FC2ブログ

「宝塚が楽しい」と思えなくなったら│私的・宝塚ファンの心得Part3

前回の記事で、「Aを褒めるのにBを下げるのは最低最悪な手口である」と書きました。

もちろん私だって舞台の良し悪しについて、あれこれ言うことはあります。
あくまで、気心知れた友だちとのおしゃべりの延長、オフライン限定ですが。

しかし、それを劇場内外などの公の場で口にしたり、ブログやSNSで世界に発信するのとは別問題。
自分の発言を、誰もが見聞きできる場所では言葉を選ぶ必要があります。
宝塚ファンが決して「してはならないこと」│私的・宝塚ファンの心得Part2

発言には責任を持って


注意すべきはブログやSNSでの発言。
一度ネットに上げた言葉は取り消せません。
手元から削除したつもりでも、第三者によってコピーされたデータやスクショは半永久的にネットの海を漂います。

「何か言われたら消せばいい」「匿名だから大丈夫」は通用しません。

さんざん言い古されたことではありますが…
ネットは気軽に外界とつながれる素晴らしいツールですが、使い方を誤れば身を滅ぼす諸刃の剣と知るべきです。

しかし、過剰に他人の顔色をうかがって、自分の意見を押し殺すのはナンセンス。
あなたは何を言ってもいいのです。
誰も個人の自由な発言を妨げることはできませんし、してはならないのです。

ただし、世の中は一色ではありません。
反対意見も当然あります。
その場合、ろくな反論もせずに元発言を消して「無かったことにする」のは、あまりに無責任。

「批評」とは文字通り、物事の「良し悪し」を論ずること。
発言者にとっての「良し」が他者の「良し」とは限りません。
逆もまたしかり。

確固たる意志のもとに発言したならば、反論には聞く耳を持つ義務があります。
ちょいと突かれたくらいで慌てて取り下げるようでは、元発言、ひいては“発言者たるあなた”の信頼が失われます。

「自由」には「責任」と「義務」が伴うことを忘れてはなりません。

「称賛の皮をかぶった罵倒」の害悪


「行き過ぎた批判」「根も葉もない悪質な噂のバラマキ」といったストレートな悪意。
それ以上に厄介なのが、称賛の皮をかぶった罵倒。

褒めているようで、棘がある。
擁護するようでいて、攻撃している。
心配するふりをして、引きずり下ろす。
虚しい行為です。

「…らしい」「…だそう」「…と言われている」「…と聞いた」
“あくまで伝聞”という形を取る陰湿なケースも。
(…は、たいがいマイナスな内容)

責任逃れの言い訳を盾に、じわじわと悪意を垂れ流し、望む方向に誘導する。
卑しい手口です。

怖ろしいのは、発信者が“自称ファン”である場合。
「良かれ」と思ってやっているなら、それは「ファン」でもなんでもありません。
単なる「害悪」です。

自分の毒におかされないように


ファン(Fan)の語源は「Fanatic」。
“熱狂”の向けどころを誤ってはいけません。
それは単なる“妄執”です。

宝塚は楽しみ、愛でるもの。
なのに「なんだか楽しくない」と感じるようなら、少し距離を置いたほうがいいでしょう。
罵倒や嘲笑に喜びを見出しているなら、話は別ですが…
私的・宝塚ファンの心得=清く正しく美しく、朗らかに

宝塚に限らず、趣味とは心をくすませるものではなく、輝かせるもの。
深く愛すればこそ、時には物申したくなることもあるかもしれません。
しかし、口を開く前に、送信ボタンを押す前に、一呼吸置いて、その言葉が本当に適切かどうか、考えてみてください。

なにより怖ろしいのは、あなた自身が放った言葉の毒に、自ら染められてしまうこと。
悪意の毒は知らず知らず、人の心を蝕みます。

気づいたときには、もう遅い。
曇った瞳と歪んだ心を通してしか対象(宝塚)を観られなくなる。

一時の激情と引き換えに失うものは大きいのです。
それは「純粋に宝塚を楽しむ心」。

深く関わるほどに、見たくなかった一面が見えてしまうこともあります。
しかし、そちらにばかり意識が向いて、本来の楽しみ方ができなくなるのは、あまりにもったいない。
(見て見ぬ振りをしろと言うのではありません)

初めて宝塚を観たときの気持ちを思い出してください。
ときめき、憧れ、感動…
宝塚を楽しむ気持ち、愛する心を、自ら手放してしまうなんて寂しくありませんか?
いっときの感情に流されて、自分自身を損なうことがありませんように。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



宝塚ファンの観劇用バッグ選びのポイント&観劇七つ道具

#ヅカヲタの鞄の中身事情」というハッシュタグをご存じですか?
友だちから回ってきたのを見たら面白くて、ずっとさかのぼって読んじゃいました。
こういう実用的なタグっていいですよね~~

