FC2ブログ

円熟のショースター・蘭寿とむの魅力全開!花組『Mr.Swing!』感想

2013年の花組ショー『ショー・オルケスタ Mr.Swing!』。
作・演出は稲葉太地先生。
主演は蘭寿とむさん、蘭乃はなさんの蘭蘭コンビ。
二番手は月組から異動されたばかりの明日海りおさん。
先代雪組トップスターの望海風斗さんも花組にいらした頃の公演。
豪華な顔ぶれですね。

82期首席で入団された蘭寿さん。
『歌劇』の「初舞台生特集」のお顔が既にスターの風格を漂わせていたことを覚えています。

彫りが深く、端正。
「研一にして、この完成度!」の驚き。
私がヅカ離れしていた間に花組トップに就任されたことを知り、「やはり」と思いました。

いかにも花組のトップさんらしいダンディズムを感じさせる男役さんでした。

宝塚の王道!こういうショーが観たかった!


“最高にクールで最高に情熱的、躍動感に溢れリズムを生み出し舞台を燃え上がらせる人=Mr.Swing”
Mr.Swingこと、主演の蘭寿さん。
看板に偽り無し!
ショーテーマそのものの姿!
円熟期を迎えたショースターである彼女の魅力を余すところなく楽しめる舞台でした。

「スウィングしなけりゃ意味が無い!(It don't mean a thing)」。
ジャズの名曲に乗せ、ダンスに長けた花組の面々が軽やかに華やかに舞台を彩る、粋なムードのオープニング。

世界一スーツ&ソフト帽が似合う女性、蘭寿とむ登場!
軍服や宮廷服のコスチュームもハマるけど、やはり蘭寿さんはスーツ!
素顔はエレガントなお姉さんなのに、どうしてこんなにソフト帽が似合うのか?
長年積み重ねてきた男役芸の賜物ですね。

踊りながら、脱いだソフト帽をビシッと飛ばす。
いかにも「宝塚!」という仕草で大好きですが、舞台袖でどなたかが必死でキャッチしているかと思うと、ちょっと微笑ましいですね。

ここで、蘭寿さんと明日海りおさんがちょっと絡む場面があるのですが…
帽子で口元を隠した蘭寿さんが明日海さんに何事か語りかけ、ニヤリと微笑む明日海さん。
いったい何を囁かれたのかしら?

『Mr.Swing!』のタイトル通り、「Sing,Sing,Sing」「In the Mood」とスウィングジャズの名曲が続きます。
このあたりのスタンダード・ナンバーはどれも大好きなので嬉しいですね。

ここでもう一つの「スウィング」登場。
野球のユニフォーム姿でバットを構える蘭寿さんの姿が銀橋に!

「俺はいつでもフルスウィング!」的な歌を歌いつつ客席にちょっかいを出す蘭寿さん。
余裕綽々。
貫禄十分のトップさんならではのコミカルな味がまた楽しい。

男チームvs女チームの対決をダンスで見せるこの場面。
女子チームの可愛いお色気に惑わされ、なかなか点の入らない男子チーム。
途中、女子の一人に股間を蹴り上げられる(ような振り)男子がいて目を疑いました。
すみれコードは大丈夫?

終演後、連れ合いが「あれはダジャレだったのかな?」と言ってましたが…
ホームランジュってこと?

明日海さんを中心としたエキゾチックなシーン。
アラビアの王子様的ターバン姿の明日海さんが、蘭乃はなさん演じる精霊(?)に幻惑されます。
蘭乃さんは両性具有的なイメージで、対になる柚香光さんと入れ替わり立ち替わり現れ、明日海さんを翻弄します。
明日海さんはこういう役が似合いますね。

演出の稲葉太地さんのショーは『ルナロッサ』といい『Celebrity』といい、ターバン場面が多いですね。
1ショー必ず1ターバン。
中近東テイストがお好きなのかしら?
機会があれば是非「アラビアンナイト」がテーマのショーを演出していただきたいものです。

