FC2ブログ

イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双

月組ファンお待ちかね、『夢現無双』のキャストが出ましたね。
月組 宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』その他の配役決定

どこかよそよそしかった原作のキャラクターに、馴染み深い月組の生徒さんのお顔が重なり、脳裏で活き活きと物語が動き出します。
思わず「いいね!いいね!」と胸がときめきました。

生徒さんひとりひとりの個性を活かすことにかけては人後に落ちない齋藤吉正先生。
月組武蔵もきっと納得の配役をしてくださるだろう、と思ってましたが…
おおむねイメージ通りで満足です。

どこからピックアップするか迷いますが、学年順に。
ネタバレしないよう心がけますが、気になる方は薄目でご覧くださいね。

イメージぴったりな方々


どなたが配役されるか気になっていた沢庵和尚は光月るうさん。
武蔵が「獣」から「人」に変わるきっかけを与える人物ですね。
るうさんならば安心です。

夏月都さんのお杉は容易に目に浮かびます。
又八への妄執に近い愛、どこかもの悲しく、滑稽にも思える母の業。
なつこさん(夏月)で間違いない配役です。

武蔵の父、新免無二斉は紫門ゆりやさん。
ゆりちゃんが珠様(珠城りょう)のお父様!

色っぽくて、したたかなお甲は白雪さち花さん。
パーフェクトな選択です。
さち花さん以外の配役は考えられません。

わくわくしながら待っていた、まゆぽん(輝月ゆうま)のお役は祇園藤次。
「そう来たか!」
藤次の台詞や行動が、すっとまゆぽんの声色や姿で浮かびました。
しっくりくる、いい配役ですね。

武蔵の姉、お吟は楓ゆきさん。
きりりと芯の強い女性像は、たんちゃん(楓)にぴったり。
ゆりちゃん、珠様、たんちゃんで新免ファミリー揃い踏みですね。

本位田又八は月城かなとさん。
武蔵との因縁がどう描かれるか楽しみ!
(酒と女に溺れて身を持ち崩すれいこさん[月城]も楽しみ)

朱実は叶羽時さん。
大役ですね!おめでとうございます!
時ちゃん好きとしては喜ばしい限り。

気になる方々


辻風典馬に颯希有翔さん。
『ON THE TOWN』冒頭のソロがとても良かったので、ますますのご活躍が楽しみです。

日観の周旺真広さん。
ぬくもりと懐の深さを感じさせる日観は、すおっち(周旺)にぴったり!
個人的に好きなキャラクターなので嬉しいですね。

思わず心の中でガッツポーズを決めたのは、城太郎の結愛かれんさん。
城太郎大好き!
可愛いんですよね~~
かれんちゃんの愛くるしい城太郎が観られるなんて嬉しい!

壬生源次郎の羽音みかさん。
舞台を観る限り、かなりお背が高いようですので、すっきり美しい少年姿が期待できますね。

卒業される方々


珠城りょうさん、美園さくらさんの新トップコンビお披露目であり、4名がご卒業される『夢現無双』。
美弥るりかさん、響れおなさん、玲実くれあさん、音風せいやさんの魅力が存分に花開く舞台となりますように。
また、大劇場を部分休演される海乃美月さんの一日も早いご快復を願っています。

送る人、送られる人、そしてファンも。
揃って笑顔の千穐楽を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双
スポンサーサイト



痛ましきサロメに慈悲を-アデルマ(麗泉里)について│鳳凰伝

『鳳凰伝』はコラサン国の王女、アデルマ姫(麗泉里)の妄執も見どころのひとつ。

「私はあなたの男ではなく、あなたは私の女ではない」
手ひどく拒絶されたカラフ王子(珠城りょう)に対し、「たとえ首だけになっても、あなたが欲しい」とすがるアデルマ。

サロメの求愛を拒み、首を刎ねられたヨカナーン。
銀の皿に乗ったヨカナーンの唇に口づけるサロメ。

アデルマが夢見たのは、カラフの首を貰い受け、思うままに愛撫することでしょうか?

