FC2ブログ

蘭乃はなドットコム?―宝塚歌劇とお花についてあれこれ

食卓も秋らしいお花に替えたくて、黄色のピンポンマムを中心に、濃い紫のトルコ桔梗と薄紫の女郎花を活けました。
月組カラー×宙組カラーでいい感じです。

今回は、宝塚と切っても切れない「お花」にまつわるあれこれを。

日常に潜む“タカラヅカ”を探す楽しみ


東京公演の観劇がてら、よく訪れるレストランのレストルームにも、トルコ桔梗とルリタマアザミが飾られていました。

ルリタマアザミってご存じですか?
まんまるで青いハリネズミみたいな花。
見たことはあるけど、名前が分からない花が「ルリタマアザミ」と知ったときは驚きました。
「るりたま(美弥るりか×珠城りょう)!?」って。

なんでもない日常に潜む“タカラヅカ”を探すのは楽しいですね。
「るりたま」という名前の花がある!

宝塚と胡蝶蘭


先日、らんちゃん(蘭乃はな)のお名前を打とうとしたら、サジェストに「ランノハナドットコム」って出たんですよ。
なんだろう?と思って飛んでみたら、胡蝶蘭専門のお花屋さんでした。

胡蝶蘭は歌劇には欠かせないお花。
今は楽屋にお花を入れることはできませんが、卒業生のブーケでは定番人気。
名前の通り、ひらひら舞う蝶のような華麗な花姿はタカラジェンヌにぴったりです。

「蘭乃はな」という芸名は双子の「すみれ乃麗」さんと並び、可愛くて娘役さんらしいお名前ですね。
「蘭」に「すみれ」、いずれも宝塚らしい花です。
もしもの話ですが、もし三つ子ちゃんだったら、もうひとりは「桜」でしょうか?

そして、「らん」「れい」ときたら「りん」?
「桜乃りん」なんてお名前、いかにもありそうな感じがします。
(OGに桜乃彩音さんがいらっしゃいますね)

おとめと花


年に一回発行される宝塚歌劇団の生徒名鑑『宝塚おとめ』。
「好きな花」が宝塚ならではの項目で好きです。
応援している生徒さんがお好きな花の柄のレターセットでお手紙を書いてみたりして…

空欄のままの方もいらっしゃいますが、それはちょっと寂しいですね。
まさおさん(龍真咲)だったと思いますが、薔薇の品種名まできちんと書かれてらして、本当にお好きなのだなと嬉しくなりました。

ちなみに私は、薔薇ならダブル・デライトと夢香が好き。
沈丁花、くちなし、金木犀も好き。
同じ花を挙げてらっしゃる生徒さんには親しみを感じますね。

ある娘役さんの「どくだみ」はインパクト抜群!
可憐で控えめな姿からは想像もつかない強いクセのある香り。
食用や薬用にもなるお花。
老若正邪演じ分ける、その方の舞台そのもの。

好きな花と芸風の共通点を探しながら『おとめ』を眺めるのも楽しいかもしれません。

あの日薔薇一輪


ある生徒さんに頂いた薔薇の花。
特別な日の思い出を残したくて、見よう見真似でドライフラワーにしてみました。
色も形も思いのほか綺麗に保たれ、初めてにしては上出来。
見るたびに楽しかった記憶が甦ります。

お花を頂くのは嬉しいものですが、大好きな方からならば喜びもひとしお。
もともと薔薇は大好きですが、素敵な思い出が加わってますます好きになりました。

ただいま東京宝塚劇場で上演中の花組『青い薔薇の精』も薔薇が重要なモチーフ。
青い薔薇の花言葉は「夢が叶う」
長い間、先頭に立って宝塚人気を引っ張ってこられた、みりおさん(明日海りお)のラストステージにふさわしいですね。

宝塚に憧れた少女が、大好きな場所で沢山の夢を叶え、まもなく卒業しようとしている。
そんなみりおさんの姿に重なるような作品なのでしょうか?
楽しみに見納めたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



