FC2ブログ

ニック(水美舞斗)とフローレンス(城妃美伶)のスピンオフが観たい!│青い薔薇の精

名実ともにトップオブトップとして、ここ数年の宝塚人気を牽引してきた花組トップスター・明日海りおさんのラストステージ『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』を観てきました。
ひとことで言えば「素晴らしかった!」。

設定はほぼ想像通りでしたが、展開は予想外。
(演目発表時から公演解説の内容がかなり変わったことに、いま気づきました)
(当初はハーヴィーやシャーロットの名前がなかった)
明日海りおはフェアリーか?―「青い薔薇の精」と「美少年(ヴェニスに死す)」│A Fairy Tale

好きなところ、お気に入りのところ、全部


タイトルの「A Fairy Tale」の意味が分かった瞬間、「あ、あ、あぁっーーー!」ってなりました。
残りわずかの公演回数ですが、これからご覧になる方は前情報を入れない方が楽しめると思います。

どなたもハマり役で、トップさんの卒業公演らしさも十分。

みりおさん(明日海)演じる青い薔薇の精・エリュと、れいちゃん(柚香光)ハーヴィーが交わす堅い握手。
「君なら美しい花を咲かせられる」
明日海りおから柚香光へ受け継がれる花園(花組)。
ふたりの姿に重なって、涙なしには観られません。
素敵な引き継ぎシーンでした。

松井るみさんの装置が美しくて眼福!
花盛りのウィールドンの庭は目が覚めるよう。
冒頭の荒れ果てた景色すら、禍々しい美にあふれ、するりと物語世界に引き込まれました。
書籍や薬品、植物と紅茶の香りが漂ってきそうなヴィカーズ商会のセットも私好み。

「シャーロック・ホームズ風の私立探偵」と紹介されたMr.ディケンズ(冴月瑠那)の登場シーン。
さりげない「BAKER STREET」の標識が嬉しいですね。

本作をもって星組に異動される、あかちゃん(綺城ひか理)。
花組での最後の舞台姿を見納めてまいりました。
堅実なお芝居、魅惑の低音がウリのあかちゃん。
星組でどんな花を咲かせてくださるか楽しみです!

ケヴィン(優波慧)とネリー(春妃うらら)のグリフィス夫妻。
何気ないやり取りに温かな家庭を想像できて心に残りました。
春妃さんは声が綺麗ですね。
艷やかな潤いのある台詞に聞き惚れました。

美声といえば和海しょうさん。
オリヴァーが言葉を発するたびに、あまりの声の良さにびっくりして思わず目を向けてしまいます。

Mysterious Old Lady(謎の老婆)の美花梨乃さん。
美花さんはいつも活き活きと役を楽しんでらしていいですね。
とっても好きな役者さんです。

ニックとフローレンスのスピンオフが観たい!


物語の起点となるエピソード、ヒロイン・シャーロット(華優希)の母フローレンス・ウィールドン夫人(城妃美伶)と、庭師ニック・ロックウッド(水美舞斗)のささやかな心の交流。

彼らがいなければ始まらない、大切な役どころ。
ふたりの関係が印象的でした。

深く温かな慈しみ。
互いの心は手に取るように通じ合っている。
ほとばしる想いを抑え、ふたりが歌う「Dear Friend」。
“大切な友”という言葉が彼らの愛をよく表しています。

ラストシーンは、舞台の端と端から、ただ見つめ合う視線だけで泣けました。

美しい庭を捧げることで愛を昇華したニック。
フローレンスを想い、妻を娶らなかった彼が、養子に迎えたのが物語のキーマン・植物学者のハーヴィー・ロックウッド(柚香光)。

フローレンス亡き後、荒れ果てた庭を蘇らせたハーヴィー。
ニックの息子ハーヴィーから、フローレンスの娘シャーロットへ。
想いの連鎖が見えて胸がいっぱいになりました。

マイティー(水美)、いいお役を書いてもらえて幸せですね!
ふたりのスピンオフが観たいくらい、素敵なエピソードでした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



輝き、ひかる星になれ!星組生・愛月ひかる誕生│組替えについて、私の考え

本日付で専科の愛月ひかるさんが星組へ異動されました。

今年5月、礼真琴さん率いる星組の全国ツアー『アルジェの男/ESTRELLAS~星たち~』で共演され、「星組と相性抜群!」と好評を得た愛ちゃん(愛月)。
まさか、そのまま星組子になられるとは!
こんなことってあるんですね~~

まだ出演されていない組との化学反応も観てみたかったですが…
ともあれ、おめでとうございます!

