FC2ブログ

少年よ、高く跳べ!―ライナス(和希そら)の「個」の魅力│オーシャンズ11

宝塚版『オーシャンズ11』といえば、「ひたすらカッコいい男役たちを愛で、きらびやかな大スペクタクルを味わう作品」と思っていた私。
しかし、その印象は宙組版により180度くつがえりました。
他でもないライナス・コールドウェル(和希そら)によって。

華やかなエンターテイメントを軸に、ひとりの少年の成長が鮮明に浮かび上がる『オーシャンズ11』。
宙組ならではのエッセンスが加わった、新鮮な味わいを楽しみました。

心揺さぶる、和希そらの芝居


雑踏からそらちゃん(和希)が現れ、歌い始めた瞬間、鳥肌が立ちました。
世をすねた目つき、どこかぎこちなく、周囲から浮き上がる存在感。
まぎれもない、ライナス・コールドウェルがそこにいました。

卓越したダンスと歌唱に注目が集まりがちなそらちゃんですが、芝居もなかなかのもの。
直近で印象深かったのは『WEST SIDE STORY』のアニータ。
男役ながら、物語のキーパーソンとなる艶やかで知的で感情豊かな女性を見事に演じきったそらちゃん。
“Somewhere”は何処に?―真風涼帆・星風まどか・和希そら評│WEST SIDE STORY

「いい芝居」に男も女もないと思わせた彼女が挑む少年ライナス。
その不器用な瑞々しさ。
「オーシャンズって泣くような話だっけ?」と思いつつ、父の旧友ソール・ブルーム(寿つかさ)とのやり取りから「JUMP!」への流れで不覚にも涙してしまいました。

ライナスの焦燥


ダニー、ラスティー、ソール、フランク、ルーベン、バシャー、イエン、リヴィングストン、バージル、ターク。
個性豊かなオーシャンズの面々で、ライナスだけが「子ども」なのです。
単に年齢の若さを指すのではありません。

リヴィングストンもモロイ兄弟も若いけれど、確固たる「自分だけの何か」を持っている。
犯罪すれすれ(というか完全にアウト)なクラッキングやヴィジュアルエフェクツの腕前。
決して褒められたやり口ではないけれど、それでも、彼らはその持てる技能を駆使して人生を謳歌している。
彼らには、自分の足で自分の人生を歩いている者たちの輝きがある。

でも、自分には何もない。
このままコソコソと他人の懐を狙い、小銭を稼いで、その日暮らしを送るのか?

自分はどうなる?
何者にもなれず、何も成し遂げず、ただ年をとっていくのか?

そんなのはイヤだ!
なんとかしたい!
どうすればいい?

くすんでちっぽけな自分に嫌気がさす。
俺だって、あの光の輪の内側に立ってみたい。

切羽詰まったようなそらちゃんの瞳から、ライナスの焦燥、煩悶、そして閉塞感がひしひしと伝わってきました。

跳べ!ライナス


鬱屈したライナスの心を揺すぶったのは、ダニー(真風涼帆)の「男にしてやる」。
突破口を開いたのは、ソールの「跳べ!ライナス」。

自分だって跳べる
あんたたちと一緒に跳んでみるよ!

オーシャンズの導きで、自分の進むべき道を探り当てたライナス。
それまでの怯えは消え失せ、目に輝きが宿る。
強く押さえつけられた分だけ、いっそう強く跳ね返すバネのような。
爽快感あふれる少年の成長。
見事な変貌ぶりでした。

血の通った人間が生きている。
その「熱」を観客に届けることができるのが、大勢の中で埋もれないそらちゃんの「個」の魅力
すごい武器です。

「男とはいかに生きるべきか」を問いかける『宙組オーシャンズ11』


ダニーやラスティー(芹香斗亜)を始め、ほとんどの登場人物のバックグラウンドが描かれない『オーシャンズ11』。
例外はテリー・ベネディクト(桜木みなと)とライナスのみ。
二人の共通点は、父親との確執。

