FC2ブログ

愛月ひかるが光ってる!小桜ほのかさんおめでとうございます!│2020年初夏星組一部の配役決定

お元日のあれこれもようやく落ち着き、一息ついたら…
初夏の星組二分割の一部配役が発表されてました!
劇団からのお年玉でしょうか!?

先日Twitterで「誰か私にお年玉くださーい」って言ったのが早速実現しちゃいました!
ありがとうございます!

演目発表から主な配役発表って、いつもこんなに短い間隔で行われるのでしたっけ?
普段あまり気にしたことがないので意外に早いんだなぁ…と。

愛月ひかるが光ってる!


まずは礼真琴さんと舞空瞳さん率いる全国ツアーチーム。
宝塚歌劇団│星組 全国ツアー公演『エル・アルコン -鷹-』一部の配役決定

主人公ティリアン(礼)に復讐を誓うイギリス海賊、ルミナス・レッド・ベネディクト役に愛月ひかるさん!!

『アルジェの男』に続き、琴×愛ガチンコ対決ですね!
楽しみ!!!

ところでなんですけど、ルミナス(Luminous)って「光る」とか「輝く」じゃないですか。

愛月ひかるが光ってる!

これって偶然ですか?

小桜ほのかさん、おめでとうございます!


専科の轟悠さん率いるシラノチーム。
最大の関心事は、ヒロイン・ロクサーヌをどなたが射止めるか?でしたが…
劇団からのクリスマスプレゼント!?温故知新、星から星へ受け継ぐ2つのドラマ│2020年初夏星組ラインナップ発表

『ロックオペラ モーツァルト』で素晴らしい活躍をみせた小桜ほのかさんに決定!

おめでとうございます!
宝塚歌劇団│星組 TBS赤坂ACTシアター/梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演『シラノ・ド・ベルジュラック』一部の配役決定

劇場の空気を一気にほのか色に染め上げたアロイジア・ウェーバーの「Bim Bam Boum ビン、バン、ブン」。
2019年のマイベスト歌唱賞でした。
『アルジェの男』アナ・ベルの透き通った歌声も見事でしたね。

昨年前半の休演を取り戻す勢いでの躍進ぶりが頼もしく、嬉しいです!

ロクサーヌと相思相愛となるクリスチャンはせおっち(瀬央ゆりあ)。
『ドクトル・ジバゴ』メンバー再集結??
せおっちパーシャの壮絶な死にっぷり、目に焼きついてます。
今回またしても…なのかな?

どちらの演目も楽しみ!
というわけで…

振り分け&その他の配役プリーズ!!!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
劇団からのクリスマスプレゼント!?温故知新、星から星へ受け継ぐ2つのドラマ│2020年初夏星組ラインナップ発表
スポンサーサイト



丹礼真(礼真琴)は真心あふれる真っ直ぐで誠実な人物?―漢字でひもとく眩耀の世界│眩耀の谷

オリジナル作品は初日まで全容が見えないだけに、想像の余地が大きくてワクワクしますね!
前回、登場人物をざっくりグループ分けしましたが、今回は役名の漢字表記について掘り下げていきます。
謎の男って誰!?管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?妄想が膨らむ『眩耀の谷』配役発表+グループ分け配役図

漢字でひもとく眩耀の世界


表意文字である漢字に関心が深い私。
古代中国を舞台にした『眩耀の谷』は、文字に注目すると更に面白さが増すように思います。

「雲」がつなぐ師弟の絆―捲殘雲(礼真琴)と狩雲霄(輝咲玲央)│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
紅悠智露、七海弘希―漢字から紐解くサンファンの世界│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

まずは時代背景から。
みつるさん(華形ひかる)演じる宣王は、実在した周朝の第11代王(前828年-前782年)ですね。
国が乱れる春秋戦国時代直前の治世です。

周の統治下に置かれることになる汶国は架空の国、亜里の地と眩耀の谷は架空の場所のようです。

物語を読み解くキーワードになりそうな「汶」は手持ちの辞書には見当たらず。
調べておきます!

「眩耀=まばゆく輝く」の意味ですから、これはストレートに“黄金の谷”を指すと考えてよいでしょう。
ラストシーンは大判小判のシャワーを浴びる琴ひと??
(それは八つ墓村)

丹礼真は真心あふれる真っ直ぐで誠実な人物?


礼真琴さんの役、丹礼真(たんれいしん)。
「礼真」は礼真琴から採ったのは明らかですね。
「丹」は「礼真」との響きの良さでつけたのでしょうか?

