FC2ブログ

特別なことは何もない│ほんものの魔法使(配信)

『ほんものの魔法使』バウホール公演千穐楽おめでとうございます!
先日配信で観ましたが、とってもよかったです!

木村信司先生らしい人間賛歌と演劇ならではの表現の融合
温かく希望に満ちたラストながら、寓意の棘がチクリと胸に残る作品。
幕が下りた後、観た人の心に確実に“何か”を残す、いい舞台でした。

あーさ(朝美絢)も、ひまりちゃん(野々花ひまり)も素敵な作品を書いてもらえて幸せですね。

映像でこれほど心が動くなら、生ならいっそう鮮烈な印象だったと思いますが…
こんな状況でも楽しめる配信があってよかったです。

特別なことは何もない


ジェンダーロールによるジェイン(野々花)の不遇。
未知なる存在アダム(朝美)に向けられる得体のしれない恐怖と敵意。
中世の魔女狩りにも似た異端の排除。

メルヘン仕立ての物語に潜む人間の弱さや愚かしさをひとつひとつ丁寧に解きほぐしていくアダム。

未知への恐怖は、語り合い、互いを知ることにより克服できる。

老いも若きも、男も女も、それ以外の人も…
誰にも等しく与えられた“魔法”は、希望や想像力、そして可能性。
特別なことは何もない

ジェインはまだ自分の中にある箱に気づいていないだけ。
恐れずに開けてごらんよ、と。

もうひとつ、アダムがジェインに示したのは「赦し」。
ジェインは「赦し」を知ったときから、前を向いて歩むことができるようになったのです。

アダム自身のバックグラウンドはほとんど描かれていませんが、どこからかやってきてどこかへ消えていく不思議な魔法使いをサラリと、しかし印象深く演じたあーさ。
なかなか難しい役ですが、異能ゆえの孤独や、ジェインと心を通じ合わせるシーンでは繊細なお芝居が光りました。

『魔法使』原作は読まずに観ましたが、子どもの頃に好きだったポール・ギャリコの作品を、まさか宝塚で、しかも大好きな木村先生の演出で観られるなんて、それこそマジカルです。
宝塚×雅楽の『蘭陵王』もですが、木村作品は私の好きなコンテンツとのコラボが多くて嬉しいですね。

木村作品の好きなところは、人間という存在への慈しみの視線。
そして、「生きること」の絶対的な肯定。
ラストシーンのニニアン、ピーター、ジェインたちの成長した姿に温かいものがこみ上げました。

お気に入りポイント


縣千さんの清々しいスター性、達者な華世京さん、日和春磨さん、壮海はるまさん…
気になる方が大勢で、次の雪組観劇がますます楽しみになりました。

ジェインと別れる前に、モプシー(縣)が自分の首輪を外して彼女の手首に巻いてあげるところが好き。
三年後のジェインの手首に首輪があったのを観たとき、わかってはいましたが、ジーンと来ました。

お気に入りの台詞は、アダムの「ため息で命を冷ますことはない」。
原作にある言葉なのでしょうか?
いかにも木村先生らしいパッショネイトなフレーズで妙に腹に落ちました。
思うようにいかないことがあったとき、この言葉を頭に浮かべれば元気が出そうです。

神奈川KAATでも大勢のファンに魔法がかかりますように!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



音くり寿は何者か?―タカラヅカ的リミッターを外すとき│マスカレード・ホテル

音くり寿って何者なの?
『蘭陵王』から薄々感じていた感覚の正体が、『マスカレード・ホテル』で明らかになりました。

音くり寿は何者なのか?


正体不明の老女として登場する音くり寿。
あれは誰?
しばらくの間、音くりちゃんとは分かりませんでした。

背中の曲がった小さなおばあさん。
帽子の下から覗く、シワの寄った口元。
しわがれた声、おぼつかない足取り、盲目らしい様子も真に迫っています。

物語の終盤、長倉麻貴として正体を現す彼女。
音くり劇場キターーー!!!