「あなたの命は、私の愛に値しない」
カラフの愛が得られぬならばいっそ、と自身の喉元に刃を向けたアデルマにかけたカラフの言葉。
カラフはアデルマという女を見抜いていたのです。

懇願や脅迫によって得られる愛など無価値。
幼稚で自己中心的なアデルマの想いは、カラフの求める愛とは最も遠いところにあるものでした。

アデルマからカラフに向けた「たとえ首だけになっても、あなたが欲しい」は、カラフがトゥーランドットに告げた「あなたが得るのは私の首ではない。私だ」と対になる言葉です。

愛しい男の身も心もすべて他の誰かに渡すくらいなら、首だけでも自分のものにしたい。
王子の名前さえ明らかになれば、彼の想いがトゥーランドットへ届くことは永遠にない。

唯一、王子の名を知る奴隷タマル(海乃美月)へ凄惨な拷問が加えられます。
しかし、王子を密かに慕うタマルは決して口を割りません。
痺れを切らし、鞭打ち役人から取り上げた鞭を振るい、狂ったようにタマルを打ち据えるアデルマ。

「言えっ!言えーーーっ!」
癇癪を起こした幼子のように甲高い声を上げる彼女。
MY初日に観た時は、正直ちょっと迫力不足かな…と思ったのですが、次の観劇でハッと気づいたのです。

アデルマはそんな子ではなかったのですよね。
他人を憎んだり、こんな風に金切り声を上げたことだってなかっただろうに。
蝶よ花よと育てられたお姫様なのです。
何不自由なく育った彼女の人生が変わったのは、トゥーランドットの謎かけにより兄を失い、国が滅んだ時。

兄を奪い、故郷を奪った女が、今度は自分の愛しい男を奪おうとしている…
そんなことは許せない。
自分からすべてを奪った女が、愛しい男の腕に抱かれるなんて許せない。
これ以上、あの女(トゥーランドット)に髪ひとすじだって奪われてなるものか。
朝が来る前に、どうしたって王子の名前を明らかにしなければならない。

アデルマの心に思いが至った時、彼女が急にちっぽけで弱々しい存在に思えたのです。

箸より重いものは持ったことがないであろう彼女。
ましてや、鞭なんて触れたことすらなかったでしょう。
か弱い小さな体で、鞭に振り回されるように、よちよちとタマルを打ち据えるアデルマ。

可哀想な子です。
哀れな子です。

もしかしたら、アデルマはカラフに兄の面影を見たのかもしれません。
家族を失くし、国を失くし、寄る辺ない身の彼女が見つけたただひとつの希望、カラフ。
ただ、カラフの愛欲しさに、あのような行動に出ただけなのに。

「これは慈悲だ。西へ向かって歩け。西には中国さえ果てる土地がある。浄土があると思うな」
皇帝の言葉は残酷です。
自分の娘がしたことを思えば、アデルマの幼さが招いた行動などいかほどのものでしょう?
むしろトゥーランドットこそ地の果てで頭を冷やさせるべきでは?と思いましたが…

“与える愛”のタマル、“奪う愛”のアデルマ。
その形は対極ですが、どちらにもそれぞれ共感するところがあり、単純に尊卑で括れないところが『鳳凰伝』という作品の魅力と言えます。
アデルマの魂が西方浄土に辿り着けることを願ってやみません。

○『鳳凰伝』関連記事はこちら↓
全国ツアーご当地ジェンヌ紹介+月城かなとの四次元ポケット│鳳凰伝
『現し世は夢、夜の夢こそまこと』トゥーランドットの淫夢│鳳凰伝
立てば巨木、座れば巨岩、歩く姿は百獣の王―カラフに求められる資質を満たす珠城りょう│鳳凰伝
珠城りょうが発する「お前の男はここだ=I'm Yours」の破壊力│鳳凰伝
宝塚で『さらば、わが愛/覇王別姫』を演るなら?明日海・珠城・愛希・鳳月【妄想キャスティング】
その名もまた“愛”である―可愛いタマル、海乃美月について│鳳凰伝

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

その名もまた“愛”である―可愛いタマル、海乃美月について│鳳凰伝

ウェブはおろか音声の通信手段すらなかった太古の昔から、世界には共通するモチーフを軸とする物語が多くありました。

たとえば、オルフェウスとエウリュディケ。
そして、イザナギとイザナミ。

妻を亡くした夫が冥界(黄泉国)へ妻を迎えに行くが、「決して後ろを振り返ってはならない(覗いてはならない)」の禁を犯し、永遠に妻を失ってしまう。
あまりに似通ったふたつの物語。
遠く離れた『ギリシャ神話』と『古事記』にみられる、この相似性は何でしょう?