丹…1.あか、あかい色 2.まごころ
礼…1.作法や儀式 2.うやまう、敬意をはらう 3.感謝の気持ち
真…1.まこと、ほんとうの 2.嘘や偽りのないこと

丹礼真の名前からは、真心あふれる真っ直ぐで誠実な人物像が浮かびます。
そして星組ファンに馴染みのある「あか」と言えば、「紅」の字を思いつきます。
先代トップスター紅ゆずるさんにゆかりを感じて嬉しいですね。

周国の人々―男役編


名前表記が漢字の人は周国民と仮定します。
いつもどおり文字の並びから適当にこじつけましたが、意外と役や生徒さんのイメージに合ってるような気がします。

天寿光希さんの「慶梁(けいりょう)は、喜びの架け橋。
大輝真琴さんの「百央(びゃくおう)」は、沢山のものの中心。
愛月ひかるさんの「管武(かんぶ)」は、戦(いくさ)を司る。
漣レイラさんの「興陽(こうよう)」は、能動的、盛んなもの。

ちょっと毛色が違うのが、桃堂純さんの「金光竜(きんこうりゅう)」。
「金」が姓かと思いましたが、「丹 礼真」は姓と名の間がスペースで区切られていますので、「金光竜」でひとつの名前のようです。

文字通りにとらえれば、金色に光る竜ですが…
慶梁や百央とは雰囲気が異なりますね。
周国の人間ではないのか?
それとも彼らとは身分が違うのか?
気になる存在です。

周国の人々―娘役編


音波みのりさんの「敏麗(びんれい)は、賢く、麗しい。
有沙瞳さんの「春崇(しゅんすう)は、尊い春。
小桜ほのかさんの「瑛琳(えいりん)」は、水晶などの美しい玉。

字面だけでも艷麗な美女軍団が目に浮かびますね。
後宮の女性たちでしょうか?
宣王(華形ひかる)の正室は王后(華雪りら)と思われますが、はるこさん(音波)らが妍を競うさまは目の保養です。

汶国の人々


汶族の名前は、瞳花を除き、すべて片仮名表記。
「紀元前の中国大陸に西の地からやってきた流浪の民」とありますが、ウルマン(天希ほまれ)、ザファル(湊璃飛)あたりはいかにも西方の香りがする名前ですね。

それにしても、汶族の女性陣はアルマ(夢妃杏瑠)、ヌル(紫りら)、ヨナ(音咲いつき)、ウラク(桜庭舞)と、星組自慢の歌姫揃い。
どんな美しいハーモニーを聞かせてくれるか楽しみです!
もちろん、「巫女」の白妙なつさんの美声も!

謎の人々


拓斗れいさんの「隊長」ってなんの隊長?
管武将軍の配下で汶族討伐の実行部隊長とか?

紫月音寧さんの「村の女」とは?
どこの村?
村人に見せかけて実は…とか?

万里柚美さんの「母」、輝咲玲央さんの「父」、瀬央ゆりあさんの「謎の男」についてはこちら↓
謎の男って誰!?管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?妄想が膨らむ『眩耀の谷』配役発表+グループ分け配役図

公式の人物相関図が出るのって、いつ頃でしたっけ?
そもそも相関図って全公演で出るんでしたっけ?

この作品は相関図を出した時点で、かなりネタバレしそうな気がするんですが…
いっそこのまま追加情報無しで、初日に盛大に驚きたいですね!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷』関連記事はこちら↓
謎の男って誰!?管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?妄想が膨らむ『眩耀の谷』配役発表+グループ分け配役図
「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目、は星尽くし☆彡│眩耀の谷

謎の男って誰!?管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?妄想が膨らむ『眩耀の谷』配役発表+グループ分け配役図

待ちに待った『眩耀の谷』メインキャストが出ました!
古代中国物らしく、役名の字面を眺めるだけでもワクワク…
ここからどんな物語が紡ぎ出されるのか楽しみ!
宝塚歌劇団│星組 宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』主な配役決定

謎の男の正体は!?


