FC2ブログ

愛月ひかる、スターの煌めき│ESTRELLAS

星組全国ツアーの感想、第4弾はショー『ESTRELLAS ~星たち~』の愛ちゃん(愛月ひかる)について。

お芝居『アルジェの男』の感想はこちら。
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男

ウェルカム!「ザ・男役」愛月ひかる


星組全国ツアーの収穫のひとつに「星組×愛月ひかる」の相性の良さを確認できたことがあります。

愛ちゃん(愛月)の専科異動後初舞台が星組と知ったときは「おっ!」と思いました。
いいじゃないですか!
“青いミラーボール”星組ד濃紫のベルベット”愛月ひかる。
どんな相乗効果をもたらすか、わくわくしかありません!

骨太な芝居らしい芝居、スターの素の魅力を引き出すショー。
新生・愛月ひかるのデビュー戦には申し分ない二本立てです。

正統派二枚目から宝塚の枠を超える汚れ役まで、広い役幅(と肩幅)を誇る愛ちゃん。
こってり濃厚な「ザ・男役」が星組に加わる。
ウェルカム!ウェルカム!です!

愛月ひかる、スターの煌めき


素晴らしかったのは「星サギの夜」。
愛ちゃんが舞台に現れた瞬間、鳥肌が立ちました。
純白の衣装をまとった愛ちゃんの姿が、ぐーんと大きく見え、劇場を覆い尽くすように思えたのです。

きらきら明るい輝きをまとった愛ちゃん。
黒い役も似合うけど、やっぱり愛ちゃんは「白い貴公子」だな~~

そして、歌!
すっごく上手になってる!!

愛ちゃんの歌を聴いたのは、昨年末の宙組公演『白鷺の城/異人たちのルネサンス』以来。
技術はもちろん、歌声に艶と深みが増していて、驚きました!

専科に異動されてから短期間で、ここまで上達されるなんて凄い!
愛ちゃんがどれだけ努力を重ねてこられたかが伝わってきました。

〽あれがシリウス リゲル プレアデス
満員の劇場を眺め渡しながら歌う愛ちゃんの指先の向こうに、たしかに“無限の宇宙”の広がりが見えました。

同時に、優しく包み込まれるようなぬくもりも感じました。
「慈愛」ともいうべき温かな眼差し。
心洗われるような感動を覚え、大好きな「星サギの歌」がまた更に好きになりました。

なにより印象的だったのは、愛ちゃんの圧倒的な華。
トップスターのために作られた場面ですから、真ん中に立つ方の存在感が引き立つのは当然ですが、その場の空気を一気に“愛月ひかる色”に染める力に、胸を打たれました。

劇場を支配する。
これは誰にでもできることではありません。

スターとは観客に“感動”を与えられる人。
舞台のどこにいても、ファンの心を動かすことができる人は「スター」です。

この目で観て、耳で聴いて、心で感じた愛ちゃんの「スターの煌めき」。
この場面を観るためだけでも仙台に行った甲斐がありました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アルジェの男』関連記事はこちら↓
芝居を適切に楽しむための語彙力│アルジェの男
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男
礼真琴、ありがとう!―生まれ変わり、輝きを増した『アルジェの男』
朝水総督おめでとうございます!ところで、アンリはどこへ行った?│アルジェの男
そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』
スポンサーサイト



芝居を適切に楽しむための語彙力│アルジェの男

宝塚は全組観劇派の私。
一年中ほぼ休みなしの公演の波に、感想を書くのが追いつかず、埋もれてしまうことがあります。

初夏に行われた星組全国ツアーもそのひとつ。
年を越してしまわないうちに、残しておきたい感想をUPしておきます。
『アルジェの男』観劇記録はこちら

芝居を適切に楽しむための語彙力


やや古風な言い回しが多い『アルジェの男』。

観劇後、友人に「タタキって何?」と訊かれました。
ジュリアンの台詞にある「たたきと殺しはやってない」ですね。
「たたき」は「強盗」の隠語ですが、いっぱしの悪党ぶった彼もさすがに「強盗」「殺人」にまで手を染めてはいないということですね。

