FC2ブログ

綺咲愛里のヒロイン力―紅ゆずると二人三脚でたどり着いたゴール│食聖

私が初めて宝塚を知った頃、星組トップ娘役だったシギちゃん(毬藻えり)。
華やかで大人っぽい美貌。
豪華なドレスにも負けない抜群の存在感。
子ども心に、なんて美しい人かと憧れました。
以来、シギちゃんが私の中の「宝塚のトップ娘役」のひとつの規範となったのです。

舞台のきらびやかなイメージに反して、内面はごく控えめでおとなしい方だったようで、そのギャップも魅力でした。
「守ってあげたい娘役」として、星組の男役さんの間で「シギちゃんを守る会」があったほど。
今は専科でご活躍のハッチさん(夏美よう)もメンバーのひとりでした。

余談ですが、私の恩師のかつての教え子がシギちゃんだったそうで「当時から綺麗だった」と聞かされました。
ですよね~~

あーちゃん(綺咲愛里)も私の「理想の宝塚の娘役像(のひとつ)」を体現する娘役さんです。

黙っていても「あの人がヒロイン」と思わせる華。
万人に受け入れられる愛らしさ。
何より必要なのは、隣に立つ男役(トップスター)を、よりカッコよく輝かせる力。

シギちゃんにしろ、あーちゃんにしろ、この点が抜群。
いわゆる「姫役者」と言いますか…
ずば抜けた「ヒロイン力」が魅力なのです。

紅ゆずると綺咲愛里、二人三脚でたどり着いたゴール


あーちゃんの舞台姿を初めて意識したのは『ダンサ セレナータ』のカロリーナ。
真風涼帆さん演じるルイスと駆け落ちする両家のお嬢さん役ですが…

第一印象は、ちょっと頼りない…?
(役柄には合ってましたが)
『太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~』のマリーも、可愛いけど、お芝居が不安定という感想。

そんな印象を一気に覆したのは『桜華に舞え』のヒサ。
それまでの可愛らしいイメージとは一転、どっしり地に足のついた、生々しい感情をあらわにする大人の女。
「あーちゃんのお芝居、すごくいい!」
短いシーンですが、深く印象に残りました。
歌よし、踊りよし、芝居よし!男役、礼真琴が発する色気と凄み│桜華に舞え

そして、お披露目の『THE SCARLET PIMPERNEL』。
満を持してコンビを組んだ紅ゆずるさんとの並びは最高!

以後、公演を重ねるごとにピタリピタリと足並みを揃えてくるのが素晴らしかったですね。
紅さんが心からあーちゃんを可愛がってらっしゃるのが伝わるし、あーちゃんも紅さんを慕っているのが分かる。
ファンが宝塚のトップコンビに求めるものって、やはりこれなんです。

トップスターの孤独や重圧は計り知れませんが、心通じる相手役の支えがあればこれほど頼もしいことはない
『Éclair Brillant』のデュエットダンスで、互いに向けられた嘘のない笑顔。
愛しげにあーちゃんを抱きしめる紅さんから思わずこぼれる幸せなため息…
生徒さんの心は観客に通じます。

