FC2ブログ

ふたつのP→パッサァとポールダンス│クルンテープ 天使の都

ただいま2つのPで埋め尽くされている私のTL。
ひとつのPはパッサァ(Passâ)。
もうひとつのPはポールダンス(Pole Dance)。

Pはパッサァ(Passâ)のP


パッサァは言わずとしれた星組トップ紅ゆずるさんと綺咲愛里さんのコンビ愛称ですね。
今週半ばに退団発表をされたふたり。
その会見が愛に溢れた素晴らしいものであったこと。
称賛と喜びの声がTLで踊っています。

「大号泣した」との紅さんの知らせを受け、「では私は泣きません」と応え、見事に涙ひとつ見せず笑顔で乗り切ったあーちゃん(綺咲)。
お召し物のカラーリングも同じ、報道写真のポーズも同じ。
どこまでも通じ合うふたり。
見事な阿吽の呼吸。
二人の気持ちはおんなじだった(byカール・シュナイダー)ですね!

ところで、あーちゃんの「気を確かに」という言い回しが密かにツボでした。
「平常心を保つ」の意味でとっさに口をついて出る。
素敵な言語感覚だと感心しました。

Pはポールダンス(Pole Dance)のP


星組ファンがPassâで盛り上がるなか、月組ファンはPole Danceで大盛り上がり。
発信源はれいこさん(月城かなと)。
月組 稽古場 キャストボイス

男役がポールで踊る」で激震が走りました。

「タイのクラブ」「ポールダンス」「とてもかっこいい」
魅惑の言葉の数々に踊る月ファン。

皆さま、どんなシーンを想像してらっしゃいます?
月メンズのあんなポーズやこんなポーズ?
みんなの気持ちはおんなじだった(byカール・イッテナイダー)ですね!

ちなみに私の頭には、筋骨隆々に鍛え上げた武田真治みたいな月メンズ(珠みやれいこありおだまゆれんこん…そして筋肉ルネ子)がポールに妖しく絡みつく図が浮かびました。

めったに見られない男役の腹筋が披露されるとしたらわくわくですが…どうなるか!?
夢と不安が広がるキャストボイスですね!

生のポールダンスを観たのは20年ほど前、あるクラブのイベントが初めて。
最初のうちこそ際どいコスチュームや扇情的なポーズに驚きましたが、だんだんとアクロバティックな動きそのものに惹きつけられたことを覚えています。

鍛え抜かれた女性の肉体の美しさ、健康的な色気、なにより活き活きした表情がカッコいい!
ポールダンスは素敵なパフォーマンスという印象があるので、それを宝塚で観られるのは嬉しいですね。

今回は男役さんのみのようですが、娘役さんのも観たいですね~~
花組の仙名彩世さん、月組の結愛かれんさん、雪組の笙乃茅桜さん、星組の紫りらさん、宙組の綾瀬あきなさんのスペシャルチーム希望!

えびちゃん(綾瀬)は『異人たちのルネサンス』で披露したバッキバキな腹筋が記憶に新しいところ。
ゆきちゃん(仙名)の僧帽筋から三角筋にかけてのライン、美園さくらさんのヒラメ筋も美しいですね。
娘役さんの美ボディは筋トレの励みになります。

連れ合いに「今度のショー、珠ちゃんがポールダンスやるって」と言ったら「出初め式?」と返されました。
確かに珠城りょう×ポールは出初め式の方がしっくりくるかも…
卯之助スタイルで観たいですね!
(というか、れいこさんは珠様がこのシーンに出るとはひと言も言っていない)

なにはともあれ…
大介先生、期待してますよ~~

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双

月組ファンお待ちかね、『夢現無双』のキャストが出ましたね。
月組 宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』その他の配役決定

どこかよそよそしかった原作のキャラクターに、馴染み深い月組の生徒さんのお顔が重なり、脳裏で活き活きと物語が動き出します。
思わず「いいね!いいね!」と胸がときめきました。

生徒さんひとりひとりの個性を活かすことにかけては人後に落ちない齋藤吉正先生。
月組武蔵もきっと納得の配役をしてくださるだろう、と思ってましたが…
おおむねイメージ通りで満足です。