観劇するとき「あると便利な」持ち物。
宝塚ファンの実体験に基づいたリストは、とても参考になります。

しかし意外に少ないのが、観劇に適したバッグ選びのコツ。
デザインは持つ方のお好み次第ですが、「ココを押さえておくと便利」というちょっとしたポイントをまとめました。

あわせて劇場でのバッグの取り扱いマナーについても。
観劇マナーは誰のため?―劇場にいるすべての人(役者も観客も)が気持ちよく過ごせるように

観劇時、バッグや荷物の取り扱いについて


バッグは膝の上か座席の下へどうぞ。
ご自分の足元に置かれる方もいらっしゃいますが、通路を塞がれると他の方が通りにくいのです。

そもそも足元に置くと、誰かが通るたびにバッグをどかすのが大変ではありませんか?
それでしたら最初から膝上か座席下に置いて、通路を開けておく方がスマートです。

なかには開演後に遅れて入ってくる方もいらっしゃいます。
遅刻者は暗闇を手探り(足探り?)ですので、通行の妨げになる荷物は無いのが親切です。
(スムーズに移動してもらえば、視界をさえぎられる時間も短くて済みます)

また、客席降りのある公演の通路際の席の足元は何も置いてはいけません。
生徒さんはかなりハイスピードで移動されますので、荷物があっては危険です。

大きな荷物はロッカーやクロークに預けましょう。
これからの季節、私はコートもロッカーに預けますが、東京宝塚劇場は数が少ないのが困りもの。
ロビー階以外にもロッカーが増設されれば言うことなしですが…

観劇用バッグ選びのポイント


以上をふまえ、観劇に適したバッグを選ぶとき、譲れない点はふたつ。
1.底鋲が打ってあること
2.ハンドル(持ち手)が倒れる(折れる)こと

バッグを座席下に置く場合、底の汚れ防止に底鋲は必須です。
ハンドル(持ち手)の付き方も要チェックポイント。
img-20191115_2.jpg
お勧めは左のタイプ。
バッグ本体とハンドルが金属パーツでつながっているもの。
ハンドルを畳んで、座席の下に収められます。

右のように持ち手が倒れず、直立したままのバッグだと、つっかえて入れにくいです。
無理に曲げるとバッグが傷むので、観劇バッグには避けています。

底鋲とハンドル。
細かいですが、バッグ選びの重要なポイントです。

観劇七つ道具(ヅカファンの鞄の中身事情)


貴重品や手帳、化粧ポーチなどはいつものお出かけと同じですが、観劇日はこんなものも持ち歩きます。

1.ハンカチ(普段より多めに)
2.お手紙セット(便箋/封筒/ポストカードなど)
3.万年筆
4.スティックのり
5.ぽち袋
6.A5クリアフォルダー
7.折り畳めるサブバッグ

1.ハンカチ
感動の涙、興奮の汗…
いつもより水分を放出しがちなヅカ活には多めにあると安心。

5.ぽち袋
立て替えていただいたチケット代をお返ししたり、何かと重宝。

6.A5クリアフォルダー
お手紙やチケット封筒など、折り曲げたくない紙類は全部ここへ。

7.サブバッグ
荷物が増えたときに。
お勧めは「近沢レース店」のレースエコバッグ。
プログラムが入る大きさで、使わないときは小さくなるので便利。
エコバッグというとナイロン製のカジュアルな品が多いですが、近沢レースのはエレガントで、ホテル開催のお茶会などにも持ちやすいです。

あると便利!と思ったもの


自分で書いておいてなんですが、特に目新しいものはないですね。
ちなみに、オペラグラスは持ちません(肉眼派なので)。

#ヅカヲタの鞄の中身事情」で真似したいと思ったアイディアは「プログラムの香盤表(役名と出場シーン一覧)のコピー」。
舞台を観ていて「今の花売り娘は誰!?」とか「フィナーレのWトリオの子は誰!?」とかありますよね。
毎度プログラムを持ち運ぶのは大変ですが、これならいいですね!

