FC2ブログ

宝塚雪組『20世紀号に乗って』、本間憲一さん(振付)が「スタッフ賞」受賞!│第27回読売演劇大賞 中間選考会

「酢」じゃなかったで酢ね…
ヅカファン100人中99人が「おもさげながん酢」と予想していた雪組公演デザート名。

正解は「みーるっく れもんでしょ!」。
まさかのレヴュータイトル(Music Revolution!)からのダジャレでした!

宝塚歌劇団│東京宝塚劇場 雪組公演デザートのお知らせ

○みーるっく れもんでしょ!(税込410円)
ミルクプリンに、レモンピューレとホイップクリームを重ね、さらにレモンケーキ、ゼリーin瀬戸内レモンソースで甘酸っぱいデザートに仕上げました。
夏にさっぱり!爽やかなミルクとレモンのハーモニーをお楽しみください。[公式サイトより抜粋]


ゼリー&柑橘好きとしては「ゼリーin瀬戸内レモンソース」に惹かれます~~
なんなら、これがメインでもいい!

『20世紀号に乗って』本間憲一さん(振付)が、第27回読売演劇大賞中間選考会「スタッフ賞」受賞!


先日の『FNS うたの夏まつり』で大反響を集めた雪組さんに、さらに嬉しいニュースが舞い込みました!

本日発表の『第27回読売演劇大賞 中間選考会』。
2019年上半期(1~6月)の作品賞、男優賞、女優賞、演出家賞、スタッフ賞のベスト5が決まりました。

雪組シアターオーブ公演『20世紀号に乗って』の振付により、本間憲一さんがスタッフ賞を受賞されました。
評は「タップダンスが上品で華やか」。

明るくハッピーなミュージカルをいっそう盛り上げる軽快なタップ。
幕開きから一気に作品世界に引き込まれました。
素晴らしかったです!

本間さん、雪組選抜メンバーの皆さま、誠におめでとうございます!

『20世紀号に乗って』関連記事はこちら

宝塚OG(霧矢大夢・柚希礼音)の活躍


生徒さんのお名前はありませんでしたが、女優賞の候補に星組OG柚希礼音さん(『唐版 風の又三郎』により)。
また、作品賞に月組OG霧矢大夢さんご出演の『ピピン』が選ばれました。

卒業生の皆さまのご活躍、喜ばしい限りです。

○関連記事はこちら↓
快挙!第25回読売演劇大賞中間選考会に【礼真琴】の名前が!

下半期の目標は「もっと演劇を楽しむ」!


最近宝塚にかかりきりで、外部の舞台を観る機会が減ってしまいました。
今回の受賞作にも観たかった作品がいっぱい。

見逃して後悔したのは、認知症をテーマにした『Le Père 父』。
作品賞、男優賞(橋爪功)、女優賞(若村麻由美)を獲得しています。

舞台は一期一会。
「観たい」と思ったら、即行動に移さなければいけませんね。
下半期の目標は「もっと演劇を楽しむ」こと!

最後になりましたが、『壬生義士伝/Music Revolution!』初日おめでとうございます。
偶然とはいえ、「読売演劇大賞」の発表が初日に重なるとは幸先がいいですね。
上昇気流に乗ったまま、公演のご成功をお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
ブラボー望海風斗!ブラボー真彩希帆!ブラボー雪組!『20世紀号に乗って』で大満足!
望海風斗の当たり役!―愛すべき変人、オスカー・ジャフィ│20世紀号に乗って
熱狂を生む娘役、真彩希帆(リリー・ガーランド)│20世紀号に乗って
劇場に「幸せの魔法」をかけた人たち(京三紗/真地佑果/縣千/望月篤乃)│20世紀号に乗って
スポンサーサイト

思い出をつなぐ架け橋「霧矢大夢」│月組『エドワード8世/Misty Station』感想

発掘観劇記第6弾は、きりやん(霧矢大夢)・まりもちゃん(蒼乃夕妃)コンビの卒業公演『エドワード8世/Misty Station』。

80期首席で入団されたきりやん。
きりっと聡明な雰囲気で印象に残っていた彼女。
その後すぐヅカ離れした私でしたが、長いブランクを経て復活したのが2011年の『アルジェの男』。
「あのきりやんがトップさんに」と感慨にふける間もなく退団発表。

