FC2ブログ

エキサイティングなミステリー!映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』感想

一世を風靡したミステリー、ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ。
4作目にあたる『インフェルノ』の世界同時出版に向けてアメリカの出版元が、各国の翻訳者たちを秘密の地下室に隔離して翻訳作業を行った。
なんとこれは実話。
事実は小説より奇なりと言いますが、フィクション顔負けのエピソードですね。

私の本棚にも『インフェルノ』が並んでいますが、日本語訳をされた越前敏弥さんも、そんな状況で翻訳を行ったのか…と思うと、なんだかドキドキします。

“翻訳者たち”の物語


『インフェルノ』出版秘話からインスピレーションを得て作られた『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、いい意味で予想を裏切られる映画でした。

出版と金(欲)、優れた作品とそのフリーク、謎解き、そして報復。
誰が仕掛けたのか、誰が仕掛けられたのか。
二転三転、またひっくり返り…

複雑に絡み合った謎同士がつながり、一気に収束へ向かうラストは鳥肌モノ。
多重構造ながらスピーディな展開、個々のキャラクターの粒立ちもよく、ぐいぐい引き込まれました。

GAGA│9人の翻訳家 囚われたベストセラー 公式サイト

ひとつ気になるのは、情報過多な邦題。
原題の『Les traducteurs(翻訳者たち)』のままが私好みです。
タイトルそのものが、ひとつの鍵であり、ミスリードを誘う罠であり…

もうひとつの理由は、この映画が“翻訳を生業にする創作者たち”の物語だからです。
ある人物の独白がスリリングで胸に迫りました。
何らかの創作活動に携わる者には誰しも覚えがあるジレンマ。
印象深い一コマでした。

「三宅純×宝塚歌劇」に高まる期待


音楽は三宅純さん。
宙組公演『FLYING SAPA-フライング サパ-』への楽曲提供が発表された作曲家です。

宝塚歌劇団│宙組 TBS赤坂ACTシアター公演『FLYING SAPA-フライング サパ-』に作曲家 三宅純 氏の参画が決定

友人と映画に行く約束をした数日後に、三宅さんと宝塚のコラボが発表され、あまりのタイミングのよさに驚きました。
これぞシンクロニシティですね。

『9人の翻訳家』では、ギル・エヴァンスを彷彿させるオープニング曲が好みでした。
三宅音楽が、未来の水星を舞台にした宝塚作品をどのように彩るのか?
期待が高まります。

「宝塚が楽しい」と思えなくなったら│私的・宝塚ファンの心得Part3 に拍手コメントをくださったS様、お返事を差し上げました。
お手数ですが、該当記事よりご確認くださいませ。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



宝塚歌劇の魅力ってなんだろう?―「男役」と「娘役」が輝くとき

「ここが好きだよ!エルハポン」の記事に非公開コメントをくださったR様へ
温かいお言葉をありがとうございます。
R様も『エルハポン』がお気に入りとのこと、ご共感いただき、とても嬉しいです。
仰る通り“埋もれてしまいそうな歴史の一コマ”にスポットを当て、今の宙組の布陣にぴったりの物語に仕立て上げる。
宝塚の座付き作家ならではの作品が観られて幸せです。
またのお越しをお待ちしております!

宝塚歌劇の魅力ってなんだろう?


以前、「宝塚の男役の魅力」について書きました。
宝塚「男役」の魅力ってなんだろう?【case1.珠城りょう】

今回は「宝塚歌劇の魅力」について考えてみました。

1.全員女性で構成されている
それぞれ男役芸・娘役芸という特殊技巧を凝らし、生身の男女とは異なる人間模様を描く。

2.演目のバリエーションが豊か
ストレートプレイ(に近いもの)、コスチュームプレイ、和物、ショー、レビュー、様々な舞台が楽しめる。

3.適度に新陳代謝される
数年単位で主演者が交替するので新鮮味が保たれる。

「男役芸」「娘役芸」とは


宝塚歌劇の魅力は「女性が演じる男役」と「女性が演じる娘役」。
これに尽きるでしょう。
どちらが欠けても成り立ちません。

本来の性と異なる性を演じる男役。
女性が演じる男役に対してなお、女性らしくある娘役。

無いものを一から作り上げる男役芸。
有るものを更に磨き、深める娘役芸。
どちらも宝塚ならではの「芸」です。

彼女らの目指すところは、生身の男性・女性そのものではありません。
それぞれの性の欠点や短所を取り除き、美点や長所を強調した存在。
理想化されたジェンダー、いわゆる“男らしさ”“女らしさ”を突き詰めるのが男役・娘役なのです。