ワルぶってはいるけれど、せいぜい街のチンピラ風情のジュリアン。
ひょんなことから成功の糸口を掴むが、昔なじみの格上のワル(ジャック)に目をつけられ、破滅していく。

ジャックに脅されたとき、彼が既にたたきや殺しに手を染めていた男であったなら、結末は違っていたでしょう。
己の保身のために邪魔者を即排除するに至らなかったジュリアンの「平凡」な青年らしさが、彼自身の寿命を縮めたとも言えます。
「たたきと殺しはやってない」は、それが良く表れた台詞です。

「たたき」はおよそ半世紀前(1974年)の初演時には、すんなり通じていたのでしょうか?
他にも、現代では一般的でない言葉、文語的な表現がたびたび登場する柴田侑宏作品。

たとえば、ジュリアンの歌。
〽きらきら光る 黄金の旨酒を
「旨酒(うまざけ)」も耳で聴くと、一瞬「馬酒」を連想しちゃったりして…

ジュリアンの野望と絶望が交錯する大切な場面。
ここはどうしたって「黄金の旨酒」でなくてはいけません。
「金色の美味しい酒」では間が抜けます。

作品に独特の香気を与える言い回し。
非日常の言葉だからこそ生み出せる感動や満足
演じ手のためにも、観客のためにも、そして次代の作品を生み出す座付き作家のためにも、ときにはこんな作品を上演することも必要です。

未知の言葉を噛み砕くことに意識を取られると、物語の理解がおろそかになりがち。
結果として、本来得られるはずの感動が浅くなる。
それではあまりにもったいない。
「芝居」を面白く味わうためにも、耳から入った音を適切に処理して、正しく脳内変換できるよう、語彙力を高めたいと思います。

他に耳慣れないのは、ジャック(愛月ひかるさん)の「総督と鉢合わせするなんざぁ、いい辻占だ」の「辻占(つじうら)」でしょうか。
(陥れようとしていた)総督と鉢合わせなんてツイてる、といった感じでしょうか。
なぜか、べらんめえ口調なジャック…

仙台公演の思い出


私が行ったのは仙台公演。
すっごく楽しくて大満足でした!
会場の「仙台銀行ホール イズミティ21」は音響も良く、広々と見やすいホールでした。
東京からたったの1時間半だし、また行きたいですね。

普段なかなか会えない友だちと一緒だったのも嬉しかった!
めちゃくちゃタイトスケジュールでしたが、美味しい牛タンを食べて、おしゃべりして…
楽しかった~~

お土産はもちろん、礼真琴さんがイメージキャラクターを務める菓匠三全さんの「萩の月」!
ボランジュ邸でのアドリブで「これでもか!」とアピールされて食べたくなっちゃいました。
いつ食べても、ふんわりまろやか~~

『アルジェの男』は、あっけない幕切れが特に好き。
(初めて観たときはポカ~ンでしたけど)
蛇足を付け加えては台無しです。

気になった生徒さんについて


2011年月組版で千海華蘭さんが演じられたピエール(礼真琴さん演じるジュリアンの取り巻き)。
今回の星組版で、登場第一声「いいなぁ」と思ったら天飛華音さんでした。
憧れのジュリアンが手の届かない存在となったのを察し、本を地面に叩きつけて去る様子が切なかったですね。

そしてなんと言っても、はるこさん(音波みのり)!
一途にジュリアンを慕う、健気なヒロインを好演されました。
さまざまな想いのこもった「ジュリアン!」の言い方が耳に残ります。

全国ツアー当時は想像だにしなかった、愛ちゃんの組替え。
まさか再び、琴×愛×はるこの並びが見られるなんて…
『眩耀の谷』で3人がどのように絡むのか、楽しみです!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アルジェの男』関連記事はこちら↓
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男
礼真琴、ありがとう!―生まれ変わり、輝きを増した『アルジェの男』
朝水総督おめでとうございます!ところで、アンリはどこへ行った?│アルジェの男
そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』

輝き、ひかる星になれ!星組生・愛月ひかる誕生│組替えについて、私の考え

本日付で専科の愛月ひかるさんが星組へ異動されました。

今年5月、礼真琴さん率いる星組の全国ツアー『アルジェの男/ESTRELLAS~星たち~』で共演され、「星組と相性抜群!」と好評を得た愛ちゃん(愛月)。
まさか、そのまま星組子になられるとは!
こんなことってあるんですね~~

まだ出演されていない組との化学反応も観てみたかったですが…
ともあれ、おめでとうございます!