「In the Mood」に乗せて、明るいムードの豪華客船シーンが始まります。
「新入りでーす!」と歌うのは水兵服姿の明日海さん。
月組から花組へ異動後、初めての本公演ということで、このような演出になったのでしょうが、温かい雰囲気で◎

他にも今回で卒業される春風弥里さんが活躍される場面が多くあり、嬉しかったですね。
お辞めになる方にも、新しく加入される方にもしっかり見せ場を用意する。
座付き作家ならではの粋な計らいです。

船旅のシーンでは航海長(?)の天真みちるさんがチャーミングな笑顔を振りまいていました。
愛嬌たっぷりな彼女は舞台のどこにいても目を引きます。

続いて客席が息を飲んだ禁断の果実の場面。
妖しい紫の衣装の蘭寿さんと、目隠しをしたグリーンのドレスの女が登場。
男が目隠しを外すと…現れたのは柚香さん。
ねっとり度200%増しの望海風斗さんが歌う「This Masquerade」をバックに、仰け反り喘ぎつつ絡み合う男女。

聞き手の脳味噌に直接揺さぶりをかけてくるような圧巻の歌声
たわわに実る葡萄の房の下、取り憑かれたように歌う男。
狂ったように踊る男女(全員女性ですけど)。
何となく居たたまれないような気分になる濃厚なダンスでした。

ねっとりした歌で女装の男役を踊らせるのが最近の演出家のブームなのかしら?
(『Amour de 99!!』の某場面を思い出しました)

最も心惹かれたシーンは一連のフィナーレナンバー。
「宝塚=黒燕尾」と常々思う私は、黒燕尾場面が無いとショーを観た気がしません。

キリリと引き締まった燕尾姿は蘭寿さんの真骨頂。
ここまでくるとショーも終盤。
バラエティ豊かな構成で、あっという間に時間が過ぎます。
名残惜しい気持ちを抑え、一人一人の姿を目に焼き付けるようにステージを見つめました。

続く「Blues in the Night」に乗せてのデュエットダンスは、大階段の高低差を駆使した見応えのあるもの。
身体能力の高い蘭寿さんと蘭乃さんならではのアクロバティックな振付。

蘭寿さんの手をするりとかわし「じゃあね」とばかりに袖に引っ込む蘭乃さん。
「やれやれ振られちまったぜ」と反対へはける蘭寿さん。
アダルトで洒脱な雰囲気を持つ彼女たちならではの軽妙なシーンですね。

全編を通して、蘭寿さんを始めとする花組メンバーの大人の魅力を堪能できるショーでした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



涙と笑いの男役、望海風斗│ご卒業に寄せて

『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』を観た花組ファンが『はいからさんが通る』をシリアス作品扱いして、雪組ファンが白目を剥いた。
と、Twitterで見かけて大笑いした私。
たしかに花組と雪組では“シリアス”の受け止め方が違うかも?

トップさんの持ち味によるものでしょうか?
一昨年、大劇場で星組の『食聖』を観て、翌週東宝で雪組の『壬生義士伝』を観たとき、あまりのテイストの違いに驚いたものです。
「同じ宝塚なの!?」って。

同じ子沢山でも、大勢の子どもに囲まれ、赤ん坊をおんぶして、満面の笑みで卒業公演の幕を下ろした星組。
かたや、家族を養うために人を斬り、自分の肌着を買うことすらままならないまま、なまくら刀で腹を切る雪組。
世界観が違いすぎる!