凄い!凄すぎる!!
曲がっていた背中がじわじわ伸び、くぐもった声が高く透き通り…
小柄な老女は跡形もなく消え、狂気に囚われた若い女にとって代わります。
その鮮やかな変貌。
音くりちゃんの芸の奥行きに恐怖を覚えるほどでした。

構図は『花より男子』と同じですね。
抑制から解き放たれた女が感情を叩きつける。
怒り、憎しみ、そして悲しみ。

小さく華奢な体のどこからそんなパワーが?と思うほど、清々しく突き抜けた芸。
音くり寿オンステージ!
いいぞ!もっとやれ!

長倉麻貴が発する奔流に飲み込まれる客席。
音くり寿に日本青年館は小さすぎますね。
ぞくぞくが止まりませんでした。

タカラヅカ的リミッターを外すとき


音くりちゃんの舞台には、容赦なく周囲をなぎ倒すパワーがあります。
だからこそ、飛び道具というか最終兵器的に使われるのは忸怩たる思いがあります。

『花より男子』の三条桜子、『マスカレード・ホテル』の長倉麻貴。
作家が使いたくなる気持ちは十分わかります。

だって音くりちゃんのパフォーマンスで作品がグーン!と面白くなるんですもん。
ドーン!とレベルアップするんですもん。

歌い、踊り、芝居する。
なにより大きいのは劇場の空気を操ること。
小説でも漫画でも映像でも成し得ない、「舞台だからこそ」できる表現。

登場人物の感情を歌に乗せ、踊りに乗せ、役者の身体を使って、観客に届ける。
作家の依り代たる役者のポテンシャルが高ければ高いほど、表現の幅は広がる。

音くり寿を使いたい。
あわよくば、ちょっとだけ「タカラヅカ的リミッター」を外して歌わせたい、踊らせたい、演じさせたい…

三条桜子のナンバー「美しきものの哀歌(エレジー)」にしろ、長倉麻貴の「長倉麻貴」にしろ、歌が物語なのですね。
彼女に何が起きたか?
彼女はなぜ壊れたのか?
聴く者の心に、彼女が味わった痛み、苦しみ、悲しみを、まざまざと甦らせる歌。

しかし、「タカラヅカ的手加減」が無いパフォーマンスは、ときにマイナスに働く可能性を秘めます。
観客が期待する「タカラヅカ的絵空事」から逸脱する危険。

ここが難しいところです。
宝塚はフェアリーが舞う夢の花園。
あまりに生々しい感情の発露はそぐわない場合もあります。

その調整は座付き作家の腕の見せどころであり、それに応えるのはタカラジェンヌの器量です。

音くり寿のNext Oneが観たい


双方のバランスがどんぴしゃハマったのが『蘭陵王』。
音くりちゃん演じる洛妃(らくひ)のソロナンバー「生きて」。

歌であり、語りであり。
4分近い大曲。
起承転結の「転」を一手に引き受ける洛妃。
音くり寿の独擅場です。

「タカラヅカ的リミッター」を外しつつ、「宝塚」として成立した洛妃。
音くり寿の200%を引き出した木村信司先生。
洛妃のパワーをどっしり受け止め、優しく包み込んだ蘭陵王(凪七瑠海)。
「観られて良かった」と心底思える舞台でした。

以前も書きましたが、音くりちゃんはチケット代金以上の価値ある舞台を見せてくれるパフォーマーです。

チケット代金以上の価値がある―洛妃(音くり寿)の歌と芝居│蘭陵王

音くりちゃんが伸び伸び振る舞える作品が観たいです。
恨みつらみの負のパワーではなく、明るく前向きな正のパワーで観客をうならせて欲しい。
まっすぐに観客の心を照らす光を浴びたい。

「奇才・音くり寿」を存分に味わえる代表作を待ち望みます。
もちろん今までも素晴らしい作品を残してきましたが、さらなる一作を。
観た人が「音くり寿の○○は凄かった」と後々まで語り継ぐような、そんな作品。
音くり寿の「Next One」に期待します!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『マスカレード・ホテル』関連記事はこちら↓
“山岸尚美”として生きた朝月希和+キャスト別感想(高翔みず希/帆純まひろ/珀斗星来/青騎司)│マスカレード・ホテル
愛すべき男、能勢金治郎(飛龍つかさ)―二次元(小説)を三次元(演劇)化する面白さ│マスカレード・ホテル
最高のバディ!男役・瀬戸かずや×娘役・朝月希和コンビに拍手喝采!│マスカレード・ホテル
谷正純×瀬戸かずやに歓喜!!!│マスカレード・ホテル

\祝!新生雪組/彩風咲奈×朝月希和で全国ツアー再開&朝美絢東西主演!