ギャンブルで身を持ち崩し、家庭を破壊した父親への憎悪から裸一貫のし上がったテリー。
「伝説のスリの息子」のレッテルを持て余し、先の見えない暮らしに倦んでいたライナス。

自らの力で父親の壁を乗り越えたテリー。
オーシャンズが寄ってたかって跳び越えさせたライナス。
しかし、ダニーたちは手助けをするだけで、跳んだのはライナス自身の意志です。

少年が大人の男として立つとき、避けて通れないのは、ひとりの人間として父親と向き合うこと。
『オーシャンズ11』は「父と子の物語」でもあるのです。

ライナスの擬似的父親の役割を果たしたダニーとソール。
今回の宙組版の面白いのは、初演星組と再演花組でライナスを演じた真風さんとキキちゃん(芹香)が、それぞれダニーとラスティーとして和希ライナスに対峙するところ。

初代が拾い上げ、二代目が手を差し伸べる三代目ライナス。
和希ライナスにとって、真風ダニーは父であり、芹香ラスティーは兄であったのかもしれません。
(ラスティーのさりげないスキンシップ[肩ポンや鼻ツン]に、いかにも彼らしい親愛の情が感じられて良かったです)

少年から大人にJUMPしたライナスを取り巻く面々。
クールでスタイリッシュな見てくれの奥に、「男とはいかに生きるべきか」の熱い問いかけが渦巻く宙組オーシャンズでした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト

最高のクリスマス!2018年宝塚観劇納めは宙組で│異人たちのルネサンス

Merry Christmas!
宙組さん、千穐楽おめでとうございます!
退団者の皆さま、ご卒業おめでとうございます!
新たな人生が輝きに満ちたものでありますように!

* * *

2018年観劇納めはSS2列目ど真ん中!
至近距離で観る宙組さん…眩しすぎる!

水もしたたる美青年っぷりの真風さん(真風涼帆)。
しっとり憂いを帯びた表情が素敵。
吉備真備の匂い立つ色気。
いつか中国王朝物を観てみたいですね。

傲慢で冷徹な中に、どこか憎みきれない愛嬌を滲ませるロレンツォ。
中の人(芹香斗亜)のお人柄でしょうか?
したたかでセクシーでカッコいい、大好きなお役です。

ひときわ心のこもった愛ちゃん(愛月ひかる)の保名。
乱れ髪も美しく、心ここにあらずといった風情で銀橋を渡る姿に涙が出ました。
愛ちゃんの歌にはドラマがあるんですよね。
短いシーンに、葛の葉との物語をしっかり紡いでくれました。

毎回、釘付けになったエビちゃん(綾瀬あきな)の腹筋。
惚れ惚れする美しいシックスパック。
かけるさん(風馬翔)との絡みは、目が離せません。
エビちゃんも凄いですが、かけるさんのホールドも素晴らしい。
娘役群舞で地毛をなびかせて踊るのが最高。
アダルトでカッコいいですよね~~

フィナーレ「マスケラータの夜に」。
大好きなそらちゃん(和希そら)が銀橋に現れ、幸せ最高潮!
キラッキラ笑顔とセクシーな歌声のギャップがたまらない!
ズバッ!キラーン!と音がしそうな指差しウィンクに射抜かれました~~
素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございます!

そして、今年宙組配属となった身内の知人のお嬢さん。
パッと目につく華やかさ、あふれんばかりの笑顔が眩しい!
ロケットでフレッシュな魅力を振りまきます。
先日の試験でも良い結果を残せたそうで、これからの活躍が楽しみです。

* * *

観劇後は帝国ホテルへ。
連れ合いが予約してくれたレストランでお食事。
クリスマスの特別メニューは目で見て楽しく、お味も抜群。
舞台の感想を話しながらの楽しい時間でした。

かけるさんがお気に入りの連れ合いは「卒業を見送れて良かった」と嬉しそう。
「来年のクリスマスも宝塚を観て帝国で食事しよう」とも。
「気が早い!」と言いつつ公演スケジュールをチェックしたら、来年は月組でした。
是非とも有言実行してもらわなければ!

