FC2ブログ

人のセックスを笑うな―パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)のピンクライト│I AM FROM AUSTRIA

「パブロとフェリックスのピンクライトについて、どう思うか?」とお尋ねがありました。
パブロ(暁千星)がフェリックス(風間柚乃)に一目惚れした瞬間、ふたりがピンクライトに包まれる演出(東京公演のみ)のことですね。

「同性愛を揶揄するものではないか?の声が一部に上がっている」とのことですが、それは違うと思います。
あのピンクライトに“特定の性的指向で笑いを取ろう”との意図は感じません。
単なる「分かりやすさのための演出」でしょう。

宝塚の観客層は厚く、東西合わせて二桁を観るハードリピーターから、一回限りの団体客まで、個人差が大きいですね。
みんながみんな予習ばっちり、何度も繰り返し同じ演目を観るわけではないですから、「いま、ここで恋が生まれた」ことをハッキリ悟らせないとラストシーンで盛大に「???」に陥ってしまう恐れがあります。

サッカー選手とホテルマンが?いつの間に?なんで??…と。

『IAFA』のように常に大人数が舞台に乗りっぱなしの作品は尚更。
一回こっきりの観客が出演者全員に神経を配るのは難しいものです。
特に、生徒の見分けがつかない宝塚初心者にとっては。

私の結論は「ピンクライトは演出家の親切であり、それ以上でもそれ以下でもない」です。

人のセックスを笑うな


『IAFA』のピンクライトに同性愛をネタ化する意図はなかったと思います。
しかし、いい機会なので、同性愛を含むLGBTsと宝塚歌劇について思うところをまとめます。

LGBTsを扱った宝塚作品で思いつくのは、『ニジンスキー』『グランドホテル』『A-EN』『王妃の館』『BADDY』『蘭陵王』などなど…

今回は宙組の『王妃の館』の黒岩源太郎(蒼羽りく)を例に挙げます。
ツアー仲間の近藤誠(澄輝さやと)と恋に落ちる源太郎。

彼女の台詞「あたしなんて、おかまよ!」への観客の反応はさまざま。
眉をひそめる方、拒否反応を示す方。
そして、笑う方。

マコちゃん(澄輝さやと)の恋と、宝塚におけるセクシャリティの表現│王妃の館

“おかま”というセンシティブな単語をあえてチョイスする真意。
それは何か?

言葉は単独で存在することはなく、必ず前後に別の言葉がつながるものです。
黒岩源太郎という人物がどんな意図で、この言葉を使ったか。
芝居の文脈をなぞれば、その意図は明白です。

演劇に限った話ではありませんが、文脈を無視し、単語ひとつを取り上げて「差別」「不謹慎」「不適切」と非難するのは、単なる言葉狩りですね。

問題は「あたしなんて、おかまよ!」で爆笑する客席にあります。
なぜ笑いが起きるのか?

山崎ナオコーラのデビュー作『人のセックスを笑うな』。
初めて聞いたとき、いいタイトルだな、と思いました。

「他人の性別、性自認、性的指向、性行為を笑いで消費するな」を端的に示す言葉。
それらを笑いものにする描写に触れるたび、頭に浮かぶフレーズです。

なぜ笑うのか考えてみよう


誤解を恐れず言うなら、笑う人がいてもいいのです。

ピンクの照明で強調される男同士の恋の始まり。
内股で歩き、小指を立て、女言葉を話す男性振付家や美容師のキャラクター設定。

それらが舞台に現れたら、笑う。
それがエンターテイメントにおけるセクシャルマイノリティへの“正しい反応”であるという刷り込み。
しかし、社会はもはや、そのフェーズにありません。

“おかま”“オネエ”“ホモ”というワードに、条件反射で笑うのもいいでしょう。
しかし、アハハと声を出した後に、ちょっと考えてみることが必要です。

なぜ笑ったの?
なにが可笑しいの?
一体なにが自分の笑いを引き出したの?
冷静に考えれば何も滑稽なことはないでしょう。

自分が望む姿で生きたいと願う人。
自分が望む相手を愛したいと思う人。
ただそれだけ。

誰かが誰かを愛してる。
誰かと誰かが愛し合っている。
ただそれだけのことです。

LGBTsに対する意識は、世代間や地域間、個人を取り巻く環境により、温度差が大きい現在。

宝塚歌劇でLGBTsが取り上げられることは、そのギャップを埋めるのに一役買っているのもしれません。
前回の記事で書いた通り、パブロとフェリックスの恋が適切に描かれたのは、演じ手の暁千星さんと風間柚乃さんの功績によるところが大きいですね。

