FC2ブログ

人のセックスを笑うな―パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)のピンクライト│I AM FROM AUSTRIA

「パブロとフェリックスのピンクライトについて、どう思うか?」とお尋ねがありました。
パブロ(暁千星)がフェリックス(風間柚乃)に一目惚れした瞬間、ふたりがピンクライトに包まれる演出(東京公演のみ)のことですね。

「同性愛を揶揄するものではないか?の声が一部に上がっている」とのことですが、それは違うと思います。
あのピンクライトに“特定の性的指向で笑いを取ろう”との意図は感じません。
単なる「分かりやすさのための演出」でしょう。

宝塚の観客層は厚く、東西合わせて二桁を観るハードリピーターから、一回限りの団体客まで、個人差が大きいですね。
みんながみんな予習ばっちり、何度も繰り返し同じ演目を観るわけではないですから、「いま、ここで恋が生まれた」ことをハッキリ悟らせないとラストシーンで盛大に「???」に陥ってしまう恐れがあります。

サッカー選手とホテルマンが?いつの間に?なんで??…と。

『IAFA』のように常に大人数が舞台に乗りっぱなしの作品は尚更。
一回こっきりの観客が出演者全員に神経を配るのは難しいものです。
特に、生徒の見分けがつかない宝塚初心者にとっては。

私の結論は「ピンクライトは演出家の親切であり、それ以上でもそれ以下でもない」です。

人のセックスを笑うな


『IAFA』のピンクライトに同性愛をネタ化する意図はなかったと思います。
しかし、いい機会なので、同性愛を含むLGBTsと宝塚歌劇について思うところをまとめます。

LGBTsを扱った宝塚作品で思いつくのは、『ニジンスキー』『グランドホテル』『A-EN』『王妃の館』『BADDY』『蘭陵王』などなど…

今回は宙組の『王妃の館』の黒岩源太郎(蒼羽りく)を例に挙げます。
ツアー仲間の近藤誠(澄輝さやと)と恋に落ちる源太郎。

彼女の台詞「あたしなんて、おかまよ!」への観客の反応はさまざま。
眉をひそめる方、拒否反応を示す方。
そして、笑う方。

マコちゃん(澄輝さやと)の恋と、宝塚におけるセクシャリティの表現│王妃の館

“おかま”というセンシティブな単語をあえてチョイスする真意。
それは何か?

言葉は単独で存在することはなく、必ず前後に別の言葉がつながるものです。
黒岩源太郎という人物がどんな意図で、この言葉を使ったか。
芝居の文脈をなぞれば、その意図は明白です。

演劇に限った話ではありませんが、文脈を無視し、単語ひとつを取り上げて「差別」「不謹慎」「不適切」と非難するのは、単なる言葉狩りですね。

問題は「あたしなんて、おかまよ!」で爆笑する客席にあります。
なぜ笑いが起きるのか?

山崎ナオコーラのデビュー作『人のセックスを笑うな』。
初めて聞いたとき、いいタイトルだな、と思いました。

「他人の性別、性自認、性的指向、性行為を笑いで消費するな」を端的に示す言葉。
それらを笑いものにする描写に触れるたび、頭に浮かぶフレーズです。

なぜ笑うのか考えてみよう


誤解を恐れず言うなら、笑う人がいてもいいのです。

ピンクの照明で強調される男同士の恋の始まり。
内股で歩き、小指を立て、女言葉を話す男性振付家や美容師のキャラクター設定。

それらが舞台に現れたら、笑う。
それがエンターテイメントにおけるセクシャルマイノリティへの“正しい反応”であるという刷り込み。
しかし、社会はもはや、そのフェーズにありません。

“おかま”“オネエ”“ホモ”というワードに、条件反射で笑うのもいいでしょう。
しかし、アハハと声を出した後に、ちょっと考えてみることが必要です。

なぜ笑ったの?
なにが可笑しいの?
一体なにが自分の笑いを引き出したの?
冷静に考えれば何も滑稽なことはないでしょう。

自分が望む姿で生きたいと願う人。
自分が望む相手を愛したいと思う人。
ただそれだけ。

誰かが誰かを愛してる。
誰かと誰かが愛し合っている。
ただそれだけのことです。

LGBTsに対する意識は、世代間や地域間、個人を取り巻く環境により、温度差が大きい現在。

宝塚歌劇でLGBTsが取り上げられることは、そのギャップを埋めるのに一役買っているのもしれません。
前回の記事で書いた通り、パブロとフェリックスの恋が適切に描かれたのは、演じ手の暁千星さんと風間柚乃さんの功績によるところが大きいですね。

