FC2ブログ

「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開

星組新トップコンビお披露目公演『眩耀の谷』のヴィジュアルが公開されました!
宝塚歌劇団公式サイト

いい!最高!!

いつかお前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!礼真琴の決意


なんか…いいですね!
初々しくて、いかにも「新トップコンビお披露目」って感じ!

琴ちゃん(礼真琴)はキリッと男っぽくて、カッコいい!
寄り添うひっとん(舞空瞳)は愛くるしくて、たおやか…
とってもお似合い!

一番のポイントはふたりの手!
そっと差し出されたひっとんの左手を、優しく、しかし、しっかりと包み込む琴ちゃんの右手!

いい!最高!!

『食聖』のリー・ロンロンの台詞、「ホン・シンシン(紅ゆずる)、見てろよ!いつかお前以上に幸せになってやるからな!」が早くも実現しそうな勢いじゃないですか~~

「琴ひと」が「紅あー」に負けないベストカップルになりますように…
いえ、なるに違いない!
そんな予感がします。

このふたりの並びって、計り知れないポテンシャルを感じるんですよね。
琴ひと率いる星組がどんな新しい世界を見せてくれるのか…
わくわくします!

思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷

新たなメンバーも加わり、さらにパワーアップする星組に期待!


この公演から、専科の愛月ひかるさん、花組の綺城ひか理さんが加わり、さらにパワーアップする星組。
お休みされていた拓斗れいさんも復帰されますね。

星組さんと愛ちゃん(愛月)の好相性は『アルジェの男』で立証済みですが…

華やかなスター性とクラシカルな男役の味が魅力の愛ちゃん。
豊かな歌声と篤実なお芝居が魅力のあかちゃん(綺城)。

おふたりと星組さんが合わさったときの化学反応が楽しみ!

豪奢な中華風コスチュームものにご縁が深い星組。
琴ひとの銀色と水色を基調に紅色をアクセントにしたお衣装、とっても素敵です。
ひっとんの外衣の水色と、琴ちゃんのベルトの石の色がリンクしているのもニクいですね~~

組子の皆さまもすごく似合いそう!
星の美男美女が、色とりどりの豪勢なお衣装をまとう姿を想像すると、ときめきます!

せおっち(瀬央ゆりあ)と、くらっち(有沙瞳)が似合うのは、『食聖』プロローグで立証済みですし。
はるこさん(音波みのり)の虞美人や、オレキザキさん(輝咲玲央)の蘇我蝦夷もお似合いでした。
組長さん(万里柚美)と、せーらちゃん(星蘭ひとみ)の絶世の美女っぷりも目に浮かびます~~
めちゃめちゃ観劇意欲が湧きますね!

そして、星は継がれていく


もうひとつ楽しみなのは、卒業された紅あーが観客として新生星組をご覧になること。
客席から観る星組はどんなふうに輝いているんだろう?って思います。

紅あーの星組も、あと10日。
なんだか全然実感が湧きません。
『食聖』と『Éclair Brillant』、この温かく美しい舞台が永遠に続くような気がして…

残りわずかな貴重な公演、一回一回を大切に、心を込めて観させていただきます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷』関連記事はこちら↓
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷
スポンサーサイト



\年に一度の特別な日を祝う!/9月28日 輝咲玲央さんお誕生日公演備忘録│食聖

トップスターの紅ゆずるさんを始め、大勢の組子さんが公演中にお誕生日を迎える『GOD OF STARS-食聖-/Éclair Brillant』。

9月28日は星の熱血お兄さん、輝咲玲央さんのお誕生日
素敵なお祝いアドリブがありました!

『食聖』のラストシーン。
まずはエリック(華形ひかる)からレオ(輝咲)へパイナップルのプレゼント。
お誕生日席(客席の正面)に座らされたレオの前に、ホーカーズの仲間たちが料理を運び…
エリックのスマホで記念撮影。

みんなに祝われて、めちゃ嬉しそうなレオ。
自撮りつつ、一緒に写ろうとするエリックさんも可愛かった~~

ハッピーエンドのお芝居だと、こういうアドリブを自然に溶け込ませることができていいですね。
『食聖』はとびっきりのハッピーエンドなので、さらにハッピー!
観ている私たちも幸せのおすそ分けをいただけて嬉しい

年に一度の特別な日を祝える幸せ


お休みの関係で週末にヅカ活が集中しがちな私。
(東京はたまに平日休みを取って行きますが…)

