FC2ブログ

芝居を適切に楽しむための語彙力│アルジェの男

宝塚は全組観劇派の私。
一年中ほぼ休みなしの公演の波に、感想を書くのが追いつかず、埋もれてしまうことがあります。

初夏に行われた星組全国ツアーもそのひとつ。
年を越してしまわないうちに、残しておきたい感想をUPしておきます。
『アルジェの男』観劇記録はこちら

芝居を適切に楽しむための語彙力


やや古風な言い回しが多い『アルジェの男』。

観劇後、友人に「タタキって何?」と訊かれました。
ジュリアンの台詞にある「たたきと殺しはやってない」ですね。
「たたき」は「強盗」の隠語ですが、いっぱしの悪党ぶった彼もさすがに「強盗」「殺人」にまで手を染めてはいないということですね。

ワルぶってはいるけれど、せいぜい街のチンピラ風情のジュリアン。
ひょんなことから成功の糸口を掴むが、昔なじみの格上のワル(ジャック)に目をつけられ、破滅していく。

ジャックに脅されたとき、彼が既にたたきや殺しに手を染めていた男であったなら、結末は違っていたでしょう。
己の保身のために邪魔者を即排除するに至らなかったジュリアンの「平凡」な青年らしさが、彼自身の寿命を縮めたとも言えます。
「たたきと殺しはやってない」は、それが良く表れた台詞です。

「たたき」はおよそ半世紀前(1974年)の初演時には、すんなり通じていたのでしょうか?
他にも、現代では一般的でない言葉、文語的な表現がたびたび登場する柴田侑宏作品。

たとえば、ジュリアンの歌。
〽きらきら光る 黄金の旨酒を
「旨酒(うまざけ)」も耳で聴くと、一瞬「馬酒」を連想しちゃったりして…

ジュリアンの野望と絶望が交錯する大切な場面。
ここはどうしたって「黄金の旨酒」でなくてはいけません。
「金色の美味しい酒」では間が抜けます。

作品に独特の香気を与える言い回し。
非日常の言葉だからこそ生み出せる感動や満足
演じ手のためにも、観客のためにも、そして次代の作品を生み出す座付き作家のためにも、ときにはこんな作品を上演することも必要です。

未知の言葉を噛み砕くことに意識を取られると、物語の理解がおろそかになりがち。
結果として、本来得られるはずの感動が浅くなる。
それではあまりにもったいない。
「芝居」を面白く味わうためにも、耳から入った音を適切に処理して、正しく脳内変換できるよう、語彙力を高めたいと思います。

他に耳慣れないのは、ジャック(愛月ひかるさん)の「総督と鉢合わせするなんざぁ、いい辻占だ」の「辻占(つじうら)」でしょうか。
(陥れようとしていた)総督と鉢合わせなんてツイてる、といった感じでしょうか。
なぜか、べらんめえ口調なジャック…

仙台公演の思い出


私が行ったのは仙台公演。
すっごく楽しくて大満足でした!
会場の「仙台銀行ホール イズミティ21」は音響も良く、広々と見やすいホールでした。
東京からたったの1時間半だし、また行きたいですね。

普段なかなか会えない友だちと一緒だったのも嬉しかった!
めちゃくちゃタイトスケジュールでしたが、美味しい牛タンを食べて、おしゃべりして…
楽しかった~~

お土産はもちろん、礼真琴さんがイメージキャラクターを務める菓匠三全さんの「萩の月」!
ボランジュ邸でのアドリブで「これでもか!」とアピールされて食べたくなっちゃいました。
いつ食べても、ふんわりまろやか~~

『アルジェの男』は、あっけない幕切れが特に好き。
(初めて観たときはポカ~ンでしたけど)
蛇足を付け加えては台無しです。

気になった生徒さんについて


2011年月組版で千海華蘭さんが演じられたピエール(礼真琴さん演じるジュリアンの取り巻き)。
今回の星組版で、登場第一声「いいなぁ」と思ったら天飛華音さんでした。
憧れのジュリアンが手の届かない存在となったのを察し、本を地面に叩きつけて去る様子が切なかったですね。

そしてなんと言っても、はるこさん(音波みのり)!
一途にジュリアンを慕う、健気なヒロインを好演されました。
さまざまな想いのこもった「ジュリアン!」の言い方が耳に残ります。