これだけではありません。
「決して○○してはならない」で、ぱっと思い浮かぶ物語(ほんの一例ですが)。
決して見てはならない→エロスとプシュケー、オオモノヌシとヤマトトトヒモモソヒメ、鶴の恩返しetc.
決して開けてはならない→パンドラの箱、浦島太郎、舌切り雀etc.
他にも、喋ってはならない、聞いてはならない、食べてはならない…
古今東西、枚挙に暇がありません。

禁じられれば禁じられるほど強く惹かれてしまう心理を扱った物語の多いこと。
『カリギュラ効果』という言葉もあるくらいですから、人間がタブーに弱いのは世の常なのかもしれません。

「秘すれば花」と言いますが、思い切って「見ろ!」「聞け!」「開けろ!」と秘密を白日の下にさらしてしまえば、神秘性が薄れ、タブーはタブーでなくなりますね。

「○○してはならない」の結末はたいてい悲劇ですが、狂言の『附子』(食べてはならない)はユーモラスでお気に入り。
うちでは夜遅くに美味しい(カロリーが高い)ものを食べる時などに「まだ死なぬー」と言い合ってます。

* * *

さて、ご多分に漏れず『鳳凰伝』にも「○○してはならない」が登場します。
それは、タマル(海乃美月)が犯した禁。
“奴隷は王族の顔を見てはいけない”。

凱旋したカラフ王子(珠城りょう)の横顔を、好奇心に駆られて盗み見た彼女。
彼女は自らが犯した禁を生涯かけて償います。

しかし、理不尽な掟ですね。
顔を見ずして、表情を読まずして、どうやってお世話をするのでしょう?
王族の機嫌は声色で判断するしかないのでしょうか?

それはさておき。
タマルが犯した禁で“王族の顔を見たこと”より深いのは“その王族を愛してしまったこと”でしょう。

たった一目でカラフに恋したタマル。
おそらく、側近くに仕え、彼の人柄を知るにつけ、恋が愛に変わったのではないかと推察しますが…

アデルマ姫(麗泉里)との違いはここ。
恋に恋して、想いが破れた時、その恋が妄執へと変わったアデルマ姫。
恋が愛に変わり、愛する人の幸福を望み、身を捨てたタマル。
他者を欲するエネルギーが、内に向いた(アデルマ)か、外に向いたか(タマル)の違いとも言えます。

「これが“愛”です!」
タマルが命を賭けて、トゥーランドットへ示したもの。

愛とは何でしょう?
愛とは希望の光であり、すべての善なるものの源であると定義すれば、タマルはカラフへ、トゥーランドットへ、そして北京の民へも“平和”という限りない未来への希望を与えたとも言えます。

“カラフが誠の愛を得る時、世界は平和に満ちる”

カラフが得た“誠の愛”は、トゥーランドットの愛だけではなかったのです。
タマルの愛もまた“誠の愛”。

なぜ、タマルは自らの肉体を貫いたのでしょう?
いくつか理由を考えてみました。

タマルがトゥーランドットに物申すには命を賭けるしかなかった。
アデルマに見返りを求めない愛を示したかった。
カラフがタマルを救うため、自ら名を明かしてしまうかもしれないと考えた。
正気を保てなくなり、カラフの名を口走ってしまうことを怖れた。

何より、この場でカラフの名を知るただひとりの人間がいなくなれば、彼の名前は誰にも分からない。
名前が分からなければ、カラフは生きながらえ、トゥーランドットはカラフのものとなる。
愛する人と自分以外の誰かの愛を成就させるために、自らの身を捨てる。

「我が主人が愛するトゥーランドット様、あなた様なら分かるはず」
私(タマル)が愛してやまないカラフ様の愛に値する人ならば、必ず“愛”というものが分かるはず。
タマルは自分の愛をトゥーランドットに託したのです。
トゥーランドットの愛がカラフに幸福をもたらすならば、それが自分の幸せとなる。
献身、自己犠牲、無償、これがタマルの愛でした。