今年は紅さんと玲央さんのお誕生日が土曜日に当たり、嬉しいことに劇場でお祝いすることができました。
公演中にお誕生日を迎えられること。
生徒さんも嬉しいでしょうが、ファンも嬉しいですね。

大好きな方の特別な日を一緒に祝える。
大好きな方が祝福され、いっぱいの愛に包まれる姿を観られる。
とても幸せな瞬間です。

紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖

レオパパのバースデイアドリブメモ


お誕生日だからか(?)、いつも以上に元気いっぱい舞台を飛び回るレオパパ。
「ズバッとシンガポール!」のシーン。
「ニコ!ニコ!」と叫びつつ、ブンブン手招きして息子を呼び寄せ、カメラへ向けて「ブチュッ!!!」と投げキッスのお手本を見せるパパ。

「おまえもやれ!」とうながされ、素直に真似するニコラス(瀬央ゆりあ)。
こちらは「チュッ!」と控えめ。
可愛い!
この親子、ずっと観ていたくなりますね~~

日に日にニコ愛が加速するパパ。
カメラに迫る必死の形相、凄かった…
そして、激しい投げキッス!
遥斗勇帆くん!そのカメラに収めたデータを全世界に公開して!って感じですね!

密かにホンとレオニコの絡みが大好きな私。
自分の顔がプリントされた団扇をビンタされて喜ぶ(?)ニコ。
ホン(紅)に貸したハンカチを思いきり遠くに投げ捨てられて、悲しそうなパパ。
(ハンカチはヴィミーさん[白妙なつ]が拾ってレオに返してくれました)

親子揃ってM気質ホンに翻弄されるレオニコ。
千穐楽まで色んな掛け合いを見せてくれそうで楽しみ~~

ここもお気に入りポイント。
・ホンに「おっさん」呼ばわりされ、「おっさん!?」と心外そうなハの字眉毛。
・ラップバトルに勝利したホンを迎える「ホンさぁぁぁん!!!(ハートマーク付き)」の叫び。

スキあらばミシェルママ(紫月音寧)といちゃいちゃしてるのもいいですよね!
いつ見てもしっかり手をつないでる仲良し夫婦!
ドラゴンボートのシーンの新婚さんっぷりは必見です!
(若者たちが二手に分かれて踊ってるとき、上手袖のレオ一家にご注目!)

紅尽くしでお祝い!


朝から晩まで幸せいっぱいの一日を終え、帰宅後に連れ合いと「紅ビール」で乾杯!
おつまみは「紅ショウガ天柿ノ種揚」。

「紅」の文字がデカデカと存在をアピールするパッケージ。
大阪を訪れるたび、ずっと気になっていたんです。
先日の出張帰り、新幹線の発車間際にとうとう買っちゃいました。

お味はかなり紅生姜が強い感じ。
連れ合いはすっかり気に入ったらしく、朝起きたら空っぽに…
また買ってこよ~~

紅ビールと紅ショウガ天のおかげで「紅尽くし」のお祝いになりました。
紅さん大好きな玲央さんのお誕生日にぴったりですよね?

最後になりましたが…
輝咲玲央さん、お誕生日おめでとうございます。
舞台では温かく骨太な男役さん、舞台外では星組の頼れるお姉さんとして、ますます活躍の場を広げていかれることと思います。
健やかに、笑顔いっぱいの一年でありますように。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
アイリーン(綺咲愛里)とレオ(輝咲玲央)―2つの台詞からひもとく、大きな愛の物語│食聖
紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖
ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

見果てぬ夢、紅ゆずる×愛月ひかるの競演が観たい!【妄想劇場:アポロンの迷宮】

まもなく専科から星組へ異動される愛ちゃん(愛月ひかる)。
琴ちゃん(礼真琴)との好相性は全国ツアー『アルジェの男』で立証済みですが…
ふと、「紅さん(紅ゆずる)と組んだら、どうなるんだろう?」と思ったのです。

生粋の宝塚ファンにして、独自の濃い男役像を確立しているふたり。

紅ゆずる×愛月ひかる。

バチバチ火花を散らす舞台、観てみたくありませんか

紅ゆずる×愛月ひかるで『アポロンの迷宮』が観たい!


ふたりの夢の競演にふさわしい作品は?
今の星組にぴったりの作品は?

