FC2ブログ

2019年「マイベスト宝塚」作品賞 TOP4/心に残る芝居/注目の生徒さん

2019年も残すところ数時間。
今年も充実のヅカ活を送ることができ、感謝感謝です!

『I AM FROM AUSTRIA』でヅカ納めをし、年末恒例の温泉旅行で一年の疲れを流してきました。
ぼーっと温泉に浸かりながら考えるのは、もちろん2019年の「マイベスト宝塚」。
大豊作だった今年、考え甲斐がありました~~

上半期・下半期はこちら。
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
大豊作の2019年宝塚観劇率ランキング│下半期 作品賞は○組!主演賞・助演賞はあの人!

2019年「マイベスト宝塚」作品賞 TOP4


2018年のMY BESTは『ANOTHER WORLD』『蘭陵王』。
強いメッセージ性が印象深い2作品でした。

2019年のMY BESTはこちらの4作品。
●20世紀号に乗って(雪組)
●鎌足−夢のまほろば、大和し美し−(星組)
●Éclair Brillant(星組)
●ロックオペラ モーツァルト(星組)

選考理由は以下の通り。
『20世紀号』と『ロクモ』はハイレベルなパフォーマンス。
『鎌足』はストーリーの面白さと、深いメッセージ性。
『Éclair Brillant』は総合的な完成度の高さ。

登場人物の台詞や心情が一際心に残った芝居


●霧深きエルベのほとり(星組)
●壬生義士伝(雪組)

『エルベ』は、カール・シュナイダー(紅ゆずる)が心にもない愛想尽かしをした辛い胸の内を、酒場の女ヴェロニカ(英真なおき)に打ち明けるシーン。

『壬生義士伝』は、ボロボロになった吉村貫一郎(望海風斗)が切腹の間際、家族の名を呼びながら銭を数えるシーン。

「男役の」という枕詞をつけるまでもなく、「人間として」素晴らしい芝居を見せてくれたふたり。
切なく、身を切られる想いを共有させられ、深く印象に残っています。

お気に入りのショー


●ESTRELLAS ~星たち~(星組)

帰り道には主題歌を口ずさみながら帰れる…そんなキャッチーなテーマソングが好き。
むやみに男役を女装させず、「男役はカッコよく、娘役は美しく」を貫くオーソドックスなスタイルが私好み。

「いいな!」と思った生徒さん


●柚香光(花組)
『花より男子』道明寺司により。
柚香光の魅力大爆発!道明寺司│『花より男子』個別感想前編(城妃美伶+F4/優波・聖乃・希波)

●星蘭ひとみ(星組)
『鎌足』安見児により。
鎌足(紅ゆずる)と安見児(星蘭ひとみ)―寂しさから始まる愛│鎌足

2019年まとめ


2019年のヅカ活ハイライトは、ある生徒さんに誕生日を祝っていただけたこと。
大好きな方からの「おめでとう」は何より嬉しいプレゼント。
最高の一年のスタートでした!

2020年は花組『DANCE OLYMPIA』で観劇初め。
新年第一作目、柚香光さんと華優希さんの新トップコンビお披露目、そして永久輝せあさんの花組デビュー。
幾重にも喜びが重なるおめでたい公演に立ち会え、嬉しさもひとしおです。

来年は一本物の大作が多いですね。
ショー好きとしてはちょっと寂しいですが…
確定分だけでも『アクアヴィーテ!!』『Ray』『WELCOME TO TAKARAZUKA』『シルクロード』の4作。
個人的には生田大和先生のショーデビューとなる『シルクロード』に期待が高まります。
ショーの当たり年だった今年に続き、新たなる傑作の登場を心待ちにしています!

今年も多くの方にご訪問いただき、誠にありがとうございました。
大好きな宝塚をきっかけに交流の輪が広がり、とても幸せです。
どうぞよいお年をお迎えください。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
大豊作の2019年宝塚観劇率ランキング│下半期 作品賞は○組!主演賞・助演賞はあの人!
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
やっぱり数字は正直!?2018年宝塚観劇率ランキング│驚異の伸び率は○組、堂々1位は○組!
2018年は傑作揃いの当たり年!宝塚歌劇「私の好きな作品」TOP3!
2018年上半期観劇ランキング│作品賞は宙組と月組、そして2冠獲得は○組!
数字は正直!?2017年年間観劇ランキング│3位星組、2位花組、そして1位は…
年間観劇率ランキング2016│同率2位は雪組・宙組、そして1位は…
スポンサーサイト



大豊作の2019年宝塚観劇率ランキング│下半期 作品賞は○組!主演賞・助演賞はあの人!