「よく生きる者は、よく死ぬ」
カラフの言葉が、タマルに少なからぬ影響を与えたのではないかとも思います。
決して、自ら選ぶ死を美化するわけではありませんが、タマルは愛(命)の使いどころを誤りませんでした。
自身の意志により、よく生き、よく死に、その命を永遠のものにしたと言えます。

「清い血だ、たとえようもなく清い血だ」
タマルの尊い血によって、無残に流されたローウ・リン姫や異国の王子たちの血は浄められ、北京の都に平和が訪れたのです。

* * *

タマルは良い役です。
観客の共感を得られにくいトゥーランドットやアデルマに比べ、従来の宝塚のヒロイン像に合致するタマルは娘役さんにとって、演じ甲斐のあるキャラクターでしょう。
心優しく可憐、皆に愛され、愛のために命を捧げ、主人公の腕の中で死ぬ。

「可愛いタマルや」
ティムール王(箙かおる)の気持ちは、そのまま私の気持ちでもありました。
儚げで清らか、しかし、主のために物乞いまでする健気で芯の強い娘。
子守唄のシーンでは柔らかな母性すら感じさせて…

「もったいない、でも、もうタマルは、あなた様の貴いお顔が見えませぬ」
密かに慕うカラフの腕に抱かれ、しがらみ多き現世から飛び立とうとするタマル。
しかし、もはや愛しい人の顔を見る力すら残されていない。
このシーンは私の視界も霞んでしまい、美しいふたりの姿を見ることができませんでした。

「せめて、命尽きるまで」
薄れる意識の中で、ティムール王のために歌うタマル。
その無邪気さ。

最期まで他者のために尽くしたタマル。
くらげちゃん(海乃)の透き通るような美しさが忘れられません。

様々な愛の形を提示する『鳳凰伝』の女性たち。
その三本柱の一本、タマル。
その名もまた“愛”だったのでしょう。

○『鳳凰伝』関連記事はこちら↓
全国ツアーご当地ジェンヌ紹介+月城かなとの四次元ポケット│鳳凰伝
『現し世は夢、夜の夢こそまこと』トゥーランドットの淫夢│鳳凰伝
立てば巨木、座れば巨岩、歩く姿は百獣の王―カラフに求められる資質を満たす珠城りょう│鳳凰伝
珠城りょうが発する「お前の男はここだ=I'm Yours」の破壊力│鳳凰伝
宝塚で『さらば、わが愛/覇王別姫』を演るなら?明日海・珠城・愛希・鳳月【妄想キャスティング】

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

立てば巨木、座れば巨岩、歩く姿は百獣の王―カラフに求められる資質を満たす珠城りょう│鳳凰伝

早いもので、もう師走。
街のイルミネーションも美しく、せわしなくも心浮き立つ季節の到来です。
クリスマスの準備をし、年賀状を発注し、年末旅行の手配をし…
諸事に追われ、気づけば月組の全国ツアーも残すところ最終の市川のみとなりました。

さて、この『鳳凰伝』について。
宙組初演は未見の私。
MY初日の第一印象は“けれん味たっぷり、いかにも芝居らしい芝居を観た”でした。

現代の常識や倫理観に照らし合わせて理解しようとすると、なかなか感情移入しにくい物語ではありますが、頭と心を空っぽにして真正面から舞台に向き合ってみると、するりと古代中国の世界に飛び込めたのです。

物語が伝えるのは普遍的な愛のメッセージです。
愛は何ものにも勝る。
プリミティブで力強いテーマを、確実に観客に届けるのに大きな力を発揮したのは、主人公のカラフ王子(珠城りょう)でした。

幕開き、岩場でまどろむゼリム(蓮つかさ)の向こう側で背中を見せて座り込むひとりの青年(カラフ)。
その肩の広く、頼もしいこと。
その声の太く、まろやかで、温かいこと。
さっと振り向き、立ち上がる姿のおおらかで、ゆったりしていること。

シンプルかつモダンな装置の中で、悠然と立つカラフ。
大地に根を張る巨木のように、雄々しく、逞しく、威風堂々たる佇まい。
“生まれながらの王”であることが一目瞭然であるその姿に、まずは心惹かれました。