ふたりの役者としての知性が、パブロとフェリックスを舞台に息づかせたのです。

パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)―当たり前に存在するひとつの愛の形│I AM FROM AUSTRIA

他人の“セックス”を笑ってもいい。
しかし、笑いっぱなしで終わってはいけません。

なにがどう可笑しいのか考えてみることが大切です。
もしかしたら、可笑しがるあなたこそが“おかしい”のかもしれませんよ。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『I AM FROM AUSTRIA』関連記事はこちら↓
パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)―当たり前に存在するひとつの愛の形│I AM FROM AUSTRIA
美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA
五つ星獲得なるか!?話題作『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』に月組が挑む!
スポンサーサイト



“男役芸”の結晶を永久保存!各組「ダンディお兄さま」写真集が欲しい!

今日が仕事始めだった皆さま、お疲れさまでした!
9連休中、毎日元気に食べまくり飲みまくり遊びまくり、すっかりゆるみきった私。
社会復帰できるか不安でしたが、なんとかなりました。

イルミネーション目的で訪れた某遊園地で絶叫マシーンにチャレンジし、頭をすっきりさせたのが良かったのかも?
近年まれに見る激しい年明けでした 笑

それにしても連休後の5日勤務はこたえますね…
しかし、これを乗り越えれば3連休!
観劇初めは花組『DANCE OLYMPIA』と宙組『El Japón/アクアヴィーテ!!』。
2月に入ったら即!星組遠征!

体調に気をつけて、2020年も楽しくヅカりたいと思います!

各組「ダンディお兄さま」写真集が欲しい!


先日友人と「全組の上級生男役写真集欲しいよね」って話してたんです。

外見も中身も磨き抜かれた男役の中の男役。
歌に踊りにお芝居に、確かなパフォーマンスで舞台を引き締め、各組のなくてはならない存在であるお兄さま方。

それぞれの“男役道”を突き進む彼女らの魅力がギュッと詰まった一冊。
手に取ってみたくありませんか?

早速、各組の90期から94期までの上級生男役さんをピックアップしました。
※()内は期、敬称略、『ファーストフォトブック』『FOCUS ON』を出された方は除く

花組…冴月瑠那(90)、航琉ひびき(93)、舞月なぎさ(94)、和海しょう(94)、羽立光来(94)

月組…紫門ゆりや(91)、千海華蘭(92)

雪組…透真かずき(91)、真那春人(92)、久城あす(94)、煌羽レオ(94)

星組…天寿光希(91)、大輝真琴(91)、輝咲玲央(92)、漣レイラ(94)

宙組…凛城きら(92)、松風輝(92)、美月悠(94)、星月梨旺(94)、春瀬央季(94)

総勢20名。
男役10年を超え、独自の輝きを放つ、そうそうたるお兄さま方がズラリ。
なんとなく各組のカラーが浮かんでくる並びですね。

男役10年超えの魅力炸裂!こんな記事が読みたい!


「演じてみたい役」の扮装ポートは盛り上がりますね!
各自の個性が光る私服ポートも観たい!

組を越えた同期対談も読み応えあり。
91期は4名、92期は5名、94期はなんと9名の大所帯!
キャリアを積んだ男役さんならではの深いお話が飛び出しそうで期待大です!
(90期と93期はおひとりずつなのでOGさんと?)

下級生男役とのコラボ企画も楽しそう!
定番の「100の質問」も外せませんね!