月組『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』でヅカ納めをしたので、2019年の観劇データをまとめました。
(本公演は雪組『ファントム』以外すべて観劇・別箱は演目によりけり)
このテーマで記事を書くのも、はや4回目。
今年もよく観て、よく笑って、よく泣きました。
宝塚、最高!!
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!

2019年 年間観劇率No.1は何組?


img-20191122_1.jpg
花組6.38%月組12.76%雪組4.25%星組74.46%宙組2.12%[2019年12月30日時点]

ぶっちぎりトップは全体の4分の3を占めた星組。
宙組が少ないのは、東京本公演が『オーシャンズ11』のみだったため。

というわけで2019年下半期のレヴューを。
対象は下期(7~12月)に東宝で初日を迎えた作品まで。

作品賞


●Éclair Brillant エクレール・ブリアン(星組)
一分の隙もない構成、宝塚に求めるものがすべて詰まった美の結晶。
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant

●ロックオペラ モーツァルト(星組)
すべての感情を「歌」で表現する。
ミュージカル本来の意味を再確認した『ロクモ』。
星組選抜メンバーが一丸となった素晴らしいパフォーマンスに魅了されました。
『ロクモ』 関連記事はこちら

主演賞


●望海風斗(雪組)
『壬生義士伝』吉村貫一郎により。
格別印象深かったのは大野屋敷での切腹のシーン。
歌唱力の評価が高い望海さんですが、自然な佇まいのお芝居も好き。
今にも息絶えようとする貫一郎の鬼気迫る演技に引き込まれました。

ひとり、またひとり、愛しい家族の名を呼びながら銭を数える貫一郎。
極限状態に置かれた男として、夫として、父親として、命の最後の一滴までも振り絞るような愛。
男役・娘役の壁を超えた、「人間」がそこにいました。

涙で視界が滲み、記憶もおぼろげですが…
最期の瞬間は、切っ先を上に向け、部屋の隅に立て掛けた刀に、体を預けるようにして腹を貫いたのでしょうか?
自ら腹を切る力も残っていなかったのか、と。

こんな凄まじさを宝塚で味わえるとは思いませんでした。
久々に劇場の空気がギュッと凝縮し、透明になった自分が物語世界と一体化する感覚を味わえたこと。
今年の「名場面賞」No.1です!

●礼真琴(星組)
『ロックオペラ モーツァルト』ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトにより。
優れた舞台人とは「神の声を聞き、その肉体を駆使して芸を披露するシャーマンに近しい存在」との思いを強くしました。
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト

助演賞


●光月るう(月組)
『I AM FROM AUSTRIA』エルフィー・シュラットにより。
美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA

●凪七瑠海(専科)
『ロックオペラ モーツァルト』アントニオ・サリエリにより。
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト

●水美舞斗(花組)
『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』ニック・ロックウッドにより。
ニック(水美舞斗)とフローレンス(城妃美伶)のスピンオフが観たい!│青い薔薇の精

●和希そら(宙組)
『オーシャンズ11』ライナス・コールドウェルにより。
少年よ、高く跳べ!―ライナス(和希そら)の「個」の魅力│オーシャンズ11

脚本・演出賞


●酒井澄夫
『Éclair Brillant』により。

2020年への希望


2018年からの観劇率の推移を見ると…
▲花組 12.5%→6.38%
▲月組 35.41%→12.76%
▲雪組 6.25%→4.25%
△星組 33.33%→74.46%
▲宙組 12.5%→2.12%
花組と雪組はコンスタントに観た気がするのに数字が減ってるのは星組の増加による相対的なものですね。

星組が爆発的に増えた要因は年初の『霧深きエルベのほとり』にドハマリしたこと。
脚本の力・台詞の力に開眼した作品。
何回観ても、初めて観るような新鮮な感動を味わえる佳作でした。

