!

個人ブログですので元々の内容に偏りがありますが、それでもこれほど綺麗に結果が出るのは面白いですね。

* * *

次なる目標は600本!
細く、長く、楽しく、続けていければ…と思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

2018年上半期観劇ランキング│作品賞は宙組と月組、そして2冠獲得は○組!

台風が去り、また暑さが戻ってきましたね。
明日からお休みの方も多いかと思います。
くれぐれもお体に気をつけてお過ごしくださいませ。

さて、遅ればせながら上半期の宝塚観劇データをまとめました。
対象は上期(1~6月)に東宝で初日を迎えた作品まで。

観劇率はこのような結果に。

花組9.67% 月組45.16% 雪組6.45% 星組29.03% 宙組9.67%[2018年7月23日時点]

月組がダントツ、星組が激しい追い上げを見せ、花宙が拮抗しています。

ちなみに、昨年1年間の結果は、花組20.83% 月組58.33% 雪組0% 星組12.5% 宙組8.33%[2017年12月14日時点]
去年よりはバラつきが減ったかな?

<作品賞>

●不滅の棘(宙組)
限りある命の中で、どのように生き、どのように愛するか。
不死というファンタジーを通して、有限の生命の輝きを描いた物語。
優れた芝居を観る喜びを味わえた。
※関連記事↓
“永遠の命”がもたらすものとは?ふたつの不死の物語“ポーの一族VS不滅の棘”│不滅の棘感想

●ドクトル・ジバゴ(星組)
引き締まった緊張感が隅々まで支配する一幕。
「近来稀に見る面白さ、一体どんな結末を迎えるのか」と期待に胸をふくらませたが…
一幕で最高潮に達したボルテージを維持しきれなかった感のある二幕が惜しい。

ハイライトであるはずの、ユーリとラーラが愛を確かめ合うシーンで集中力が途切れた。
舞台のど真ん中で存在を主張するベッドがその後の展開を先回りしてしまい、気持ちが萎えた。
続く、陳腐なセリフの応酬にとどめを刺される。
もう少し繊細に描けなかったのか。

生徒の熱演、音楽、装置、照明、他が良いだけに非常にもったいない。
二幕での失速は残念だが、それを補ってあまりある一幕の完成度の高さによって作品賞。

●BADDY(月組)
緻密な構成、一貫した世界観、生徒の個性が最大限に引き出された当て書き。
芝居×ショーのハイブリッドとして楽しめた。
※関連記事→ #BADDY

●ANOTHER WORLD(星組)
登場人物の殆どが「死人」という特異なシチュエーション。
「あの世」を描きながらも、その本質は「死」の対極である「生」の尊さを高らかに歌い上げた舞台。
ちっぽけで、不完全、それでも愛すべき「人間」を描いて秀逸。
※関連記事→ #ANOTHER WORLD

<主演賞>

●愛月ひかる(宙組)
『不滅の棘』エロールにより。
※関連記事↓
見よ!愛月ひかるの圧倒的「主役力」│不滅の棘

●紅ゆずる(星組)
『ANOTHER WORLD』康次郎により。
※関連記事↓
「人生は美しい」稀代のつっころばし、紅ゆずるが紡ぐ優しい世界│ANOTHER WORLD

<助演賞>

●和希そら(宙組)
『WEST SIDE STORY』アニータにより。
キビキビ小気味よいダンス、パワフルな歌声。
成熟したおとなの女の豊かさや哀しみが深く感じられる役作り。
アニータの存在によって若者たちの対立の構造が、より際立った。
※関連記事↓
“Somewhere”は何処に?―真風涼帆・星風まどか・和希そら評│WEST SIDE STORY

●天寿光希(星組)
『ドクトル・ジバゴ』コマロフスキーにより。
えげつない、絞め殺したくなるような下衆を好演。
終盤に見せた改悛の情が、もう少し分かりやすい脚本であればなお良かった。

●紫りら(星組)
『ドクトル・ジバゴ』オリガにより。
ヒロインの同僚のお針子、その裏の顔は冷徹な革命の闘士。
鞭打つような切れ味鋭い口跡が絶品。
桁違いの巧さを感じた。

●美弥るりか(月組)
『BADDY』スイートハートにより。
とびきり美しい男であり、女でもあるが、そのどちらでもない。
フェアリータイプのルックスに反して、芸風は骨太な男らしさが滲み出る美弥ならではのキャラクター。
唯一無二の男役像を活かした当て書きが素晴らしい。
※関連記事↓
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY

●鳳月杏(花組)
『あかねさす紫の花(Aパターン)』中大兄皇子により。
額田女王を巡る二人の貴公子、大海人皇子と中大兄皇子。
二人の魅力が拮抗していないと面白さが半減するが、実の弟の妻を力づくで奪う非道な兄を色気たっぷり魅力的に演じ、与えられた役割を十二分に果たした。
※関連記事↓
珠玉の台詞が光る『あかねさす紫の花』-中大兄皇子(鳳月杏)編:「こんなに私は震えている」の説得力

<脚本・演出賞>

●木村信司
『不滅の棘』により。

●原田諒
『ドクトル・ジバゴ』により。

●谷正純
『ANOTHER WORLD』により。
限りなき愛の賛歌、谷正純先生の大傑作誕生!│ANOTHER WORLD

<場面賞>

●ドクトル・ジバゴ(星組)
全幕。

●BADDY(月組)
S7『ビッグシアターバンク式典舞踏会』からS10『ピースフル・パラダイス』まで。

●Santé!!(花組)
第21場『リシュブール(ヨード)』。
※関連記事↓
美女たちの競艶、仙名彩世筆頭のエイト・シャルマン│博多座『Santé!!』

* * *

下半期も面白そうな作品が目白押し。
これからの観劇予定は、雪組『凱旋門/Gato Bonito!!』月組『エリザベート』星組『Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge 星秀☆煌紅』etc.
バラエティに富んだラインナップで楽しみ!

それでは皆さま、よい休日をお過ごしくださいませ。

○関連記事はこちら↓
数字は正直!?2017年年間観劇ランキング│3位星組、2位花組、そして1位は…
年間観劇率ランキング2016│同率2位は雪組・宙組、そして1位は…

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**