FC2ブログ

愛する男(伊佐次)を失った卯之助とおしまの行く末は?│長崎しぐれ坂

ちゃぴちゃん(愛希れいか)出演作、掘り起こし感想の続き。
ずいぶん長い間寝かせていたので、改めて読み返すと当時はこんな風に感じていたのか、と新鮮な気持ち。
昨年5月の博多座公演『長崎しぐれ坂』のDVDを観た感想です。

* * *

改めて映像で観ると面白いですねー。
もちろん劇場で観た時も面白かったですが、初博多座+月組+珠様(珠城りょう)のトリプルコンボで浮かれ過ぎ、物語に集中してたかというと怪しい…

基本的に舞台の感想と大差ないですが、じっくり腰を据えてストーリーを追っていくと、気づかなかったことが見えてきて、じわじわ面白さが沁みてきました。

私、この作品かなり好きかもしれません。
むしろ『好きな演目ランキング』上位に入るかも。

物語を覆うやるせなさ、登場人物たちが抱える閉塞感。
言い様のない幕引きの虚しさ。
こう書くと陰鬱なイメージですが、不思議と後味は悪くないのですよね。
すべて浄化されるというか…

一から十まですべて説明し尽くされる芝居は好みではありません。
さまざまな解釈の余地を残す幕切れ、その余韻が『長崎しぐれ坂』にはありました。
そんなところが、この作品を好きな理由のひとつなのかもしれません。

* * *

とりあえず思いつくままに。

まず、伊佐治(轟悠)と卯之助(珠城りょう)が同い年の設定で、おしま(愛希れいか)が4歳下の設定でしたが、これは卯之助が最年少の方がしっくりきたかな?と。
卯之助の人物像からして、年上のお姉さんに憧れる少年像がハマるように感じたので。
とはいえ、子どもの頃は女の子の方がませているので、年齢より大人びた伊佐次とおしまに対して憧憬を抱く卯之助の図も悪くないのですが。

卯之助という男について、もう一度考えてみましょう。
思いきり穿った見方をすれば、こいつはとんでもない男です。

底の見えない男、矛盾だらけの男、卯之助。
行動原理がいまいちつかめない。
伊佐次に対する行動は、友情なのか愛情なのか、献身なのか憐憫なのか。

「こうあるはず」のタガを外して自由に考えてみると、とどのつまりは「伊佐次を死なせたくない」「自分の手の内に収めたい」。
そんな男じゃないことは百も承知ですが、卯之助の行動に整合性を求めると、どうしたってそこへ行き着くのです。

幼い頃の憧れだった男が、地に落ち、泥にまみれている。
伊佐次を救う道が断たれたならば、せめて自分の手で縄をかけたい。
しかし、卯之助が選んだ手段は…

相手を閉じ込めて離さない愛。
危うい境界をさまよう卯之助の心と、裏腹の結末。
これまでの珠城りょうの男役像に無い役で、新たな魅力を開花させました。

* * *

伊佐次を演じたトド様(轟)。
頭抜けて鮮やかな所作が目を引きます。
パッと裾をまくる、懐手をする、洋物芝居には無い動きの鋭さはさすが。
「色悪」という言葉がぴったりの男盛りの色気がこぼれんばかり。
これは女たちが放っておかないでしょう。

トド様本来の無頼の味が活きましたが、もうひとつ江戸を揺るがす大悪党っぷりが伝わる演出が欲しかったですね。
殺しや盗みを重ね、長崎まで流れ着いた男。
捕まれば死罪を免れない、崖っぷちな男。
伊佐次が抱えるヒリヒリした切迫感が、物語を彩るエッセンスとなるのです。

手下や李花(憧花ゆりの)を殴るだけじゃ、自分より弱い立場の者にしか手を上げられないちんけな男になってしまいます。
殴った後に抱いて慰めるようなクズっぷりもまた、伊佐次という男の凋落ぶりを示しているのかもしれませんが。

「女を殴る」そんな最低な男に成り下がった伊佐次。
そこには幼い頃、男としての生き方を教えてくれた伊佐次の面影はありません。
そんな男であっても救いたい卯之助。
かつての輝き、優しい思い出。
伊佐次を見殺しにすることは、卯之助自身の過去をも殺すことなのです。

伊佐次、おしま、卯之助。
彼らは誰ひとりとして前を向いていません。
ただ過去の中に光を求め、今に背を向けている。
息詰まるような関係です。

夏の終わりの生暖かい湿り気を含んだ重苦しい空気。
単調でもの悲しい『精霊流し』の「ドーイ、ドーイ」の声。
ゆるゆると、やるせない哀しみが胸に満ちる物語でした。

それぞれ違った形で伊佐次を愛した卯之助とおしま。
シーソーのように危ういバランスで運命は変わり、嵐の海に浮かぶ小舟のように翻弄されるふたり。
残された彼らがその後どのような人生を歩んだのか。
ふたりをつなぐかすがいであった伊佐次を失った彼らは二度と相まみえることはなかったように思えるのです。