タカラジェンヌ・愛月ひかる


大切な友人Sさんの大好きなタカラジェンヌ、愛月ひかる。
出会った当初から一貫して愛ちゃん一筋だったSさん。
彼女の真摯で熱い想いを聞くうち、徐々に私にとっても気になる存在になっていきました。

なんといっても、お芝居がいい!
好きな役は『王妃の館』の金沢貫一と、『神々の土地』のラスプーチン。
正統派二枚目でありながら、その枠に収まりきらない幅広い人間性を表現できる役者としての愛ちゃんに心惹かれます。

そして、愛ちゃんのスター性に圧倒された、『不滅の棘』のエロール・マックスウェル。
「これは絶対面白い!」という予感に従い、劇場に向かった私。
観てよかった~~
“私的ヅカ名作”三本の指に入る大好きな作品です。

王妃の館で一番カッコいいのは金沢貫一(愛月ひかる)だと思うのです
ラスプーチンが動けば、物語も動く―愛月ひかるが果たした役割とは│神々の土地
見よ!愛月ひかるの圧倒的「主役力」│不滅の棘

このまま宙組で…と思った矢先の専科異動。
驚きましたが、これは愛ちゃんにとって大きなチャンスと受け止めました。

専科生として初めての出演はどこか?わくわくしながら待っていたら…
なんと星組!
そうきたかーーー!

「星組×愛月ひかる」の相乗効果はどのようなものか。
結果は素晴らしいものでした。
お芝居では濃密な悪の色気、ショーでは圧倒的スター性で観客を魅了した愛ちゃん。
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男

そして、星組へ。
全国ツアーへの特別出演が異動ありきだったのか、相性をみての判断だったのか。
いちファンには知る由もありませんが…
実際に舞台を観た印象では「星組×愛月ひかる」は「互いに補い合うプラスの関係」であるように感じます。

短い専科生活でしたが、愛ちゃんが得たものは大きいと思います。
環境の変化は、人に多くの気づきを与え、成長させます。

こってり濃厚、クラシカルなスターの風格を醸す愛ちゃん。
どなたかが「ミスター・タカラジェンヌ」と仰ってて、なんてぴったりな称号かと思いました。
心・技・体ともに大きくなった愛ちゃんの、星組でのご活躍が楽しみです。

組替えについて、私の考え


皆さまは組替えについて、どのようにお考えになりますか?
生徒さんにとっては基本的に「栄転」と思いますので、私は肯定的にとらえています。

私自身の転職経験に照らし合わせても、宝塚の組替えは可能性を広げる良い機会だと考えます。
転職というか、私の場合は「うちに来ない?」と誘われたので、要は引き抜きですね。

一般企業の引き抜きと、宝塚歌劇団の「組替え」は似ています。
宝塚における「退団」が転職ですね。

所属する組や環境が変わること。
今まで従ってきた常識に揺さぶりをかけること。
他力(組替え)か自力(退団)かの違いはありますが、その生徒さんにとって大きな転機であることに違いはありません。

愛ちゃんに続き、11月25日には花組から綺城ひか理さんが星組へいらっしゃいます。
また、12月23日には星組の紫藤りゅうさんが宙組へ。
いずれも脂が乗った男役盛りのふたり。
異動先の組に新しい風を吹かせ、ガラリと空気を変える、即戦力としての働きが期待されます。

求められるうちが華。
慣れ親しんだ環境を離れるのは寂しいかもしれませんが、宝塚はひとつ。
どの組にいても、目的は観客を魅了する舞台を作ることに変わりはありません。

新しい環境で、新しい花を咲かせ、豊かな実を結ばれますよう、エールを贈ります。

輝き、ひかる星になれ!


愛月ひかると綺城ひか理が加わった新生星組のスタートは、来年2月の大劇場公演『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』から。
眩耀(ゲンヨウ)とは「まばゆいばかりに光り輝くこと。まぶしくて目がくらむこと」。

さらに専科より特出の華形ひかるさんも加わると「ひかる・ひかる・ひかり」と光りまくり。
さらにさらに、大真琴・咲玲央・きらり杏・えりせ・夕陽真莉あん・瞳きらりと、輝き、煌めきまくる星組生 笑

星組、眩しすぎーーー☆彡☆彡

新生星組に関わるすべての生徒さんが、輝き、ひかる星となりますように!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開

星組新トップコンビお披露目公演『眩耀の谷』のヴィジュアルが公開されました!
宝塚歌劇団公式サイト

いい!最高!!

いつかお前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!礼真琴の決意


なんか…いいですね!
初々しくて、いかにも「新トップコンビお披露目」って感じ!

琴ちゃん(礼真琴)はキリッと男っぽくて、カッコいい!
寄り添うひっとん(舞空瞳)は愛くるしくて、たおやか…
とってもお似合い!

一番のポイントはふたりの手!
そっと差し出されたひっとんの左手を、優しく、しかし、しっかりと包み込む琴ちゃんの右手!

いい!最高!!