あると便利なアイテム、また思いついたら追加しますね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

宝塚ファンが決して「してはならないこと」│私的・宝塚ファンの心得Part2

宝塚を応援する方法は人それぞれ。
自分のペースで、無理なく、楽しく。
何が正しく、何が間違っているという規範はありません。
「宝塚が好き」という気持ちさえ保てていれば、それがベストです。

ただし、好きが高じて自分を見失っては本末転倒。
一度立ち止まって、自分が宝塚に何を求めているのか、考えてみる必要があります。
私的・宝塚ファンの心得=清く正しく美しく、朗らかに

宝塚ファンが決して「してはならないこと」


「応援の仕方は人それぞれ」と書きましたが、少なくとも“ファン”を名乗るならば、決して「してはならないこと」があります。
それは…
贔屓の顔に泥を塗ること。
贔屓の足を引っ張ること。

具体的には…
1.「○○さんのファン」を公言しながら、公の場(SNS含む)で他の生徒さんを侮辱したり、事実無根の悪評を広めること
2.生徒さんや歌劇団の権利を侵害し、損害を与えること

権利侵害については別記事に上げましたので、ひとまず置きます。
「好きだから」は理由にならない―“善意”による無邪気な侵害│宝塚歌劇団の「著作権」と「肖像権」

今回は、なぜ1をしてはならないのかについて、詳しく述べます。

ファンに必要なのは「理性」と「自制」


好きな人やものを褒めるために、他をこき下ろす。
最低最悪な手口です。
そんなふうに褒められて喜ぶ人がいるでしょうか?

「あたしを持ち上げてくれるのは嬉しいが、他人様を貶しちゃあいけねえよ」
『ANOTHER WORLD』で谷正純先生が示したメッセージは、すべてのファンが心に刻むべき指針です。

表現者たるタカラジェンヌにはもちろん、芸に対する批評はあってしかるべきです。
適切な評価は、生徒さんの芸の肥やし。
甘やかすだけが「愛」ではありません。
ファンの盲目は、生徒さんの芸を腐らせます。

それ以外の、目に余る悪質なこき下ろしは、誰のためにもなりません。

ファンは「自分の行動が贔屓を害していないか?」を常に考える必要があります。
ファンに求められるのは「理性」と「自制」なのです。

ファンに必要な「想像力」の働かせ方


あなたが贔屓の○○さんを持ち上げるためにこき下ろしてる□□さんにもファンはいる。
□□さんのファンがあなたの発言を見聞きしたら、いい気分はしないでしょう。

その結果、○○さんの評価が下がる。
あなたが贔屓の名前を出しながら他を下げるのは、贔屓の顔に泥を塗り、足を引っ張る行為に他なりません。

贔屓に恥をかかせるファンは、もはやファンとは言えません。
ただの「恥ずかしい人間」です。

ファンに必要なのは「理性」と「自制」。
言い換えれば「想像力」です。

あなたがいま口にしようとしている「その言葉」、ご贔屓に聞かせられますか?
発信する前に想像してみてください。

タイトルは“宝塚ファンが決して「してはならないこと」”ですが、これは宝塚ファンに限った話ではありません。
誰であれ、公の場で他人を罵倒したり、根も葉もない噂を広めたり、他人の権利を侵害しないのは当然のこと。
想像力豊かな人間でありたいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

違う劇場のチケットを取っちゃった!私のお騒がせ事件簿Part2

Twitterでたまに見かける「チケットが重複したので譲ります」。
余るほど取れるなんて羨ましい限りですが、実は私も一度だけチケットが浮いて困ったことがあります。

なんと、違う劇場のチケットを取ってしまったという…
前回はチケットそのものを取り違え、今回は劇場を間違える悲劇。
やっちゃった!私のお騒がせチケット取り違え事件簿

違う劇場のチケットを取っちゃった!


数年前、珍しく風邪を引き、ゴロゴロしていた私。
退屈しのぎに宝塚のチケット情報をチェックしていたら…
あるプレイガイドで、お目当ての作品の貸切公演の先着申込みを受け付けていたのです。

平日だけど、東宝なら半休して観に行ける!とダメ元で入力したら…取れちゃった!
普段めったにプレイガイドを利用しない私。
勝手が分からずモタモタしていたのに取れた!凄い!と感激していたら…

大劇場公演でした。

私のバカ!アホ!マヌケ!
しかも即時決済+キャンセル不可。
一気に顔面蒼白、風邪なんかどっかに吹っ飛んじゃいました。

関西の友だちに譲ろうにも、平日の昼公演では難しい。
当時はブログやTwitterもやっていませんでしたので、どなたかにお声がけすることもできず…

あれこれ悩みましたが、これもなにかのご縁!
ヅカ神様のお導きと思って、自分で観に行くことにしました
(嘘です、たいして迷ってません)
(だって取れちゃったんだも~~ん!しょうがないよね~~!的なノリ)

今でこそ毎週末遠征するのも当たり前の私ですが、これが記念すべき一人遠征デビュー!
ドキドキでしたが、楽しかった~~
(しかも、ちゃっかりW観劇した)

ハートウォーミングなお芝居に、ストーリー性のあるショー。
めちゃくちゃ面白くて、本当に行ってよかったです!!!

すっかり気に入って、東京もたくさん通いました。
やはりヅカ神様のお導きだったのかも?

日にち違いには気をつけて!