○関連記事はこちら↓
月組ファンにまたまた朗報!8月31日はカルーセル輪舞曲記念日!?
-浄化する愛-ピエタを思わせるラストシーン、卯之助(珠城りょう)について│長崎しぐれ坂
-閉じ込める愛-卯之助(珠城りょう)について│長崎しぐれ坂
たった一言で世界が変わる、またしても愛希れいかに魅了された『長崎しぐれ坂』
【肉系男役×骨系娘役】たまちゃぴの相性の良さを再確認した│長崎しぐれ坂
博多座デビューしました!まだ覚めない夢の中│長崎しぐれ坂
お待ちかねの月組画像2点公開!長崎しぐれ坂&瑠璃色の刻
博多座『長崎しぐれ坂』上演決定&美弥さんおめでとう!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

スポンサーサイト



月組ファンにまたまた朗報!8月31日はカルーセル輪舞曲記念日!?

既出の『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』Blu-ray・DVD発売のニュースに続き、月組ファンに更なる朗報が!

長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲DVD発売!

TCAオンラインショップ

しかも『グランドホテル』と同じ8月31日!
何ですか?この大盤振る舞いは!?
盆と正月が一気にやってきたような気分ですね!

それにしても、ショーは両方『カルーセル輪舞曲』。

同じショーを2パターン一緒に観られる!究極の贅沢!

かつてありましたっけ?
同じショーのパターン違いが同日にリリースされるなんてことが!

いえ、厳密に言えば全く同じショーではないのですよね。
メンバーが異なるのは勿論、『S8』が別物。
みやさん(美弥るりか)中心の『流麗(シルクロード)』。
トド様(轟悠)とあーさ(朝美絢)の『哀歌(スペイン アルハンブラ)』。

甲乙つけがたい名場面。
それはもう両方買いますよね!
「よっ!商売上手!!」と言いたくなります。

博多座バージョンは雪組へ異動になるあーさがしっかりとその足跡を刻んでいくシーン(哀歌)も、月組生が彼女を力強く送り出すシーン(飛翔)も見逃せません。

『流麗』のまゆぽん(輝月ゆうま)とさち花ちゃん(白雪さち花)の素晴らしいソロ。
『哀歌』のくれあさん(玲実くれあ)のソロも心に残ります。
ダンスの人というイメージが強いくれあさんですが歌も素敵だと知ることができたのは収穫でした。
『All for One』は残念ながら休演されますが、一日も早いご快復をお祈り申し上げます。

日本初のレビュー『モン・パリ』が上演された9月1日のレビュー記念日。
その前日に『モン・パリ』へのオマージュ『カルーセル輪舞曲』が2本もリリースされる。
いっそもう、8月31日はカルーセル輪舞曲記念日に制定して良いのではないでしょうか?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

-浄化する愛-ピエタを思わせるラストシーン、卯之助(珠城りょう)について│長崎しぐれ坂

『長崎しぐれ坂』の主人公、兇状持ちの伊佐次。
ヒロインは堺の豪商の囲われ芸者、おしま。

幼馴染のふたりの間に、第ニの男が介在することで物語の粘度が高まります。
妙に湿り気のある、生暖かな存在感の男。
長崎奉行所の下っ端、卯之助。

落ちぶれても、さっぱり粋な風情を漂わせる伊佐次。
小股の切れ上がった女っぷりのおしま。

対して、卯之助は決して“粋”な男ではありません。
不思議な艶めかしさはあるけれど、その行動は極めて泥臭い。

朴訥で融通がきかなくて…
ひたすらに伊佐次を追って、長崎まで流れ着いた男。
極端な言い方を選べば、偏執狂的な不気味さすら感じさせます。

それは、同じ抑揚で繰り返される台詞「ウドじゃねぇ、卯之だ」に端的に表れています。
淡々と心の内側を覗かせない様子に、ふと“粘液質”という言葉が浮かびました。
ヒポクラテスの体液説のひとつで、その特徴は“感情の起伏が少なく、粘り強い”。

本来もう少しサッパリと単純な役のはずですが、役者(珠城りょう)の個性がそうさせたのかもしれません。
珠様と卯之助、ふたりの人物の性質が溶け合い、奇妙な化学反応が起きた。
卯之助は、彼女の男役像に潜むある種の“濁り”が活きた役である、とも言えます。

本心を明かさない彼が、唯一その想いを仄めかすのは終盤近く。
望郷の念断ち難く、命の危険を顧みず、波止場に現れた伊佐次。
彼を待ち受けていたのは卯之助。

治外法権の及ばない唐人屋敷の外に出たからには、捕まえるしかない。
最後に愛しいおしまの乗った船を拝んでおけ。
海の向こうを指しつつ、もう一方の指が示すのは一隻の小舟。