『食聖』のリー・ロンロンの台詞、「ホン・シンシン(紅ゆずる)、見てろよ!いつかお前以上に幸せになってやるからな!」が早くも実現しそうな勢いじゃないですか~~

「琴ひと」が「紅あー」に負けないベストカップルになりますように…
いえ、なるに違いない!
そんな予感がします。

このふたりの並びって、計り知れないポテンシャルを感じるんですよね。
琴ひと率いる星組がどんな新しい世界を見せてくれるのか…
わくわくします!

思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷

新たなメンバーも加わり、さらにパワーアップする星組に期待!


この公演から、専科の愛月ひかるさん、花組の綺城ひか理さんが加わり、さらにパワーアップする星組。
お休みされていた拓斗れいさんも復帰されますね。

星組さんと愛ちゃん(愛月)の好相性は『アルジェの男』で立証済みですが…

華やかなスター性とクラシカルな男役の味が魅力の愛ちゃん。
豊かな歌声と篤実なお芝居が魅力のあかちゃん(綺城)。

おふたりと星組さんが合わさったときの化学反応が楽しみ!

豪奢な中華風コスチュームものにご縁が深い星組。
琴ひとの銀色と水色を基調に紅色をアクセントにしたお衣装、とっても素敵です。
ひっとんの外衣の水色と、琴ちゃんのベルトの石の色がリンクしているのもニクいですね~~

組子の皆さまもすごく似合いそう!
星の美男美女が、色とりどりの豪勢なお衣装をまとう姿を想像すると、ときめきます!

せおっち(瀬央ゆりあ)と、くらっち(有沙瞳)が似合うのは、『食聖』プロローグで立証済みですし。
はるこさん(音波みのり)の虞美人や、オレキザキさん(輝咲玲央)の蘇我蝦夷もお似合いでした。
組長さん(万里柚美)と、せーらちゃん(星蘭ひとみ)の絶世の美女っぷりも目に浮かびます~~
めちゃめちゃ観劇意欲が湧きますね!

そして、星は継がれていく


もうひとつ楽しみなのは、卒業された紅あーが観客として新生星組をご覧になること。
客席から観る星組はどんなふうに輝いているんだろう?って思います。

紅あーの星組も、あと10日。
なんだか全然実感が湧きません。
『食聖』と『Éclair Brillant』、この温かく美しい舞台が永遠に続くような気がして…

残りわずかな貴重な公演、一回一回を大切に、心を込めて観させていただきます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷』関連記事はこちら↓
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷

あの人は誰!?―心のオペラ泥棒【97期トリオ/綺城ひか理/佳城葵/留依蒔世】

以前、「舞台人の“華がある”とは何か?」の記事を上げた私。
「スター性がある」「キラキラしてる」「目を引く」とも言いますね。
「華がある」ってなんだろう?―タカラジェンヌの魅力を探る

今回は「いつ、どこで、誰に、なぜ」惹かれたのか具体的に上げてみます。

あの人は誰!?―思わず吸い寄せられるタカラジェンヌたち


「オペラ泥棒」という言葉はヅカ用語でしょうか?
他の界隈ではあまり聞きませんが…

普段オペラグラスを使わない派の私ですが、心のピントがロックオンされることはあります。
いわば「心のオペラ泥棒」。

お顔もお名前も分からない、完全にまっさらな状態で観て、心惹かれた生徒さん。
私の中で“無名”だった生徒さんが、ぐーんとクローズアップされる瞬間。

特に印象深い3名。
花組の綺城ひか理さん、月組の佳城葵さん、宙組の留依蒔世さん。
偶然にも全員97期です。

寡黙で誠実な男役、綺城ひか理


あかちゃん(綺城)を初めて認識したのは『風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-』の錦吾郎役。
北翔海莉さん演じる次郎吉に「スケベ蘭方医」呼ばわりされる医者。
すらりとした立ち姿、深く響く声、落ち着いたお芝居に注目しました。

寡黙で誠実な印象が強い彼女。
好きな役は『MY HERO』のハル・テイラー、『ハンナのお花屋さん』のライアン。
そして、『MESSIAH』の鈴木重成。
持ち味が最大限に活きた鈴木は絶品でしたね。

父と子の物語、芹香斗亜と綺城ひか理について│MY HERO観劇記(2)
「義」の人、鈴木重成(綺城ひか理)に称賛を惜しまず│MESSIAH −異聞・天草四郎−

代替わりする花組で、ますます大きな花を咲かせるであろうあかちゃん
これからの活躍に期待が高まります。

透き通った声の芸達者、佳城葵


やすちゃん(佳城)との衝撃の出会いは『月雲の皇子』。

「空を飛ぶ蜘蛛を見たことがあるか?」
耳にすっと染み込む、ティコの透き通った声にノックアウトされたのです。

中空に浮かぶ蜘蛛の糸が、月の光を受けてキラキラ輝くさまが目に浮かぶような。
『月雲の皇子』という作品世界を象徴する、もろく儚い美しさ。
あの凝縮した空気は忘れられません。