全国ツアー当時は想像だにしなかった、愛ちゃんの組替え。
まさか再び、琴×愛×はるこの並びが見られるなんて…
『眩耀の谷』で3人がどのように絡むのか、楽しみです!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アルジェの男』関連記事はこちら↓
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男
礼真琴、ありがとう!―生まれ変わり、輝きを増した『アルジェの男』
朝水総督おめでとうございます!ところで、アンリはどこへ行った?│アルジェの男
そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』
スポンサーサイト



池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト

『ロックオペラ モーツァルト』開幕まで2週間に迫りました。
関西は「梅田芸術劇場メインホール」、関東は池袋に新しく出来た「東京建物Brillia HALL」。

礼真琴さんは2017年の日本青年館リニューアルに続き、二度目のこけら落とし主演の大役。
新劇場オープンと新トップコンビお披露目。
二重の喜びに包まれた幸先の良いスタートですね。

なぜ、池袋にタカラヅカ?


12月の星組『ロックオペラ モーツァルト』を皮切りに、来年2月に月組『出島小宇宙戦争』、12月に雪組(演目未定)と利用予定が目白押しの「東京建物Brillia HALL」。

一体どんな劇場なのか?
宝塚別箱公演の会場として定着していくのか?
その疑問に答える記事がありましたのでシェアします。
NIKKEI STYLE│えっ、宝塚歌劇が池袋に? 夢かなえた豊島区の奮闘

豊島区長の高野之夫氏によると、新劇場計画はそもそも宝塚ありきだったようです。

若年女性の人口減少により東京23区で唯一「消滅可能性都市」の評価を下された豊島区。
池袋に対するマイナスイメージを払拭した明るい街づくりを推進するため、旧豊島公会堂の建て替えに伴い「タカラヅカを呼べる劇場を」と考えた高野区長。

「常に新しいファン層を開拓していきたい」と考える宝塚歌劇団の小川友次理事長と利害が一致し、「池袋でタカラヅカ」が実現したのです。

明るく、美しく、健全な都市づくり。
未来志向な豊島区再生の一助に宝塚歌劇が選ばれたことは、いちファンとして誇らしいですね。
(もちろん、宝塚招致が即問題解決に結びつくわけではありませんが、「都市再生の助けになりうる魅力的なコンテンツである」との評価は喜ばしいものです)

礼真琴×舞空瞳に寄せられる期待


豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして2020年7月に本格開業する複合商業施設「Hareza池袋」。
大小8つの劇場のメインホールとなるのが「東京建物Brillia HALL」。
栄えあるこけら落とし公演のひとつに選ばれたのが宝塚の『ロックオペラ モーツァルト』。

小川理事長から星組新トップコンビへ向けた「二人とも若手ながら『超』の付く実力派」「礼と舞空のコンビは期待に十分応えてくれるはず」のコメントが嬉しいですね。

人気ミュージカルの宝塚初演であり、実力派コンビのお披露目である『ロックオペラ モーツァルト』をこけら落としに提供する。
「池袋でタカラヅカ」に尽力された高野区長の熱意に対する最大の返礼のように思えます。

館内設備(座席・トイレなど)について


新劇場で最も気になるのが、客席からの舞台の見え方。
内覧会にいらした方の感想はさまざま。
「舞台と客席の距離が近い」「1階前方の傾斜が緩い」「2階も3階も観やすい」「柵が邪魔で見えにくい」などなど…賛否両論。

こればかりは自分の目で判断するしかありませんね。
これから長くお世話になる劇場ですので、入念にチェックしたいと思います。

もうひとつ気になるのが、お手洗いの数。
劇場内に42室、劇場の2階とつながる「としま区民センター」に35室、合計77室の女性用トイレがあるそうです。
区民センターのお手洗いへ行くには、4~7階の客席から2階の劇場エントランスまで降りないといけないのですね。
休憩時間は大移動になりそうでちょっと心配です。

1,300席に対して77室。
トイレの充実にはかなり力を尽くしたそうですが、これは十分な数と言えるのでしょうか?

ある資料によれば、劇場トイレの適正個数は600人想定(男女比 4:6/240人:360人)のホールで女子便器は14個。
これならほとんど待たずに使える数だそう。

360人で14個は、1,300人で50個相当。
そう考えると77個は破格です。
およそ半数を占める区民センター内トイレへの移動が楽なら申し分ありませんね。
ここも要チェックポイントです。

池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?


さまざまなカルチャーの発信地である池袋。
そこへ新たに「宝塚歌劇」が加わる。
わくわくしますね!