まずは公式サイトの公演解説に役名を当てはめてみました。

紀元前の中国大陸に西の地からやってきた流浪の民“汶(ブン)族”は、彼らの神“瑠璃瑠(ルリル)”の化身といわれる幻の鹿(水乃ゆり?)に導かれ、豊かな自然と土壌を持つ“亜里(アリ)”という地にたどり着いた。
そしてその地に「汶(ブン)」という小国を築きあげる。

紀元前800年頃、勢力を拡大する周の国は、汶族の首領・麻蘭(マラン)を征討し、汶を攻略。
ここに汶族は周国の統治下に置かれる。
その美しい亜里の地に、数々の戦の手柄を持ち麻蘭征伐の勇者と称えられる管武将軍(愛月ひかる)と共に、新しく大夫となった丹礼真(タンレイシン)(礼真琴)が赴く。

志し熱く理想にもえる礼真は、敬愛する将軍から汶族の聖地と呼ばれる“眩耀の谷”の探索を命じられる。
汶族の残党(麻蘭の手下)が潜んでいるというのが名目上だが、周国王宣王(華形ひかる)は、谷にある黄金が目的。
そんなこととは露知らず礼真は、ある日瑠璃色の鹿を見つけ追ううちに、一人の汶族の男(?)と遭遇し、眩耀の谷を見つけることができる。

しかしそこで出会った汶族の舞姫・瞳花(トウカ)(舞空瞳)とその男により、礼真の運命は思いもかけぬ方向に流されていく。
母国を信じる礼真に待ち受ける試練とは、そして希望とは…。[公式サイトより抜粋]

丹礼真=礼真琴、瞳花=舞空瞳は予想通り。
礼真と共に眩耀の谷に赴く管武将軍は愛ちゃん(愛月ひかる)。
周国王の宣王はみつるさん(華形ひかる)。

“瑠璃瑠”の化身といわれる幻の鹿はあやふやですが、役名が「神の化身」のゆりちゃん(水乃)かな?と。

礼真を眩耀の谷へ導く「汶族の男」が謎ですね…
「謎の男」とされるせおっち(瀬央ゆりあ)なのか、役名に「汶族の男」がつく誰かなのか…
礼真の運命を変える物語のキーマンですから、この役をどなたが演じられるのかが目下の関心です。

ざっくりグループ分けしてみました


「汶族の男・女」以外で、名前が漢字表記の人物は周国の人間でしょうか?
ざっくりグループ分けしてみました。
img-20191218_1.jpg
華雪りらさんの「王后」は、みつる宣王の后でしょうか?
ふたりの並びを想像するだけでドキドキします。

敏麗(音波みのり)、春崇(有沙瞳)、瑛琳(小桜ほのか)は字面だけでウヒョウヒョしちゃいますね。
ゴージャスに着飾った美女軍団を期待しています!

それにしても「汶族の男」多いですね!
めちゃくちゃ猛々しいメンツで笑ってしまいます。
ダンサー揃いなので、戦闘の群舞とか見応えありそう!

誰の父母ですか?ストーリー妄想


万里柚美組長の「母」とは一体…
誰の母なの!?
そこ大事!!
輝咲玲央さんの「父」と夫婦なのかな?

私の特技の妄想をふくらませると…
柚美さんと玲央さんは、礼真の両親だと思います!

物心つかない赤ん坊の頃、戦乱で父母と離れ離れになった礼真は周国に育てられ、そうと知らず汶族の元に戻ってきた!的な流れだったりして…
占い師パジャン(美稀千種)が「汶族を統べる者が帰ってきますぞ!」とか叫ぶ姿、容易に想像がつきます(ありがち展開)。

「母国を信じる礼真に待ち受ける試練」とは、汶族から黄金を奪おうとする宣王と礼真が対立するとか?

「父」「母」の表記のみ、ってとこが怪しくありませんか?
「○○の父」とかだったら分かりますけど…
“誰の”父母なのか、隠されてるところが妄想好きの心をくすぐります。
“誰の”が、物語の重要なポイントですよ(たぶん)!
(人物相関図が出たら一発でネタバレするパターン)

玲央さんは「丞相(じょうしょう)」との二役。
丞相は、古代中国王朝で君主を補佐した最高位の官吏ですね。
現在の首相に相当するそうで、蘇我蝦夷やコロレド大司教に続き、またまた身分が高く、権力のある人物のようです。
またもや美女を愛でて(婉曲表現)そうな予感…
(ぜひお願いします)

管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?


最も気になるのは、愛ちゃんの管武将軍の動き。
白なのか?黒なのか?

「母国を信じる礼真に待ち受ける試練」に関わりがありそうな予感。
宣王の命を受け、礼真の行く手を阻む、とか。
敬愛する将軍の裏切りを知り、愕然とする礼真、とか。

心服する兄的存在に欺かれ、一回り大きく成長する琴ちゃんって、私のツボなんですよね。
『Thunderbolt Fantasy』の狩雲霄と捲殘雲、大好きです。

専科からの客演だった『アルジェの男』。
今回は組子同士。
がっぷり四つに組んだふたりが、これからどのように関係を深めていくか。
今後を占う上でも、礼真と管武将軍の描かれ方は要注目です!