一番読みたいのはロングインタビュー。
唯一無二の男役像で魅せてくださる皆さま。
舞台人としての想い、宝塚への想い。
彼女らの頭の中身を覗いてみたいです。

それぞれの美学が光る黒燕尾やスーツの着こなしも面白そう。
リーゼントへのこだわりも興味深いですね。

そういえば、随分昔の『歌劇』の「えと文」にハッチさん(夏美よう)のリーゼント講座が載っていました。
「美しいリーゼントは後頭部がアジの開きに見える」そうで…
「???」となったことを覚えています。
なんとなく分からないではないですが(流線型ってこと?)。
よりによって鯵の開き! 笑

大人の男役さんならではのアイテム「ヒゲ」にも注目!
歴代ヒゲコレクションもやりましょう!

最終ページはドーン!と見開きで黒燕尾集合写真!
想像してみてください。
バリッと黒燕尾を着こなし、思い思いの表情とポーズでキメ倒すお兄さま方を!
壮観でしょうね~~

20名×?ページ。
もはや写真集というより百科事典並みの厚さになりそうですが…

いかに自分の魅力を引き出し、カッコよく舞台に立ち、ファンを魅了するか。
無形文化財に指定したい練り上げられた“男役芸”の結晶を永久保存した「お兄さま写真集」。
劇団さん、いかがでしょうか?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)―当たり前に存在するひとつの愛の形│I AM FROM AUSTRIA

パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)の結末。
宝塚における愛の表現のターニングポイントと言ってよいでしょう。

男と女が出会って恋に落ちるのと同じように、男と男が出会って恋が始まる。
そこに何のエクスキューズもないことに新鮮な感動を覚えました。

暁千星と風間柚乃の芝居に唸る


「大切な人を見つけた、セニョール・フェリックス・モーザー」
満場の中、高らかに宣言するパブロ。
一瞬のためらいをみせつつ、やがて彼を受け入れるフェリックス。

印象的だったのは、パブロが真正面からフェリックスを抱きしめる瞬間。
力強い抱擁に息を呑むフェリックス。
彼が感じた胸の高鳴りが、私の心にもしっかり届きました。

この時点でふたりの仲はどのくらい深まっていたのでしょうか?
舞台から受ける印象では、ある程度までは進んでいたように思います。
少なくとも「フェリックスの気持ちもパブロに傾いている」と言えるほどには。

しかし、それからどうなるか?
フェリックスの心を想像してみました。

パブロが自分に一目惚れをした。
自分も満更ではない。
でも、この先はどうなる?
自分たちはどこへ向かうのか?
パブロは何を考えているのか?どうするつもりなのか?

その答えが出たのが舞踏会のシーン。
パブロの宣言により、恋の方向性が定まりました。

人気サッカー選手であるパブロが、世界に向けて「フェリックスを愛している」と発信する。
これは彼自身のカミングアウトでもあります。
その決断と覚悟。

パブロの愛は真実であり、フェリックスはそれを感じ取った。
だから、フェリックスはパブロの気持ちに応えた。

フェリックスの不安や迷いをひとつひとつ解きほぐそうとするように根気強く愛撫を続けるパブロ。
固かった表情が次第にほどけ、おずおずとパブロに応えるフェリックス。
しっかりと受け止め、さらなる熱量で返すパブロ。
その姿勢に、この先ふたりの間に何が起ころうとも真摯に向き合い、問題を乗り越えていくだろうことが容易に想像できました。

この間、台詞は一切なし。
しかし、ふたりの間にどんな感情の動きがあったかは、互いに向ける視線や表情、仕草を見れば明らかです。

愛のキャッチボールの中、ふと、何かの確信を得たように明るい笑いを浮かべるフェリックス。
ふたりの心が溶け合い、ひとつの愛が生まれる瞬間が余すところなく伝わる、こまやかな愛の表現に唸りました。

特に、幕が下りきるまでの短い時間でフェリックスの心の変化をきちんと表したおだちん(風間)の芝居には恐れ入りました。
巧い!