友人曰く、男役・娘役は「食品サンプル」。
その心は「本物より美味しそう」。
言い得て妙ですね。

男役と娘役が輝くとき


しかし、芝居となると完全無欠の男と女同士ではドラマになりません。
わがまま、身勝手、意志薄弱…
ネガティブ要素こそ、人間臭さの源。

不完全な人間同士ゆえの愛や友情が物語を生み出すのです。

つまるところ、男役も娘役も演じるのは「人間」。
魅力的な男役・娘役=魅力的な人間役なのです。
本質的な人間の魅力に性差はありません。

俗に「男役10年」と言いますが、娘役だって完成には10年を要します。

タカラジェンヌとして最も輝く20代後半から30代の始め。
精神的にも肉体的にも、そして性的にも成熟していく時期と重なります。
それを超えたとき、男役・娘役としていっそう深みを増すのかもしれません。

しっとりと虹色に輝く螺鈿、漆の底にかすかな煌めきを沈殿させた蒔絵。
唯一無二の美を醸し出すタカラジェンヌは、男役・娘役の区別なく心惹かれます。

宝塚歌劇の魅力、4つ目は?


先ほどは宝塚歌劇の魅力をキリよく3つ挙げましたが、4つ目を選ぶならこれ。

4.座付き作家による当て書き

生徒の持ち味を十二分に心得た座付き作家が紡ぐフルオーダーの新作を毎月のように楽しめる。
こんなに贅沢なことはありません。

直近では、稲葉太地先生の『DANCE OLYMPIA』と大野拓史先生の『El Japón -イスパニアのサムライ-』。
いずれも組の特色とスターの魅力が活きる佳作でした。

つまり、宝塚の魅力とは「男役と娘役と作品の魅力の三位一体」なのです。
って、当たり前すぎて何を今更…ですね。

もちろん、原作物や輸入ミュージカルを巧みにタカラヅカナイズした作品も大好きです。
というわけで、次の観劇予定は東野圭吾原作の『マスカレード・ホテル』。

ミステリの舞台化ってわくわくしますよね。
大事な台詞を聞き逃すと謎解きの面白さが半減しますので、前夜はぐっすり眠って集中力をキープして臨みたいと思います。
楽しみ!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

“男役芸”の結晶を永久保存!各組「ダンディお兄さま」写真集が欲しい!

今日が仕事始めだった皆さま、お疲れさまでした!
9連休中、毎日元気に食べまくり飲みまくり遊びまくり、すっかりゆるみきった私。
社会復帰できるか不安でしたが、なんとかなりました。

イルミネーション目的で訪れた某遊園地で絶叫マシーンにチャレンジし、頭をすっきりさせたのが良かったのかも?
近年まれに見る激しい年明けでした 笑

それにしても連休後の5日勤務はこたえますね…
しかし、これを乗り越えれば3連休!
観劇初めは花組『DANCE OLYMPIA』と宙組『El Japón/アクアヴィーテ!!』。
2月に入ったら即!星組遠征!

体調に気をつけて、2020年も楽しくヅカりたいと思います!

各組「ダンディお兄さま」写真集が欲しい!


先日友人と「全組の上級生男役写真集欲しいよね」って話してたんです。

外見も中身も磨き抜かれた男役の中の男役。
歌に踊りにお芝居に、確かなパフォーマンスで舞台を引き締め、各組のなくてはならない存在であるお兄さま方。

それぞれの“男役道”を突き進む彼女らの魅力がギュッと詰まった一冊。
手に取ってみたくありませんか?

早速、各組の90期から94期までの上級生男役さんをピックアップしました。
※()内は期、敬称略、『ファーストフォトブック』『FOCUS ON』を出された方は除く

花組…冴月瑠那(90)、航琉ひびき(93)、舞月なぎさ(94)、和海しょう(94)、羽立光来(94)

月組…紫門ゆりや(91)、千海華蘭(92)

雪組…透真かずき(91)、真那春人(92)、久城あす(94)、煌羽レオ(94)

星組…天寿光希(91)、大輝真琴(91)、輝咲玲央(92)、漣レイラ(94)

宙組…凛城きら(92)、松風輝(92)、美月悠(94)、星月梨旺(94)、春瀬央季(94)

総勢20名。
男役10年を超え、独自の輝きを放つ、そうそうたるお兄さま方がズラリ。
なんとなく各組のカラーが浮かんでくる並びですね。

男役10年超えの魅力炸裂!こんな記事が読みたい!


「演じてみたい役」の扮装ポートは盛り上がりますね!
各自の個性が光る私服ポートも観たい!