ぱっと浮かんだのは、小池修一郎先生の『アポロンの迷宮』

舞台は20世紀初頭のパリ。
コモロヴァ国の王女ジュヌヴィエーヴ(毬藻えり)をめぐる、ジャン=ポール・バラン(日向薫)とマルセル・ド・モンテスキュー侯爵(紫苑ゆう)の恋の鞘当て。
実はジャン=ポールにはもうひとつ、貴族や金持ちだけを狙う「怪盗アポロン」という顔があり…

洒脱なネッシーさん(日向)、華やかなシギちゃん(毬藻)、重厚なシメさん(紫苑)の三つ巴に、元気はつらつなマリコちゃん(麻路さき)。
他キャストも男女共に層の厚い当時の星組にぴったりな演目でした。

小池作品は『アポロンの迷宮』や『All for One』など軽やかで肩のこらない娯楽作が私好みですね。

ちなみに、現在専科で大活躍のヒロさん(一樹千尋)、ハッチさん(夏美よう)、ジュンコさん(英真なおき)も組子でらっしゃいました。
なんて豪華な布陣なのでしょうね~~

妄想配役は…
ジャン=ポール・バランが紅さん。
マルセル・ド・モンテスキュー侯爵が愛ちゃん。

二人に取り合いされるジュヌヴィエーヴ王女はあーちゃん(綺咲愛里)。
実は王女にも秘密があり…
大どんでん返しのシギちゃんのチャーミングだったこと!
是非あーちゃんに演じて欲しい!

マリコちゃん演じる新聞記者、ミシェル・マレーは琴ちゃん。

大人の色気、愛ちゃんモンテスキューが観たい!


シメさんのモンテスキュー侯爵がですね、大人の男役の色気むんむんで凄かったんですよ~~
うろ覚えですが、コケシさん(花愛望都)演じる愛人テレーズ・ロランと夜明けのコーヒーを飲む的なシーンがありまして…

「愛人」という言葉すら、おいそれと口にすることもできなかった子ども時代の私。
この場面はどきどきでした。

紫色のガウンをまとい、しどけなくソファでくつろぐモンテスキュー。
ガウンと言えば、愛月ひかるでしょう!

紅あーにぴったり!甘~いハッピーエンド


ジャン=ポールに想いを寄せるイヴェット・ルノー(洲悠花)とテレーズがそれぞれに歌う「あなたの夢が見えない」という曲がとっても好きでした。
イヴェットはくらっち(有沙瞳)、テレーズは白妙なつさんで聴きたいですね~~

実は、ジュヌヴィエーヴの○○だった女官のコンスタンツァ(藤京子)と侍従のフルニカは、ゆずみさん(万里柚美)とみきちぐさん(美稀千種)以外に考えられません 笑

他にも今の星組メンバーで観たいお役がたくさん!

なんと言っても、ジャン=ポールとジュヌヴィエーヴの甘~いハッピーエンドは、紅あーにぴったり

見果てぬ夢、紅×綺咲×礼×愛月のカルテット


今となっては叶わぬ夢ですが…
一作くらい、紅×綺咲×礼×愛月のカルテットを観てみたかったですね~~

この4人って誰がどう組んでもばっちりハマるんですよ!
凄くないですか?

紅×綺咲はもちろん、紅×愛月、紅×礼。
綺咲×愛月も、綺咲×礼も、礼×愛月も…

さらに、ひっとん(舞空瞳)や、せおっち(瀬央ゆりあ)や、くらっちが加わったら…
ものすごくエキサイティングな舞台が生まれそう!
夢は果てしなく広がりますね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖

笑って泣いて、また笑って、心がほかほか暖かくなるハートフル・コメディ『GOD OF STARS-食聖-』。
東京公演初日おめでとうございます!
大千穐楽までご安全に、充実の舞台となりますように!