ふたりの役者としての知性が、パブロとフェリックスを舞台に息づかせたのです。

パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)―当たり前に存在するひとつの愛の形│I AM FROM AUSTRIA

他人の“セックス”を笑ってもいい。
しかし、笑いっぱなしで終わってはいけません。

なにがどう可笑しいのか考えてみることが大切です。
もしかしたら、可笑しがるあなたこそが“おかしい”のかもしれませんよ。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『I AM FROM AUSTRIA』関連記事はこちら↓
パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)―当たり前に存在するひとつの愛の形│I AM FROM AUSTRIA
美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA
五つ星獲得なるか!?話題作『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』に月組が挑む!
スポンサーサイト



パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)―当たり前に存在するひとつの愛の形│I AM FROM AUSTRIA

パブロ(暁千星)とフェリックス(風間柚乃)の結末。
宝塚における愛の表現のターニングポイントと言ってよいでしょう。

男と女が出会って恋に落ちるのと同じように、男と男が出会って恋が始まる。
そこに何のエクスキューズもないことに新鮮な感動を覚えました。

暁千星と風間柚乃の芝居に唸る


「大切な人を見つけた、セニョール・フェリックス・モーザー」
満場の中、高らかに宣言するパブロ。
一瞬のためらいをみせつつ、やがて彼を受け入れるフェリックス。

印象的だったのは、パブロが真正面からフェリックスを抱きしめる瞬間。
力強い抱擁に息を呑むフェリックス。
彼が感じた胸の高鳴りが、私の心にもしっかり届きました。

この時点でふたりの仲はどのくらい深まっていたのでしょうか?
舞台から受ける印象では、ある程度までは進んでいたように思います。
少なくとも「フェリックスの気持ちもパブロに傾いている」と言えるほどには。

しかし、それからどうなるか?
フェリックスの心を想像してみました。

パブロが自分に一目惚れをした。
自分も満更ではない。
でも、この先はどうなる?
自分たちはどこへ向かうのか?
パブロは何を考えているのか?どうするつもりなのか?

その答えが出たのが舞踏会のシーン。
パブロの宣言により、恋の方向性が定まりました。

人気サッカー選手であるパブロが、世界に向けて「フェリックスを愛している」と発信する。
これは彼自身のカミングアウトでもあります。
その決断と覚悟。

パブロの愛は真実であり、フェリックスはそれを感じ取った。
だから、フェリックスはパブロの気持ちに応えた。

フェリックスの不安や迷いをひとつひとつ解きほぐそうとするように根気強く愛撫を続けるパブロ。
固かった表情が次第にほどけ、おずおずとパブロに応えるフェリックス。
しっかりと受け止め、さらなる熱量で返すパブロ。
その姿勢に、この先ふたりの間に何が起ころうとも真摯に向き合い、問題を乗り越えていくだろうことが容易に想像できました。

この間、台詞は一切なし。
しかし、ふたりの間にどんな感情の動きがあったかは、互いに向ける視線や表情、仕草を見れば明らかです。

愛のキャッチボールの中、ふと、何かの確信を得たように明るい笑いを浮かべるフェリックス。
ふたりの心が溶け合い、ひとつの愛が生まれる瞬間が余すところなく伝わる、こまやかな愛の表現に唸りました。

特に、幕が下りきるまでの短い時間でフェリックスの心の変化をきちんと表したおだちん(風間)の芝居には恐れ入りました。
巧い!