組を越えた同期対談も読み応えあり。
91期は4名、92期は5名、94期はなんと9名の大所帯!
キャリアを積んだ男役さんならではの深いお話が飛び出しそうで期待大です!
(90期と93期はおひとりずつなのでOGさんと?)

下級生男役とのコラボ企画も楽しそう!
定番の「100の質問」も外せませんね!

一番読みたいのはロングインタビュー。
唯一無二の男役像で魅せてくださる皆さま。
舞台人としての想い、宝塚への想い。
彼女らの頭の中身を覗いてみたいです。

それぞれの美学が光る黒燕尾やスーツの着こなしも面白そう。
リーゼントへのこだわりも興味深いですね。

そういえば、随分昔の『歌劇』の「えと文」にハッチさん(夏美よう)のリーゼント講座が載っていました。
「美しいリーゼントは後頭部がアジの開きに見える」そうで…
「???」となったことを覚えています。
なんとなく分からないではないですが(流線型ってこと?)。
よりによって鯵の開き! 笑

大人の男役さんならではのアイテム「ヒゲ」にも注目!
歴代ヒゲコレクションもやりましょう!

最終ページはドーン!と見開きで黒燕尾集合写真!
想像してみてください。
バリッと黒燕尾を着こなし、思い思いの表情とポーズでキメ倒すお兄さま方を!
壮観でしょうね~~

20名×?ページ。
もはや写真集というより百科事典並みの厚さになりそうですが…

いかに自分の魅力を引き出し、カッコよく舞台に立ち、ファンを魅了するか。
無形文化財に指定したい練り上げられた“男役芸”の結晶を永久保存した「お兄さま写真集」。
劇団さん、いかがでしょうか?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

2020年の抱負は「朗らかに、熱く激しく面白く」―ファンが守るべき“すみれコード”

新年おめでとうございます。
よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。
旧年中は多くの方にご訪問いただき、誠にありがとうございました。

今年の抱負は「朗らかに、熱く激しく面白く」。

元ネタはもちろん宝塚歌劇のスローガン「朗らかに、清く正しく美しく」。
特に、リズミカルな三四五調の「清く正しく美しく」は宝塚を観たことがない方でも一度は耳にしたことがあるはず。

いかにも乙女の花園にふさわしい、潔癖な清々しさを感じる言葉です。
黒紋付に緑の袴の正装でキリリと立つタカラジェンヌの姿が思い浮かびますね。

ファンが守るべき「すみれコード」


宝塚歌劇団創設から100年余。
時代は変われど「清く正しく美しく」の理念は決して形骸化してはいません。
構成員すべてが女性という特異な芸能集団を守る最後の砦であり、指標となるべきもの。
そこが崩れてはいけません。

もちろん、これは劇団側だけに求めるものではありません。
ファンも「清く正しく美しく」を守らなくてはなりません。

自分は「すみれコード」を踏み越えていないか?
考えてみることが必要です。

一例としては、
・公式発表以外の生徒さんの個人情報の暴露
・生徒さんのプライベートの詮索
・生徒さんの肖像権、劇団発行物等の著作権の侵害

他にも、
劇場で観劇マナーを守ること。
ファン活動の決まり事を守ること。
「夢の世界」を壊さないためには、ファンの協力が必要不可欠です。

いつも心にすみれコードを!


宝塚が宝塚らしくあり続けるのに必要なのはファンの姿勢なのです。
相手にだけ自律を求めるのは片手落ちです。

いつも心にすみれコードを!
清く正しく美しくあれ!

しかし、「清く正しく美しく」を「べきである」と位置づけては、互いに息苦しいことになります。
言葉の意味を必要以上に限定的に捉え、逸脱を許さない頑なさの象徴にしてしまっては、誰のための、何のためのスローガンか分からなくなります。

小林一三先生のお言葉のエッセンスを汲み取るには、むしろ英訳の方が優れているかもしれません。
“Modesty, Fairness and Grace”

いかなるときも、謙虚に偏りなく、品のある態度を保つ。
自省を感じられる素敵な言葉ではありませんか?

朗らかに―晴れ晴れと明るい気持ちで


本来の「清く正しく美しく」は頭に「朗らかに」がつきます。
いつの間にか「朗らかに」が外れてしまいましたが、当初はこの文面だったそう。
しかし、この「朗らかに」こそ宝塚を愛する者にとって最も大切な精神が込められているように思います。

「朗らか」とは、心にこだわりがなく、晴れ晴れと明るいさま。

「朗らかに」と「Modesty, Fairness」に共通するもの。
それは他者への「赦し」。
おおらかな「お互いさま」の精神。

相手を尊重し、自分の考えを押しつけず。
これからも朗らかに心豊かに、人として宝塚ファンとして、あり続けたいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

2019年「マイベスト宝塚」作品賞 TOP4/心に残る芝居/注目の生徒さん

2019年も残すところ数時間。
今年も充実のヅカ活を送ることができ、感謝感謝です!