あの人は誰!?―心のオペラ泥棒【97期トリオ/綺城ひか理/佳城葵/留依蒔世】

以前、「舞台人の“華がある”とは何か?」の記事を上げた私。
「スター性がある」「キラキラしてる」「目を引く」とも言いますね。
「華がある」ってなんだろう?―タカラジェンヌの魅力を探る

今回は「いつ、どこで、誰に、なぜ」惹かれたのか具体的に上げてみます。

あの人は誰!?―思わず吸い寄せられるタカラジェンヌたち


「オペラ泥棒」という言葉はヅカ用語でしょうか?
他の界隈ではあまり聞きませんが…

普段オペラグラスを使わない派の私ですが、心のピントがロックオンされることはあります。
いわば「心のオペラ泥棒」。

お顔もお名前も分からない、完全にまっさらな状態で観て、心惹かれた生徒さん。
私の中で“無名”だった生徒さんが、ぐーんとクローズアップされる瞬間。

特に印象深い3名。
花組の綺城ひか理さん、月組の佳城葵さん、宙組の留依蒔世さん。
偶然にも全員97期です。

寡黙で誠実な男役、綺城ひか理


あかちゃん(綺城)を初めて認識したのは『風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-』の錦吾郎役。
北翔海莉さん演じる次郎吉に「スケベ蘭方医」呼ばわりされる医者。
すらりとした立ち姿、深く響く声、落ち着いたお芝居に注目しました。

寡黙で誠実な印象が強い彼女。
好きな役は『MY HERO』のハル・テイラー、『ハンナのお花屋さん』のライアン。
そして、『MESSIAH』の鈴木重成。
持ち味が最大限に活きた鈴木は絶品でしたね。

父と子の物語、芹香斗亜と綺城ひか理について│MY HERO観劇記(2)
「義」の人、鈴木重成(綺城ひか理)に称賛を惜しまず│MESSIAH −異聞・天草四郎−

代替わりする花組で、ますます大きな花を咲かせるであろうあかちゃん
これからの活躍に期待が高まります。

透き通った声の芸達者、佳城葵


やすちゃん(佳城)との衝撃の出会いは『月雲の皇子』。

「空を飛ぶ蜘蛛を見たことがあるか?」
耳にすっと染み込む、ティコの透き通った声にノックアウトされたのです。

中空に浮かぶ蜘蛛の糸が、月の光を受けてキラキラ輝くさまが目に浮かぶような。
『月雲の皇子』という作品世界を象徴する、もろく儚い美しさ。
あの凝縮した空気は忘れられません。

『アーサー王伝説』のケイ、『A-EN』のアダム、『All for One』のリュリも好きですね。
劇場中の愛を一身に集めたアーサー王の兄ケイ(佳城葵)

どんな役を演じても、その人の人生が見える役者。
観客の心を掴むことに長けた天性の演技者
これからどんな役の人生を生きていかれるか、楽しみにしています。

三拍子揃った実力者、留依蒔世


私の胸に「留依蒔世」の名が刻まれたのは『クライマックス』の影コーラス。
歌声のシャワーともいうべき、同期の夢なつきさんとのハーモニーに圧倒されたのです。

入団二年目とは思えぬ完成された男役声。
パワフルでエモーショナル、劇場の屋根を吹き飛ばす勢い。
鮮烈でした。

お芝居は『不滅の棘』のハンスが心に残っています。
大人になりきれない、寂しがり屋の大きな子ども。
ぬくもりが欲しくて、かまって欲しくて、のたうち回る哀れな青年。
ハンスの渇望が胸に迫り、思わず抱き締めたくなるような。

力強い歌やダンスだけでなく、繊細な芝居心も持ち合わせたあーちゃん(留依)。
あーちゃん主演で、歌いまくり踊りまくり演じまくる芝居仕立てのショー(ノバ・ボサ・ノバ的な)が観たいですね。
宙組の歌爆弾!和希そら・留依蒔世・瑠風輝『Bow Singing Workshop』

心のオペラ泥棒さん、待ってます!