今年のヅカ活動を最高の形で締めくくる大満足の一日となりました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『白鷺の城/異人たちのルネサンス』関連記事はこちら↓
「人材豊富過ぎる」宙組の贅沢な悩み―個人評(芹香/愛月/凛城/澄輝/風馬)│異人たちのルネサンス
現代の“異類婚姻譚”『白鷺の城』がハッピーエンドである理由
東宝デザート「酢×ゼリー」に外れなし!│宙組『白鷺の城』公演デザート「美人たちも来るねッ酸酢」レビュー

「人材豊富過ぎる」宙組の贅沢な悩み―個人評(芹香/愛月/凛城/澄輝/風馬)│異人たちのルネサンス

若き日のレオナルド・ダ・ヴィンチの淡い恋を、誰もが知る名画の誕生秘話に絡めたストーリー。
着眼点が面白いですね。
MY初日は「そうきたかー」と素直に驚きました。

作者は田渕大輔先生。
デビュー以来、6作品中なんと4作が宙組。
こんなことってあるんですね。

『異人たちのルネサンス』は画家たちのエピソードやパッツィ家の陰謀など史実を上手く織り交ぜ、綺麗にまとまっています。
が、いかんせん若手スターさんたちを活かしきれておらず、もったいないですね。

特に、レオナルドの工房の仲間たち。
ペルジーノ(澄輝さやと)、ボッティチェリ(蒼羽りく)、クレディ(和希そら)、フェルッチ(留依蒔世)、シニョレッリ(瑠風輝)。
全員新人公演主演経験があり、バウホール主演を果たした方もいます。

なのに…もったいない。

率直に言えば、居ても居なくても作品が成立するパート。
物語の大筋に関わり、主人公の運命を動かす役どころではありませんよね?

個々の役をじっくり観れば、それぞれに自分の色を出そうと工夫してらっしゃるのは分かります。
しかしながら、ひとりひとりの役割が薄く、「これ!」という見せ場に乏しい。
演技に優れ、歌唱に優れ、舞踊に優れたスターたちが単なる「賑やかし」に終始するのは、非常にもったいない。

主人公の人生に積極的に関わる人々だけピックアップしても、これだけの役があります。
ロレンツォ、グイド司教、ジュリアーノ、パッツィ、ヴェロッキオ、サライ…
それでもまだ役が行き渡らない。

90分で80人にまんべんなく場を与えるのは難しいにしても、せめて一作品の主役を張った経験のある生徒さんは、もう少しなんとかならなかったものでしょうか?

「人材豊富過ぎる」「層が厚過ぎる」
贅沢な悩みですが、上級生・中堅・下級生に至るまで優秀な生徒さんがひしめき合い、活用しきれてないのが宙組の現状と感じます。

* * *

○ロレンツォ・デ・メディチ(芹香斗亜)
世界を意のままに操るにふさわしい知力と胆力と政治力を持った男。
美を愛し、積極的に芸術を庇護した偉大な支配者。
とても好きなキャラクターです。
キキ(芹香)ロレンツォは、変に情に走らず冷徹・傲慢に徹したのが私好み。

ラストの不死身っぷりには笑いました。
「生きてたの!?」みたいな。

白い貴公子然としながらも、黒く、サディスティックな役を演じると格段に色気が増すキキちゃん。
ロレンツォはハマり役ですね。
カッコよかったです。

○グイド司教(愛月ひかる)
無垢な少女を飼い慣らし、メディチ家を内側から崩壊させようと企む野心家。

主演の『SANCTUARY』を含め、田渕作品の愛ちゃんはいつも魅力的。
得体の知れなさ、底知れない無気味さ、権力への執着。
作品世界を丸ごと飲み込むような存在の大きさはさすが。