ゆらゆらと頼りなく大海の波に揺られる小舟はまさに伊佐次の運命そのもの。
卯之助はその小さな舟に一縷の望みを託したのです。

逃げろ、そして生き延びてくれ、と。

しかし、因果応報は伊佐次を見逃しません。
一発の銃弾が彼の体を貫きます。

ラストシーン、卯之助の胸に去来するものは何だったのか。
虫の息で「神田囃子が聞こえる」とつぶやく伊佐次に「聞こえない」と応じる卯之助。
祭り囃子(過去)に伊佐次の魂を連れて行かれると感じたのかもしれません。

ほのかに明るい夜の海。
ゆらゆら漂う小舟にふたりきり。
もう追われることもない。
伊佐次はどこへも行かない。

「男は人前で涙を見せちゃいけないよ」
昔むかしに伊佐次に言われた言葉。
ずっと抑えていた涙が卯之助の頬を伝います。

涙流れるままに天を仰ぐ卯之助。
月明かりに照らされた顔の静謐な美しさ。
伊佐次の亡骸を抱える卯之助の姿に、ピエタが思い浮かびました。

哀しみも苦しみもすべて浄化され、静かな嘆きのみが満ちていきます。

すべてを腕の中に収めた卯之助は、あるいは幸福だったのかもしれません。

そんな彼の姿に観客の心もまたカタルシスに覆われ、うら寂しい祭り囃子の音色と共に、『長崎しぐれ坂』がまたひとつ忘れられない演目となって心に残るのです。

前編はこちら。
-閉じ込める愛-卯之助(珠城りょう)について│長崎しぐれ坂

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

-閉じ込める愛-卯之助(珠城りょう)について│長崎しぐれ坂

卯之助(珠城りょう)の愛は、対象を“閉じ込める愛”。
『長崎しぐれ坂』の舞台から、そんな印象を受けました。

卯之助の愛が向かうのは、幼馴染みのおしま。
そして伊佐次。

しかし、どちらかと言えば伊佐次へ、より多くの愛が向けられていたように思います。
この場合の“愛”とは“性愛(エロス)”を伴うものではなく、“フィリア(友愛)”もしくは“ストルゲー(家族愛)”に近い気持ちだったでしょう。

不自由な足が原因で仲間の子どもたちから爪弾きにされていた卯之助を、女だてらにかばってくれたおしま。
そして、彼らを守りつつ「男は人前で涙を見せちゃいけないよ」と諭してくれた伊佐次。

これは強烈でしょう。
幼心に自らのアイデンティティを決定づけるような影響力を持った男に出会えたこと。
卯之助の生涯を支配した、と言っても過言ではありません。

卯之助のヒーローだった少年、伊佐治。
子どもの頃から尊敬の念を抱き続けた男が、長じて江戸を揺るがす大悪党となった。
お尋ね者となった伊佐次を追って、長崎まで流れ着いた卯之助。

その心はただひとつ。
「伊佐次を死なせたくない」

憧れだった男が、見る影もなく転落してしまった。
他人の手で伊佐次の命を奪われるのは、卯之助自身の一部を殺されるも同然だったでしょう。
ならば、せめて自分の手で縄をかけたい。
この気持ちは共感を呼びます。

ひとつ注文をつけるとすれば、伊佐次(と、おしま)の凋落の過程がもう一歩深く描かれていれば、よりドラマが深まったのではないかと思います。
前回の記事でも述べましたが、伊佐次の過去と唐人屋敷との関係を説明台詞のみで片付けず、場面を割いていただきたかったのです。

初演は松本悠里先生が花魁役で出演されたと伺っております(未見ですが、劇中劇的に舞を披露されたのではないかと推察)。
そのシーンは今回の再演の長崎の祭り部分(第3場AまたはB)に相当するのでしょうか?
そうであれば、この場面の半分を人物を掘り下げるために充てても良かったのではないかと思います。

『長崎しぐれ坂』は素晴らしい作品です。
舞台はエキゾチシズム漂う長崎。
見果てぬ夢を追いかけることすらできず、もがく男女。
彼らの哀しみが深く心にしみる秀作だと思います。
だからこそ、もうひとつ観客の心に寄り添う演出を望んでしまうのです。

閑話休題。
おしまと伊佐次の関係は、共に“籠の鳥”。
同じ焦燥を抱えた者同士の結びつきです。
一緒に“ここではないどこか”へ飛び立てる“かもしれない”相手。

ひょっとしたら、道連れは『おしまじゃなくても』『伊佐次じゃなくても』良かったのかもしれないと思わせる関係性です。
彼らの目は“江戸”に象徴される、どこか“輝きに満ちた土地”に向いているのですから。
(おしまに関しては、あえて男の前から身を隠す手段によって、伊佐次に対する愛情も示されていましたが)

しかし、男と男はその相手でなくてはならなかった。
と言うか、卯之助にとっては伊佐次その人でなければいけなかった。

卯之助が伊佐次のためを思い、起こした行動。
さながら、猛禽が飛び交う外の世界へ飛び出そうとする雛鳥を、安全な巣の中に留め置こうとする親鳥のような“閉じ込める愛”。
それは果たして正しかったのか?