『アーサー王伝説』のケイ、『A-EN』のアダム、『All for One』のリュリも好きですね。
劇場中の愛を一身に集めたアーサー王の兄ケイ(佳城葵)

どんな役を演じても、その人の人生が見える役者。
観客の心を掴むことに長けた天性の演技者
これからどんな役の人生を生きていかれるか、楽しみにしています。

三拍子揃った実力者、留依蒔世


私の胸に「留依蒔世」の名が刻まれたのは『クライマックス』の影コーラス。
歌声のシャワーともいうべき、同期の夢なつきさんとのハーモニーに圧倒されたのです。

入団二年目とは思えぬ完成された男役声。
パワフルでエモーショナル、劇場の屋根を吹き飛ばす勢い。
鮮烈でした。

お芝居は『不滅の棘』のハンスが心に残っています。
大人になりきれない、寂しがり屋の大きな子ども。
ぬくもりが欲しくて、かまって欲しくて、のたうち回る哀れな青年。
ハンスの渇望が胸に迫り、思わず抱き締めたくなるような。

力強い歌やダンスだけでなく、繊細な芝居心も持ち合わせたあーちゃん(留依)。
あーちゃん主演で、歌いまくり踊りまくり演じまくる芝居仕立てのショー(ノバ・ボサ・ノバ的な)が観たいですね。
宙組の歌爆弾!和希そら・留依蒔世・瑠風輝『Bow Singing Workshop』

心のオペラ泥棒さん、待ってます!


魅力的な生徒さんが多すぎて書ききれませんが、毎公演ごとに気になる方が増えていく私。

直近では『花より男子』の都姫ここさんに注目しました。
パッと目を引く華やかな風貌、力みのないお芝居。
舞台での居方が自然で、とても良かったです。

『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』では早速新人公演のヒロインに。
期待の娘役さんですね。

これからも心のオペラグラスを奪ってくださる生徒さんが続々現れることを楽しみにしています

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

綺城ひか理ファンの皆さまへ、鈴木重成の伝記のご紹介│MESSIAH −異聞・天草四郎−

『MESSIAH −異聞・天草四郎−』で、あかちゃん(綺城ひか理)が演じた代官・鈴木重成。
あかちゃん渾身のお芝居に心奪われる、大好きな役でした。

「義」の人、鈴木重成(綺城ひか理)に称賛を惜しまず│MESSIAH −異聞・天草四郎−

今日はあかちゃんに関する別の記事を上げる予定でしたが、タイムリーなことに朝刊で「鈴木重成」の文字を見つけ、急遽差し替えました。

天草島原一揆後を治めた代官 鈴木重成(田口孝雄著/弦書房)


田口孝雄著、弦書房刊行の『天草島原一揆後を治めた代官 鈴木重成』。
今年の6月に出た本ですので、すでにお読みになった方もいらっしゃるでしょうか。

捨身懸命の生涯。一揆後、疲弊しきった天草と島原で、戦後処理と治国安民を12年にわたって成し遂げた徳川家の側近・鈴木重成とはどのような人物だったのか。重成が実行した特異な復興策とその思想を、天草の鈴木神社宮司が浮き彫りにする。[弦書房サイトより抜粋]


「捨身懸命の生涯」。
『MESSIAH』で、あかちゃんが見せた鈴木の姿に重なる言葉です。

「第五章 天草島原きりしたん一揆(鈴木重成、島原へ/詳細な原城リポート/原城炎上/あのいくさ、何であったか)」は、『MESSIAH』の舞台とオーバーラップしそうですね。

清廉にして実直。
原城でのキリシタン一揆、あの場の修羅を一身に背負わされた『MESSIAH』の鈴木重成。

やがて彼は幕府に天草の石高半減を訴え、切腹して果てたと伝えられます。
自刃説の真偽は定かではないようですが、原城からその後、彼がどのような人生を送ったのか、興味は尽きません。

熊本県公式観光サイト│ふるさと寺子屋「天草を救った鈴木重成公」

宝塚を通して世界が広がる喜び


恥ずかしながら、『MESSIAH』を観るまでは鈴木重成という人物について何ひとつ知らなかった私。
しかし、あかちゃんのお芝居に魅了され、知れば知るほど惹かれていきました。

作品の舞台になった時代や土地、気になった人物について調べる。
そこで得た知識が別な作品を観るのに役立ったり、舞台以外の何かとリンクしたり
どんどん新しいことにつながるのが楽しい
宝塚のおかげで世界が広がっていくのが嬉しいですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**