望海風斗さんトップスター時代の作品はわりと偏りがあるというか…
フランス(革命)とアメリカ(ギャング)と幕末(新選組)を行ったり来たりしていた印象があります。

振り幅最大級!涙と笑いの男役・望海風斗


だいもんさん(望海)を初めて認識したのは、蘭寿とむさんの卒業公演『ラスト・タイクーン』のブロンソン・スミス。
これがまたとんでもないDV男でびっくり!
妻役の蘭乃はなさんをねめつける三白眼、歪めた表情、恫喝する声や仕草の怖ろしさに震え上がりました。

宝塚でこんな芝居する人がいるんだ!?
この人凄いな!というのが、だいもんさんの第一印象。

そんなイメージが覆ったのが、雪組異動後第一作の『ルパン三世』。
ちぎさん(早霧せいな)のルパンに翻弄される姿になんともいえない可笑しみがあって。
この人はコメディもいける人なんだ、と。

真面目な人が真面目に振る舞えば振る舞うほどじわじわ面白いタイプなのだろうと思っていたのです。
巻き込まれ型というか、受け身のコメディアンというか。

たまにはだいもんさん主体のコメディが観たいなーと思ってたところで観たのが『20世紀号に乗って』。

まあー、これが凄かった!
タガが外れた雪組×だいきほ×ラスボス京三紗。
公演解説の「どこまでも陽気で洒脱なミュージカル・コメディ」は控えめに言って大謙遜。

幕開きすぐ、特急列車に乗り遅れ、必死の形相で窓枠にしがみつくオスカー・ジャフィ(望海)の帽子がピューンと飛んだ瞬間、涙が出るほど笑いました。
そこから怒涛の展開。
抱腹絶倒&腹筋崩壊。
息もつかせぬノンストップコメディが繰り広げられます。

常軌を逸したテンションの望海風斗。
弾ける真彩希帆。
大団円目前、○んだふりをするオスカーとリリーの掛け合い。
その振り切れぶりには本気で「この人たち本当に頭がおかしいんじゃないか?」と思ったほど。

なぜこんなに面白いのか?
上手いからですよね。
緻密に組み立てた、いわば計算尽くの笑いをひとつひとつ丁寧、かつ無作為に観客に届ける力。
だいきほ個々の力が掛け合わされ×2どころか×∞になるわけですから当然面白い。

丁々発止、手加減一切なしの力のぶつけ合い。
舞台から発せられる凄まじいパワーに呑み込まれました。

望海風斗の当たり役!―愛すべき変人、オスカー・ジャフィ│20世紀号に乗って

笑いすぎてどうにかなりそうだった『20世紀号』。
泣きすぎてどうにかなりそうだった『壬生義士伝』。
雪組の振り幅の大きさは、すなわちだいきほの振り幅でしょうか?
命の危険を感じるほど泣いたり笑ったりさせられたのは雪組だけです。

歓喜の絶頂へ


コロナ禍に翻弄され、東京公演はたった数日だった『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』。
あれから一年。
卒業公演『fff-フォルティッシッシモ- ~歓喜に歌え!~』は一日も欠けることなく、まもなく大千穐楽を迎えようとしています。

望海風斗さんの言葉―公演中止と舞台人の矜持│ONCE UPON A TIME IN AMERICA

“不幸”を“運命”と名付けて受け入れたルイ(望海)。
絶対的不幸と相対的不幸の隔たりについて。
不幸とは何か?幸福とは何か?の問いについて。
さまざまに思いが巡る作品です。

幸も不幸も乗り越えて今、歓喜の絶頂を迎えようとしているだいもんさん。
だいもんさんの宝塚ラストステージが温かい涙と笑いに満ちたものになりますように。
沢山の喜びと幸せをありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

喜びを伝える人、真彩希帆│ご卒業に寄せて

『fff/シルクロード』で真彩希帆さんの宝塚集大成を観納めてきました。
望海風斗さんとのデュエットダンス、とても綺麗でした。
キラッキラ輝いた満ち足りた笑顔。
その表情が彼女の過ごしたタカラジェンヌ人生の充実を物語っています。

真彩希帆の声


真彩希帆の印象は「ひまわりのような笑顔」「天使の歌声」。
そこにいるだけで辺りがパッと明るくなる天性の華。
無邪気な屈託のなさ。

一番の魅力はなんと言っても、声。
小鳥のさえずりのような。
鈴を転がすような。
言葉にしてしまえば陳腐な慣用句ですが、きぃちゃん(真彩)の声を表すのに、これ以上ふさわしい表現は見つかりません。

