FC2ブログ

原田マハ『暗幕のゲルニカ』読書記録―どんなときもアートは人を支える

ここ数日、一気に気温が下がりましたね。
東京は明朝、今季一番の冷え込みだとか。
冬はすぐそこです。

桜の盛りにすべての予定がキャンセルになり、ずっと空白の時間を生きているような虚しさがありましたが、世の中が少しづつ動き始め、前向きな気持ちが湧いてきました。

宝塚作品の中で一二を争う大好きな作品『ANOTHER WORLD』の台詞、「生きてさえいれば、どんな苦労も乗り越えられる。この世は極楽。命に感謝や」が頭に浮かびます。

「人生は美しい」稀代のつっころばし、紅ゆずるが紡ぐ優しい世界│ANOTHER WORLD

夏真っ盛りだった『ANOTHER WORLD』。
併演のショー『Killer Rouge』が輪をかけて熱かったですね。
このテのショーを演らせたら右に出る者はいない星組。
火に油を注ぐ勢いでめちゃくちゃ熱く、格別に思い出深い夏だったなーと懐かしく思い出します。

楽しかったあの頃を取り戻すことはできませんが、これから先を楽しくすることはできます。
どれほどかかるか分かりませんが、自分ができる範囲で少しづつ動いていこうと思います。
 

『暗幕のゲルニカ』感想―どんなときもアートは人を支える


先日、原田マハさんの『暗幕のゲルニカ』を読みました。

ピカソのゲルニカを巡り、絵が描かれた当時と現在を行き来する物語。
「戦争」を「感染症」に置き換えて読むと、怖いほど今の状況に重なります。

テーマは「どんなときも、アートは人を支える」。
宝塚を含む舞台芸術も、そのひとつですね。

闘うべき相手は政府でもファシズムでもなく、戦争、暴力、憎悪である。武器を持たず、思想と文化と芸術の力、そして人々の結束で、それら負の存在と闘う。
それこそが、私たちに真の勝利と自由をもたらすのだ。


私たちは未知のウイルスに打ち克ち、再び芸術を愛する自由を取り戻せるでしょうか?
宝塚がくれた数えきれないほどの思い出と幸せ。
そして、いつかまたいつもどおりに楽しめるだろうという希望が私を支えてくれます。

ゲルニカからエルベ連想


ゲルニカが描かれた1930年代は、上田久美子先生が脚色なさった2019年星組版「霧深きエルベのほとり)」の時代ですね。
『暗幕のゲルニカ』を読みながら、時折エルベの住人たちの姿が頭の片隅をよぎりました。

彼らはどうなったのか?
カールは、マルギットは、フロリアンは。
無事に生き延びられたのか?
それとも?

読書の楽しみは、未知の刺激によって自分の中のさまざまな物事が呼び起こされること。
ゲルニカとエルベがぼんやりつながり、連想が広がる面白さもありました。

激動の1930年代―『エルベ』の時代背景と、登場人物たちのその後│霧深きエルベのほとり

各地でジリジリと感染者が増えています。
引き続き、手洗い・うがい・マスクを怠りなく。
ちょっと寒いですが、換気と加湿を忘れずに。
美味しいものを食べて、ぐっすり眠って、元気にお過ごしくださいね。

暗幕のゲルニカ/原田マハ/新潮社

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



星組☆客席降りの思い出(2)│あなたのご贔屓は一本釣り派?地引き網派? 霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS編

ネタの宝庫すぎて一本に収まりきらない星組さん。
UPできる内容だけでも凄いボリューム…
というわけで、星組☆客席降りの思い出シリーズ第二弾です。

第一弾↓
星組☆客席降りの思い出(1)│考えるな!感じろ!星の客席降りは熱い! REON!!II/Killer Rouge編

霧深きエルベのほとり


お芝居とショーの両方で、何度も客席降りが楽しめる素晴らしい二本立て。
カール(紅ゆずる)とマルギット(綺咲愛里)の大捜索シーンでは、フロリアン役の礼真琴さんを始め、大勢の生徒さんが降りてらして楽しかったですね。

お芝居の一環なので「こんな二人連れを見かけませんでしたか?」な感じで話しかけられたり…
客席参加型は作品世界の住人になれる気がして楽しい!