魅力的な生徒さんが多すぎて書ききれませんが、毎公演ごとに気になる方が増えていく私。

直近では『花より男子』の都姫ここさんに注目しました。
パッと目を引く華やかな風貌、力みのないお芝居。
舞台での居方が自然で、とても良かったです。

『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』では早速新人公演のヒロインに。
期待の娘役さんですね。

これからも心のオペラグラスを奪ってくださる生徒さんが続々現れることを楽しみにしています

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

美弥るりかという「価値」―男役集大成の佐々木小次郎│夢現無双

正統派男役から異端の女役まで幅広い人物を演じてこられたみやさん(美弥るりか)。
宝塚集大成のお役は剣豪・佐々木小次郎。
劇中で本阿弥光悦(千海華蘭)が小次郎の剣を「まばゆい」と評しますが、それはみやさんその人への評価に他なりません。

併演のショー『クルンテープ 天使の都』。
シンプルな黒燕尾をまとったみやさんの、ダイヤモンドの粒子をまぶしたような煌めき。
照明や衣装の力ではなく、体の内側から発光するような輝き。
千穐楽が近づくにつれ、どこか、この世の者ではないような神々しさすら感じられます。

美弥るりかという「役者」


初めてみやさんのお芝居に注目したのは、2012年秋の『愛するには短すぎる』のアンソニー。
華奢で小柄な体から発せられた、思いがけず太い声が印象に残っています。

声色や台詞回しが星組の柚希礼音さんそっくりで、やはり育ってこられた組のトップさんに似るのかな?なんて思いながら観ていました。
しかしまもなく、誰でもないみやさん自身の魅力に気づかされたのです。

まさおさん(龍真咲)演じるフレッドとの息ぴったりの掛け合い。
軽妙洒脱な持ち味が合うのか、まさるりコンビは観ていて楽しい気持ちになりますね。

時は過ぎ、珠様(珠城りょう)がまさおさんの後を継いで、月組に新たな名作が次々に生まれました。
『グランドホテル』『All for One』『BADDY』…
作品の成功に大きく貢献したのは、みやさんです。

みやさんをひとことで表すなら、“フェアリータイプ”の男役さんでしょうか?
みやさんがお好きな涼風真世さんもこのタイプでした。

中性的な容姿に反して、芸風は骨太。
そんなところもよく似た二人であるように思います。

新生月組第一作は涼風さんの卒業公演となった『グランドホテル』。
みやさんのお役は涼風さんが演じられたオットー・クリンゲライン。

華やかで溢れんばかりの色気が魅力のみやさんが瀕死の簿記係?
初めはそう思いました。
しかし、蓋を開けてみれば、そこにいたのは限りある命を精一杯に燃やし、明日への希望を信じるひとりの人間でした。
愛を信じ、友を信じ、やがて生まれる新しい命を慈しむことができる男。

色気も美貌も封印して挑んだオットー役。
男役の垣根を超えた「人間」を演じたみやさんの芝居が心の奥深くに染み入りました。

「役」は「中の人」の写し鏡


オットーの真逆がスイートハートです。
宝塚ファンを熱狂の渦に巻き込んだ『BADDY』。
最大の立役者はみやさん演じるスイートハート。
初めて観た日の衝撃は忘れません。

色香も美貌もフルスロットル。
男役・美弥るりかの魅力、唯一無二の個性を最大限に活かしきった役と言えるでしょう。

スイートハートというキャクター無しで、果たして『BADDY』はあそこまでの狂乱を生み出し得たのか?

美しく妖艶でありながら骨太。
男性と女性の粋を集めたようなキャラクター。

オットーとスイートハート。
自由自在に色気を出し入れする変幻自在の役者、美弥るりか。
「役者」というより「人」ですね。

役は、それを演じる「中の人」以上の存在にはなれない
優れた役を演じるには、役者自身が優れた人間でなければならない。
そう思います。

観るのはひたすら舞台だけ。
スカイ・ステージはおろか、紙媒体もごくまれにしかチェックすることのない私ですので、みやさんの人となりは存じませんが、お人柄は演じる役に表れると感じます。
そういう意味で好きな役は『雨に唄えば』のコズモかな?