麻蘭の正体は!?


ところで、汶族の首領・麻蘭は生きてるんでしょうか?
討伐されたってことは、この世の人ではないのでしょうが、実は生きていたなんてことも十分ありえますよね!

麻蘭=謎の男=せおっちだったりして!?

『阿弖流為』の諸絞(音咲いつき)みたいに死んだことにして顔を変えて生き延びた、みたいな。

妄想大好き人間にとって配役発表は夢が広がりまくる最高の瞬間。
期待に胸を弾ませつつ、初日の幕が開くのを待ちたいと思います!
楽しみーーー!!!
ぜーんぜん的外れだったら笑ってくださいねー。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷』関連記事はこちら↓
「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目は星尽くし☆彡│眩耀の谷

愛月ひかる、スターの煌めき│ESTRELLAS

星組全国ツアーの感想、第4弾はショー『ESTRELLAS ~星たち~』の愛ちゃん(愛月ひかる)について。

お芝居『アルジェの男』の感想はこちら。
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男

ウェルカム!「ザ・男役」愛月ひかる


星組全国ツアーの収穫のひとつに「星組×愛月ひかる」の相性の良さを確認できたことがあります。

愛ちゃん(愛月)の専科異動後初舞台が星組と知ったときは「おっ!」と思いました。
いいじゃないですか!
“青いミラーボール”星組ד濃紫のベルベット”愛月ひかる。
どんな相乗効果をもたらすか、わくわくしかありません!

骨太な芝居らしい芝居、スターの素の魅力を引き出すショー。
新生・愛月ひかるのデビュー戦には申し分ない二本立てです。

正統派二枚目から宝塚の枠を超える汚れ役まで、広い役幅(と肩幅)を誇る愛ちゃん。
こってり濃厚な「ザ・男役」が星組に加わる。
ウェルカム!ウェルカム!です!

愛月ひかる、スターの煌めき


素晴らしかったのは「星サギの夜」。
愛ちゃんが舞台に現れた瞬間、鳥肌が立ちました。
純白の衣装をまとった愛ちゃんの姿が、ぐーんと大きく見え、劇場を覆い尽くすように思えたのです。

きらきら明るい輝きをまとった愛ちゃん。
黒い役も似合うけど、やっぱり愛ちゃんは「白い貴公子」だな~~

そして、歌!
すっごく上手になってる!!

愛ちゃんの歌を聴いたのは、昨年末の宙組公演『白鷺の城/異人たちのルネサンス』以来。
技術はもちろん、歌声に艶と深みが増していて、驚きました!

専科に異動されてから短期間で、ここまで上達されるなんて凄い!
愛ちゃんがどれだけ努力を重ねてこられたかが伝わってきました。

〽あれがシリウス リゲル プレアデス
満員の劇場を眺め渡しながら歌う愛ちゃんの指先の向こうに、たしかに“無限の宇宙”の広がりが見えました。

同時に、優しく包み込まれるようなぬくもりも感じました。
「慈愛」ともいうべき温かな眼差し。
心洗われるような感動を覚え、大好きな「星サギの歌」がまた更に好きになりました。

なにより印象的だったのは、愛ちゃんの圧倒的な華。
トップスターのために作られた場面ですから、真ん中に立つ方の存在感が引き立つのは当然ですが、その場の空気を一気に“愛月ひかる色”に染める力に、胸を打たれました。

劇場を支配する。
これは誰にでもできることではありません。

スターとは観客に“感動”を与えられる人。
舞台のどこにいても、ファンの心を動かすことができる人は「スター」です。

この目で観て、耳で聴いて、心で感じた愛ちゃんの「スターの煌めき」。
この場面を観るためだけでも仙台に行った甲斐がありました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アルジェの男』関連記事はこちら↓
芝居を適切に楽しむための語彙力│アルジェの男
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男
礼真琴、ありがとう!―生まれ変わり、輝きを増した『アルジェの男』
朝水総督おめでとうございます!ところで、アンリはどこへ行った?│アルジェの男
そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』