ちなみに、『エルベ』で一公演あたりの観劇回数最高記録を更新したのが今年のハイライト。

過去最高に通った某公演の軽~く倍を突破したのは我ながら驚きました。
恐るべし、菊田一夫。
恐るべし、上田久美子。
恐るべし、紅ゆずる。

2020年も座付きの新作を打ち出しつつ、どんどん過去の名作の掘り起こしを進めていただけたら嬉しいなぁと思います。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
やっぱり数字は正直!?2018年宝塚観劇率ランキング│驚異の伸び率は○組、堂々1位は○組!
2018年は傑作揃いの当たり年!宝塚歌劇「私の好きな作品」TOP3!
2018年上半期観劇ランキング│作品賞は宙組と月組、そして2冠獲得は○組!
数字は正直!?2017年年間観劇ランキング│3位星組、2位花組、そして1位は…
年間観劇率ランキング2016│同率2位は雪組・宙組、そして1位は…

アンドロギュヌスな男役、明日海りお―究極の男役は性を超越するのか│青い薔薇の精

まさか、みりおさん(明日海りお)の宝塚生活最後の役が「妖精」とは驚きました。
しかし、同時に妙に納得したことを覚えています。
明日海りおという稀有な男役が、何をもって自身の集大成とするのか?
ひとつの選択肢として、男でなく女でもない「フェアリー」が候補に挙がるのは分からなくもありません。

卒業すれば二度と男役として舞台に立つことはありませんから、ファンとしては「普通の男役」を観たいという気持ちもあります。
ですが、最後だからこそ「明日海りおにしか成し得ない役」を観たいという思いも、またあるのです。
明日海りおはフェアリーか?―「青い薔薇の精」と「美少年(ヴェニスに死す)」│A Fairy Tale

アンドロギュヌスな男役、明日海りお


みりおさん同様、いわゆる“フェアリー系”男役として語られることの多い朝海ひかるさん。
彼女の卒業公演も、男でなく女でもない「堕天使」でした。
(植田景子作『堕天使の涙』)

男でなく女でもなく、それ以前に「ヒト」でもない。
当然、相手役(トップ娘役)と「人間同士の恋愛」は描かれない。

肉欲を伴わない、精神の愛。
互いの魂を救い合う、高次の愛。
『青い薔薇の精』や『堕天使の涙』で描かれるのは、そんな愛です。

景子先生が“フェアリー系男役”に求めるものは何なのか?
「男役の魅力」について書いた記事の中に、そのヒントがあるように思います。
ちょっと長いですが、抜粋します。

宝塚歌劇の最大の特徴、それは女性が男性を演じる“男役”。

その魅力については、既に語り尽くされた感がありますが、なぜ私たちが“男役”という存在に惹かれるのか。
考えてみました。

宝塚とは逆に、男性が女性役も務めるのは、同じく日本の伝統芸能「歌舞伎」。
比較されることの多い両者に共通する魅力のひとつといえば、歌舞伎なら“女方”、宝塚なら“男役”。
それぞれ本来の性と異なる性を演じるところに面白さがあります。

芸の力で男以上の男、女以上の女を作り上げる。
男のいいところ、女のいいところのエッセンスを抽出した理想の人物像が生まれる。

俗に「男役10年」と言われますが、男役の型がようやく出来上がるのが10年目。
年齢的にも女性が成熟し、最も輝きを増していく時期とそのまま重なります。

彼女らの中に潜む女性性と、表面に表れる男性性との妖しいせめぎ合いこそが、男役の一番の魅力ではないかと考えます。
浪漫の騎士│宝塚「男役」の魅力ってなんだろう?【case1.珠城りょう】より抜粋]


男役の魅力を、「彼女の中に潜む女性性と、表面に表れる男性性との妖しいせめぎ合い」と定義するならば、必ずしも「男」の姿・かたち・性質を備えていなくても「男役」は完成すると言ってよいでしょう。

なかでも、みりおさんのように両性具有的魅力が濃厚な男役を何と呼ぶか?
“フェアリー系”ならぬ“アンドロギュヌス系”?