黒幕が弱いと作品全体がスケールダウンしますので、愛グイドの起用は正解でした。

○フランチェスコ・パッツィ(凛城きら)
歴史に名高い「パッツィ家の陰謀」の中心人物。
堅実で、実存感のある芝居が舞台全体に厚みを与えます。
佇まいに壮年の色気が漂うのが何より。

見せ場はサライを買収するシーン。
言葉は優しくとも、拒否すればどんな目に遭わせるか分からないと思わせる酷薄さ。
芝居巧者ぶりを遺憾なく発揮しました。

○ペルジーノ(澄輝さやと)
無言でサライの肩を抱き、教会を去る姿にペルジーノという男のすべてが表れていたように思います。
温かく懐の深い、工房の兄貴分。
好きなシーンです。

○酒場の歌手(風馬翔)
エビちゃん(綾瀬あきな)とのアクロバティックなダンスが凄かった!
歌と踊りのインパクトが強すぎて、パッツィとジュリアーノの密談に意識が届きにくいのが玉にキズ。
今回ご卒業の翔さんのシーンですから自然と観客の注目も集まります。
この構成は上手くないです。

* * *

次作『オーシャンズ11』は男役さんの役が沢山ありますが、人材過多の根本解決にはなりません。
一刻も早く、生徒さんひとりひとりが持てる力を存分に発揮できる環境が整うことを切に願います。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『白鷺の城/異人たちのルネサンス』関連記事はこちら↓
現代の“異類婚姻譚”『白鷺の城』がハッピーエンドである理由
東宝デザート「酢×ゼリー」に外れなし!│宙組『白鷺の城』公演デザート「美人たちも来るねッ酸酢」レビュー

現代の“異類婚姻譚”『白鷺の城』がハッピーエンドである理由

宙組創設20年にして、初めての本格的な日本物レヴュー。
なぜ今まで一度も機会がなかったのか不思議ですが…

満を持しての作品は、陰陽師と妖狐の因縁をオムニバス形式で描く『白鷺の城』。

玉藻前や妲己、保名に葛の葉に富姫…
おなじみの人物が入れ替わり立ち替わり現れては歌い、踊る。
名場面の美味しいところをアラカルトで楽しめる。
歌舞伎で言うところの「見取り狂言」的な趣向ですね。

きらびやかな映像、華やかな舞台装置を駆使したスピーディーな展開。
雅やかな衣装をまとった見目麗しい宙組生たち。
駆け足ながら、バラエティに富んだ内容を45分の枠内によく収め、「宙組初日本物レヴュー」のタイトルに相応しい豪華絢爛な作品となりました。