パブロの宣言が意味すること


魅力的なキャラクターいっぱいの『IAFA』。
なかでも心惹かれたのが、ありちゃん(暁)演じるパブロ・ガルシア。

フェリックスをリードするパブロ。
ここまで強く、匂い立つような男役の色気を、ありちゃんに感じたのは初めてです。
いつの間に、こんなにもエレガントな紳士を演じられるようになったのか?
男役の色気=包容力であると再認識しました。

以前の記事にも書きましたが、パブロの人柄を示すふたつの台詞が好きです。
「エマ、好きな人がいるんでしょ?」
「僕は君の味方だよ」
美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA

他人を包み込む優しさはあるが、決して必要以上に踏み込まない。
繊細な心の持ち主、パブロ。
また、非常に怜悧な一面も魅力です。

パブロは舞踏会の宣言で三つの目的を果たしました。

ひとつめは、愛する人を守ること。
サッカー界の花形である自分は常に人目にさらされている。
フェリックスとの関係を「スクープ!」という形で汚されるのは避けたい。
ならば、先んじて自分の口から宣言してしまおう。

ふたつめは、エマの恋の後押し。
自分には愛する人がいるので、エマとは結婚しない。
ジョージとお幸せに。

みっつめ、これはパブロにとって最も重要な意味を持っていたかもしれません。
先程も書いた“カミングアウト”です。

ひとつめとも通じますが、望まぬ形でアウティングされるより、自らの手でクローゼットの扉を開けることを選んだ。
これは彼の尊厳の問題です。

ナブラチロワの頃とは時代が変わったとはいえ、スポンサーへの配慮などもあったでしょう。
パブロほどの選手ならば、あの宣言は彼の一存ではなく、エージェントらと協議を重ね、慎重に行われたことと思います。
決して一時の激情にかられての行為ではないのです。

その決断の重さ。
だからこそ、フェリックスが「否」と言わないほどに自分に気持ちが傾いているという確信を得ていた、と推察できるのです。
そして、パブロは一世一代の公開告白に踏み切った。

断られない保証があったから愛を告げる。
これは決してパブロの保身ではありません。
すべてはフェリックスを守るためです。

フェリックスの答えが「否」だった場合、心ならずも彼が世間の好奇にさらされてしまう。
そもそもフェリックスが「否」を告げようにも、衆人環視の中、意志薄弱の傾向がある彼にそれができるはずがない。
愛する人に無用な苦しみを与えるのはパブロの本意ではないでしょう。

当たり前に存在するひとつの愛の形


聞くところによると、ウィーン版では彼らはカップリングされないとか。
パブロとフェリックスのエピソードは宝塚版独自の設定なのですね。

ふたりの描き方についてはウィーンサイドからかなり細かい要求があった、とも。
それが真実ならば、表現の繊細さに合点がいきます。

同性同士であることに取り立てて言及せず、当たり前に存在するひとつの愛の形として描写する。

これはありちゃんとおだちんの力によるところが大きいですね。
彼女らは自分たちが演じる役をよく理解しています。
宝塚という特異な集団の中で、どのように演じるか、どこまで演じるか。
緻密な計算の上に成り立つ、パブロとフェリックスだったのです。

目に見えぬ制約をクリアし、ひとりの人間として舞台に息づかせる。
作品と役への敬意が為せる業でしょう。
それゆえ、深く観客の心に刻まれたのです。
いいお芝居をみせていただきました。

ありちゃん、おだちん、月組の皆さま、齋藤吉正先生。
ありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『I AM FROM AUSTRIA』関連記事はこちら↓
美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA
五つ星獲得なるか!?話題作『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』に月組が挑む!

2019年「マイベスト宝塚」作品賞 TOP4/心に残る芝居/注目の生徒さん

2019年も残すところ数時間。
今年も充実のヅカ活を送ることができ、感謝感謝です!

『I AM FROM AUSTRIA』でヅカ納めをし、年末恒例の温泉旅行で一年の疲れを流してきました。
ぼーっと温泉に浸かりながら考えるのは、もちろん2019年の「マイベスト宝塚」。
大豊作だった今年、考え甲斐がありました~~

上半期・下半期はこちら。
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
大豊作の2019年宝塚観劇率ランキング│下半期 作品賞は○組!主演賞・助演賞はあの人!