古来より、芸術家たちの創作意欲を刺激してきた“アンドロギュヌス”。
絵画や彫刻などで具現化されてきた彼ら。

なぜ、モチーフとしてのアンドロギュヌスは創造者の心を捉えて離さなかったのか?
「男」と「女」を兼ね備えた「完全体」であると考えられていたためと思われます。
その点、「宝塚の男役」はまさに“生きるアンドロギュヌス”と言えます。

アンドロギュヌスの中のアンドロギュヌス、明日海りお。
宝塚の座付き作家にとって、非常に刺激的な存在であることは明らかです。
よって、明日海りおのラストステージに性を超越した妖精役を当てたのは、当然の帰結でしょう。

究極の男役は性を超越する


卒業公演で「ヒト」でなかったのは、つい先日『GOD OF STARS-食聖-』で退団された星組トップスター・紅ゆずるさんもですね。
紅さんの役は天界の住人「紅孩児」。
人間の女性と恋をして下界に降りた彼は、ラストシーンで大勢の子どもに囲まれ、大団円を迎えます。

紅孩児にアンドロギュヌス的要素は見当たらず、女性との関係はシンプルなラブコメディとして描かれる。
紅さんの男役としての個性、コンビを組んだ綺咲愛里さんとの関係性、そして作者の小柳菜穂子先生の作風によるものでしょう。

異世界の住人との恋愛を「異類婚姻譚」として描いた『食聖』。
かたや、あくまで人間と交わることのない「堕天使」朝海ひかると、「妖精」明日海りお。
同じ人外が主役の宝塚作品で、こうも仕上がりに違いが出るのは面白いですね。

「性」にとらわれない「美」と「愛」を描いた妖精エリュを演じたみりおさん。
併演のショー『シャルム!』では、とびきりカッコよく、華やかな「ザ・男役」の魅力を振りまきます。

性を超越した様々な「タカラジェンヌの美」を堪能させてくれた明日海りお。
大千穐楽まで、さらに男役を極めていかれますように。
長い間たくさんの素晴らしい夢を見せてくださり、ありがとうございました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『A Fairy Tale —青い薔薇の精—』関連記事はこちら↓
明日海りおはフェアリーか?―「青い薔薇の精」と「美少年(ヴェニスに死す)」│A Fairy Tale

紅ゆずるの歌が好き!―身は離れても 絆は消えぬ 消えぬ絆はいつまでも

紅ゆずるさん、お元気でしょうか?
ご卒業から、はや2週間。
もうそんなに経ったのかと、まだそれしか経っていないのかという思いが交錯しています。

胸にぽかっと穴が空いたような…
「寂しい」とはまた違う、なんとなく虚ろな気持ち。
でも不思議と心は温かいんですよね。
紅さんが残してくださった幸せの置き土産のおかげでしょうか。

身は離れても 絆は消えぬ 消えぬ絆はいつまでも


宝塚で一二を争うお気に入り作品『ANOTHER WORLD』。
なかでもテーマソングの「ありがたや、なんまいだ」が大好きな私。

〽身は離れても 絆は消えぬ 消えぬ絆はいつ いつまでも

なんて温かく、深い慰めに満ちた言葉でしょうか。
優しいぬくもりに柔らかく包み込まれるよう。
素晴らしい曲でタカラジェンヌ生活を締めくくれた紅さんとファンは幸せですね。

紅ゆずるの歌が好き!


私は紅ゆずるさんの歌がとっても好き。
ときに勇気づけられたり、ときに心洗われたり、ときに優しく寄り添ってくれたり…
紅さんの歌声は、聴く者の心にまっすぐ届くのが魅力

それがなぜかを説明するのは難しいですね。
好きに理由は無いのです。
「私の心にフィットするから」としか言いようがありません。
技術を超えたところにある“なにか”に惹きつけられるのです。
その正体は分かりません。

そもそも私が初めて紅さんをいいなと思ったのは『宝塚ジャポニズム~序破急~』の「荒城の月」でした。
お芝居よりお人柄より、真っ先に惹かれたのが「歌」だった。
芝居好きの私にしては珍しいことです。

紅さんの歌で格別好きなのは「ひとかけらの勇気」と「望春風」。
もう二度と生で聴くことは叶わないと思っていた二曲共ディナーショーで聴けたこと。
本当に幸せでした。
『Berry Berry BENNY!!』は一生の思い出です。