宝塚っていいな、トップコンビっていいな、って思います。
二人三脚でゴールまで駆け抜けたふたり。
素晴らしい「愛」をありがとうございました。

仁義にあつくていい女


あーちゃんのスタンダードなお芝居は『鎌足』で見納めかと思ったら…
予想に反して『食聖』がめちゃ深くていい話で大喝采でした。

直近の『エルベ』も『鎌足』も『食聖』も、根っこはすべて「愛」。
紅あーコンビが描く多彩な「愛」の物語。
どれもそれぞれに魅力です。

当代屈指の姫役者、あーちゃんのラストヒロイン。
ピンクのへそ出しジャージに健康サンダルで現れたときは、ぶったまげましたけど…

アンチヒーローの紅孩児に憧れ、家族や仲間を守るため率先して戦うアイリーン。
真っ直ぐで瑞々しく、繊細で柔軟な心。

「仁義にあつくていい女なんだよ」
当て書きに優れた小柳先生が贈る言葉。
これが娘役・綺咲愛里への評価なのですね。

自分の足で歩き、ときには誰かを救うヒーローにもなれる。
時代が要求する新しいヒロイン像を確立して花園を去る
とても素敵です。

「いい答えが見つかるよ」
「あなたは冒険の途中なのね」
タン・ヤン(有沙瞳)やエレノア(音波みのり)とのシーン、いいですよね。
娘役さん同士ががっぷり四つに組む芝居、好きなんです。

青い小さな花から、ピンクの大輪の薔薇へ。
堅いつぼみがみるみるほぐれ、あでやかな変貌を遂げたあーちゃん。
その変化は唯一無二の相手役、紅さんと共に歩み、組を引っ張っていくなかで育まれたものと思います。

ご卒業おめでとうございます。
これからはふたり揃って客席から星組の舞台を観てくださることを楽しみにしています。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
紅ゆずるから「観客を笑顔にする力」を受け継いだ礼真琴―リー・ロンロンの好きなところ│食聖
「愛の人」紅ゆずる、ご卒業おめでとうございます│食聖
紫の霧の人、天華えま―「ちょっと気になる」が危ないらしい│Éclair Brillant
\年に一度の特別な日を祝う!/9月28日 輝咲玲央さんお誕生日公演備忘録│食聖
アイリーン(綺咲愛里)とレオ(輝咲玲央)―2つの台詞からひもとく、大きな愛の物語│食聖
紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖
ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!
スポンサーサイト



紅ゆずるから「観客を笑顔にする力」を受け継いだ礼真琴―リー・ロンロンの好きなところ│食聖

礼真琴演じるリー・ロンロンが、とにかく可愛い!
男役さんの褒め言葉に「可愛い」はどうかな?と思いますが、可愛いものは可愛い!

琴ちゃん(礼)って「恋する男の子」の表現が抜群なんですよね~~
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の捲殘雲は最高でした!
リーも同じく、初心な恋のときめきやワクワク感がストレートに伝わってくるのが好き!

お相手のひっとん(舞空瞳)とは相性抜群。
もう何作も一緒に組んでるみたいにお似合い
なんでしょう?このしっくり感…

ラストシーン、お揃いの服で登場するふたり。
めちゃくちゃ可愛い!!
お顔立ちや、並んだときの雰囲気がぴったりで違和感がないんですよね。

ひっとんは星組にもすっかり馴染んでいるようで何より。
個人的には、エリック(華形ひかる)の「もしもし?…メールだ」のズッコケぶりが最高!
体を張ったコメディもこなせるなんて…
頼もしすぎる!

リー・ロンロンの好きなところ


身体能力が高いので漫画チックな動きが巧い!
ワゴンを押しながらコソコソ現れる地味なメガネ男子が琴ちゃんとは!
ポスターの印象とだいぶ違うなぁと思ったら…
そういうことだったのね!

ワゴンの車輪が溝にはまってなかなか進めないとことか、ホン(紅ゆずる)に包丁をぶん投げられてのけぞるとことか、エリックに持ち上げられてピョコッと立ち直るとことか、虚勢を張ってギクシャク歩くとことか…

どの動きも完璧!
仕草、表情、台詞回しの工夫で、とことん面白くする。
オーバーアクションをオーバーアクションとして見せる力が凄い!

何が凄いって、決してやり過ぎない塩梅の良さ。
琴ちゃんの“笑い”は、あくまでも計算ずく。
与えられた枠内でパーフェクトに収める。
日によってムラがなく、安定しているのが特徴でしょうか。

なんといっても好きなのは…

ドラゴン・リー覚醒!!スーパー礼真琴タイム!!