寒さを吹き飛ばすホットなニュースが出ました!
次の雪組トップコンビ、彩風咲奈さんと朝月希和さんのプレお披露目!
そして、朝美絢さんの東西主演!
おめでとうございます!

彩風咲奈×朝月希和主演『ヴェネチアの紋章/ル・ポァゾン 愛の媚薬』


咲ちゃん(彩風)とひらめちゃん(朝月)のお披露目は『ヴェネチアの紋章』と『ル・ポァゾン 愛の媚薬』!
なつめさん(大浦みずき)とウタコさん(剣幸)時代に宝塚にハマった私にはドンピシャな二本立て!

実は最近ある方と『ヴェネチアの紋章』についてやり取りしたばかりだったので、あまりのタイミングの良さにびっくりを通り越して、ひっくり返りそうになりました!
こんなことってあるんですね 笑
(言霊??)

宝塚歌劇団│2021年 公演ラインアップ【全国ツアー公演】<2021年6月・雪組『ヴェネチアの紋章』『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』>

そしてなにより、燦然と輝く全国ツアーの文字!
いよいよ再開ですね!
愛媛に凱旋できますように☆*。

コロナ禍で大変な状況にもかかわらず、劇団は水面下で粛々と準備を整えてくださったかと思うと…
本当に嬉しく、ありがたいです。

朝美絢主演『ほんものの魔法使』


そして、あーさ(朝美)主演おめでとうございます!
「魔法」がテーマなんて素敵☆*。

宝塚歌劇団│2021年 公演ラインアップ【宝塚バウホール公演/KAAT神奈川芸術劇場公演】<2021年5月~6月・雪組『ほんものの魔法使』>

脚本・演出は木村信司先生!
期待値爆上がりですね!

タイトルはなんて読むんでしょう?
魔法使?まほうつかいの送り仮名「い」が無いのが気になりますね。
木村先生の思い入れ?
それとも「まほうし」って読むの?
個人的な好みでは「本物の魔法使い」表記にしたいところですが…
あえて「ほんもの」表記なところに木村マジックが潜んでいるのかもしれません。

解説で「魔術(手品)」と「魔法」が区別されているのも気になりますね。
めちゃめちゃ面白そうな予感にワクワクが止まりません!

一番気になるのは「言葉を喋る犬モプシー」ですが 笑
誰が演るの…?
どうやって演るの…?
着ぐるみ…?

ともあれ、来年の初夏には状況が落ち着き、何の憂いもなく公演が行われますように!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

知を刺激する上田久美子、情を動かす谷正純・木村信司、魂を揺さぶる大野拓史

「好きな宝塚作品は?」と訊かれたら、迷わず挙げるのは『阿弖流為』『ANOTHER WORLD』『不滅の棘』『蘭陵王』。
他にも好きな作品はたくさんありますが、この4作は格別。
私の好みの芯と言える作品たちです。

そして、もうひとつは『霧深きエルベのほとり』。

奥行きに惹かれる、上田久美子


今、過去の観劇記録を組別にアーカイブ化しています。
最も記事数が多かった作品は…

1番は『霧深きエルベのほとり(ESTRELLAS含む)』の37本。
2番は『BADDY(カンパニー含む)』の31本。
3番は『グランドホテル(カルーセル輪舞曲含む)』の29本。

上田久美子先生の作品がワンツーフィニッシュですね。
『エルベ』も『BADDY』も作品として好きなのはもちろんですが、あれこれ掘り下げたくなる魅力があるのです。
その結果が、この数字。