前回につづき、せおっち(瀬央ゆりあ)演じるニコラスの父親、レオ(輝咲玲央)の見どころを。
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖

レオパパ、オタ芸に燃える


子煩悩で愛妻家。
ちょっとコミカルで家族思いなレオパパ。
最大の見どころは「オタ芸」

ニコラスがリーダーを務めるご当地アイドルグループ「パラダイス・プリンス」の一番熱心なファンのパパ。
完全に振り切れたキレッキレのダンスは必見です。

なぜか超真顔(目が座ってる)、髪を振り乱して踊るレオ。
激しく動く上半身と、がっつり大股開き、微動だにしない下半身のコントラストがツボ。

最初のうちこそ「スーツが裂けるんじゃないか」と心配しましたが、大劇場千穐楽が近づくにつれ「首がもげるんじゃないか」「腕が抜けるんじゃないか」レベルの激しさに

宝塚の舞台でオタ芸が披露されるのは初だそう(振付はダンスパフォーマンス集団「梅棒」の伊藤今人さん・楢木和也さん)。
小柳先生は宝塚の世界をどんどん広げてくださいますね。

「食聖コンテスト」のホン(紅ゆずる)とリー(礼真琴)のラップバトルで、さらにパワーアップしたオタ芸を披露するレオ。
右手には「N」のリストバンドが。
パパ…(涙)

タン・ヤン(有沙瞳)の手にも似たようなリストバンドが。
タンちゃんがお揃いで作ってくれたのでしょうか?

この場面は本当に目が足りない!
銀橋でバトるホンVSリー。
下手花道でオタ芸炸裂のレオ夫妻&パラプリ。

本舞台はさらなるカオス。
巨大な熊の手をかかげるみきちぐさん(美稀千種)。
甲殻類と戯れるレン(如月蓮)・マオ(麻央侑希)コンビ。
もう何がなんだか…

勝ったホンを迎えるときは、マイクを通さないレオの大音量「ホンさぁ~~~ん☆彡☆彡☆彡」が聴けます。
(なぜかホンが大好きなパパ)
中の人のさゆみさん愛がダダ漏れてる??

レオは星の熱血お兄さん・オレキザキにどんぴしゃなお役ですね!

身に覚えのありすぎる「オタ芸」


「オタ芸」という言葉が初耳だったので調べてみました。

オタ芸(オタげい)とは、コンサートなどにおいてファンが繰り広げる、独特な動きを伴う踊りや掛け声のことである。
文字通りアイドルオタク(追っかけ)等がアイドルや声優などのコンサート・ライブなどで行っている、アイドルのために捧げる応援の芸(パフォーマンス)、応援方法である。[Wikipediaより抜粋]


へえ~~
私の知らない世界だわ…


いやいや!
私もよーーく知ってる世界でした!

90年代、空前のバンドブームで熱い盛り上がりをみせたヴィジュアル系。
なかでも名古屋系好きだった私。
(当時は「お化粧バンド」と呼んでいた)
(今も昔もコッテリメイクカルチャーが大好きな私)

ヘドバンやら手扇子やら。
やってました!やってました!
懐かしい~~
あれもオタ芸の一種ですよね?

そうと知ったら、ますますレオパパに親近感がわきます。
レオのオタ芸は「最愛の息子に捧げる応援のパフォーマンス」と思えば、あのように真摯な態度も腑に落ちます。

そもそも「舞踊」とは神に捧げる原始の祈りから派生したもの。
「オタ芸」は偶像(アイドル)に捧げる供物として最適なパフォーマンスなのかもしれません。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖

両手をチョキにして「カニ、カニ、カニ」をするダンディオレキザキさん(輝咲玲央)を観られるだけで、チケット代のお釣りが来る『GOD OF STARS-食聖-』。

渋いおじさまを演らせたら右に出る者はいない玲央さんが、まさかの息子(ニコラス)にメロメロ溺愛パパだなんて!
父親役はお手の物とはいえ、ここまでリラックスしたお父さん役は初めてでしょうか?
(前回はアラサー息子をムチでぶっ叩くスパルタ親父でしたからね…)

奥様役のミシェルが気心知れた同期の音寧さん(紫月音寧)さんなのがまたいいですね。
長年連れ添った熟年夫婦感(&尻に敷かれ感)が自然に(?)出ています。

男役・輝咲玲央、新たなる父親像


家族大好き!がダダ漏れてるレオパパ。
ミシェルやニコラス(瀬央ゆりあ)だけでなく、義父の老虎(美稀千種)にも姪のアイリーン(綺咲愛里)にも直球の好き好き光線が放たれます。

血縁にとどまらず、息子の彼女のタン・ヤン(有沙瞳)やパラダイス・プリンスの仲間たちにも。
従業員のレン(如月蓮)、マオ(麻央侑希)にも。
ボディタッチが激しい!激しい!