事の顛末を友だちに話したら、「私もやったことあるよ」と慰められました。
優しい~~

以来、ちゃんと劇場名を確かめるようにしています。
(当たり前)
皆さまもくれぐれもお気をつけて!
(「宝塚大劇場」と「東京宝塚劇場」って紛らわしくないですか?)

大変でしたが、いい勉強になりました。
不幸中の幸いというべきか、チケットや劇場を間違えても、公演の日にちを間違えたことだけはありません。
前倒しならまだしも、気づいたら公演日を過ぎていた…なんて考えただけで怖ろしい~~

皆さま、観劇日の管理ってどうされてますか?
私は確定した瞬間、手帳に書き込むようにしていますが、いまいち不安…
次回、ヅカファンのスケジュール管理術について考えてみたいですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

蘭乃はなドットコム?―宝塚歌劇とお花についてあれこれ

食卓も秋らしいお花に替えたくて、黄色のピンポンマムを中心に、濃い紫のトルコ桔梗と薄紫の女郎花を活けました。
月組カラー×宙組カラーでいい感じです。

今回は、宝塚と切っても切れない「お花」にまつわるあれこれを。

日常に潜む“タカラヅカ”を探す楽しみ


東京公演の観劇がてら、よく訪れるレストランのレストルームにも、トルコ桔梗とルリタマアザミが飾られていました。

ルリタマアザミってご存じですか?
まんまるで青いハリネズミみたいな花。
見たことはあるけど、名前が分からない花が「ルリタマアザミ」と知ったときは驚きました。
「るりたま(美弥るりか×珠城りょう)!?」って。

なんでもない日常に潜む“タカラヅカ”を探すのは楽しいですね。
「るりたま」という名前の花がある!

宝塚と胡蝶蘭


先日、らんちゃん(蘭乃はな)のお名前を打とうとしたら、サジェストに「ランノハナドットコム」って出たんですよ。
なんだろう?と思って飛んでみたら、胡蝶蘭専門のお花屋さんでした。

胡蝶蘭は歌劇には欠かせないお花。
今は楽屋にお花を入れることはできませんが、卒業生のブーケでは定番人気。
名前の通り、ひらひら舞う蝶のような華麗な花姿はタカラジェンヌにぴったりです。

「蘭乃はな」という芸名は双子の「すみれ乃麗」さんと並び、可愛くて娘役さんらしいお名前ですね。
「蘭」に「すみれ」、いずれも宝塚らしい花です。
もしもの話ですが、もし三つ子ちゃんだったら、もうひとりは「桜」でしょうか?

そして、「らん」「れい」ときたら「りん」?
「桜乃りん」なんてお名前、いかにもありそうな感じがします。
(OGに桜乃彩音さんがいらっしゃいますね)

おとめと花


年に一回発行される宝塚歌劇団の生徒名鑑『宝塚おとめ』。
「好きな花」が宝塚ならではの項目で好きです。
応援している生徒さんがお好きな花の柄のレターセットでお手紙を書いてみたりして…

空欄のままの方もいらっしゃいますが、それはちょっと寂しいですね。
まさおさん(龍真咲)だったと思いますが、薔薇の品種名まできちんと書かれてらして、本当にお好きなのだなと嬉しくなりました。

ちなみに私は、薔薇ならダブル・デライトと夢香が好き。
沈丁花、くちなし、金木犀も好き。
同じ花を挙げてらっしゃる生徒さんには親しみを感じますね。

ある娘役さんの「どくだみ」はインパクト抜群!
可憐で控えめな姿からは想像もつかない強いクセのある香り。
食用や薬用にもなるお花。
老若正邪演じ分ける、その方の舞台そのもの。

好きな花と芸風の共通点を探しながら『おとめ』を眺めるのも楽しいかもしれません。

あの日薔薇一輪


ある生徒さんに頂いた薔薇の花。
特別な日の思い出を残したくて、見よう見真似でドライフラワーにしてみました。
色も形も思いのほか綺麗に保たれ、初めてにしては上出来。
見るたびに楽しかった記憶が甦ります。

お花を頂くのは嬉しいものですが、大好きな方からならば喜びもひとしお。
もともと薔薇は大好きですが、素敵な思い出が加わってますます好きになりました。

ただいま東京宝塚劇場で上演中の花組『青い薔薇の精』も薔薇が重要なモチーフ。
青い薔薇の花言葉は「夢が叶う」
長い間、先頭に立って宝塚人気を引っ張ってこられた、みりおさん(明日海りお)のラストステージにふさわしいですね。

宝塚に憧れた少女が、大好きな場所で沢山の夢を叶え、まもなく卒業しようとしている。
そんなみりおさんの姿に重なるような作品なのでしょうか?
楽しみに見納めたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**