「お前の男はここだ!」
銅鑼を打ち鳴らし、高らかに宣言するカラフ。
トゥーランドットへの呼びかけであると同時に、観客へのメッセージでもあるのです。

私の愛の力で氷のような姫の心を解かし、その身を必ずこの胸に抱く、と。
その有様を、とくと聞け!見よ!感じよ!と命じるのです。

「“ドラマ”が観たい」と望む観客の本能に訴えかける、圧倒的な熱量。
舞台に根を下ろしているかのような不動の存在感こそが、カラフに求められる資質でしょう。

謎かけ、首切り、血、また血。
不安と理不尽に暗く閉ざされた北京の街を覆う暗雲を切り裂き、明るい光を取り戻すのは絶対的なヒーローでなければならないのです。

明日への“希望”。
野蛮な殺戮により流される血ではなく、活力をもたらす熱い“血潮(情熱)”。
そして、“トゥーランドット(愛)”。
カラフが導き出した謎解きの答えは、人間が根源的に求めてやまないものばかりです。

* * *

話はそれますが、プログラムに記載された木村信司先生のご挨拶文がいいですね!
春日野(八千代)先生とのエピソードは貴重なお話が伺え、楽しく拝読しました。

白井先生と春日野先生が生み出した宝塚の『トゥーランドット』を、木村先生と宙組が『鳳凰伝』として再構築し、そして今また月組によりブラッシュアップされた。

伝統を受け継ぎつつ、新しい時代の価値観に即した作品として生まれ変わる。

まさにタイトル通り、寿命が尽きれば自ら火に飛び込み、再び蘇るとされる鳳凰(火の鳥/不死鳥/phoenix)の名に相応しい演目だと言えます。
また、カラフとトゥーランドットによる新しい時代の幕開けを象徴しているとも考えられます。

今回、初演時には無かったラストの台詞「先ずは、」が追加されたと教えていただきました。
まずは無慈悲に命を落としていった者たちを弔い、祝辞はそれから受けたい。
物語序盤、バラク(月城かなと)に対し「民は信なくんば立たず」と語ったカラフの内面とよく呼応する言葉です。

この一言がなければ、物語全体の印象がガラリと変わってしまうほどに意味ある台詞だと思うのですが…
初演はどのような幕引きだったのでしょうか?
全国ツアー終了後、改めて確認したいと思います。

「しもべとして仕えます」とかしづくトゥーランドットに対し、「仕えるなどと言うな、これからはふたり共に歩んでいこう」と返すカラフ。

冒頭に“現代の感覚で捉えようとすると感情移入しにくい”と書きましたが、このラストシーンが挿入されたことにより、登場人物たちへの共感と、爽やかな余韻が与えられました。

「愛を巡る戦いは終わった」
“支配・被支配”の構図を脱却した若き恋人たちの姿。

愛を奪うだけの女だったトゥーランドットが初めて愛を与えた男、カラフ。
その愛は、タマル(海乃美月)が命を賭してトゥーランドットに教えたもの。
さまざまな人の愛と命が、他の誰かの愛と命に引き継がれ、循環していく物語『鳳凰伝』。
またひとつ、好きな演目が増えました。

千秋楽の舞台がどのように変化しているか、楽しみに出かけてまいります。

○『鳳凰伝』関連記事はこちら↓
全国ツアーご当地ジェンヌ紹介+月城かなとの四次元ポケット│鳳凰伝
『現し世は夢、夜の夢こそまこと』トゥーランドットの淫夢│鳳凰伝

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

『現し世は夢、夜の夢こそまこと』トゥーランドットの淫夢│鳳凰伝

『うつし世は夢、夜の夢こそまこと』

現実世界(現し世)は儚い幻。
眠りの中(夢)でこそ、昼間の仮面を脱ぎ捨てて、真実の自分の姿をさらせる…
といった意味でしょうか?
江戸川乱歩の言葉です。

『鳳凰伝』で最も印象深かったのは、トゥーランドット(愛希れいか)の淫夢のシーン。
(第7場 幻想[地獄と極楽])

激烈な“男への憎悪”とは裏腹の、心の奥底に封じ込めた抑えがたい“男性への憧れ”が、インキュバスの化身に扮したカラフ(珠城りょう)の姿に表れていたように思うのです。