タカラジェンヌ・愛月ひかる


大切な友人Sさんの大好きなタカラジェンヌ、愛月ひかる。
出会った当初から一貫して愛ちゃん一筋だったSさん。
彼女の真摯で熱い想いを聞くうち、徐々に私にとっても気になる存在になっていきました。

なんといっても、お芝居がいい!
好きな役は『王妃の館』の金沢貫一と、『神々の土地』のラスプーチン。
正統派二枚目でありながら、その枠に収まりきらない幅広い人間性を表現できる役者としての愛ちゃんに心惹かれます。

そして、愛ちゃんのスター性に圧倒された、『不滅の棘』のエロール・マックスウェル。
「これは絶対面白い!」という予感に従い、劇場に向かった私。
観てよかった~~
“私的ヅカ名作”三本の指に入る大好きな作品です。

王妃の館で一番カッコいいのは金沢貫一(愛月ひかる)だと思うのです
ラスプーチンが動けば、物語も動く―愛月ひかるが果たした役割とは│神々の土地
見よ!愛月ひかるの圧倒的「主役力」│不滅の棘

このまま宙組で…と思った矢先の専科異動。
驚きましたが、これは愛ちゃんにとって大きなチャンスと受け止めました。

専科生として初めての出演はどこか?わくわくしながら待っていたら…
なんと星組!
そうきたかーーー!

「星組×愛月ひかる」の相乗効果はどのようなものか。
結果は素晴らしいものでした。
お芝居では濃密な悪の色気、ショーでは圧倒的スター性で観客を魅了した愛ちゃん。
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男

そして、星組へ。
全国ツアーへの特別出演が異動ありきだったのか、相性をみての判断だったのか。
いちファンには知る由もありませんが…
実際に舞台を観た印象では「星組×愛月ひかる」は「互いに補い合うプラスの関係」であるように感じます。

短い専科生活でしたが、愛ちゃんが得たものは大きいと思います。
環境の変化は、人に多くの気づきを与え、成長させます。

こってり濃厚、クラシカルなスターの風格を醸す愛ちゃん。
どなたかが「ミスター・タカラジェンヌ」と仰ってて、なんてぴったりな称号かと思いました。
心・技・体ともに大きくなった愛ちゃんの、星組でのご活躍が楽しみです。

組替えについて、私の考え


皆さまは組替えについて、どのようにお考えになりますか?
生徒さんにとっては基本的に「栄転」と思いますので、私は肯定的にとらえています。

私自身の転職経験に照らし合わせても、宝塚の組替えは可能性を広げる良い機会だと考えます。
転職というか、私の場合は「うちに来ない?」と誘われたので、要は引き抜きですね。

一般企業の引き抜きと、宝塚歌劇団の「組替え」は似ています。
宝塚における「退団」が転職ですね。

所属する組や環境が変わること。
今まで従ってきた常識に揺さぶりをかけること。
他力(組替え)か自力(退団)かの違いはありますが、その生徒さんにとって大きな転機であることに違いはありません。

愛ちゃんに続き、11月25日には花組から綺城ひか理さんが星組へいらっしゃいます。
また、12月23日には星組の紫藤りゅうさんが宙組へ。
いずれも脂が乗った男役盛りのふたり。
異動先の組に新しい風を吹かせ、ガラリと空気を変える、即戦力としての働きが期待されます。

求められるうちが華。
慣れ親しんだ環境を離れるのは寂しいかもしれませんが、宝塚はひとつ。
どの組にいても、目的は観客を魅了する舞台を作ることに変わりはありません。

新しい環境で、新しい花を咲かせ、豊かな実を結ばれますよう、エールを贈ります。

輝き、ひかる星になれ!