人間の営みにおいて、絶対的な正しさがあるのか?
どのような結果をもって正しいと判断できるのか?
そして、行いとして正しい行動は果たして芝居として面白いのか?

そんな考えも浮かびますが、とりあえず小休止。
続きは改めて。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

たった一言で世界が変わる、またしても愛希れいかに魅了された『長崎しぐれ坂』

華やかな祭り尽くしで幕を開けた『長崎しぐれ坂』。

幼馴染の3人、伊佐次(轟悠)、卯之助(珠城りょう)、おしま(愛希れいか)の過去を描く神田明神の祭りから、一気に時を超えて物語の舞台となる長崎のシーンへつなぐ。

過去から現在へ。
江戸から長崎へ。
時間と空間の推移を自然な流れで見せ、観客の心を『長崎しぐれ坂』の世界へいざないます。

が、しかし、この後に続くドロップ幕前芝居により、せっかく盛り上がった気持ちが少々クールダウンしてしまいました。

江戸を荒らし回った兇状持ちの伊佐次という男が、治外法権である唐人屋敷に匿われている。
捕まえるには罪人自らが外に出てくる機会を狙うしかない。

物語の肝となるこの部分。
これをひたすら、棒立ちに近い状態の役者の口からベタベタと述べさせる。
観客の脳に筋書きの補完を強いる、緩急に乏しい説明台詞を延々聞かされるのは、なかなか辛いものがありました。
博多座は日本でも有数の舞台機構が整った劇場なのに、なぜこのように怠惰で平面的な演出が採用されたのでしょう?

出鼻をくじかれ、いまいち乗り切れなかった私ですが、おしまの台詞でバシッと目が覚めました。

「伊佐さん、江戸の匂いがするよぅ」

たった一言の鮮やかさ。

隔たりを感じていた舞台上の世界にぐわっとピントが合う感覚。
どんよりしていた物語が色彩と熱を帯び、生き生きと胸に迫ってくるのです。
そこからはグイグイと、のめり込んで観ることができました。

堺の豪商和泉屋庄兵衛の囲われ芸者、おしま。
唐人屋敷という鳥籠に閉じ込められた盗賊、伊佐次。

ふたりの胸の奥底で絶えずくすぶり続けるのは、断ちがたい望郷の念。
人は思うままに生きられない時、最も幸福だった時を過ごした場所へ帰りたいと願うものなのか。

自分を優しく温かく迎えてくれるどこかへ行きたい。
互いの目の中に、そんな望みを見てとったのかもしれません。

それは愛だったのか。
同じ願いを抱く者同士の仲間意識だったのか。
「江戸へ帰ろう」
彼らにはそれだけで充分だったのでしょう。
ふたりの間に横たわった長い歳月は消え失せ、想いは急速に燃え上がります。

おしまが連れてきた江戸の匂い。
唐人屋敷を出ることは、すなわち“死”を意味する伊佐次にとって、彼女が放つ香りはあまりに甘く、あまりに危険でした。

無意識に男を死に誘うファム・ファタール、おしま。
身を焼かれると知りつつも灯りに誘われる蛾、伊佐次。

「江戸の匂いがする」
おしまの台詞で江戸の景色が瞼の裏にくっきり浮かびます。
賑やかであればあるほど、どこかうら寂しい祭り囃子。
心の底に押し込めて目を背けていた郷愁を呼び覚ます、その音色。
胸を掻きむしる強烈な切なさ。
おしまの一言に、ふたりの関係が決定づけられたと思わせるほど鮮烈な印象を残しました。

輝くような過去を求めて、籠から飛び出すチャンスを窺っていた伊佐次。
“女”の向こう側に、自分の桃源郷を透かし見ていたようにも感じられました。

しかし、その“女”はもしかしたら、おしまでなくても良かったのかもしれません。
“ここではないどこか”の具現が“おしま”だった。
この閉塞的な状況から自分を連れ出してくれる何者か。
伊佐次が待ち焦がれていたのは、そんな存在だったのかもしれません。

物語を複雑にしたのは、そこにもうひとりの男(卯之助)が居たからだと言えます。
長くなりましたので、卯之助についてはまた次回。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**