「MAKE 'EM LAUGH」の笑いを含んだいたずらっぽい目つきが忘れられません。
くりくり動く猫のような瞳、軽やかな身ごなし、豊かな表情。
前向きな心、抜群のひらめき、逆境にくじけぬ明るい強さ。
さりげなく誰かに手を差し伸べることができる優しさ。
観ていて自然に心がうきうき軽くなる、自然体で力みのない芸。

本名のみやさんもこんな感じの方かな?と想像してしまいます。

美弥るりかという「価値」


集大成の佐々木小次郎。
端的に言えば「美弥るりかだから成立した役」ですね。

より多くのエピソードを描くことに筆が割かれた分、中心となる人物たちの書き込み不足が否めない『夢現無双』。
しかしながら、わずかな点と点を結んで線と成し、主人公・武蔵の人生を遠隔的に支配する佐々木小次郎という男を強く印象づけたみやさんの手腕は見事です。

武蔵の憧れであり、友であり、好敵手であった小次郎。
主人公に「この頂まで上がって来い」と言えるだけの度量。

なにより、劇場中の空気を一気に「美弥るりか色」に染め上げる存在感。
姿、声色、佇まい…
出てくるだけで「只者ではない」「物語の芯となる人物であろう」と思わせる説得力。

言ってしまえば、小次郎は美弥るりかという特異なタカラジェンヌの在り方に、すべてが委ねられた役なのです。

ただそこに在るだけで多くのものを観客に与えることができる役者。
それこそが美弥るりかの「価値」です。
舞台を通して沢山の喜びと希望をくださったことに感謝の気持ちしかありません。

ご卒業までまもなく。
完全燃焼の晴れやかな千穐楽となりますように。
そして、その先も、より豊かな輝きに満ちた道を歩まれますように。
心より、ありがとうございました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
似た者同士のふたり―月組の芝居巧者、祇園藤次(輝月ゆうま)とお甲(白雪さち花)│夢現無双
飢えが欲しい、渇きが欲しい│夢現無双
「たまき」が咲いて、まもなく『夢現無双/クルンテープ』東京初日の幕が開く
イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双

似た者同士のふたり―月組の芝居巧者、祇園藤次(輝月ゆうま)とお甲(白雪さち花)│夢現無双

いつも魅力的なお芝居で作品を引き上げてくれる月組の芝居巧者、さち花さん(白雪さち花)と、まゆぽん(輝月ゆうま)。
今回も素晴らしい働きをみせてくれました。

機を見るに敏な男、祇園藤次(輝月ゆうま)


吉岡清十郎(暁千星)率いる吉岡道場の門弟、祇園藤次。
格別味わい深くて大好きな人物です。

日和見主義というか、変わり身が早いというか。
“機を見るに敏な男”というのが一番しっくりきます。

藤次らしさが最も表れた言葉がこれ。
「時代は江戸だ!もう京に用はねぇ」

沈みゆく舟に見切りをつけ、さっさと大船に乗り換える藤次。
朱実(叶羽時)には「薄情者」呼ばわりされますが、いつの時代にも通じる立派な処世術です。

脇目も振らず、ひたすらに剣の道を進む武蔵(珠城りょう)や小次郎(美弥るりか)とは180度異なる人生。
しかしながら、大事を成し遂げるヒーローばかりで世の中は成り立ちません。
市井に生きるリアリティあふれる人物がいてこそ、芝居は面白い。

とはいえ、彼もひとりの剣客。
決して剣の道をないがしろにしていたわけでは、もちろんありません。
彼の心が翻ったのは、吉岡一門74人斬りの現場だと思います。

「天下無双」の名のもとに次々倒れていく仲間たち。
剣とは何なのか?
命とは何なのか?