パブロの宣言が意味すること


魅力的なキャラクターいっぱいの『IAFA』。
なかでも心惹かれたのが、ありちゃん(暁)演じるパブロ・ガルシア。

フェリックスをリードするパブロ。
ここまで強く、匂い立つような男役の色気を、ありちゃんに感じたのは初めてです。
いつの間に、こんなにもエレガントな紳士を演じられるようになったのか?
男役の色気=包容力であると再認識しました。

以前の記事にも書きましたが、パブロの人柄を示すふたつの台詞が好きです。
「エマ、好きな人がいるんでしょ?」
「僕は君の味方だよ」
美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA

他人を包み込む優しさはあるが、決して必要以上に踏み込まない。
繊細な心の持ち主、パブロ。
また、非常に怜悧な一面も魅力です。

パブロは舞踏会の宣言で三つの目的を果たしました。

ひとつめは、愛する人を守ること。
サッカー界の花形である自分は常に人目にさらされている。
フェリックスとの関係を「スクープ!」という形で汚されるのは避けたい。
ならば、先んじて自分の口から宣言してしまおう。

ふたつめは、エマの恋の後押し。
自分には愛する人がいるので、エマとは結婚しない。
ジョージとお幸せに。

みっつめ、これはパブロにとって最も重要な意味を持っていたかもしれません。
先程も書いた“カミングアウト”です。

ひとつめとも通じますが、望まぬ形でアウティングされるより、自らの手でクローゼットの扉を開けることを選んだ。
これは彼の尊厳の問題です。

ナブラチロワの頃とは時代が変わったとはいえ、スポンサーへの配慮などもあったでしょう。
パブロほどの選手ならば、あの宣言は彼の一存ではなく、エージェントらと協議を重ね、慎重に行われたことと思います。
決して一時の激情にかられての行為ではないのです。

その決断の重さ。
だからこそ、フェリックスが「否」と言わないほどに自分に気持ちが傾いているという確信を得ていた、と推察できるのです。
そして、パブロは一世一代の公開告白に踏み切った。

断られない保証があったから愛を告げる。
これは決してパブロの保身ではありません。
すべてはフェリックスを守るためです。

フェリックスの答えが「否」だった場合、心ならずも彼が世間の好奇にさらされてしまう。
そもそもフェリックスが「否」を告げようにも、衆人環視の中、意志薄弱の傾向がある彼にそれができるはずがない。
愛する人に無用な苦しみを与えるのはパブロの本意ではないでしょう。

当たり前に存在するひとつの愛の形


聞くところによると、ウィーン版では彼らはカップリングされないとか。
パブロとフェリックスのエピソードは宝塚版独自の設定なのですね。

ふたりの描き方についてはウィーンサイドからかなり細かい要求があった、とも。
それが真実ならば、表現の繊細さに合点がいきます。

同性同士であることに取り立てて言及せず、当たり前に存在するひとつの愛の形として描写する。

これはありちゃんとおだちんの力によるところが大きいですね。
彼女らは自分たちが演じる役をよく理解しています。
宝塚という特異な集団の中で、どのように演じるか、どこまで演じるか。
緻密な計算の上に成り立つ、パブロとフェリックスだったのです。

目に見えぬ制約をクリアし、ひとりの人間として舞台に息づかせる。
作品と役への敬意が為せる業でしょう。
それゆえ、深く観客の心に刻まれたのです。
いいお芝居をみせていただきました。

ありちゃん、おだちん、月組の皆さま、齋藤吉正先生。
ありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『I AM FROM AUSTRIA』関連記事はこちら↓
美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA
五つ星獲得なるか!?話題作『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』に月組が挑む!

輝月ゆうまが蓮つかさのフィアンシー!?│ON THE TOWN

月組ファンお待ちかね、『ON THE TOWN』全キャストが明らかになりました!
月組 東京国際フォーラム ホールC公演『ON THE TOWN』その他の配役決定

大都会ニューヨークに3つの恋の花が咲く『ON THE TOWN』。
主人公ゲイビー(珠城りょう)と、そのお相手アイヴィ・スミス(美園さくら)は発表済。
目下の関心は何と言っても、チップ(暁千星)とオジー(風間柚乃)の恋人役を、どなたが射止めるか?

「チップはタクシー運転手のヒルディに迫られ、オジーは人類学者のクレアと出会う」

・ヒルディ・エスターハージー【タクシー運転手】→白雪さち花
さち花お姉さまに迫られるありちゃん(暁)。
たじたじでしょうねー。
想像するだけで可愛い!

* * *

・クレア・デ・ルーン【人類学者】→蓮つかさ

れんこんちゃん(蓮)???