2019年「マイベスト宝塚」作品賞 TOP4


2018年のMY BESTは『ANOTHER WORLD』『蘭陵王』。
強いメッセージ性が印象深い2作品でした。

2019年のMY BESTはこちらの4作品。
●20世紀号に乗って(雪組)
●鎌足−夢のまほろば、大和し美し−(星組)
●Éclair Brillant(星組)
●ロックオペラ モーツァルト(星組)

選考理由は以下の通り。
『20世紀号』と『ロクモ』はハイレベルなパフォーマンス。
『鎌足』はストーリーの面白さと、深いメッセージ性。
『Éclair Brillant』は総合的な完成度の高さ。

登場人物の台詞や心情が一際心に残った芝居


●霧深きエルベのほとり(星組)
●壬生義士伝(雪組)

『エルベ』は、カール・シュナイダー(紅ゆずる)が心にもない愛想尽かしをした辛い胸の内を、酒場の女ヴェロニカ(英真なおき)に打ち明けるシーン。

『壬生義士伝』は、ボロボロになった吉村貫一郎(望海風斗)が切腹の間際、家族の名を呼びながら銭を数えるシーン。

「男役の」という枕詞をつけるまでもなく、「人間として」素晴らしい芝居を見せてくれたふたり。
切なく、身を切られる想いを共有させられ、深く印象に残っています。

お気に入りのショー


●ESTRELLAS ~星たち~(星組)

帰り道には主題歌を口ずさみながら帰れる…そんなキャッチーなテーマソングが好き。
むやみに男役を女装させず、「男役はカッコよく、娘役は美しく」を貫くオーソドックスなスタイルが私好み。

「いいな!」と思った生徒さん


●柚香光(花組)
『花より男子』道明寺司により。
柚香光の魅力大爆発!道明寺司│『花より男子』個別感想前編(城妃美伶+F4/優波・聖乃・希波)

●星蘭ひとみ(星組)
『鎌足』安見児により。
鎌足(紅ゆずる)と安見児(星蘭ひとみ)―寂しさから始まる愛│鎌足

2019年まとめ


2019年のヅカ活ハイライトは、ある生徒さんに誕生日を祝っていただけたこと。
大好きな方からの「おめでとう」は何より嬉しいプレゼント。
最高の一年のスタートでした!

2020年は花組『DANCE OLYMPIA』で観劇初め。
新年第一作目、柚香光さんと華優希さんの新トップコンビお披露目、そして永久輝せあさんの花組デビュー。
幾重にも喜びが重なるおめでたい公演に立ち会え、嬉しさもひとしおです。

来年は一本物の大作が多いですね。
ショー好きとしてはちょっと寂しいですが…
確定分だけでも『アクアヴィーテ!!』『Ray』『WELCOME TO TAKARAZUKA』『シルクロード』の4作。
個人的には生田大和先生のショーデビューとなる『シルクロード』に期待が高まります。
ショーの当たり年だった今年に続き、新たなる傑作の登場を心待ちにしています!

今年も多くの方にご訪問いただき、誠にありがとうございました。
大好きな宝塚をきっかけに交流の輪が広がり、とても幸せです。
どうぞよいお年をお迎えください。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
大豊作の2019年宝塚観劇率ランキング│下半期 作品賞は○組!主演賞・助演賞はあの人!
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
やっぱり数字は正直!?2018年宝塚観劇率ランキング│驚異の伸び率は○組、堂々1位は○組!
2018年は傑作揃いの当たり年!宝塚歌劇「私の好きな作品」TOP3!
2018年上半期観劇ランキング│作品賞は宙組と月組、そして2冠獲得は○組!
数字は正直!?2017年年間観劇ランキング│3位星組、2位花組、そして1位は…
年間観劇率ランキング2016│同率2位は雪組・宙組、そして1位は…

大豊作の2019年宝塚観劇率ランキング│下半期 作品賞は○組!主演賞・助演賞はあの人!

月組『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』でヅカ納めをしたので、2019年の観劇データをまとめました。
(本公演は雪組『ファントム』以外すべて観劇・別箱は演目によりけり)
このテーマで記事を書くのも、はや4回目。
今年もよく観て、よく笑って、よく泣きました。
宝塚、最高!!
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!