どこからピックアップするか迷いますが、学年順に。
ネタバレしないよう心がけますが、気になる方は薄目でご覧くださいね。

イメージぴったりな方々


どなたが配役されるか気になっていた沢庵和尚は光月るうさん。
武蔵が「獣」から「人」に変わるきっかけを与える人物ですね。
るうさんならば安心です。

夏月都さんのお杉は容易に目に浮かびます。
又八への妄執に近い愛、どこかもの悲しく、滑稽にも思える母の業。
なつこさん(夏月)で間違いない配役です。

武蔵の父、新免無二斉は紫門ゆりやさん。
ゆりちゃんが珠様(珠城りょう)のお父様!

色っぽくて、したたかなお甲は白雪さち花さん。
パーフェクトな選択です。
さち花さん以外の配役は考えられません。

わくわくしながら待っていた、まゆぽん(輝月ゆうま)のお役は祇園藤次。
「そう来たか!」
藤次の台詞や行動が、すっとまゆぽんの声色や姿で浮かびました。
しっくりくる、いい配役ですね。

武蔵の姉、お吟は楓ゆきさん。
きりりと芯の強い女性像は、たんちゃん(楓)にぴったり。
ゆりちゃん、珠様、たんちゃんで新免ファミリー揃い踏みですね。

本位田又八は月城かなとさん。
武蔵との因縁がどう描かれるか楽しみ!
(酒と女に溺れて身を持ち崩すれいこさん[月城]も楽しみ)

朱実は叶羽時さん。
大役ですね!おめでとうございます!
時ちゃん好きとしては喜ばしい限り。

気になる方々


辻風典馬に颯希有翔さん。
『ON THE TOWN』冒頭のソロがとても良かったので、ますますのご活躍が楽しみです。

日観の周旺真広さん。
ぬくもりと懐の深さを感じさせる日観は、すおっち(周旺)にぴったり!
個人的に好きなキャラクターなので嬉しいですね。

思わず心の中でガッツポーズを決めたのは、城太郎の結愛かれんさん。
城太郎大好き!
可愛いんですよね~~
かれんちゃんの愛くるしい城太郎が観られるなんて嬉しい!

壬生源次郎の羽音みかさん。
舞台を観る限り、かなりお背が高いようですので、すっきり美しい少年姿が期待できますね。

卒業される方々


珠城りょうさん、美園さくらさんの新トップコンビお披露目であり、4名がご卒業される『夢現無双』。
美弥るりかさん、響れおなさん、玲実くれあさん、音風せいやさんの魅力が存分に花開く舞台となりますように。
また、大劇場を部分休演される海乃美月さんの一日も早いご快復を願っています。

送る人、送られる人、そしてファンも。
揃って笑顔の千穐楽を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双

選ばれし者、月城ルキーニ│エリザベート

月城ルキーニの第一印象は「確信犯」。

彼は信念に基づき、エリザベートを刺した。
本人が「正しい」と信じて犯した罪は、果たして「罪」と呼べるのか?

皇后暗殺は、ルキーニにとって必要で、正当な、なすべき行為だった。
トートの意思を汲み、黄泉の帝王の代弁者として、粛々となすべきことをなしただけ。
月城ルキーニの姿からは、そんな印象を受けました。

「狂人」と評されるルキーニ。
異常をきたした精神状態を「狂気」と言うならば、月城ルキーニは一貫して理性的ですので、狂人には当たらないでしょう。

己の行いに一片の疑いも抱かぬ彼の心は、いつだって澄みきった泉のように静かなはず。

きらきら輝く、れいこさん(月城)の瞳。
とりわけ白目は青く透き通って見えるほど。

なぜ彼の瞳は、こんなにも綺麗に澄んでいるのか?
「目は心の窓」と言いますが、濁りのない彼の心を映し出すようです。

* * *

「狂気」とはなにか?
「己を制御できない精神の状態」であれば、これは違います。
ルキーニは終始、冷静沈着です。

しかし一転、トートから凶器を受け取るときの歓喜。
ここが月城ルキーニの最大にして最高の見せ場です。

ナイフを押しいただきながら浮かべる一瞬の恍惚、とろけるような愉悦の表情。
エリザベートの生命を奪うことは、人智を超えた存在(トート)との対話で得た、彼の使命なのです。