このシーン大好き~~

バリッバリ!キレッキレ!に歌い踊る琴ちゃん。
礼真琴はこうでなくちゃね
胸がスカッとします~~

メガネとコック帽を投げ捨て、勝負服に変身すると顔つきまでガラッと変わるの!
自信に満ちた瞳、輝く表情!
前髪サラリがたまりません~~

ホン×リー、細かいけど好きなとこ


「ドラゴンボート・フェスティバル」で顔を合わせるホンとリー。
カッコつけて出てきたリーに思わず「ロンロン!」と呼びかけるホン。
「ドラゴン!」すかさず訂正するリー。

このときの「ごめんな」「いいよー」のやり取りが好きで好きで…
ただの紅琴じゃないですか!
敵同士のはずなんですけどね~~
ふたりの普段の関係性が垣間見えて面白いです。

大劇場の最初の頃って、この掛け合いありましたっけ?
記憶があやふやですが…
脚本にはない台詞なので、アドリブが定着したのかな?

根っからの悪人は一切出てこない。
絶妙にゆるい紅琴のやり取り。
紅さんの卒業公演が優しい世界で嬉しいですね。

一緒に空を飛ぼう!


「食聖コンテスト」に敗れ、会場を飛び出すリー。
いたずらっぽい微笑みを浮かべ、彼を追うクリスティーナ(舞空)。
このシーンがめちゃくちゃ好きなんです!!

めざとく見つけたSeala(星蘭ひとみ)が、エクリプスのメンバーたちに「ねえねえ、みんな見た?」ってするとこも女の子らしくって大好き!

すべての場面が大好きな『食聖』ですが、リー×クリスティーナの銀橋は最高!!!
「これからも、仲良くしてね」って2019年優秀台詞賞じゃないですか!?

物語のふたりの台詞でもあり、新生星組を背負って立つ琴ひとコンビへのエールでもあり…
MY初日は幸せすぎて目から火花が出ました☆彡

〽一緒に空を飛ぼう、で寄り添って羽ばたきポーズをするふたり。
ひっとんの目を優しく覗き込む琴ちゃんの表情がたまらなくいいんですよね~~
お顔に「し・あ・わ・せ」って書いてあるみたい 笑

決まった相手役を迎えた男役さんって、どうしてこんなに魅力的なんでしょうね?
観ているだけでニコニコしちゃいます。
琴ひとの「観客を笑顔にする力」は紅あー譲りだなぁと思っちゃいました。

次期コンビへの温かい祝福のこもった演出がたまりません!
これぞ、座付き作家の仕事ですね。
小柳菜穂子先生ありがとうございます!!!
紅あーだけにとどまらず、琴ひとや組子の皆さまへも、たっぷり愛情を注いでくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

最優秀台詞賞候補は「ホン・シンシン、見てろよ!いつかお前以上に幸せになってやるからな!」。
これはあれですよね、ベストカップルで名高い紅あーコンビよりも幸せに、という決意表明ですよね!
どこまでも温かい餞の言葉。

紅あーから琴ひとへ。
頼もしい上級生からヤル気みなぎる下級生まで、パンパンに充実しきった最高の状態の星組を引き継げること
誰もが納得する交代劇を見られるのは、ファンにとってもこの上ない幸せです。

紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖

最高の二番手ラストステージから、いよいよトップスターへ。
ひとりでも高く翔べる琴ちゃんですが、ひっとんとならもっともっと果てしなく、どこまでも高く翔べる。
無限の可能性を秘めた琴ひと率いる星組のこれからが、とっても楽しみです!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
「愛の人」紅ゆずる、ご卒業おめでとうございます│食聖
紫の霧の人、天華えま―「ちょっと気になる」が危ないらしい│Éclair Brillant
\年に一度の特別な日を祝う!/9月28日 輝咲玲央さんお誕生日公演備忘録│食聖
アイリーン(綺咲愛里)とレオ(輝咲玲央)―2つの台詞からひもとく、大きな愛の物語│食聖
紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖
ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

「愛の人」紅ゆずる、ご卒業おめでとうございます│食聖

星組大千穐楽おめでとうございます!
台風で一時はどうなるかと思いましたが…
晴れやかな一日を迎えられ、何よりでした。

紅ゆずるさん、綺咲愛里さん、如月蓮さん、麻央侑希さん、蓮月りらんさん。
皆さまの輝かしい未来に幸多かれと祈ります。

星組公演、最高でした!