あちこち目移りしてたら、すぐそばに琴ちゃん(礼)が現れてびっくり!
有沙瞳さんのシュザンヌ、はにかみがちな笑顔が可愛かった~~

このシーンの目玉はなんといっても、英真なおきさんのニセカールと、美稀千種さんのニセマルギット!!
エマエージェンシーの面目躍如!
毎回楽しみにしてました。
副組長(美稀)の「ス・テ・キッ☆彡」が最高に可愛い!

ESTRELLAS(エストレージャス)


プロローグは漣レイラさんのカッコよさに惚れ惚れ!
苦みばしった表情、時折見せる甘さがたまりません!
じっと見つめて狙いを定めてからの指差し。
上級生ならではの重厚感あふれる釣りは破壊力抜群☆*。

客席降りがある公演で嬉しいのは通路横の席ですが、横通路に面した席も最高ですよね。
大劇場なら22列、東宝なら21列。
目の前に生徒さんがズラーッと並んで壮観!

東京の貸切は偶然にも2回続けて同じ席が当たったんですけど、なんと正面に朝水りょうさん!
めちゃめちゃカッコいい!クールビューティー!
近すぎて心臓バクバク!息ができない!
“スーパー朝水席”でした!

2回目は朝水くん好きの友だちと。
いまだに「あの席は楽しかった」と喜んでくれますので、見せてあげられてよかったなーと思います。

スーパー朝水席の向かい、背中側が横通路の席(大劇場21列・東宝20列)も楽しかった~~
振り返って見てたら、かなえさん(漣)が後ろから覗き込むようにタッチしてくださったんです。

それを見た大輝真琴さんも同じようにしてくださって嬉しかったですね。
まいけるさん(大輝)の温かな笑顔と丁寧な両手タッチ。
単純に「好き!」ってなっちゃいました 笑

この公演で卒業された七海ひろきさん。
穏やかで優しい笑顔と、爽やかないい香りが印象に残っています。

同じくご卒業の瀬稀ゆりとさん。
お客さんひとりひとりと誠実に向き合う姿勢は舞台のイメージそのもの。
最後の男役姿を見納めできてよかったです。

せっきーさん(瀬稀)の同期の輝咲玲央さん。
パッカーン!とした笑顔が眩しい☆*。
猛ダッシュしつつ、もれなくきちんとタッチしてくれる職人ワザ 笑
「楽しんでる?」と問いかけるような優しい眼差しが素敵です。

あなたのご贔屓は一本釣り派?地引き網派?


「一本釣り」と「地引き網」。
宝塚っぽくない言葉ですよね。
初めて聞いたときは意味が分かりませんでした 笑
釣り用語?って。

そう、まさにタカラジェンヌによる「釣り=ファンサービス」ですね。
一本釣り=狙い撃ち。
地引き網=辺り一帯根こそぎ。

って感じでしょうか?

星組さんは一本釣り職人が多いイメージ。
バンバン釣られまくりますよね。
「あなたですよ」と言わんばかりに、じっと視線を合わせてからの…
指差しやら、ウィンクやら、アレやらコレやら。
心臓に悪いっ!!

星ショーって、ものすごくカロリー消費しません?
真冬でもめちゃめちゃ暑くなって、観終わると1kgくらい痩せてる気がします 笑

ファンの視線をキャッチするのが上手い方が多いのかな?
ちょっと目が合うと、すかさずサービスしてくださるのが嬉しい!
それだけファン一人一人にしっかり気を配ってくださってるということですね。

最近、見どころがあるな!と思ったのは『Ray -星の光線-』の紘希柚葉くん。
新公学年とは思えない、じっくり腰を据えた釣り。
気分は蛇に睨まれたカエル。
カチカチに固まっちゃいました 笑

地引き網といえば天寿光希さん。
二階席にサービスされているのをよく目撃しますが、流れ星が尾を引くような指差しウィンク。
指先から星がキラキラって飛ぶんですよ!ホントに☆*。

そして、カイちゃん(七海)。
「POP STAR」の銀橋渡りで、ある日は一階の端から端まで、ある日は二階の隅から隅まで。
サーッと撫でるようにファンサしてらして…
客席、死屍累々。
こんなに大勢のハートを卒業間際に奪ってくなんて、罪な男(役)…