「ルイジよ、行って、おまえのなすべきことをなせ」

天啓を授かった者の厳かな喜び。
ルキーニの心に芽生えた「選ばれし者の誇りと万能感」が、輝く光となって観客の心を照らす。

大きなアクションがあるわけではない、狂気の叫びを上げるわけではない。
しかし、ルキーニの心に生じた変化を、余すところなく伝えるれいこさんの芝居に戦慄しました。

* * *

レマン湖のほとりで起きた皇后暗殺事件は、ルキーニにとって聖なる儀式だったのです。

トート閣下の偉大なる愛の成就に手を貸す人間。
それこそが、選ばれし者の証。
ちっぽけな自分を認め、役割を与えてくれたトート閣下。
崇拝と妄信がルキーニの行動原理となったことは疑いようもありません。

エリザベートはトートへの生贄であり、ルキーニは神壇に供物を捧げる敬虔な信者なのです。

* * *

ミュージカル『エリザベート』でルイジ・ルキーニが果たす役割はなんでしょう?
ストーリーテラーであり、登場人物のひとりであり。

とりわけ重要なのが、狂言回しとしての働き。
彼の先導で物語が進みますので、まずは登場一番で客席の心を掴まねばなりません。
舞台と客席をつなぐ架け橋として、作品世界から一歩踏み出し、観客に語りかけるメタ的存在でもあります。

自由自在に時空を旅するルキーニ。
少女時代のシシィの前でも、ウィーンのカフェでも、レマン湖のほとりでも、常に変わらぬ姿で現れる彼。
明らかに他の登場人物とは異なる存在です。

毎夜繰り返される煉獄での裁判は、プロメテウスの刑罰を思わせます。
神の火を盗み、人間に与えた罰として、生きながら大鷲に肝臓をついばまれるプロメテウス。
不死の身ゆえ、毎夜再生する肝臓。
朝が来ればまた食われ、無限の苦しみを味わう。

オーストリア=ハンガリー帝国がとっくに滅び去った後も続く裁判。
「毎晩毎晩同じことの繰り返し」と嘆くルキーニは、煉獄で永遠の苦しみを味わうのです。

ルキーニの呼び出しに応じ、姿を現す黄泉の帝王。
そして、舞台は南ドイツへ。
『エリザベート』の物語はルキーニの回想なのです。
だから、彼の姿は変わらない。

面白いのは回想の中に、彼自身がちょいちょい首を突っ込むこと。
バート・イシュルでは、やがて彼が命を奪うことになる少女シシィの荷物を運び、親しく言葉を交わす。
もしもあそこでオレンジが転がらなかったら、フランツ・ヨーゼフがシシィを選ぶことはなかったかもしれない。

ハプスブルク崩壊の引き金を引いたのはルキーニだったのです。
回想の中の出来事が、実際の運命に影響を及ぼす。
これはどうしたことでしょう?
ルキーニの出現によりタイムパラドックスが生じるのです。

ルキーニの登場により運命がねじれ、メビウスの輪のようにぐるぐる同じところを辿り続ける。
『エリザベート』の物語の構造は複雑です。

唯一、輪の外にいるのが黄泉の帝王トート。
最終答弁に臨み、愛するエリザベートを黄泉の世界へ導く。

当事者のエリザベートが黄泉へ去れば、煉獄の裁判は終わるのか?
それとも夜の訪れと共に、ふりだしに戻るのか。
ルキーニはいつこの無限地獄から解放されるのか。

ルキーニを軸に観てみると、また違った面白さが現れる『エリザベート』の物語です。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(更新情報メイン)
‎@noctiluca94