聴く者の耳をくすぐる軽やかさ。
そよそよと、コロコロと。
心地よく響く声。

劇場いっぱいを埋め尽くす歌。
彼女の声を全身に浴びる幸せ。
『20世紀号に乗って』のリリーは爽快!痛快!
観ているこちらが笑っちゃうほど楽しそうに気持ちよさそうに縦横無尽に舞台を跳ね回っていたきぃちゃん。

演じ手の喜びが観客に伝播する素敵な演劇体験。
真彩希帆の魅力を余すところなく出し尽くしたリリー。
生の舞台ならではの醍醐味を存分に味あわせてくれました。

熱狂を生む娘役、真彩希帆(リリー・ガーランド)│20世紀号に乗って

かたや、わずかな囁きで観客を呑み込む技術も忘れがたいものがあります。
『fff』の謎の女が語る人類の不幸。
鼓膜を突き抜け、ダイレクトに脳みそに訴えかける魔性の声。

『壬生義士伝』の「ほ、ほ、蛍来い」の透き通った哀しみが耳にこびりついて離れません。
澄んだ湖の底に泳ぐ魚がくっきりと姿を現すように。
純度が高いゆえに、役の感情が見えやすいのです。

真彩希帆の芝居


きぃちゃんの芝居の魅力。
真骨頂は「無垢」にあるように思います。

『凱旋門』のジョアン・マヅー。
宝塚のヒロインで最も好きな役です。
好きという言葉には収まらないくらい、心にフィットする役。

どうしようもない女ですが、心惹かれる。
ジョアンというキャラクターが好きなのではなく、真彩希帆が演じるジョアンだからこそ好き。

「あなたがいけないのよ、あたしを独りぽっちにしたから」
残酷な言葉です。
しかし、きぃちゃんの口から出たら「そうだ自分が悪かった、寂しがりやのおまえを独りにした俺が悪かった」とラヴィック(轟悠)の気持ちになってしまう。
そんな説得力がありました。

人が人を愛する理由は必ずしも、その相手が優れているからではない。
ときに愚かだったり、脆かったり、短所にどうしようもなく惹かれてしまうことがあります。

「おまえより美しい女、おまえより優しい女、おまえより誠実な女はいくらでもいる」
「なのに、俺にはおまえしかいない。おまえしか愛せない」

“愛”の不可解を描く『凱旋門』。
それは真彩希帆が紡ぎ出すジョアンの「無垢」「無作為」があってこそ。

愚かしさゆえに君を愛す-可愛いファム・ファタール、ジョアン(真彩希帆)について│凱旋門

出会えた奇跡


娘役さんとしては珍しく、下級生のうちに二度も組み替えをしたきぃちゃん。
花から星へ、星から雪へ。

明るく、可愛らしく、歌はピカイチ。
きっといつかはトップスターになる逸材。
どこの組でなるのか?どなたと組むのか?
楽しみに待っていました。

早霧せいなさんと咲妃みゆさんの後を継ぐ雪組トップコンビにだいもんさん(望海)ときぃちゃんに決まったときは拍手喝采しました。
いいんですか?いいんですか?
凄いことになっちゃいますよ!
劇場の屋根が吹っ飛んじゃいますよ!

よくぞ組ませた!と劇団の采配に感謝の気持ちでいっぱいです。
なにより、これ以上なく共鳴し合う二人が同時に宝塚に居合わせた奇跡に感謝!
素晴らしい「だいきほ」を観せて&聴かせてくださり、本当にありがとうございました!

大好きなタカラジェンヌ、きぃちゃんのご卒業までわずか。
ご無事の千穐楽を迎えられますように。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

凱旋門/Gato Bonito!!/ファントム│日比谷シャンテ 宝塚歌劇 雪組ステージ衣装コレクション

『壬生義士伝/Music Revolution!』公演中に開催された『凱旋門/Gato Bonito!!』と『ファントム』の衣装展示。

凱旋門/Gato Bonito!!