池袋は宝塚歌劇の聖地になり得るのか?
新天地開拓の先駆けに礼真琴×舞空瞳コンビ率いる新生星組ならば申し分なし
「池袋×宝塚歌劇団」の良好な関係が末永く続きますよう、晴れやかなこけら落としになりますよう願っています。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

紅ゆずるの歌が好き!―身は離れても 絆は消えぬ 消えぬ絆はいつまでも

紅ゆずるさん、お元気でしょうか?
ご卒業から、はや2週間。
もうそんなに経ったのかと、まだそれしか経っていないのかという思いが交錯しています。

胸にぽかっと穴が空いたような…
「寂しい」とはまた違う、なんとなく虚ろな気持ち。
でも不思議と心は温かいんですよね。
紅さんが残してくださった幸せの置き土産のおかげでしょうか。

身は離れても 絆は消えぬ 消えぬ絆はいつまでも


宝塚で一二を争うお気に入り作品『ANOTHER WORLD』。
なかでもテーマソングの「ありがたや、なんまいだ」が大好きな私。

〽身は離れても 絆は消えぬ 消えぬ絆はいつ いつまでも

なんて温かく、深い慰めに満ちた言葉でしょうか。
優しいぬくもりに柔らかく包み込まれるよう。
素晴らしい曲でタカラジェンヌ生活を締めくくれた紅さんとファンは幸せですね。

紅ゆずるの歌が好き!


私は紅ゆずるさんの歌がとっても好き。
ときに勇気づけられたり、ときに心洗われたり、ときに優しく寄り添ってくれたり…
紅さんの歌声は、聴く者の心にまっすぐ届くのが魅力

それがなぜかを説明するのは難しいですね。
好きに理由は無いのです。
「私の心にフィットするから」としか言いようがありません。
技術を超えたところにある“なにか”に惹きつけられるのです。
その正体は分かりません。

そもそも私が初めて紅さんをいいなと思ったのは『宝塚ジャポニズム~序破急~』の「荒城の月」でした。
お芝居よりお人柄より、真っ先に惹かれたのが「歌」だった。
芝居好きの私にしては珍しいことです。

紅さんの歌で格別好きなのは「ひとかけらの勇気」と「望春風」。
もう二度と生で聴くことは叶わないと思っていた二曲共ディナーショーで聴けたこと。
本当に幸せでした。
『Berry Berry BENNY!!』は一生の思い出です。

星組を継ぐ琴ちゃん(礼真琴)は、紅さんとは違った意味で胸を打つ歌い手です。
ときに熱く力強く、ときに優しく繊細。
抜群の技術に裏打ちされた変幻自在な歌声。

心に届く紅さんの歌。
胸を打つ琴ちゃんの歌。
どちらも大好き

紅さんから琴ちゃんへ。
魂を揺さぶる歌声を引き継ぐ星組新トップスター誕生まで1ヶ月足らず。
『ロックオペラ モーツァルト』が楽しみです!
紅さんも観にいらっしゃるでしょうか?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待

別箱公演って公式の相関図は出るんでしたっけ?
あまり見た覚えがないのですが…
というわけで、自分の予習を兼ねて作りました。

『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図


img-20191022_3.jpg
外部公演版は未見につき、公式の配役一覧と私のささやかな知識を元に組み立てました。
万が一、抜け・間違いなどありましたらご教示くださいませ。
宝塚歌劇団│星組 梅田芸術劇場メインホール/東京建物 Brillia HALL公演『ロックオペラ モーツァルト』その他の配役決定

細かいですが、白妙なつさんの「オランジュ皇妃」の説明が「オランジュの皇妃」って!
説明になってな~~い 笑

初日まで1ヶ月!


つい先日、紅ゆずるさんの卒業公演が千穐楽を迎えたばかりと思ったのに、もう1ヶ月も経たないうちに『ロックオペラ モーツァルト』の初日とは。
本当にヅカ時間が流れるのは速い!

先ほどヅカ友さんと話してたのですが…
まだ初日を迎えたくない。
配役を眺めながら、わくわく胸をときめかせる時間が楽しい
ずっとこの幸せに浸っていたい、と。

ある意味、公演前が一番幸せかもしれない、とも。
もちろん、幕が開けばまったく違う種類の幸せにどっぷり浸かれるのですが…
複雑なファン心理です。
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表

「星組×ロックオペラ」に高まる期待


「音楽を愛し、恋と自由を追い求めた天才音楽家」は琴ちゃん(礼)にぴったり!
アロイジア(小桜ほのか)やコンスタンツェ(舞空瞳)との恋模様、サリエリ(凪七瑠海)との確執、レオポルド(悠真倫)やコロレド大司教(輝咲玲央)との対立など、お芝居も見応えたっぷりな予感!