2019年 年間観劇率No.1は何組?


img-20191122_1.jpg
花組6.38%月組12.76%雪組4.25%星組74.46%宙組2.12%[2019年12月30日時点]

ぶっちぎりトップは全体の4分の3を占めた星組。
宙組が少ないのは、東京本公演が『オーシャンズ11』のみだったため。

というわけで2019年下半期のレヴューを。
対象は下期(7~12月)に東宝で初日を迎えた作品まで。

作品賞


●Éclair Brillant エクレール・ブリアン(星組)
一分の隙もない構成、宝塚に求めるものがすべて詰まった美の結晶。
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant

●ロックオペラ モーツァルト(星組)
すべての感情を「歌」で表現する。
ミュージカル本来の意味を再確認した『ロクモ』。
星組選抜メンバーが一丸となった素晴らしいパフォーマンスに魅了されました。
『ロクモ』 関連記事はこちら

主演賞


●望海風斗(雪組)
『壬生義士伝』吉村貫一郎により。
格別印象深かったのは大野屋敷での切腹のシーン。
歌唱力の評価が高い望海さんですが、自然な佇まいのお芝居も好き。
今にも息絶えようとする貫一郎の鬼気迫る演技に引き込まれました。

ひとり、またひとり、愛しい家族の名を呼びながら銭を数える貫一郎。
極限状態に置かれた男として、夫として、父親として、命の最後の一滴までも振り絞るような愛。
男役・娘役の壁を超えた、「人間」がそこにいました。

涙で視界が滲み、記憶もおぼろげですが…
最期の瞬間は、切っ先を上に向け、部屋の隅に立て掛けた刀に、体を預けるようにして腹を貫いたのでしょうか?
自ら腹を切る力も残っていなかったのか、と。

こんな凄まじさを宝塚で味わえるとは思いませんでした。
久々に劇場の空気がギュッと凝縮し、透明になった自分が物語世界と一体化する感覚を味わえたこと。
今年の「名場面賞」No.1です!

●礼真琴(星組)
『ロックオペラ モーツァルト』ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトにより。
優れた舞台人とは「神の声を聞き、その肉体を駆使して芸を披露するシャーマンに近しい存在」との思いを強くしました。
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト

助演賞


●光月るう(月組)
『I AM FROM AUSTRIA』エルフィー・シュラットにより。
美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA

●凪七瑠海(専科)
『ロックオペラ モーツァルト』アントニオ・サリエリにより。
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト

●水美舞斗(花組)
『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』ニック・ロックウッドにより。
ニック(水美舞斗)とフローレンス(城妃美伶)のスピンオフが観たい!│青い薔薇の精

●和希そら(宙組)
『オーシャンズ11』ライナス・コールドウェルにより。
少年よ、高く跳べ!―ライナス(和希そら)の「個」の魅力│オーシャンズ11

脚本・演出賞


●酒井澄夫
『Éclair Brillant』により。

2020年への希望


2018年からの観劇率の推移を見ると…
▲花組 12.5%→6.38%
▲月組 35.41%→12.76%
▲雪組 6.25%→4.25%
△星組 33.33%→74.46%
▲宙組 12.5%→2.12%
花組と雪組はコンスタントに観た気がするのに数字が減ってるのは星組の増加による相対的なものですね。

星組が爆発的に増えた要因は年初の『霧深きエルベのほとり』にドハマリしたこと。
脚本の力・台詞の力に開眼した作品。
何回観ても、初めて観るような新鮮な感動を味わえる佳作でした。

ちなみに、『エルベ』で一公演あたりの観劇回数最高記録を更新したのが今年のハイライト。

過去最高に通った某公演の軽~く倍を突破したのは我ながら驚きました。
恐るべし、菊田一夫。
恐るべし、上田久美子。
恐るべし、紅ゆずる。

2020年も座付きの新作を打ち出しつつ、どんどん過去の名作の掘り起こしを進めていただけたら嬉しいなぁと思います。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
やっぱり数字は正直!?2018年宝塚観劇率ランキング│驚異の伸び率は○組、堂々1位は○組!
2018年は傑作揃いの当たり年!宝塚歌劇「私の好きな作品」TOP3!
2018年上半期観劇ランキング│作品賞は宙組と月組、そして2冠獲得は○組!
数字は正直!?2017年年間観劇ランキング│3位星組、2位花組、そして1位は…
年間観劇率ランキング2016│同率2位は雪組・宙組、そして1位は…

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**