芝居を適切に楽しむための語彙力│アルジェの男

宝塚は全組観劇派の私。
一年中ほぼ休みなしの公演の波に、感想を書くのが追いつかず、埋もれてしまうことがあります。

初夏に行われた星組全国ツアーもそのひとつ。
年を越してしまわないうちに、残しておきたい感想をUPしておきます。
『アルジェの男』観劇記録はこちら

芝居を適切に楽しむための語彙力


やや古風な言い回しが多い『アルジェの男』。

観劇後、友人に「タタキって何?」と訊かれました。
ジュリアンの台詞にある「たたきと殺しはやってない」ですね。
「たたき」は「強盗」の隠語ですが、いっぱしの悪党ぶった彼もさすがに「強盗」「殺人」にまで手を染めてはいないということですね。

ワルぶってはいるけれど、せいぜい街のチンピラ風情のジュリアン。
ひょんなことから成功の糸口を掴むが、昔なじみの格上のワル(ジャック)に目をつけられ、破滅していく。

ジャックに脅されたとき、彼が既にたたきや殺しに手を染めていた男であったなら、結末は違っていたでしょう。
己の保身のために邪魔者を即排除するに至らなかったジュリアンの「平凡」な青年らしさが、彼自身の寿命を縮めたとも言えます。
「たたきと殺しはやってない」は、それが良く表れた台詞です。

「たたき」はおよそ半世紀前(1974年)の初演時には、すんなり通じていたのでしょうか?
他にも、現代では一般的でない言葉、文語的な表現がたびたび登場する柴田侑宏作品。

たとえば、ジュリアンの歌。
〽きらきら光る 黄金の旨酒を
「旨酒(うまざけ)」も耳で聴くと、一瞬「馬酒」を連想しちゃったりして…

ジュリアンの野望と絶望が交錯する大切な場面。
ここはどうしたって「黄金の旨酒」でなくてはいけません。
「金色の美味しい酒」では間が抜けます。

作品に独特の香気を与える言い回し。
非日常の言葉だからこそ生み出せる感動や満足
演じ手のためにも、観客のためにも、そして次代の作品を生み出す座付き作家のためにも、ときにはこんな作品を上演することも必要です。

未知の言葉を噛み砕くことに意識を取られると、物語の理解がおろそかになりがち。
結果として、本来得られるはずの感動が浅くなる。
それではあまりにもったいない。
「芝居」を面白く味わうためにも、耳から入った音を適切に処理して、正しく脳内変換できるよう、語彙力を高めたいと思います。

他に耳慣れないのは、ジャック(愛月ひかるさん)の「総督と鉢合わせするなんざぁ、いい辻占だ」の「辻占(つじうら)」でしょうか。
(陥れようとしていた)総督と鉢合わせなんてツイてる、といった感じでしょうか。
なぜか、べらんめえ口調なジャック…

仙台公演の思い出


私が行ったのは仙台公演。
すっごく楽しくて大満足でした!
会場の「仙台銀行ホール イズミティ21」は音響も良く、広々と見やすいホールでした。
東京からたったの1時間半だし、また行きたいですね。

普段なかなか会えない友だちと一緒だったのも嬉しかった!
めちゃくちゃタイトスケジュールでしたが、美味しい牛タンを食べて、おしゃべりして…
楽しかった~~

お土産はもちろん、礼真琴さんがイメージキャラクターを務める菓匠三全さんの「萩の月」!
ボランジュ邸でのアドリブで「これでもか!」とアピールされて食べたくなっちゃいました。
いつ食べても、ふんわりまろやか~~

『アルジェの男』は、あっけない幕切れが特に好き。
(初めて観たときはポカ~ンでしたけど)
蛇足を付け加えては台無しです。

気になった生徒さんについて


2011年月組版で千海華蘭さんが演じられたピエール(礼真琴さん演じるジュリアンの取り巻き)。
今回の星組版で、登場第一声「いいなぁ」と思ったら天飛華音さんでした。
憧れのジュリアンが手の届かない存在となったのを察し、本を地面に叩きつけて去る様子が切なかったですね。

そしてなんと言っても、はるこさん(音波みのり)!
一途にジュリアンを慕う、健気なヒロインを好演されました。
さまざまな想いのこもった「ジュリアン!」の言い方が耳に残ります。

全国ツアー当時は想像だにしなかった、愛ちゃんの組替え。
まさか再び、琴×愛×はるこの並びが見られるなんて…
『眩耀の谷』で3人がどのように絡むのか、楽しみです!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アルジェの男』関連記事はこちら↓
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男
礼真琴、ありがとう!―生まれ変わり、輝きを増した『アルジェの男』
朝水総督おめでとうございます!ところで、アンリはどこへ行った?│アルジェの男
そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**