○月組エリザベート関連記事はこちら↓
珠城りょうの「役者の目」―お茶会備忘録
『エリザベート』最大の謎!トートとシシィはどこへ向かうのか?
「トート(死)」とはなにものか?-珠城トートとギリシャの神々│エリザベート
「黄泉の国」はどこにある?ANOTHER WORLDの「あの世」、MESSIAHの「ハライソ」との関係は?│エリザベート
覚えておいでですか?(この味を)│月組『エリザベート』公演ドリンクレビュー
誕生日プレゼントは『エリザベート』観劇旅行
「好き」がどんどん育っていく―月組と珠ちゃぴ
エリザベート!カンパニー!BADDY!宝塚のアミューズメントパーク「歌劇の殿堂」に行って来た!
珠城りょう×愛希れいか、魂を分け合ったトートとシシィ│エリザベート
月組に、いい風が吹いている│エリザベート
久々の聖地巡礼!宝塚大劇場月組『エリザベート』公演メニューレビュー
「父なるトート、母なるトート」圧倒的な力強さと包容力を併せ持つ珠城トート│エリザベート
どこのミュージアムですか!?―「死と乙女」珠ちゃぴエリザベート画像解禁
翔ぶがいい、カモメよ―愛希れいかの卒業

珠城りょう×月城かなとで『雨月物語/菊花の約』が観たい【妄想劇場】

以前、非ヅカファンの友人に星組『桜華に舞え』について話したときのこと。

「ラストは主人公の桐野利秋が生前からの約束通り、蛍になって戻って来るんですよ」
「『雨月物語』の『菊花の約』みたいですね」

確かに!
再会の約束を守るため、霊魂となって懐かしい人のもとを訪れる男。
オーソドックスなモチーフではありますが、やはり心を打たれます。

久々に原文を紐解いてみたところ…

これ、月組にぴったりじゃない?

凄まじくも美しい上田秋成の怪異譚『雨月物語』。
なかでも私好みは『菊花の約』『浅茅が宿』『青頭巾』の三編。

珠様(珠城りょう)で観てみたい!!

珠城りょう×月城かなと→菊花の約(きっかのちぎり)
珠城りょう×愛希れいか→浅茅が宿(あさじがやど)
珠城りょう×輝月ゆうま×千海華蘭→青頭巾(あおずきん)

バウ・オムニバス『雨月物語』なんていかがでしょう?

* * *

<菊花の約>

旅先で病に倒れた武士・赤穴宗右衛門(あかなそうえもん)は、丈部左門(はせべさもん)という学者から手厚い看護を受ける。
ほどなく義兄弟の契りを交わすふたり。

故郷の様子を見に出雲へ帰ることになった赤穴は、重陽の佳節(=菊の節句、9月9日)に再会を約束する。
しかし、郷里に幽閉された赤穴は、再会の日を迎えて自刃し、幽霊となって約を果たす。

“古人有云、人不能行千里、魂能日行千里”
いにしへの人のいふ。人一日に千里をゆくことあたはず。魂よく一日に千里をもゆくと。

赤穴の魂と対面した丈部は、出雲に赴き、彼の無念を晴らす。


「人間は一日に千里を行くことはできないが、魂は一日に千里を行くことができる」
友との約束を果たすため、魂となってまで駆けつけた赤穴。
友に代わって復讐を果たし、行方をくらます丈部。

これは珠様(珠城りょう)=赤穴、れいこさん(月城かなと)=丈部で観たいですねー。

約束を無下にするような不実な男と思われたくない。
友への忠心の証を立てんがため不自由な肉体を捨て、魂を懐かしい人のもとへと走らせる。
己の身よりも友との契りを重んじる清廉さ。

珠様とれいこさんの男役像に同じ匂いを感じる私。
剛胆でありながら、どこか生硬。
乾いた秋の風に漂う菊の香りを思わせる、つんと苦みばしった清潔な色気。
そんな二人の個性に『菊花の約』はピタリとはまるのではないかと。

脚本は、男の友情を描かせたら右に出る者はいない大野拓史先生を希望します。

一年以上前に書きかけた記事ですが、今年の重陽の節句を迎えて思い出し、引っ張り出してきました。
昨年冬の全国ツアー『鳳凰伝』で、れいこさんが演じられたバラクを観て、ますます丈部左門を観たくなったのも理由のひとつです。