上田先生を初めて知ったのはデビュー作の『月雲の皇子』。
なーんにも考えず、ただ「宝塚で『古事記』を演るから観に行こう」と軽い気持ちで向かったバウホール。

珠城りょうさん率いる月組の若手メンバーと上田先生。
若い情熱と才能のぶつかり合い。
爽やかな風が吹き抜けるように清冽な物語でした。

上田作品の特長は、筋運びの巧さ。
引っかかりや矛盾がなく、するするっと物語世界に同化できるので、純粋に面白さを味わえます。

『霧深きエルベのほとり』は菊田一夫先生の原作を上田先生が再構築されたもの。
身分違いの恋というテーマは古典的ですが、底に潜む普遍的な面白さに気づかされました。

特に好きなキャラクターは、
帰らぬ夫を待ち続ける酒場の女、ヴェロニカ(英真なおき)。
ヒロイン・マルギット(綺咲愛里)が属する上流社会の権化、マインラート夫人(白妙なつ)。
主人公カール(紅ゆずる)の元恋人アンゼリカ(音波みのり)の現在の夫、ロンバルト(輝咲玲央)。
地に足の着いた幸せを選び取り、マルギットと見事なコントラストを描くカールの妹ベティ(水乃ゆり)。
酒場の主人デュッケ(瀬稀ゆりと)、気のいい水夫オリバー(麻央侑希)、病気の妹のため船乗り志願をする少年ヨーニー(天飛華音)…

それぞれが、生きてきた人生の重さを感じさせる人物たちが織りなす物語。
その奥行きに惹かれるのです。

伝えたい言葉がある人は強い、谷正純・木村信司


谷正純先生の『ANOTHER WORLD』、木村信司先生の『不滅の棘』『蘭陵王』。
彼らの作品に共通するのは、メッセージの強さ。
「生きること」「愛すること」の絶対的な肯定がベースにあるのですね。

役者という生身の人間を依り代に、エモーショナルに展開される作者の主張。
観客も受け身ではいられません。
心を裸にしてぶつからないと、舞台の熱に負けてしまいます。

作家×役者×観客の三つ巴。
全身の血が沸き立つような高揚感、劇場を出る頃には快い疲労感に満たされる芝居。
演劇という「瞬間の芸術」のエネルギーを余すところなく受け取れるのが谷・木村作品の魅力です。

伝えたい言葉がある人は強いですね。
生田大和先生の『鎌足』でも同じ熱を感じました。
これも忘れられない作品です。

ダイナミックな俯瞰の視線、大野拓史


大野拓史先生の『阿弖流為』。
宝物のような物語です。
『NOBUNAGA』や『El Japón(エルハポン)』もお気に入り。

命を燃やし尽くして生きた人々も、悠久の時の流れの中の一つの点に過ぎない。
次代の礎となった彼らの生の愛おしさ。
途切れることなく続く人の世を描く、ダイナミックな俯瞰の視線が大野作品の醍醐味ですね。

実は当初、大野作品が好きな理由がはっきりしなかった私。
なんだかわからないけど好き。
それってもしかしたら一番強いのかもしれません。

理屈抜きに心惹かれる。
魂を揺さぶられる。
大野作品にはそんな魅力があります。

宝塚の強みは、宝塚と生徒の魅力を知り尽くした座付き作家


知を刺激する上田久美子。
情を動かす谷正純・木村信司。
魂を揺さぶる大野拓史。

作家の名前で「それなら観に行こう」と思わせる先生方です。
今は舞台芸術にとって厳しい時期ですが、宝塚の強みは、宝塚と生徒の魅力を知り尽くした座付き作家を抱えていること。

何があっても、人には心動かされる「物語」や、胸ときめく「美」が必要です。
ここに挙げた以外の先生方にも、これからも沢山の夢の舞台を生み出していただきたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

木村信司に捧ぐ歌―「演劇の力」「言葉の力」について

前回の記事で、老若男女のタイプ別で「宝塚ビギナーにお勧めしたい作品Best3」を選びました。
宝塚ビギナーにお勧めしたい作品―老若男女・観劇スタンス・タイプ別Best3