死屍累々を目の当たりにし、武蔵に先んじて剣の虚しさを感じ取ったのは藤次だったのかもしれない。
一瞬のためらいの後、きびすを返し、一目散に現場を離れる藤次の背中に、そんな思いを感じ取りました。

「生きるってのは大変なこった」とボヤきつつ、飄々としぶとく生き延びる藤次。
朱実に「おまえはどうする」とさりげなく問いかける優しさもある。

小物といえば小物ですが、世渡り上手で、カラッと明るく憎めない男。
まゆぽんの男役の愛嬌が存分に活かされた最高のお役、祇園藤次
「大根」どころではない、千両役者のまゆぽんです。

したたかに艷やかに生きる女、お甲(白雪さち花)


野武士の未亡人、お甲。
まゆぽん藤次に勝るとも劣らない、強い生命力が魅力です。

乱世をしたたかに生き延び、ヒモと養い子を食わせるバイタリティ。
宝塚の娘役の枠ギリギリの、熟れて崩れる寸前の果実のようなしどけなさの表現も見事。
原作を読んだときから「お甲はさち花さんで」と思ってましたが、実現して嬉しかったですね。

一見、男から男を渡り歩く毒婦にも思えますが、主導権を握っているのは常にお甲。
彼女にとって、男は都合よく利用し、生き延びるための手段。
または、独り寝の床を暖めるだけの愛玩動物でしかない。

戦士した兵から金目の物を奪い取り、金品に替える。
奪衣婆顔負けの所業ですが、自分と朱実、女二人で食いつなぐのに手段など選んではいられません。

「おまえもいつか分かるさ」
お甲の優しさ、寂しさ、諦め、やるせなさ。
もろもろの想いが込められた台詞をサラリと流して、深く印象づける手腕はさち花さんならでは。

そんな彼女にとって、藤次はどんな存在だったか。
機を読み、動く力に長けた男。
いわば似た者同士のふたり。
お甲が初めて出会った、頼りに足る、共に生き延びることができる同志だったのではないでしょうか。
彼女が行き着いたところが藤次だったのは必然と思います。

まゆぽん藤次+さち花お甲。
いいお芝居を観せていただきました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
飢えが欲しい、渇きが欲しい│夢現無双
「たまき」が咲いて、まもなく『夢現無双/クルンテープ』東京初日の幕が開く
イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双

「スイートハートの思い出」という薔薇がある!

いつも宝塚とゆかりの深いお花について教えてくださるw様から、またまた素敵な情報をいただきました。

なんと…
「スイートハートメモリー」という薔薇があるそうです。

スイートハートの思い出


スイートハートと言えば、昨年の春、宝塚ファンを熱狂させたショー『BADDY』の立役者。
みやさん(美弥るりか)の中性的な美貌と熟練の男役芸が最大限に活きた当たり役。

以前にもw様に教えていただき、「スイートハート」というお花をご紹介しました。
「スイートハート」という花がある!

「スイートハート」は宝塚歌劇を象徴するスミレ。
鮮やかなピンクと白のグラデーションが美しい花です。

一方、「スイートハートメモリー」は淡いピンクの可憐なミニバラ(画像はイメージです)。
img-20190320_3.jpg
「Sweet Heart Memory」
スイートハートの思い出、記憶。
美しい名前です。

薔薇が結ぶ宝塚ファンのご縁


「みやさんファンが喜ばれるのではないか」と、お教えくださったw様。
「薔薇の記事が楽しみ」と言ってくださる読者の方々。

私はいただいた情報を右から左にアップするだけですが、このブログを中継点にファン同士の交流の手助けができて、こんなに幸せなことはありません。
皆さま、いつも本当にありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
「たまき」が咲いて、まもなく『夢現無双/クルンテープ』東京初日の幕が開く
「たまき」という薔薇がある!
「スイートハート」という花がある!
「るりたま」という名前の花がある!
望海風斗×真彩希帆コンビにぴったり!「希望」という薔薇がある!│神代植物公園 秋のバラフェスタ2018
“グランドホテル”という薔薇がある!宝塚ファン視点の神代植物公園 春のバラフェスタ2017

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**