幸せでしたーーー!!!
満足!大満足!
十分すぎるほどの幸せをいただきました!
何ひとつ思い残すことはありません!

観るたびに、これ以上の幸せはないと思わせてくれる星組。
次の観劇で前回をさらに上回るときめきと感動をくれるのがすごい!

トップコンビのラストステージとなった今公演で特に強く感じました。
酒井澄夫先生と小柳菜穂子先生渾身の当て書き。
星組子たちの団結力。
そして、ファンの応援。

何度観ても、初めて観たときと同じ感動を味わえる作品。
むしろ、観れば観るほど新しい発見があり、面白さが増していく。
毎回、終演後の充足感がすごくて…
こんなにも素晴らしい作品に出会えて幸せです。

皆さま、本当にありがとうございました!!!

宝塚がくれる幸せ


東京公演、最後の一週間。
ひとつの悔いもなく、見納めさせていただきました。

なんだかあまり現実味がなく、夢の世界を漂うような日々。
これまでに経験したことのない不思議な感覚でした。
公演が終わってしまう寂しさよりも、今の星組が作り出す舞台を共有できる喜びが勝って…
ただただ幸せでした。

この胸を満たす温かい想いを表す言葉が見つかりません。

あえて言うなら、やはり「愛」でしょうか?
舞台から頂いた沢山の愛、沢山の幸せ。

思えば不思議です。
観客ひとりひとりを大きな愛で包み込み、笑顔にすることができる力。
宝塚って、やはりすごい世界です。

「愛の人」紅ゆずるへの感謝


卒業公演がこんなにも温かく充実したものであったのは、やはり紅さんの人徳でしょうか?
タカラジェンヌ紅ゆずるのサヨナラに、悲しい涙は似合わない。
涙は涙でも、ファンの頬を伝うのは幸せの結晶でなくてはならない。
そんなふうに思います。

トップスターの卒業公演が、その人ならではの個性と、パフォーマーとしての魅力の集大成だとすれば、『GOD OF STARS-食聖-/Éclair Brillant』は百点満点!
いえ、それを遥かに上回る最高得点!

開けっぴろげなようでいて、繊細で、誰ひとり置いてけぼりにしない目配りの良さ。
みんなが楽しめる舞台を作り出すことにかけては天才的な紅さん。
素晴らしいタカラジェンヌであり、星組のトップスターです

大好きです!
心より…ありがとうございました!

これからのこと


個人的にも今回の公演期間中は、新しい出会いや、忘れられない沢山の素敵な出来事があり、ますます思い出深いものとなりました。
星組さん、素晴らしい夏をありがとうございました!

今日は台風の後片付けを済ませてから温泉に行ってきました。
ここ数ヶ月、私も星組さんを追っかけて西に東に大忙しでしたので、いい骨休めになりました。

星組さんも今頃、組遠足を満喫してらっしゃるでしょうか?
ひと息つく間もなく、すぐ次の集合日ですが、少しでもリフレッシュしていただきたいものです。

公演中は胸がいっぱいで満足に感想を書き残すこともできませんでした。
感動を言葉にするって本当に難しいです。
見たこと・感じたことが文字になると途端に色褪せるようで…

とはいえ、やはりあの素晴らしい舞台の思い出のひとかけらでも残したいので、ぼちぼちまとめていきます。
(『ロックオペラ モーツァルト』初日までにはなんとかしたい!)