そして、なんと言っても音楽!
『太陽王』も『1789』も『アーサー王伝説』も、ドーヴ・アチア氏が手がけられた楽曲は、どれも刺激的!
琴ちゃんのパワフルな歌声と“ロックオペラ”は相性抜群でしょうね。

星組の歌上手さんたちが全力で挑む『ロックオペラ モーツァルト』
とっても楽しみです!

(ところでタイトルはどう略すの?ロクモ?オペモツ?ロクモツ?)
(私は最短の「ロクモ」派)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表

宝塚ファンお待ちかねの『ロックオペラ モーツァルト』のキャストが出ました!
宝塚歌劇団│星組 梅田芸術劇場メインホール/東京建物 Brillia HALL公演『ロックオペラ モーツァルト』その他の配役決定

配役が決まると、さらに観劇意欲が高まりますね!
まずは気になるところからチェック!

モーツァルト(礼真琴)の初恋の相手、アロイジアは小桜ほのかさん!
琴×ほのか!
嬉しい~~

その夫、ランゲに朝水りょうさん!
朝水×ほのか!
いいですね~~

というか、音咲いつき・小桜ほのか・舞空瞳・星蘭ひとみの四姉妹って美しすぎません!?
このまま『若草物語』上演できちゃいますよ。

野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

気になる配役あれこれ


『ロックオペラ モーツァルト』は未見につき、目下にわか勉強しています。
いつもは予習しないで観る派ですが、今回は特別!
珍しくヤル気満々で下調べしています。

モーツァルトの姉・ナンネールは桜庭舞さん。
重要な曲があるようなので、まめちゃん(桜庭)の本領発揮ですね!

これが星組ラストステージとなる紫藤りゅうさんはウィーン国立劇場の支配人を務めるローゼンベルグ。
今のしどーくんの姿をしっかり見納めたいと思います。
宙組でも甘い華やぎと攻めの姿勢を存分に活かせますように!

サリエリ(凪七瑠海)の部下で、モーツァルトを恐喝する「後見人」に桃堂純さん。
黒い役でしょうか?
上手くハマれば美味しそうな役どころですね。
楽しみです!

ところで、2013年に上演された日本版では鶴見辰吾さんが演じられた「運命」という役があったようですが、宝塚版には見当たりませんね。
抽象的で面白そうな役だなぁ…と思ったので、ちょっと残念。
(ひそかに朝水くんで期待していたのです)

配役表にないだけで、コロスとして登場するのでしょうか?
MY初日を楽しみに待ちます!

主人公の運命を操る男―輝咲玲央


さて、美味しいものは最後まで取っておくタイプな私。
〽さてさてさてサテ焼いて~~
輝咲玲央さんのお役は??

ザルツブルグのコロレド大司教

うーん、めっちゃ目に浮かぶ…玲央さんの司教姿。

日本版のあらすじによると、
「神童と呼ばれ、幼少期から天才としてもてはやされたヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、故郷ドイツで宮廷作曲家となり、将来への夢と希望に満ちあふれていた」
「しかし、コロレド大司教が権力を握ってからは、運命が一変
ですって!

主人公の運命を操る男!

いいね!いいね!

どんな人物か軽く調べただけでも「憎たらしい」とか「モーツァルトと大喧嘩した」とか…
しまいには「天敵」とまで 笑
どんだけなんだっていう!

さらには「モーツァルトの才能を独り占めしたがった」とか「行く先々でモーツァルトの活動を妨害した」とか…

た・の・し・み!!

厳格な人柄だったらしく、自由奔放なモーツァルトとはそりが合わなかったのでしょうか?
こういう屈折した人間が大好き(ただし舞台に限る)な私としては、めちゃ期待が高まります!

開幕前の妄想タイムが楽しい!


配役発表から初日まで、あれこれ妄想をふくらませる時間がめちゃ楽しいんですよね~~

モーツァルトに嫉妬する男、サリエリ(凪七)。
モーツァルトを支配する男、コロレド(輝咲)。
モーツァルトが恋した女、アロイジア(小桜)。
モーツァルトを愛する女、コンスタンツェ(舞空)。

頭の中でモーツァルト(礼)を巡る男と女の人間模様が渦巻いています。
あぁ、楽しみ!!

ところで、フィナーレはつきますかね!?
ダンスが得意な新トップコンビのお披露目ですから観たいですよね!ね!?
(デュエットダンスと男役群舞&娘役群舞をなにとぞ~!なにとぞ~)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**