間に合って良かった。
少女時代の思い出と、今をつなぐ架け橋となってくれたきりやん。
彼女がいたからスムーズに宝塚の世界に戻ることができたのです。

ご卒業を見送ることができて良かった。
ヅカ神様のお導きですね。

最近に比べるとだいぶあっさりしたメモ書き程度の観劇記ですが、備忘録として残しておきます。

エドワード8世 ―王冠を賭けた恋― 観劇記録


卒業公演がハッピーエンドで嬉しい。
「チャーミングプリンス」と呼ばれた王子に相応しい温かさが魅力の霧矢大夢と、大人っぽい蒼乃夕妃の持ち味を活かした脚本。

いきなり葬儀のシーンでびっくりしたが、過去へ戻って追っていく展開の中で、ふたりの関係性が見えていく作り。
最後は結婚式で幕。
コンビ人生をこのような形で締めくくる。
大野拓史先生の愛情を感じた。

龍真咲の存在感と美しさが目立つ。
2階席からでもハッキリ分かる。

アステア姉弟(宇月颯・愛希れいか)は適役。

装置が立体的で良い。

大野先生の中で星条海斗は色悪専科なのか、短い登場場面で印象的。

Misty Station ―霧の終着駅― 観劇記録


霧矢大夢の歌とダンスを堪能できた。
「ファイナル・カウントダウン」の黒燕尾と、「マイウェイ」のデュエットダンスが最高。

* * *

お茶会デビューを果たしたのも、この公演でした。
ゲームコーナーで生徒さんのサイン入り『歌劇』が当たり、嬉しかったです。
その方のカラーポートのページに、その場で直接サインを入れて手渡してくださいました。
これぞビギナーズラックですね。

きりやんと同時に、青樹泉さんや一色瑠加さんも卒業されました。
味わい深いお芝居をされる瑠加さん。
物静かで知的、堅実な印象のもりえちゃん(青樹)。

もりえちゃんタイプの男役さんって意外と少ないですが、私の好みです。
現役では花組のあかちゃん(綺城ひか理)に同じ匂いを感じます。

この頃はまだ珠ちゃん(珠城りょう)に注目していなかったかな?
「メンジース役の子がカッコいい」と言ってた記憶はありますので、気にはなってたみたいですね。
黒尽くめの衣装で、まりもウォリスに迫ってる姿が素敵だったんです。
「えらく膝下が長い子」というのが、珠様の第一印象でした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○過去の発掘観劇記はこちら↓
誰にも邪魔されない世界へ旅立った二人│壮一帆・愛加あゆの『心中・恋の大和路』観劇記録
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』
ザ・因果応報!源氏物語ダイジェスト│花組:新源氏物語
宝塚的ハッピーエンドではないけれど│花組:復活/カノン
柚希礼音、男役の歴史が詰まったスペシャル・ライブ│星組:REON!!Ⅱ

世界よ、宇月颯色に染まれ―炎のデュエットダンス│BADDY

としさん(宇月颯)との出会いは、第二次ヅカブームのきっかけとなった『アルジェの男』のラストシーン。
主人公は霧矢大夢演じるジュリアン。
貧民街に生まれ、女性たちの愛を踏み台にのし上がり、栄光を目前にして、愛のしっぺ返しを食う男。

〽泥にまみれた俺の青春 暗い惨めな俺の青春

叩きつけるような影ソロ。
鼓膜を突き抜け、ダイレクトに脳を刺激する力。
「この歌手は誰?」

いつか陽の当たる道を登っていこう、輝くような黄金の道を…
志半ばにして空しくなったジュリアンの無念が、聴く者の胸に染みとおる。
その歌声の持ち主が、としさんだったのです。

あれから、7年。
宝塚生活最後の公演を迎えられたとしさん。
お芝居でもショーでも美声を披露されていますが、圧巻はデュエットダンスの影ソロ。

初めて聴いたときの衝撃は、体が覚えています。
背中が椅子に押しつけられるような圧。

劇場を赤く染め上げるエモーショナルかつドラマティックな歌声。
燃え尽きて崩れ落ちる寸前のアジトで、ぶつかり合い、命と引き換えにひとつに溶け合おうとする男と女。

互いに銃を突きつけ合っても、引き金を引くことはできず。
ついには銃を捨て、素手でつかみ合う。
かつてないほど激しく、愛憎渦巻く、芝居仕立てのデュエットダンス。
ただでさえ濃密な感情に支配された場面に、としさんの歌声が拍車をかけます。