最後になりましたが…
ガムシャラパワーで作られる新しい時代が、ますます輝きを増したものでありますように!
紅さんから星を受け継いだ礼真琴率いる星組を引き続き応援していきます

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
紫の霧の人、天華えま―「ちょっと気になる」が危ないらしい│Éclair Brillant
\年に一度の特別な日を祝う!/9月28日 輝咲玲央さんお誕生日公演備忘録│食聖
アイリーン(綺咲愛里)とレオ(輝咲玲央)―2つの台詞からひもとく、大きな愛の物語│食聖
紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖
ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開

星組新トップコンビお披露目公演『眩耀の谷』のヴィジュアルが公開されました!
宝塚歌劇団公式サイト

いい!最高!!

いつかお前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!礼真琴の決意


なんか…いいですね!
初々しくて、いかにも「新トップコンビお披露目」って感じ!

琴ちゃん(礼真琴)はキリッと男っぽくて、カッコいい!
寄り添うひっとん(舞空瞳)は愛くるしくて、たおやか…
とってもお似合い!

一番のポイントはふたりの手!
そっと差し出されたひっとんの左手を、優しく、しかし、しっかりと包み込む琴ちゃんの右手!

いい!最高!!

『食聖』のリー・ロンロンの台詞、「ホン・シンシン(紅ゆずる)、見てろよ!いつかお前以上に幸せになってやるからな!」が早くも実現しそうな勢いじゃないですか~~

「琴ひと」が「紅あー」に負けないベストカップルになりますように…
いえ、なるに違いない!
そんな予感がします。

このふたりの並びって、計り知れないポテンシャルを感じるんですよね。
琴ひと率いる星組がどんな新しい世界を見せてくれるのか…
わくわくします!

思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷

新たなメンバーも加わり、さらにパワーアップする星組に期待!


この公演から、専科の愛月ひかるさん、花組の綺城ひか理さんが加わり、さらにパワーアップする星組。
お休みされていた拓斗れいさんも復帰されますね。

星組さんと愛ちゃん(愛月)の好相性は『アルジェの男』で立証済みですが…

華やかなスター性とクラシカルな男役の味が魅力の愛ちゃん。
豊かな歌声と篤実なお芝居が魅力のあかちゃん(綺城)。

おふたりと星組さんが合わさったときの化学反応が楽しみ!

豪奢な中華風コスチュームものにご縁が深い星組。
琴ひとの銀色と水色を基調に紅色をアクセントにしたお衣装、とっても素敵です。
ひっとんの外衣の水色と、琴ちゃんのベルトの石の色がリンクしているのもニクいですね~~

組子の皆さまもすごく似合いそう!
星の美男美女が、色とりどりの豪勢なお衣装をまとう姿を想像すると、ときめきます!

せおっち(瀬央ゆりあ)と、くらっち(有沙瞳)が似合うのは、『食聖』プロローグで立証済みですし。
はるこさん(音波みのり)の虞美人や、オレキザキさん(輝咲玲央)の蘇我蝦夷もお似合いでした。
組長さん(万里柚美)と、せーらちゃん(星蘭ひとみ)の絶世の美女っぷりも目に浮かびます~~
めちゃめちゃ観劇意欲が湧きますね!

そして、星は継がれていく


もうひとつ楽しみなのは、卒業された紅あーが観客として新生星組をご覧になること。
客席から観る星組はどんなふうに輝いているんだろう?って思います。

紅あーの星組も、あと10日。
なんだか全然実感が湧きません。
『食聖』と『Éclair Brillant』、この温かく美しい舞台が永遠に続くような気がして…

残りわずかな貴重な公演、一回一回を大切に、心を込めて観させていただきます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷』関連記事はこちら↓
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷

見果てぬ夢、紅ゆずる×愛月ひかるの競演が観たい!【妄想劇場:アポロンの迷宮】

まもなく専科から星組へ異動される愛ちゃん(愛月ひかる)。
琴ちゃん(礼真琴)との好相性は全国ツアー『アルジェの男』で立証済みですが…
ふと、「紅さん(紅ゆずる)と組んだら、どうなるんだろう?」と思ったのです。

生粋の宝塚ファンにして、独自の濃い男役像を確立しているふたり。

紅ゆずる×愛月ひかる。

バチバチ火花を散らす舞台、観てみたくありませんか

紅ゆずる×愛月ひかるで『アポロンの迷宮』が観たい!