※参照 改訂 雨月物語 現代語訳付き/上田秋成著[鵜月洋訳注]/角川ソフィア文庫 ISBN:9784044011024

○妄想劇場関連記事はこちら↓
珠城りょうで和物が観たい!川霧の橋、あかねさす紫の花、心中・恋の大和路…そして光源氏?
宝塚で『さらば、わが愛/覇王別姫』を演るなら?明日海・珠城・愛希・鳳月【妄想キャスティング】
月組うるさらセブン妄想│決め台詞は勿論「とどめです!」
北翔海莉トートが観たい【エリザベート妄想キャスティング】
珠城ロルテスファン必読!?火坂雅志著『壮心の夢―花は散るものを』
宝塚で『日出処の天子』を上演するなら?山岸凉子展「光-てらす-」に行って来ました!
今の宙組で『はいからさんが通る』が観たい!-妄想キャスティング-

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ

〽ワルいことがしたい いい人でいたい
「悪いこと」の対が「善いこと」でないのがミソ。

自分の欲求としては「悪いこと」がしたいけれども、それによって世間から後ろ指を指されるのはイヤ。
周りから見て「いい人」でありたい。
これは誰にしも思い当たる気持ちではないでしょうか。

人間は社会的な生き物ですから、世の中からの評価を避けては通れない。
だからこそ、枠組みの外にいるバッディたちが魅力的に映るのでしょう。

「あれはダメ」「これもダメ」冗談じゃねえ!!

もろもろの決まり事を吹き飛ばすバッディ。

「○○なら、こうあるべき」「□□なら、こうすべき」邪魔よ、どいて!

心のままに振る舞うスイートハート。

* * *

初めて「ワルいこと」に触れたピースフルプラネットの住民たちの反応はさまざま。

退屈していた王子様は、バッディへの憧れを原動力にゆりかごを飛び出し、「正義のため生きる」。

自信喪失していたポッキー巡査は、バッディと行動を共にするうち、「本当の男のカッコよさ」を知り、自らの意志に殉ずる。

そして、忘れていた感情が甦り、「生きている実感」を取り戻したグッディ捜査官。

* * *

人間の行いは、悪事のみ、または善事のみに傾くものではない。

悪党バッディですら、ときには「善いこと」をします。
落ち込むポッキー巡査をなぐさめ、モテるコツを教えるよう恋人に委ねる。

バッディは損得を勘定しない男なのでしょう。
思いつくまま、心のままに動く。
その無邪気さがたまらなく可愛い。
バッディから溢れ出す愛嬌。
これは、男役・珠城りょうの貴重な持ち味です。

さて、「ワルいこと」が自分の欲求を叶えるものだとしたら、「いいこと」は何を指すのでしょう?
バッディの行動からも分かるとおり、己のためでなく他者の利益になる行為ですね。

グッディや王子が歌う「この地球(を)守る使命だから/正義のため生きる/みんなの期待(に)応え/みんなのためなら勇気100倍」。

「誰かのため」「みんなのため」が彼らの行動原理なのです。
「いい人」であろうとして行う「いいこと」ではなく、誰かのために動くことが自分に充足感をもたらす。
これも、愛希れいか(グッディ)と暁千星(王子)の真っ直ぐな個性が活きる配役です。

* * *

『BADDY』のテーマは、“抑圧された自己の解放”です。

「善いこと」も「悪いこと」も、判断基準は自分の心。

自分にとっての「ワルいこと」「人目を気にせず、本当にしたいこと」を探して生きよ。
自分以外の誰かの幸せのための「いいこと」を為せ。

世間が望む「いい人」であろうとするあまり、自分を見失うことはない。
「善と悪」「白と黒」を行きつ戻りつ、自分が一番心地よいと感じるところを探れ。

Be Free!

これが、天衣無縫の“大悪党”バッディからのメッセージだと感じました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○BADDY関連記事はこちら↓
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**