→「星組☆客席降りの思い出(3)」へ続く

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
星組☆客席降りの思い出(1)│考えるな!感じろ!星の客席降りは熱い! REON!!II/Killer Rouge編

衣装が喜ぶ!紅ゆずる×綺咲愛里コンビ│日比谷シャンテ 宝塚歌劇 星組『Killer Rouge/ESTRELLAS』ステージ衣装コレクション

私のヅカファン史上、最多観劇回数を誇る『Killer Rouge』と『ESTRELLAS』。
キラルはほぼ丸一年ぶっ通し、エストレは琴ちゃん(礼真琴)主演の全国ツアーでも観てますので、もはや身体に染みついてる感じがします 笑
衣装を見ると楽しかった公演の思い出が甦りますね!

ANOTHER WORLD/Killer Rouge


ショー『Killer Rouge』より。
美男美女の紅あーコンビにぴったりのシックな装い。
何を着ても似合いますよね。
「衣装が喜んでる」と感じます。
img-20200815_1.jpg
男役の色気を引き立てる、紅ゆずるさんの変わりタキシード。
img-20200815_2.jpg
『Killer Rouge』のテーマ「紅」。
トーンを落とした紅色の衣装が素敵です。
img-20200815_3.jpg
パステルカラーも似合いますが、エレガントな色もばっちり着こなす綺咲愛里さん。
img-20200815_4.jpg
ベージュのあて布がついているとはいえ、なかなか大胆なデザインです。
img-20200815_5.jpg
バックスタイルもセクシー。
img-20200815_6.jpg

霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS


ショー『ESTRELLAS ~星たち~』より。
img-20200815_7.jpg
キラルに交ざっても馴染みそうな紅さんの衣装。
img-20200815_8.jpg
img-20200815_9.jpg
踊るとスカートの裏地の紅色が覗いて綺麗だった、あーちゃん(綺咲)のドレス。
img-20200815_10.jpg
プリミティブ・アートを思わせるモチーフ。
炎か生命体か…カラーリングも相まって、エネルギッシュな印象です。
img-20200815_11.jpg
お芝居の衣装と小道具展示はこちら。
霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS│歌劇の殿堂 星組ステージ衣装コレクション
魂は細部に宿る―星組『霧深きエルベのほとり』小道具展示│宝塚歌劇の殿堂

デザイン担当は、キラルが加藤真美先生、エストレが任田幾英先生(監修)、加藤先生(補)。
加藤先生は『眩耀の谷/Ray』も両方担当されています。
すごい仕事量ですね…
過去作品からの使い回しもあるでしょうが、一作あたり何着くらいデザインされるのか気になります!

『宝塚グラフ9月号』の特別企画は「THE COSTUME ~衣装デザイナー・有村淳の世界~」。
宝塚の衣装デザインの秘密が覗ける特集、シリーズ化されたら嬉しいですね。
キャトルレーヴ オンライン│宝塚グラフ9月号(2020年)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

「いい人」って何だろう?―カール(紅ゆずる)の芯│霧深きエルベのほとり

「いい人」という表現に、どんな印象を持たれますか?
恋愛だと「いい人だけど友だち止まり」とか。

「いい人」って、あまりプラスの印象がありませんね。
現代では「どうでもいい人、都合のいい人」のニュアンスが強いように思います。

「いい人」って何だろう?