ふたりの夢の競演にふさわしい作品は?
今の星組にぴったりの作品は?

ぱっと浮かんだのは、小池修一郎先生の『アポロンの迷宮』

舞台は20世紀初頭のパリ。
コモロヴァ国の王女ジュヌヴィエーヴ(毬藻えり)をめぐる、ジャン=ポール・バラン(日向薫)とマルセル・ド・モンテスキュー侯爵(紫苑ゆう)の恋の鞘当て。
実はジャン=ポールにはもうひとつ、貴族や金持ちだけを狙う「怪盗アポロン」という顔があり…

洒脱なネッシーさん(日向)、華やかなシギちゃん(毬藻)、重厚なシメさん(紫苑)の三つ巴に、元気はつらつなマリコちゃん(麻路さき)。
他キャストも男女共に層の厚い当時の星組にぴったりな演目でした。

小池作品は『アポロンの迷宮』や『All for One』など軽やかで肩のこらない娯楽作が私好みですね。

ちなみに、現在専科で大活躍のヒロさん(一樹千尋)、ハッチさん(夏美よう)、ジュンコさん(英真なおき)も組子でらっしゃいました。
なんて豪華な布陣なのでしょうね~~

妄想配役は…
ジャン=ポール・バランが紅さん。
マルセル・ド・モンテスキュー侯爵が愛ちゃん。

二人に取り合いされるジュヌヴィエーヴ王女はあーちゃん(綺咲愛里)。
実は王女にも秘密があり…
大どんでん返しのシギちゃんのチャーミングだったこと!
是非あーちゃんに演じて欲しい!

マリコちゃん演じる新聞記者、ミシェル・マレーは琴ちゃん。

大人の色気、愛ちゃんモンテスキューが観たい!


シメさんのモンテスキュー侯爵がですね、大人の男役の色気むんむんで凄かったんですよ~~
うろ覚えですが、コケシさん(花愛望都)演じる愛人テレーズ・ロランと夜明けのコーヒーを飲む的なシーンがありまして…

「愛人」という言葉すら、おいそれと口にすることもできなかった子ども時代の私。
この場面はどきどきでした。

紫色のガウンをまとい、しどけなくソファでくつろぐモンテスキュー。
ガウンと言えば、愛月ひかるでしょう!

紅あーにぴったり!甘~いハッピーエンド


ジャン=ポールに想いを寄せるイヴェット・ルノー(洲悠花)とテレーズがそれぞれに歌う「あなたの夢が見えない」という曲がとっても好きでした。
イヴェットはくらっち(有沙瞳)、テレーズは白妙なつさんで聴きたいですね~~

実は、ジュヌヴィエーヴの○○だった女官のコンスタンツァ(藤京子)と侍従のフルニカは、ゆずみさん(万里柚美)とみきちぐさん(美稀千種)以外に考えられません 笑

他にも今の星組メンバーで観たいお役がたくさん!

なんと言っても、ジャン=ポールとジュヌヴィエーヴの甘~いハッピーエンドは、紅あーにぴったり

見果てぬ夢、紅×綺咲×礼×愛月のカルテット


今となっては叶わぬ夢ですが…
一作くらい、紅×綺咲×礼×愛月のカルテットを観てみたかったですね~~

この4人って誰がどう組んでもばっちりハマるんですよ!
凄くないですか?

紅×綺咲はもちろん、紅×愛月、紅×礼。
綺咲×愛月も、綺咲×礼も、礼×愛月も…

さらに、ひっとん(舞空瞳)や、せおっち(瀬央ゆりあ)や、くらっちが加わったら…
ものすごくエキサイティングな舞台が生まれそう!
夢は果てしなく広がりますね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**