身じろぎひとつせず、息を詰めて見守る観客。
目はダンスへ、耳は歌声へ。
空気の密度が変わり、劇場がひとつになります。

クライマックス。
〽善と悪よ 抱き合え 地獄に落ちても 共にゆけ 罪人 ふたり

すべてが解き放たれ、爆発音すらかき消すように響き渡る歌声。
炎の中に姿を消すふたり。

激しい高揚からの沈静。
一本のお芝居を観終わったような充足感。
素晴らしいドラマでした。

音響の具合もあるのでしょうが、大劇場で聴いたときは劇場内壁に反射した音に包み込まれるよう。
東宝では体の中を気持ちよく吹き抜けるように感じました。

宇月颯の集大成である『罪』の歌声。
としさんが今まで演じてこられたすべての役が息づいているように感じられます。
クール、阿久津、アトス、運転手、浅井長政、ヴィトー、飯沼…

渋くて、温かくて、知的で、頼り甲斐があって、時々やんちゃで…
全体をピリッと引き締めるスパイスのような役者ぶり。
キレよく、しなやかで、言葉より雄弁なダンス。
磨き上げられた、美しい男役さんです。

そして、ラストダンスは『魂』。
重力を感じさせない軽やかな身の運び。
満面に浮かぶ透き通った笑み。
何もかもが削ぎ落とされた清々しさ。
こんなにも満ち足りた時間を共有できることは、観客にとっても大きな喜びです。

「颯」のお名前通り、力強く爽やかな風のような男役さん。
風薫る5月、ご卒業の日まで健やかに舞台を務められますよう、心よりお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○宇月颯関連記事はこちら↓
美弥アラミス・宇月アトス・暁ポルトス・蓮パスカル・風間ジョルジュの好きなところ│All for One
大劇場と東京は別物!?│グランドホテル台詞追加・演出変更点
「○○しちゃいなさいよ」不気味な存在感が光る宇月颯│グランドホテル
金で幸せは買えないが、金で手に入る幸せはある│グランドホテル
“運転手=宇月颯”にガッツポーズ!そしてダメンズ(?)珠様の魅力―『グランドホテル』配役発表

○BADDY関連記事はこちら↓
自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

最大6作!珠様にご縁がある演出家は○○先生と□□先生でした!

自作の『たまきペディア』を眺めていたら、珠様(珠城りょう)出演作を担当された演出家に、小池修一郎先生・藤井大介先生・大野拓史先生のお名前が目立つことに気づきました。
早速、初舞台からカウントしてみると…

6作→小池先生(内、再演4)、藤井先生

5作→大野先生(内、再演1)

小池先生と藤井先生は他組からも引っ張りだこですが、特に月組へのご登板が多いような…?
他組のデータと比較しておりませんので、この数字が特異なのか標準なのかは判断しかねますね。
いずれ、他組もまとめて照らし合わせます。

『エリザベート』『THE SCARLET PIMPERNEL』『ロミオとジュリエット』など、海外ミュージカルの潤色を多くされている小池先生。
再演も多いので、他の先生方との比較は適当ではありませんね。

そう考えると、最多賞は藤井先生VS大野先生の一騎打ち(?)でしょうか。

藤井先生はまさおさん(龍真咲)のコンサートやディナーショーの演出でお馴染み。
卒業公演のショー『Forever LOVE!!』も担当されました。

大野先生は月組トップスターの卒業公演のお芝居を、2代続けて受け持たれました。
きりやん(霧矢大夢)の『エドワード8世』、まさおさんの『NOBUNAGA<信長>』。
いずれも、当て書きのハマり具合は互角、いえ、それ以上。
甲乙つけがたい作品でした。

極めて個人的な望みですが、いつか来る珠様の卒業公演も、大野先生に書いていただきたいという気持ちがあります。

『Bandito』のラストシーン。
新天地へ向かう船上、風をはらんだ帆を背に白スーツで佇む珠様。
あまりの清々しさに「卒業公演??」と錯覚するほどでした。

あのように爽快な最後を用意してもらえたなら、男役冥利に尽きるのではないかと。

※敬称略 ※赤字は珠城りょう主演作 ※★は再演

○第1位…6作
小池修一郎[エリザベート★、THE SCARLET PIMPERNEL★、ロミオとジュリエット★、PUCK★、1789、All for One
藤井大介[Apasionado!!、HAMLET!!、TAKARAZUKA 花詩集100!!、DRAGON NIGHT!!、Apasionado!!III、Forever LOVE!!]