特に、あーちゃん(綺咲)とは今まで舞台上で直接的な絡みが少なかったので、何かにつけアイリーンを気遣うレオの姿にほのぼのしました。
(ジェサップとマルグリットの関係が大好きでした)

家族思いで、陽気で、温かく、お茶目なレオパパ。
男役・輝咲玲央の父親像に新たなバリエーションが加わりました

レオパパの見どころあれこれ


常にめいっぱいの人数が板に乗ってる『食聖』。
至るところで繰り広げられる小芝居が面白くて、目がいくつあっても足りません!
何度観ても観飽きない!観足りない!

もちろん、レオパパも毎回違うお芝居で楽しませてくれます。
印象的だったアドリブをいくつかピックアップします。

まずは、パラダイス・ホーカーズの場面。
立ち退きを迫られるホーカーズを立て直すべく画策するホン・シンシン(紅ゆずる)。
彼のアイディアで大掃除を始めるホーカーズの人々。

せっせとテーブルを拭きつつ、つまみ食いするレオ。
もぐもぐしながらミシェルに寄り添ったと思ったら…
レオのほっぺについた何かをミシェルがつまんでパクっと食べたんですよ!!!

可・愛・い!!!

別の日は、右手でミシェルの腰を抱きつつ、左手で自分のおなかをさするレオ。
「おなかいっぱい」なのか「最近腹が出てきた」のジェスチャーなのか…

アイリーンのデンジャラス餃子を押し付け合う面々。
ニコラスに「パパどうぞ」と振られるレオ。
「パパが死んだらママが悲しむだろう」
ミシェルに「あら、どうかしら?」とあしらわれ、不満げなへの字口も可愛い。

大劇場公演後半からはホンが参戦するように。
追い打ちをかけるように「あぁら、どぉかしらぁ~~??」とかぶせるホン。
紅さんってば(笑)
八の字眉毛の悲しそうなレオ、必見です。

パパ、カニになる


パラダイス・プリンスとのナンバー「シンガポールうまいもん」ではトップバッターで〽チキンライス と歌うレオ。
パラプリの〽カニ カニ カニ に合わせ、満面の笑みでカニ歩きする研14

余談ですが、このシーンでいつも中目黒の『五星鶏飯 Five Star Cafe(ファイブスターカフェ)』を思い出します。
海南チキンライス、美味しいですよ!

渋谷にある系列のパクチー料理専門店『GOLDEN BURNING(ゴールデンバーニング)』もお勧め!
パクチー好きにはたまりません!

閑話休題。
ホン考案のパラダイス餃子がヒットし、テレビ局が取材に。
ヴィミー(白妙なつ)の取材に答えるホンに鏡を差し出すミシェル、うちわであおぎ、ハンカチを差し出すレオ。

ホンが最愛の息子の顔入りうちわをビンタしても、めげないレオ。
ハンカチを放り捨てられても、めげないレオ。

ビンタされたうちわを大事そうに抱きしめて撫で回すのがツボ。
そして、TVカメラに向かってうちわをグイグイ突き出してアピールするパパ。
うちわの両面(ニコの顔とNICOの文字)をクルクル入れ替えてみたりして(芸が細かい)。
ときには「もっと前に出ろ」とばかりに、ニコラスをカメラの前に押し出すパパ。

レオの熱いステージパパっぷり、ぜひご注目ください。

ミッキーとレオ、二人のパパ


長年行方知れずだったアイリーンの父、ミッキー(天寿光希)。
愛娘の危機を救うべく、ホンと共に「食聖コンテスト」に現れたミッキーパパ。

ホンが勝利し、かつての妻エレノア(音波みのり)と喜びを分かち合おうとしますが…
わだかまりが二人を邪魔し、そっと背を向けるエレノア。
所在なく佇むミッキーに、さりげなく手を差し伸べたのはレオでした。

行き場を失い、宙ぶらりんになった義兄の手に優しくハイタッチするレオ。
なにげないけど好きなシーンです。

いつもはソフトタッチなのに、紅さんの誕生日はやたらテンションが高かったですね。
ガシッと指を絡ませ、互いの腕をぶんぶん振り回すパパたち。
微笑ましかったです。

ところで「おじさんは今は別の仕事をしている」そうですが、ミッキーとレオが並んで包丁を振るったこともあったのでしょうか?
コック服のレオも観たかったですね。

長くなりましたので、レオ最大の見どころ「オタ芸」については改めて。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**