愛月ひかると綺城ひか理が加わった新生星組のスタートは、来年2月の大劇場公演『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』から。
眩耀(ゲンヨウ)とは「まばゆいばかりに光り輝くこと。まぶしくて目がくらむこと」。

さらに専科より特出の華形ひかるさんも加わると「ひかる・ひかる・ひかり」と光りまくり。
さらにさらに、大真琴・咲玲央・きらり杏・えりせ・夕陽真莉あん・瞳きらりと、輝き、煌めきまくる星組生 笑

星組、眩しすぎーーー☆彡☆彡

新生星組に関わるすべての生徒さんが、輝き、ひかる星となりますように!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開

星組新トップコンビお披露目公演『眩耀の谷』のヴィジュアルが公開されました!
宝塚歌劇団公式サイト

いい!最高!!

いつかお前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!礼真琴の決意


なんか…いいですね!
初々しくて、いかにも「新トップコンビお披露目」って感じ!

琴ちゃん(礼真琴)はキリッと男っぽくて、カッコいい!
寄り添うひっとん(舞空瞳)は愛くるしくて、たおやか…
とってもお似合い!

一番のポイントはふたりの手!
そっと差し出されたひっとんの左手を、優しく、しかし、しっかりと包み込む琴ちゃんの右手!

いい!最高!!

『食聖』のリー・ロンロンの台詞、「ホン・シンシン(紅ゆずる)、見てろよ!いつかお前以上に幸せになってやるからな!」が早くも実現しそうな勢いじゃないですか~~

「琴ひと」が「紅あー」に負けないベストカップルになりますように…
いえ、なるに違いない!
そんな予感がします。

このふたりの並びって、計り知れないポテンシャルを感じるんですよね。
琴ひと率いる星組がどんな新しい世界を見せてくれるのか…
わくわくします!

思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷

新たなメンバーも加わり、さらにパワーアップする星組に期待!


この公演から、専科の愛月ひかるさん、花組の綺城ひか理さんが加わり、さらにパワーアップする星組。
お休みされていた拓斗れいさんも復帰されますね。

星組さんと愛ちゃん(愛月)の好相性は『アルジェの男』で立証済みですが…

華やかなスター性とクラシカルな男役の味が魅力の愛ちゃん。
豊かな歌声と篤実なお芝居が魅力のあかちゃん(綺城)。

おふたりと星組さんが合わさったときの化学反応が楽しみ!

豪奢な中華風コスチュームものにご縁が深い星組。
琴ひとの銀色と水色を基調に紅色をアクセントにしたお衣装、とっても素敵です。
ひっとんの外衣の水色と、琴ちゃんのベルトの石の色がリンクしているのもニクいですね~~

組子の皆さまもすごく似合いそう!
星の美男美女が、色とりどりの豪勢なお衣装をまとう姿を想像すると、ときめきます!

せおっち(瀬央ゆりあ)と、くらっち(有沙瞳)が似合うのは、『食聖』プロローグで立証済みですし。
はるこさん(音波みのり)の虞美人や、オレキザキさん(輝咲玲央)の蘇我蝦夷もお似合いでした。
組長さん(万里柚美)と、せーらちゃん(星蘭ひとみ)の絶世の美女っぷりも目に浮かびます~~
めちゃめちゃ観劇意欲が湧きますね!

そして、星は継がれていく


もうひとつ楽しみなのは、卒業された紅あーが観客として新生星組をご覧になること。
客席から観る星組はどんなふうに輝いているんだろう?って思います。

紅あーの星組も、あと10日。
なんだか全然実感が湧きません。
『食聖』と『Éclair Brillant』、この温かく美しい舞台が永遠に続くような気がして…

残りわずかな貴重な公演、一回一回を大切に、心を込めて観させていただきます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷』関連記事はこちら↓
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷

見果てぬ夢、紅ゆずる×愛月ひかるの競演が観たい!【妄想劇場:アポロンの迷宮】

まもなく専科から星組へ異動される愛ちゃん(愛月ひかる)。
琴ちゃん(礼真琴)との好相性は全国ツアー『アルジェの男』で立証済みですが…
ふと、「紅さん(紅ゆずる)と組んだら、どうなるんだろう?」と思ったのです。

生粋の宝塚ファンにして、独自の濃い男役像を確立しているふたり。

紅ゆずる×愛月ひかる。

バチバチ火花を散らす舞台、観てみたくありませんか

紅ゆずる×愛月ひかるで『アポロンの迷宮』が観たい!