星組を継ぐ琴ちゃん(礼真琴)は、紅さんとは違った意味で胸を打つ歌い手です。
ときに熱く力強く、ときに優しく繊細。
抜群の技術に裏打ちされた変幻自在な歌声。

心に届く紅さんの歌。
胸を打つ琴ちゃんの歌。
どちらも大好き

紅さんから琴ちゃんへ。
魂を揺さぶる歌声を引き継ぐ星組新トップスター誕生まで1ヶ月足らず。
『ロックオペラ モーツァルト』が楽しみです!
紅さんも観にいらっしゃるでしょうか?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

紅ゆずるは永久に不滅です!│ディナーショー『Berry Berry BENNY!!』Blu-rayリリース

友人Mさんから、紅ゆずるさんのディナーショー『Berry Berry BENNY!!』Blu-rayの収録日が8月23日と聞きました。
それって私たちが観た日!?
てっきり千穐楽が収録されるかと思ってたので、びっくり!
でも…嬉しい!!

輝く思い出は永遠に


確かに大きなカメラが何台も入ってましたが、劇団の記録用かな?と思ってたんです。
まさか、その日がBlu-ray収録日だったとは。

公式サイトには日にちしか載ってないのでランチかディナーか分かりませんが。
ランチショーならアンコールは大好きな「望春風」。
この上なく美しい、透き通った純白の時間。
もしも形に残るならば、こんなに嬉しいことはありません。

キャトルレーヴオンライン│紅ゆずるディナーショー「Berry Berry BENNY!!」ブルーレイ

「私たち映ってるかも」とMさん。
ちょうど紅さんの通り道にあたる席で、目の前を何度か通られたのです。
客席降りでは他の生徒さんも続々と…

デレッデレで目がハートな私たち、映ってるかも 笑
いやーー!モザイクかけてーー!
まあ、映るとしても一瞬でしょうが…

偶然にも収録日に居合わせたのは嬉しいですね~~
だって、大好きな方との特別な日の思い出を永遠に閉じ込めておけるなんて最高じゃありませんか!

いまだに、あれは夢だったのかと思う『Berry Berry BENNY!!』。
素晴らしいひとときをファンの皆さまと共有できたこと。
楽しい記憶が決して幻ではなかったという確かな証が残ること。
とっても幸せです!

紅ゆずるは永久に不滅です!


収録時間は約100分とのこと。
ショーは90分ほどでしたので、残りの10分が稽古場映像として…
ほぼノーカットでしょうか?

紅さんや皆さまのあんなことやこんなことが全部もれなく収録されている!?
だとしたら嬉しい!

というか、そもそもBlu-rayってランチとディナーのベストシーンをピックアップして収録しているんでしょうか?
「音楽著作権上の理由により、一部音楽を差し替えて収録する場合がございます(公式サイトより抜粋)」
これ気になりますね。
思い当たる曲はありますが、どうかファンが納得できる形に落ち着きますように…

明日でディナーショーから、ちょうど2ヶ月。
こうして再び楽しかった思い出に浸り、ひとときの夢を見させていただけることが幸せです。

卒業されても、変わらずファンをわくわくさせ続けてくれる紅さん
やはり偉大なスターさんですね。
というわけで、同じく永遠の大スターの名言をお借りして…

紅ゆずるは永久に不滅です!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『Berry Berry BENNY!!』関連記事はこちら↓
紅ゆずる、真心を歌の翼に乗せて…「ひとかけらの勇気」「望春風」│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!
うたかたの 夢を彩る 紅(あか)ビール│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!
紅5登場!壱城あずさ×美弥るりか―フリーダムでランダムな89期のふたり│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!
想いよ届け、いつまでも―紅ゆずるの不滅の魂│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!
紅ゆずるの夢みたいな本当の話―愛と笑顔の宝塚人生│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!
「紅柳紅子の部屋」如月蓮の優しさと機転、天寿光希×輝咲玲央「星を継ぐ者たち」│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!
紅ゆずると愉快な仲間たちが贈る、“紅愛”に彩られた夢の90分│Berry Berry BENNY!!
Very Very HAPPY!!最高の幸せをありがとう!│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**