○第2位…5作
大野拓史[夢の浮橋、アルジェの男★、エドワード8世、Bandito、NOBUNAGA<信長>]

○第3位…3作
植田紳爾[ベルサイユのばら★、宝塚をどり、長崎しぐれ坂★
三木章雄[ME AND MY GIRL★、Heat on Beat!、New Wave!―月―]
石田昌也[明日への指針、アーサー王伝説カンパニー
中村暁[Dance Romanesque、CRYSTAL TAKARAZUKA(初演)、CRYSTAL TAKARAZUKA
齋藤吉正[STUDIO 54、Misty Station、JIN★]

○第4位…2作
柴田侑宏[アルジェの男★、激情★
正塚晴彦[ラストプレイ、ルパン]
中村一徳[Rhapsodic Moon、Fantastic Energy!]
木村信司[バラの国の王子、鳳凰伝★
稲葉大地[GOLDEN JAZZ、カルーセル輪舞曲
小柳奈穂子[二人の貴公子、アリスの恋人]
上田久美子[月雲の皇子BADDY
生田大和[春の雪、グランドホテル★

○第5位…1作
岡田敬二[グランドホテル★
谷正純[ジプシー男爵]
草野旦[ONE]
鈴木圭[ベルサイユのばら★]
植田景子[舞音]

反対に、今までご縁がなかった先生方は以下の6名。
酒井澄夫、原田諒、田渕大輔、野口幸作、樫畑亜依子、谷貴矢。

酒井先生は和物ショーが観たいですね。
田渕先生は『SANCTUARY』で打ち出したダークな世界観が印象的。
野口先生は芝居・ショーの二刀流をこなせる演出家として期待大。
樫畑先生と谷(貴)先生の作品は未見ですが、若い才能が珠様率いる月組の新たな魅力をどう引き出してくださるか、楽しみです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

6つの要素で徹底分析!独断と偏見による各組スターさんの持ち味とは?

すっかり秋めいてまいりました。
月が冴え冴えと美しいこんな夜は、虫の声に耳を傾けながらゆったり過ごすのが何よりの贅沢ですね。

さて、晩酌の肴に“自由・平等・博愛”ならぬ“独断・偏見・直感”で各組スターさんの特徴を分析してみました。

対象となるのは、2011年からの各組トップスターさん及び2018年版宝塚スターカレンダーの掲載メンバー。

花組から、蘭寿とむ、明日海りお、芹香斗亜さん、柚香光。
月組から、霧矢大夢、龍真咲、珠城りょう、美弥るりか。
雪組から、音月桂、壮一帆、早霧せいな、望海風斗、彩風咲奈。
星組から、柚希礼音、北翔海莉、紅ゆずる、礼真琴。
宙組から、大空祐飛、凰稀かなめ、朝夏まなと、真風涼帆。
計21名(敬称略)。

項目は、温⇔冷/乾⇔湿/爽⇔粘/陰⇔陽/剛⇔柔/静⇔動の6つ。
過去に演じられた役、映像や紙媒体のインタビューから受ける印象で振り分けました。
img-20170905_1.jpg
img-20170905_2.jpg
温かなぬくもりに包み込まれるような方。
クールでミステリアスな表情が魅力の方。

6つの要素の組み合わせで、なんとなくその方のイメージが浮かび上がってくる気がいたします。
例えば、珠城りょうならば『温・湿・粘・陽・剛・動』。

宙組スターさんのブレない感じが密かにツボです。
大空・凰稀・真風ラインの一貫性と言ったら…
ホットなまぁ様(朝夏)と見事な対比です。

あくまでも私の主観ですので、気軽に読み流してくだされば幸いです。
「○○さんはこっちじゃない?」などのご意見がございましたら是非お聞かせくださいませ!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**