押し殺した欲望が、夢の中で花開く。
『夜の夢こそまこと』
まさに乱歩の言葉が思い浮かぶシーンです。

* * *

もうひとつ印象的だったのは“対比”のモチーフ。
男と女、陽と陰、凸と凹、そして、生と死。
すなわち、カラフとトゥーランドットです。

対になった貝殻同士でなければ、決してピタリと噛み合わない二枚貝の片割れ。
男性を憎みながらも、トゥーランドットは心の奥底では三つの謎を解き、自分を奪う男がやって来るのを、密かに待ち望んでいたのではないでしょうか?
その気持ちが“淫夢”となって表れた。

ここは極めてエロティックな場面です。
孔雀の羽模様の赤い薄物をまとったトゥーランドット。
桃色の蓮のうてなで微睡む彼女のもとへ、異国の王子たちの亡霊が押し寄せます。
彼女によって命を奪われた男たちに責め苛まれるトゥーランドット。
そこへ現れたのが仮面の男。

なすすべもなく逃げ惑う彼女を、力強く引き寄せ、悪夢から救い出す仮面の男。
やがて、甘く官能的なデュエットダンスに。

前述した、繰り返される対比のモチーフ(男と女、陽と陰、凸と凹)が最も強く押し出されるのがここ。
熱く漲る男根と、冷たく閉じた女陰のメタファーです。

トゥーランドットの首筋から胸元、みぞおちから下腹部を通って太腿までなぞる仮面の男。
冷たく頑なだった態度が、次第にほどけ、恍惚に身を任せるトゥーランドット。
一度目は控えめに、二度目は大きく体をくねらせて、愉悦の表情を浮かべる彼女と仮面の男の問答。

「切ないか」
「おぉ、切ない…」
「辛いか」
「切なくて、辛い…」
「熱いか」
「熱い、熱い…!」

夢魔の手で、性の陶酔に目覚めたトゥーランドット。
男の顔から仮面を剥ぎ取ると…
なんとそこにはカラフが!
たまぎるようなトゥーランドットの叫びで暗転。

この淫らな夢は、無垢の乙女にはさぞ恐怖だったでしょう。
三つの謎を解けなかった求婚者の首を容赦なく刎ねてきた彼女。
それはなにゆえか?
異国の男たちに陵辱され、惨殺された祖先、ローウ・リン姫の復讐のためだったのです。

異国の民への憎悪、そして男性嫌悪。
明日には、あの王子の名を明らかにし、今までの男たちと同じように命を奪ってやったのに…
なのに何故、私はあのように淫らな夢を見た?
彼女の混乱が手に取るようです。

祖先をむごたらしい目に遭わせた男性への嫌悪と同時に、女性である為に父の評価を得られない。
トゥーランドットは自らの性に対する疎ましさも感じていたように思います。

“謎かけ姫”の一連の行動は、ライバル国の跡継ぎを殺して弱体化させ、自国の勢力を増す彼女なりの戦術でもあったのでしょう。
国を栄えさせ、父皇帝に自分を認めて欲しい。
私がこれだけ働いたのに、あの名前のない男は瞬時に父の心を捉えた…
「お前のような息子が欲しかった」
謎解きを果たしたカラフへ与えられた皇帝の言葉は、トゥーランドットにはあまりに酷だったように思います。

* * *

さて、もうひとつの対比のモチーフ『生と死』または『愛と死』。
しかし、これは『男と女』『陽と陰』『凸と凹』と別な物ではありません。
ペルシャ王子たちの亡霊を『死(タナトス)』の象徴とすれば、『愛(エロス)』の化身カラフがトゥーランドットを救うのです。

愛することは、生きること。
『死』を凌駕するものは、ただひとつ『愛』。

奴隷タマル(海乃美月)は、カラフに命(愛)を与えました。
盗賊(実はラサの王子)バラク(月城かなと)もまた、カラフに命(愛)を与えたひとりです。

肉体が滅びても、カラフやトゥーランドットを通して、愛(命)は永遠に受け継がれる。
そして、ラストの大合唱『死ではない 命を!』につながるのです。

“幻の夜が過ぎ 虚ろな夢が覚めるとき 温もりは ひとりではない ふたりだけでもない 果てしなく 世界に連なる 明日への約束となるだろう!”
人と、命と、大いなる愛の讃歌で幕を下ろす『鳳凰伝』。
久々に「いかにも“お芝居らしいお芝居”を観た」という満足感がありました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**