何かの間違いと思い、リロードしましたが表示は変わらず。
れんこんちゃんが娘役!?
しかも、トリプルヒロインのひとり!?

昨日(11月21日)の読売新聞夕刊の連載『タカラヅカ新たなる100年へ』で、おだちん(風間)がオジー役について「お調子者で女性が大好きな、『ワイルド担当』」と話してらしたのです。

昨夜は「へー、楽しみ!」としか思いませんでしたが…
お相手がれんこんちゃんとなると受け止め方が違ってきますね。

「女性が大好き」「ワイルド担当」なおだちん!
いろいろ楽しみになってきました!

* * *

頭の整理が追いつかないまま配役表を見直すと、さらなる爆弾が!

・ピットキン【クレアの婚約者】→輝月ゆうま

まゆぽん(輝月)がれんこんちゃんのフィアンシー!?

混乱しすぎて脳みそがショートしそう!
『雨に唄えば』で、デクスター監督(♂)とリナ(♀)を演じたふたり。
今度は男女逆転ですね。
とはいえ、美男美女な二人には違いありません。
こちらも楽しみ!

* * *

少人数公演のため、上級生のお兄さま方が八面六臂のご活躍!

ゆりちゃん(紫門ゆりや)も、からんちゃん(千海華蘭)も共に3役。
芸達者な二人の変幻自在ぶりを観るのも楽しみ!

歌唱力に優れた娘役、はーちゃん(晴音アキ)とせんりちゃん(麗泉里)に「歌手」が当てられたのも嬉しい。
たっぷり美声を響かせていただきたいものです。

それにしても、ポスター画像を見るかぎり「明るく爽やかな若者たちの恋物語」のイメージだったのに…
「すっきり爽やかカルピスと思って飲んだら、実はこってり甘~い特濃練乳だった」みたいな気分です。

○『ON THE TOWN』関連記事はこちら↓
サクラサク!月組次期トップ娘役に美園さくらさん&新演目『ON THE TOWN』上演決定!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

望海風斗×真彩希帆コンビにぴったり!「希望」という薔薇がある!│神代植物公園 秋のバラフェスタ2018

「○○という薔薇がある!」シリーズ第三弾は…

希望!
img-20181013_10.jpg
雪組トップの望海風斗さんと真彩希帆さん。
「希望コンビ」にぴったりの薔薇を見つけました。
若々しく燃え上がる、夢や憧れの炎のような花姿。
エネルギッシュな二人の舞台姿に重なります。

前回、月組トップスター珠城りょうさんと同名の薔薇「たまき」について書きましたが、なんと「のぞみ」「くれない」という薔薇もあるそうです。
情報をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございました。

雪組の望海風斗さん、星組の紅ゆずるさん。
各組トップさんと同じ名前の薔薇。
どんなお花でしょう?
早速調べてみました。

「のぞみ」は、白から淡いピンクのグラデーションが美しい一重咲きのつるばら。
楚々と可憐な姿です。

「紅(くれない)」は、その名の通り真っ赤な薔薇。
華やかで情熱的。
「薔薇」と聞いて真っ先に浮かぶ、薔薇らしい薔薇のイメージです。

残念ながら「あすみ」「まかぜ」は見つからず。
宝塚ファンの育種家さんがいらしたら今後開発されるかも?

トップ娘役さんのお名前では星風まどかさん。
「madka(まどか)」がありました。
淡いピンクのシフォンを重ねたような花びらは娘役さんのドレスを思わせます。

他、生徒さんと同じ名前の薔薇はこちら。

・暁(あかつき) → 月組・暁千星さん
・うらら → 花組・春妃うららさん
・花音(かのん) → 宙組・花音舞さん
・みのり → 星組・音波みのりさん
全生徒で4人しか当てはまらないのに、トップさんは10人中4人なんて驚きですね。

OGでは「大地真央」。
大地さんの芸能生活30周年を記念して名付けられたそう。
素敵なエピソードですね。

こちらは故天津乙女先生のお名前を冠した「天津乙女」。
img-20181013_12.jpg
「バラフェスタ」では毎回開花時期を逃しており、先日ようやく見ることが叶いました。
月光を思わせる優しいクリーム色。
奥ゆかしいほのかな香りが印象的。