* * *

千年に亘り、転生を繰り返す陰陽師(真風涼帆)と妖狐(星風まどか)。
時系列は以下の通り。

(1)紀元前11世紀頃の古代中国【妲己:星風】

(2)奈良時代【吉備真備:真風、妲己:星風】

(3)平安時代中期【安倍保名:愛月ひかる、葛の葉:松本悠里】

(4)平安時代後期【安倍泰成:真風、鳥羽上皇:凛城きら、玉藻前:星風】

(5)室町時代【栗林義長:真風、岡見宗治:芹香斗亜、八重:天彩峰里】

(6)江戸時代初期【幸徳井友景:真風、宮本無三四:桜木みなと】

(7)江戸時代初期【幸徳井友景:真風、宮本無三四:桜木、玉藻前:星風、富姫:松本】

(8)江戸時代初期【男:真風、女:星風】

舞台進行上は、(6)→(4)→(3)→(1)(2)→(5)→(7)→(8)となるので、ややこしいですね。
なにしろ流れが早いので、理解が追いつきません。

プログラムではちゃんと解説されてるのでしょうか?
私同様、プログラムを読んでいない方にはとっつきにくいのでは…と思います。

とはいえ、このようなオムニバス形式は嫌いではありません。
むしろ好き。

プロローグで謎が提示され、徐々に謎の正体が明らかにされる。
萩尾望都の『ポーの一族』を思わせる構成です。

「すきとおった銀の髪」に始まり、「エディス」で幕を下ろすバンパネラの一族の物語。
幸徳井友景の夢語りから始まり、奈良時代から江戸時代を巡る陰陽師と妖狐の物語。

断片をつなぎ合わせて、ひとつの物語を紡ぐ手法は幻想性が高まりますね。

夢はおぼろに頼りなく、つかみかけてはするりと逃げる女の面影。
あの女は誰なのか?
自分にとってどういう存在なのか?

すべてが明らかになったとき、女は命を落とす。
「二度と決して、あなたを手放さない」
そう誓った男は自刃し、女の後を追う。

美しくも妖しい、上田秋成の怪異小説を思わせる味わいがあります。

* * *

「異類婚姻譚」という物語のジャンルがあります。
人と、人ならざる者との恋愛や婚姻が描かれる「物語の型」のひとつで、世界各地に伝承されています。

上田秋成が著した『蛇性の婬』ならば人間と蛇。
『白鷺の城』では人間と狐。

人間の相手となるもの(動物/妖怪/物の怪など)は異民族を表す、という説があります。
つまり、「外から来た者」「自分たちとは異なる常識を持つ者」の象徴ですね。

『蛇性の婬』は蛇が封じ込められて終わりますが、『白鷺の城』は人と狐が結ばれる。

「今ひとたびの…」で、折り重なって倒れ伏す友景と玉藻前が蘇るシーンはドラマティック。
因縁から解き放たれ、ようやく結ばれる二人。
比翼の鳥となって羽ばたく姿に涙しました。

『雪女』や『鶴の恩返し』など、悲しい結末を迎えることが多い“昔ばなし”。
かたや、ハッピーエンドの『白鷺の城』は、グローバル化が進む現代ならではの「異類婚姻譚」であり、現実社会への呼びかけでもあります。

自分たちと異なる存在と、上手く調和し、共存していくこと。
人間と狐が手を取り合うラストはそのような関係を示唆している、と捉えました。

もう、人と狐が引き裂かれたり、人と狐の間に生まれた子が泣くような時代に後戻りしてはならないのです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『白鷺の城/異人たちのルネサンス』関連記事はこちら↓
東宝デザート「酢×ゼリー」に外れなし!│宙組『白鷺の城』公演デザート「美人たちも来るねッ酸酢」レビュー

星風まどかさんについて、組の名刺代わりのショー『シトラスの風』について

『天は赤い河のほとり』の感想。
かなりスピーディーな展開でしたが、原作を知らず予習もせずに観た私にも分かりやすく、楽しむことができました。
自分の頭の中の知識と、劇中の出来事がパズルのようにサクサク当てはまっていくのも快感。
ネフェルティティの胸像が隻眼である理由など、エピソードを上手く取り入れてるなぁと感心したものです。

小柳奈穂子先生の脚本は気取ったところがなく、平易で親しみやすいのがなにより。
物語の流れの見せ方が巧みで、原作ファンも多く訪れる『天河』の演出に彼女を起用したのは正解だったと思います。
原作ファンの友人も「ヴィジュアル再現度が高く、よくまとまったストーリーだった」と話していました。

とはいえ、膨大な原作を90分に圧縮した弊害はいたるところに。
多少の駆け足感は否めません。
「これはこういうことかな?」「原作ではきちんと描かれているのだろう」と適当に補いつつ観ましたが、少々不親切ですね。
せめて一本物だったら良かったのですが、宙組誕生20年で『シトラスの風』を併演する都合上、仕方なかったのでしょうか?