ふたりの夢の競演にふさわしい作品は?
今の星組にぴったりの作品は?

ぱっと浮かんだのは、小池修一郎先生の『アポロンの迷宮』

舞台は20世紀初頭のパリ。
コモロヴァ国の王女ジュヌヴィエーヴ(毬藻えり)をめぐる、ジャン=ポール・バラン(日向薫)とマルセル・ド・モンテスキュー侯爵(紫苑ゆう)の恋の鞘当て。
実はジャン=ポールにはもうひとつ、貴族や金持ちだけを狙う「怪盗アポロン」という顔があり…

洒脱なネッシーさん(日向)、華やかなシギちゃん(毬藻)、重厚なシメさん(紫苑)の三つ巴に、元気はつらつなマリコちゃん(麻路さき)。
他キャストも男女共に層の厚い当時の星組にぴったりな演目でした。

小池作品は『アポロンの迷宮』や『All for One』など軽やかで肩のこらない娯楽作が私好みですね。

ちなみに、現在専科で大活躍のヒロさん(一樹千尋)、ハッチさん(夏美よう)、ジュンコさん(英真なおき)も組子でらっしゃいました。
なんて豪華な布陣なのでしょうね~~

妄想配役は…
ジャン=ポール・バランが紅さん。
マルセル・ド・モンテスキュー侯爵が愛ちゃん。

二人に取り合いされるジュヌヴィエーヴ王女はあーちゃん(綺咲愛里)。
実は王女にも秘密があり…
大どんでん返しのシギちゃんのチャーミングだったこと!
是非あーちゃんに演じて欲しい!

マリコちゃん演じる新聞記者、ミシェル・マレーは琴ちゃん。

大人の色気、愛ちゃんモンテスキューが観たい!


シメさんのモンテスキュー侯爵がですね、大人の男役の色気むんむんで凄かったんですよ~~
うろ覚えですが、コケシさん(花愛望都)演じる愛人テレーズ・ロランと夜明けのコーヒーを飲む的なシーンがありまして…

「愛人」という言葉すら、おいそれと口にすることもできなかった子ども時代の私。
この場面はどきどきでした。

紫色のガウンをまとい、しどけなくソファでくつろぐモンテスキュー。
ガウンと言えば、愛月ひかるでしょう!

紅あーにぴったり!甘~いハッピーエンド


ジャン=ポールに想いを寄せるイヴェット・ルノー(洲悠花)とテレーズがそれぞれに歌う「あなたの夢が見えない」という曲がとっても好きでした。
イヴェットはくらっち(有沙瞳)、テレーズは白妙なつさんで聴きたいですね~~

実は、ジュヌヴィエーヴの○○だった女官のコンスタンツァ(藤京子)と侍従のフルニカは、ゆずみさん(万里柚美)とみきちぐさん(美稀千種)以外に考えられません 笑

他にも今の星組メンバーで観たいお役がたくさん!

なんと言っても、ジャン=ポールとジュヌヴィエーヴの甘~いハッピーエンドは、紅あーにぴったり

見果てぬ夢、紅×綺咲×礼×愛月のカルテット


今となっては叶わぬ夢ですが…
一作くらい、紅×綺咲×礼×愛月のカルテットを観てみたかったですね~~

この4人って誰がどう組んでもばっちりハマるんですよ!
凄くないですか?

紅×綺咲はもちろん、紅×愛月、紅×礼。
綺咲×愛月も、綺咲×礼も、礼×愛月も…

さらに、ひっとん(舞空瞳)や、せおっち(瀬央ゆりあ)や、くらっちが加わったら…
ものすごくエキサイティングな舞台が生まれそう!
夢は果てしなく広がりますね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**