『霧深きエルベのほとり』でも「いい人」という言葉が気になっていたのです。

カール(紅ゆずる)にプロポーズされたマルギット(綺咲愛里)が感極まって言う「あなたがいい人だから、返事ができないのよ」「ああ俺は昔からいい人なんだよ」。

そして、恋破れ、ハンブルグの酒場でヴェロニカ(英真なおき)の膝にすがって泣くカールにかけられる「お前さんて、いい人なんだね、ほんとは」。

このふたつの言葉には「どうでもいい人、都合のいい人」のニュアンスはありません。

無骨な振る舞いの陰に隠れたカールの優しさ、好ましさしか感じ取れません。
それは、カール・シュナイダーという男を形作る「芯」です。

『エルベ』が書かれた当時とは、「いい人」の意味がズレてきているのでしょう。

菊田一夫マジック―「いい人」と「よかった」


マルギットの言う「いい人」と、ヴェロニカの言う「いい人」には雲泥の差があります。

温かな幸福と未来への希望に満ちた、いい人。
身を裂かれるような悲しみがあふれる、いい人。

「いい(良い/善い/好い)」+「ひと(人)」。
たった4音に込められた人々の想い。
味わい深く、観る者の心に染みとおります。

もうひとつ印象に残ったのが、カールのかつての恋人アンゼリカ(音波みのり)の夫ロンバルトの台詞。
「よかった」
すべてを飲み込み、赦す言葉です。

「赦し」の先には、穏やかな愛に満ちた未来があります。

6つの台詞でひもとく、ロンバルト(輝咲玲央)の心│霧深きエルベのほとり

「いい人」も「よかった」も短い言葉だけに、さらりと聞き流してしまえば、それまでです。
しかし、エルベの世界に生きる人々の心のひだの奥深くに踏み込もうとすれば、見えてくるのはそれぞれの人物の本質。

彼ら以外にも、ひとりひとりの人物にそれぞれを象徴する台詞がある『霧深きエルベのほとり』。
観れば観るほど面白い、菊田一夫マジックの虜になる作品です。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
>魂は細部に宿る―星組『霧深きエルベのほとり』小道具展示│宝塚歌劇の殿堂
愛の難破船、ヴェロニカ(英真なおき)―すべては揺るぎない土台あってこそ│霧深きエルベのほとり
父権社会の権化―ヨゼフ・シュラック(一樹千尋)のパターナリズム│霧深きエルベのほとり
夢のひとときにブラボー!カール(紅ゆずる)の愛と哀しみ│霧深きエルベのほとり
忙しかった星組祭りも、終わりと思うと名残惜しい―キャスト別感想(瀬稀/瀬央/天飛/朝水)│霧深きエルベのほとり
第三の男、ロンバルト(輝咲玲央)│霧深きエルベのほとり
劇場をアミューズメントパークに変える星組ショー│ESTRELLAS
中村暁の流儀―生徒の輝きを最大限に引き出す「偉大なるマンネリズム」│ESTRELLAS
オレキザキを探せ!―ロンバルト役以外の輝咲玲央の見どころ│霧深きエルベのほとり
目は口ほどに物を言う―視線の魔術師、輝咲玲央│霧深きエルベのほとり
紫藤りゅう×朝水りょう―逸材揃いの星組中堅スターたち│ESTRELLAS
アンゼリカ(音波みのり)について―諍い果てての契り、「嘘」が取り持つ夫婦の縁│霧深きエルベのほとり
愛の勝者は誰か?―カール・フロリアン・トビアス・ロンバルトを比較する│霧深きエルベのほとり
激動の1930年代―『エルベ』の時代背景と、登場人物たちのその後│霧深きエルベのほとり
“ノブレス・オブリージュ”マインラート夫人(白妙なつ)と、お歴々(大輝/漣/ひろ香/極美/星蘭)│霧深きエルベのほとり
ファッションからひもとく『エルベ』の世界(1)―おしゃれ番長・ロンバルト(輝咲玲央)│霧深きエルベのほとり
トビアス(七海ひろき)の指輪―男役の儀式│霧深きエルベのほとり
七海ひろき、ダンケシェーン!―「足るを知る者は富む」トビアスとベティの愛の形│霧深きエルベのほとり
6つの台詞でひもとく、ロンバルト(輝咲玲央)の心│霧深きエルベのほとり
100の台詞よりも雄弁―ロンバルト(輝咲玲央)の芝居力│霧深きエルベのほとり
エルベがお江戸にやって来た!大劇場から変更点・ざっくり感想など│霧深きエルベのほとり
紅カールがさらに優しく、輝咲ロンバルトがさらに悩ましく│霧深きエルベのほとり
星の実り 共にさあ祝いて 飲もう 食べよう│星組『霧深きエルベのほとり』公演メニューレビュー
台詞からひもとく、フロリアン(礼真琴)の揺れ動く心│霧深きエルベのほとり
「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

魂は細部に宿る―星組『霧深きエルベのほとり』小道具展示│宝塚歌劇の殿堂

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**