さて、記念すべき宙組20周年。
真風涼帆さんと星風まどかさんの新トップお披露目も重なり、二重の喜びとなりました。
まどかちゃんは初の生え抜きトップ娘役でもありますね。

私が宝塚を観始めた頃はまだ4組制で、しばらくお休みして戻ってきたら5組に増えていて驚きました。
そこから、大空祐飛さん、凰稀かなめさん、朝夏まなとさんと歴代トップの舞台を拝見してきましたが、常に変わらないイメージは「大人っぽくて、ゴージャスで、スタイリッシュな宙組」。
真風君が就任されてからも、その印象は引き継がれ、むしろ一層強化され、嬉しい限りです。

面長で体格の良い真風君と、丸顔で小柄なまどかちゃん。
ゆったり鷹揚で頼もしい芸風の真風君と、可愛らしく三拍子揃った実力の持ち主まどかちゃん。
見た目も中身のバランスもぴったり。
素敵なトップコンビ誕生に、心よりおめでとうを申し上げます。

* * *

前回の記事は男役さん中心でしたので、今回はまどかちゃんについて。

お芝居のユーリ役は、ショートカットがよく似合う活発なヒロインで、フレッシュな魅力を振りまきました。
賢くて、意志が強く、思いがけない状況に陥っても、前向きに進もうとする姿が印象的。
現代に残してきた家族や友人、ボーイフレンドに未練はないのかな?と思いましたが、原作ではもっとページが割かれているのでしょうね。

むしろ、カイル(真風)と共に戦いに身を置くことで次第に「自分が過去に呼び寄せられたのは意味のあること」「自分に課せられた使命は、カイルと共に平和を実現すること」と悟っていきます。
特に、「自分が享受していた平和は、過去の誰かの犠牲の上に成り立っている」という、物語の最も大切な部分がきちんと伝わってきたのがなによりでした。

ショーは「ノスタルジア」が秀逸。
クラシカルで美しく、これぞ宝塚という場面。
優しくリリカルなまどかちゃんの“O mio babbino caro”で幕を開けます。

数年前に観た全国ツアーでは、同じシーンでみりおんちゃん(実咲凜音)の歌声を堪能しました。
透き通るように繊細なみりおんちゃん、柔らかくまろやかなまどかちゃん。
代替わりしても美声を楽しめるのは嬉しいことです。

組を象徴するような作品、名刺代わりになる作品を持っていることは幸せですね。
宙組の『シトラスの風』しかり、花組の『EXCITER!!』しかり。
世代を超えて受け継がれ、観客もまたその時々のスターさんの輝きと、組の伝統を味わえる。
とても素敵です。

閑話休題。
ひとりの女性を巡る恋の鞘当て。
定番のシチュエーションながら、非常にドラマティックな盛り上がりを見せる場面です。
“Nessun Dorma”に乗せて対立する男ふたり。
ふたりの間を揺れ動く女。

胸元を開けたシルバーのサテンシャツのキキちゃん(芹香斗亜)は華やか。
襟元の詰まった純白のシャツの真風君は禁欲的。
異なる色気がぶつかり合って、めちゃくちゃカッコいいですね!

やがて、キキちゃんが真風君に手袋を投げつけ…
結末は誰にも分かりません。
決闘はどちらが勝ったのか?それとも相討ちだったのか?
“若さ”ゆえの美と無謀。
“青春”の儚さや虚しさ。
「ロマンチック・レビュー」の粋を集めたような名シーンです。

また長くなってしまいました。
続きは改めて。

○『天は赤い河のほとり/シトラスの風 -Sunrise-』関連記事はこちら↓
カッコいい あぁカッコいい カッコいい│『天は赤い河のほとり』の男たち(真風涼帆・芹香斗亜・愛月ひかる)
ダジャレ完成度の高さと美味しさは比例する?『天は赤い河のほとり』公演デザート「シトラスの果ゼリー-三倍酢-」

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**