ショー『Gato Bonito!!』より、マタドール風のだいもんさん(望海風斗)の衣装。
白×黒に、わずかな赤と金がアクセント。
色数は少なくても華やか。
img-20200814_1.jpg
img-20200814_2.jpg
同じく、スパニッシュなイメージのきぃちゃん(真彩希帆)のドレス。
褐色の肌に映えて鮮やかでした。
「猫」をイメージした作品で、首輪っぽいチョーカーがコケティッシュ。
img-20200814_3.jpg
img-20200814_4.jpg

ファントム


フィナーレより、だいもんさんの衣装。
img-20200814_5.jpg
img-20200814_6.jpg
きぃちゃんのドレス。
img-20200814_7.jpg
img-20200814_8.jpg
驚異のウエスト50cm!?
(それ違う作品)
パワフルな歌声からは想像のつかない華奢なスタイル。
だいきほの『エリザベート』が観たかったですね。
img-20200814_9.jpg

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

最高の卒業公演って何だろう?―トップスターは作家のミューズであれ

キョウカラ オボーーン!
去年の夏は、紅ゆずるさんの卒業公演『GOD OF STARS -食聖-』を観に、毎週のように大劇場に通っていた私。
無邪気に新幹線や飛行機に乗っていた日々が懐かしいですね。

もちろん、お盆もムラ。
ムッシュ・ロブシャン(朝水りょう)のアドリブを使える日を、今か今かと待ってました 笑
クールな美貌×ホットな笑い。
さすが紅家の一員ですよねー

最高の卒業公演って何だろう?


卒業公演はトップスターの集大成。
生徒さん本人にとっても、ファンにとっても、完全燃焼できる作品であるに越したことはありません。

その点、『GOD OF STARS -食聖-/Éclair Brillant』は最高オブ最高でした。
底抜けに明るく、幸せいっぱいのお芝居。
どこを切り取っても品よく、端正に美しいショー。

笑って笑って、そして泣いて。
最後は大満足の笑顔で晴れやかに。
一年経った今も「あのときは楽しかったね」と言い合える作品。
もちろん、きっとこれからも。

トップスターは作家のミューズであれ


紅さんの魅力を200%引き出してくださった酒井澄夫先生、小柳奈穂子先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
逆に、作家のイマジネーションを刺激し、素晴らしい作品を生み出す原動力となるのがトップスターの資質とも言えます。

スターは創作者のミューズであらねばなりません。
そして、卒業公演はスターの最高傑作でなければなりません。

卒業公演の最高峰で思いつくのは、朝海ひかるさんの『タランテラ!』。
壮一帆さんの『一夢庵風流記 前田慶次』、龍真咲さんの『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』の清々しい幕切れも忘れがたいですね。
(大野拓史先生率が高い)

現時点で月組の珠城りょうさんと雪組の望海風斗さんの退団が決まっています。
卒業公演のご担当は奇しくも二作とも上田久美子先生。

『月雲の皇子』で鮮烈な初主演を果たした珠様。
ずば抜けた歌唱力で当代随一の人気を誇るだいもんさん(望海)。

上田先生が、おふたりのラストステージをどう彩ってくださるか…
のちのちファンが振り返って「いい卒業公演だった」と思える作品になりますように。

祝!900記事達成!


本エントリーで900記事目となりました。
いつもお読みくださる皆さまのおかげです。
本当にありがとうございます。

1,000記事を迎える頃、宝塚はどうなっているでしょうか?
節目の回は嬉しい記事で迎えられたらいいなぁと思います。

明日はいよいよ『壮麗帝』初日ですね。
宝塚全体が満身創痍な今、走れるチームが走り、次にバトンをつなげていけることが希望です。
千穐楽まで無事に完走できますように!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**