『I AM FROM AUSTRIA』でヅカ納めをし、年末恒例の温泉旅行で一年の疲れを流してきました。
ぼーっと温泉に浸かりながら考えるのは、もちろん2019年の「マイベスト宝塚」。
大豊作だった今年、考え甲斐がありました~~

上半期・下半期はこちら。
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
大豊作の2019年宝塚観劇率ランキング│下半期 作品賞は○組!主演賞・助演賞はあの人!

2019年「マイベスト宝塚」作品賞 TOP4


2018年のMY BESTは『ANOTHER WORLD』『蘭陵王』。
強いメッセージ性が印象深い2作品でした。

2019年のMY BESTはこちらの4作品。
●20世紀号に乗って(雪組)
●鎌足−夢のまほろば、大和し美し−(星組)
●Éclair Brillant(星組)
●ロックオペラ モーツァルト(星組)

選考理由は以下の通り。
『20世紀号』と『ロクモ』はハイレベルなパフォーマンス。
『鎌足』はストーリーの面白さと、深いメッセージ性。
『Éclair Brillant』は総合的な完成度の高さ。

登場人物の台詞や心情が一際心に残った芝居


●霧深きエルベのほとり(星組)
●壬生義士伝(雪組)

『エルベ』は、カール・シュナイダー(紅ゆずる)が心にもない愛想尽かしをした辛い胸の内を、酒場の女ヴェロニカ(英真なおき)に打ち明けるシーン。

『壬生義士伝』は、ボロボロになった吉村貫一郎(望海風斗)が切腹の間際、家族の名を呼びながら銭を数えるシーン。

「男役の」という枕詞をつけるまでもなく、「人間として」素晴らしい芝居を見せてくれたふたり。
切なく、身を切られる想いを共有させられ、深く印象に残っています。

お気に入りのショー


●ESTRELLAS ~星たち~(星組)

帰り道には主題歌を口ずさみながら帰れる…そんなキャッチーなテーマソングが好き。
むやみに男役を女装させず、「男役はカッコよく、娘役は美しく」を貫くオーソドックスなスタイルが私好み。

「いいな!」と思った生徒さん


●柚香光(花組)
『花より男子』道明寺司により。
柚香光の魅力大爆発!道明寺司│『花より男子』個別感想前編(城妃美伶+F4/優波・聖乃・希波)

●星蘭ひとみ(星組)
『鎌足』安見児により。
鎌足(紅ゆずる)と安見児(星蘭ひとみ)―寂しさから始まる愛│鎌足

2019年まとめ


2019年のヅカ活ハイライトは、ある生徒さんに誕生日を祝っていただけたこと。
大好きな方からの「おめでとう」は何より嬉しいプレゼント。
最高の一年のスタートでした!

2020年は花組『DANCE OLYMPIA』で観劇初め。
新年第一作目、柚香光さんと華優希さんの新トップコンビお披露目、そして永久輝せあさんの花組デビュー。
幾重にも喜びが重なるおめでたい公演に立ち会え、嬉しさもひとしおです。

来年は一本物の大作が多いですね。
ショー好きとしてはちょっと寂しいですが…
確定分だけでも『アクアヴィーテ!!』『Ray』『WELCOME TO TAKARAZUKA』『シルクロード』の4作。
個人的には生田大和先生のショーデビューとなる『シルクロード』に期待が高まります。
ショーの当たり年だった今年に続き、新たなる傑作の登場を心待ちにしています!

今年も多くの方にご訪問いただき、誠にありがとうございました。
大好きな宝塚をきっかけに交流の輪が広がり、とても幸せです。
どうぞよいお年をお迎えください。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
大豊作の2019年宝塚観劇率ランキング│下半期 作品賞は○組!主演賞・助演賞はあの人!
今年も大当たり続出!2019年上半期観劇ランキング│作品賞は雪組と星組、観劇率7割超えは○組!
やっぱり数字は正直!?2018年宝塚観劇率ランキング│驚異の伸び率は○組、堂々1位は○組!
2018年は傑作揃いの当たり年!宝塚歌劇「私の好きな作品」TOP3!
2018年上半期観劇ランキング│作品賞は宙組と月組、そして2冠獲得は○組!
数字は正直!?2017年年間観劇ランキング│3位星組、2位花組、そして1位は…
年間観劇率ランキング2016│同率2位は雪組・宙組、そして1位は…

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**