観劇に対する相手のスタンスによって、おおまかに4タイプに分け、それぞれにお勧めを3作品づつ挙げる。
ターゲットは、
A)歌舞伎・文楽・落語などを好む70代男性(実父)
B)可愛い・綺麗・ロマンティックが大好きな40代男性(友人)
C)ディープな演劇マニアだけど宝塚未体験の40代女性(友人)
D)観劇デビューの10代前半女子(友人の娘)

なかでも頭を悩ませたのがCとD。
D(観劇デビュー)の作品は、その後の観劇人生を左右しますので慎重なチョイスが必要です。
下手をすると舞台鑑賞そのものに興味を失ってしまう可能性がありますので。

そして、C。
演劇マニアのCとは、かれこれ30年来の付き合い。
学生時代に同じ演劇部で青春を送り、卒業後は自分の劇団を立ち上げた彼女。
もちろん他の劇団の公演も観に行きますが、不思議なことに宝塚は未体験。

演劇を心から愛する彼女に観てもらうなら」の視点で選ぶとき、真っ先に浮かんだのは木村信司先生の作品でした。

演劇とは人生を肯定するものである


「演劇とは人生を肯定するものである」が信念の私。
木村作品をつらぬく「生きること」「愛すること」への絶対的な信頼と肯定を愛しているのです。

舞台からほとばしる前向きなエネルギー。
アドレナリンが湧き、鼓動が高まり、目に映る景色は彩度を増し、キラキラ輝きだす。
のほほんとした日常を送る私には必要な刺激です。

さらに魅力を深めるのは、強烈な「生」のまばゆさと裏腹の無常観。
『鳳凰伝』のテーマ 〽すべてこの世は夢 に象徴される諦念。

生きて、愛して、砂に還る。
その繰り返しが人の世の常。

泣いても一生、笑っても一生。
ならば、精一杯に笑って命を燃やし尽くそうよ。

メビウスの輪のようにぐるぐると、光と影のメッセージが交錯する木村作品。
その最大の武器は「生きる力」を呼び覚ます「言葉の力」なのです。

いつまでも心に残る作品を観られる幸せ


外部でも活躍される木村先生。
かつて演出を手がけられた『リボンの騎士 ザ・ミュージカル』終演後のコメントに木村作品のエッセンスが凝縮されています。

今、これで緞帳は下りた。まだお客様は帰ってない。でも、リボンの騎士はどこに行ったかというと、もうどこにも無い。形としてのリボンの騎士はもうどこにも無い。もう一回繰り返そうとしてももう無いんだ。これが演劇。でも、じゃあ完全になくなったか?といったらそうじゃない。みんなの心の中に残ってる。それが演劇の感動なんです。1回こういう感動を得たらば、お客様というのはずっと墓の中まで持っていく。お爺さんお婆さんになるまで。『あの舞台は良かった。未だに忘れられない。細かいことは忘れてても、本当に良かった』っていう。これがみなさんが生きてきた舞台という空間なんです。[Wikipediaより抜粋]


「本当に良かった」と思える作品。
墓の中まで持っていける感動。
そんな舞台にめぐり逢えたら幸せです。

今となっては贔屓組であれば二桁観劇も当たり前の私ですが、何十年も前、ただ一度観た限りの舞台の感動は今も鮮明です。

もちろん、木村先生が仰るように細部まで覚えているわけではありません。
しかし、もやっとした灰色の霧の向こうにくっきりと、最も印象に残るシーンが極彩色で浮かんでいる。
役者の瞳の輝きまでが鮮明に。

決して上書きされることのない感動。
そんなピースが、ひとつ、またひとつ積み重なっていくのが芝居見物の醍醐味です。

大好きな友人と、この感動を分かち合いたい。
木村先生に全幅の信頼を置く私が選んだのは『蘭陵王』と『不滅の棘』。
褪せることない煌めきをもって、いつまでも私の心に残る作品です。
宝塚歌劇を知り、木村作品にめぐり逢えた私は幸せです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**