演目にちなんだ薔薇は『グランドホテル』。
img-20181013_1.jpg
春に見たときより、だいぶ花数が少なく寂しい感じがしました。
満開を楽しむなら春のバラフェスタがお勧め。

ちなみに、花組トップスター明日海りおさんと同名の薔薇はありませんが、「あすみ」というみかんがあると教えていただきました。
名前の由来は“明日の柑橘産業を担うように”。
非常に糖度の高い美味しい柑橘だそうですが、新品種のため収穫量が少なく、市場にあまり出回っていないとのこと。
どんなお味か気になりますね。

「のぞみ」について教えてくださったm様。
「のぞみ」「くれない」そして「あすみ」について教えてくださったk様。
ご親切にありがとうございました。
ご厚意に重ねて御礼いたします。

※薔薇の名前はこちらのサイトを参照いたしました。
薔薇がいっぱい

○関連記事はこちら↓
「たまき」という薔薇がある!
ピンクの薔薇だけ集めました!神代植物公園 2017春のバラフェスタ(3)
殿堂入りの薔薇を見に出かけよう!神代植物公園 2017春のバラフェスタ(2)
“グランドホテル”という薔薇がある!宝塚ファン視点の神代植物公園 2017春のバラフェスタ(1)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ

〽ワルいことがしたい いい人でいたい
「悪いこと」の対が「善いこと」でないのがミソ。

自分の欲求としては「悪いこと」がしたいけれども、それによって世間から後ろ指を指されるのはイヤ。
周りから見て「いい人」でありたい。
これは誰にしも思い当たる気持ちではないでしょうか。

人間は社会的な生き物ですから、世の中からの評価を避けては通れない。
だからこそ、枠組みの外にいるバッディたちが魅力的に映るのでしょう。

「あれはダメ」「これもダメ」冗談じゃねえ!!

もろもろの決まり事を吹き飛ばすバッディ。

「○○なら、こうあるべき」「□□なら、こうすべき」邪魔よ、どいて!

心のままに振る舞うスイートハート。

* * *

初めて「ワルいこと」に触れたピースフルプラネットの住民たちの反応はさまざま。

退屈していた王子様は、バッディへの憧れを原動力にゆりかごを飛び出し、「正義のため生きる」。

自信喪失していたポッキー巡査は、バッディと行動を共にするうち、「本当の男のカッコよさ」を知り、自らの意志に殉ずる。

そして、忘れていた感情が甦り、「生きている実感」を取り戻したグッディ捜査官。

* * *

人間の行いは、悪事のみ、または善事のみに傾くものではない。

悪党バッディですら、ときには「善いこと」をします。
落ち込むポッキー巡査をなぐさめ、モテるコツを教えるよう恋人に委ねる。

バッディは損得を勘定しない男なのでしょう。
思いつくまま、心のままに動く。
その無邪気さがたまらなく可愛い。
バッディから溢れ出す愛嬌。
これは、男役・珠城りょうの貴重な持ち味です。

さて、「ワルいこと」が自分の欲求を叶えるものだとしたら、「いいこと」は何を指すのでしょう?
バッディの行動からも分かるとおり、己のためでなく他者の利益になる行為ですね。

グッディや王子が歌う「この地球(を)守る使命だから/正義のため生きる/みんなの期待(に)応え/みんなのためなら勇気100倍」。

「誰かのため」「みんなのため」が彼らの行動原理なのです。
「いい人」であろうとして行う「いいこと」ではなく、誰かのために動くことが自分に充足感をもたらす。
これも、愛希れいか(グッディ)と暁千星(王子)の真っ直ぐな個性が活きる配役です。

* * *

『BADDY』のテーマは、“抑圧された自己の解放”です。

「善いこと」も「悪いこと」も、判断基準は自分の心。

自分にとっての「ワルいこと」「人目を気にせず、本当にしたいこと」を探して生きよ。
自分以外の誰かの幸せのための「いいこと」を為せ。

世間が望む「いい人」であろうとするあまり、自分を見失うことはない。
「善と悪」「白と黒」を行きつ戻りつ、自分が一番心地よいと感じるところを探れ。

Be Free!

これが、天衣無縫の“大悪党”バッディからのメッセージだと感じました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○BADDY関連記事はこちら↓
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**