FC2ブログ

七の花組、首席の雪組、碧の星組、風の宙組│107期生組配属決定

8月3日付で、今年初舞台を踏んだ第107期生の組配属が決定しました。
おめでとうございます!

男役18名、娘役20名。
「宝塚歌劇団○組の○○○○」として組の戦力となられる38名の皆さま。
これからのご活躍を心より楽しみにしております。

宝塚歌劇団│第107期初舞台生 組配属について[2021.7.20]

花組(男役3名/娘役4名)


七彩 はづき(なないろ はづき)
静乃 めぐみ(しずの めぐみ)
希蘭 るね(きらん るね)
咲良 さき(さくら さき)
瀬七波 いろ(せなは いろ)
常和 紅葉(ときわ くれは)
華波 侑希(かなみ ゆうき)

七彩はづきさんと静乃めぐみさん、素敵な芸名ですね。
タカラジェンヌらしい華やぎと落ち着いた品があり、読みやすく覚えやすい。

「七」が人気ですね(七彩はづきさん/瀬七波いろさん)。
ラッキーセブンになりますように!

花組に「くれは」さんが二人になりました(紅羽真希さん/常和紅葉さん)。

華波侑希さんは先代トップ娘役の華優希さんを思わせる字面ですが、男役さんなのですね。

配属後の公演予定は、11月6日からの宝塚大劇場『元禄バロックロック/The Fascination!』。

月組(男役4名/娘役4名)


澪花 えりさ(みおか えりさ)
一輝 翔琉(いちき かける)
華羽 りみ(はなはね りみ)
天つ風 朱李(あまつかぜ しゅり)
美颯 りひと(みはや りひと)
愛梛 ちとせ(あいな ちとせ)
朝雪 薫(あさゆき かおる)
相星 旬(あいほし しゅん)

初舞台ロケットで注目を集めている一輝翔琉さんは月配属!

芸名がインパクト抜群の天つ風朱李さんも。
天津乙女先生も長く月組で活躍されましたが、「天津風」にちなんだ芸名は月組にご縁がありますね。

朝雪薫さんはクラシカルで素敵なお名前です。

配属後の公演予定は、2022年1月からの宝塚大劇場『今夜、ロマンス劇場で/FULL SWING!』。

雪組(男役4名/娘役4名)


白綺 華(しらき はな)
瑞季 せれな(みずき せれな)
絢月 晴斗(あやづき はると)
風立 にき(かぜたち にき)
瞳月 りく(とうづき りく)
妃奈 環(ひめな たまき)
乙瀬 千晴(おとせ ちはる)
小乃美 ゆき(このみ ゆき)

105期の音彩唯さん、106期の華世京さん、そして白綺華さん。
3年連続で雪組に首席配属って凄くありません?

雪組「あや」コレクションも続行中のようです(絢月晴斗さん)。

初舞台口上で気になった風立にきさんも雪組。
どんな男役さんになられるか楽しみです。

配属後の公演予定は、10月2日からの東京宝塚劇場『CITY HUNTER/Fire Fever!』。

星組(男役3名/娘役4名)


碧羽 陽(あおはね よう)
和波 煌(かずは こう)
美玲 ひな(みれい ひな)
世奈 未蘭(せな みらん)
桃李 拍(とうり はく)
詩花 すず(うたはな すず)
藍羽 ひより(あいは ひより)

碧羽陽さんが加わり、密かに星組の「碧」コレクション進行中 笑
(碧海さりおさん/奏碧タケルさん/碧音斗和さん)
組カラーだから??

いいお名前だなーと思っていた桃李拍さんが星組配属に!
注目していきます!

宝塚歌劇団第107期生の芸名│波に乗り、風に乗り、美しく咲かせ、芸の華

配属後の公演予定は、9月18日からの宝塚大劇場『柳生忍法帖/モアー・ダンディズム!』。

宙組(男役4名/娘役4名)


風翔 夕(かざと ゆう)
結沙 かのん(ゆいさ かのん)
奈央 麗斗(なお れいと)
華乃 みゆ(はなの みゆ)
澄乃 紬(すみの つむぎ)
結花 のの(ゆいか のの)
朱 涼(あかね りょう)
織史 青(おりふみ あお)

風翔夕さんが加わり、宙組の「風」コレクションが更に充実!
トップスターの真風涼帆さんを筆頭に、松風輝さん、瑠風輝さん、澄風なぎさん、湖風珀さん、風色日向さん、夢風咲也花さん、風羽咲季さん。
総勢9名の一大勢力に!

76人中9名、組子のおよそ12%が「風」ネームって凄くないですか?
ビュービューを通り越してゴォーゴォー唸ってます!

新しい相手役・潤花さんとピカピカの研一さんを迎えた新生宙組。
力強い風に乗って、ますます高く翔べますね!

配属後の公演予定は、8月21日からの東京宝塚劇場『シャーロック・ホームズ/Délicieux!』。   

まとめ


お怪我のため初舞台を休演されていた雛乃にこさんの退団発表がありました。
一日も早いご快復を願うと共に、これから先たくさんの幸せが訪れますように祈ります。

宝塚歌劇団│研究科一年 退団者のお知らせ[2021.7.20]

私が皆さまの舞台を拝見できるのは宙組東京公演の『シャーロック・ホームズ/Délicieux!』から。
その日を楽しみにしております。

いよいよ本格始動。
お身体に気をつけて、宝塚歌劇の舞台を華やかに彩ってゆかれますように!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
宝塚歌劇団第107期生の芸名│波に乗り、風に乗り、美しく咲かせ、芸の華
蘭の花咲く月組、彩り豊かな雪組、OGゆかりの宙組│106期生組配属決定
花華(はなばな)よ、乃(なんじ)、美しく咲き誇れ―宝塚歌劇団第106期生の芸名
美しき希(のぞみ)、稀なる音を響かせて―宝塚歌劇団第105期生の芸名
彩り豊かに美しく、真実の愛を求めて羽ばたく―宝塚歌劇団第104期生の芸名
「ぺがさす」「ぽえむ」…半濁音(ぱぴぷぺぽ)芸名のタカラジェンヌは誕生するか?
スターの芸名『2:3または2:2の法則』
未来のタカラジェンヌの芸名を考えてみる【宝塚歌劇】
スポンサーサイト



素晴らしきかな、宝塚ホスピタリティ│“最上”のおもてなしとは何か?

東京オリンピック招致で一躍ホットワードになった「おもてなし」。
心のこもった対応やサービスのことですね。
「ホスピタリティ」とも言いますが、こちらはもう少し広い範囲を指す表現でしょうか?

素晴らしきかな、宝塚ホスピタリティ


Twitterでもつぶやきましたが、先日宝塚大劇場で素晴らしいおもてなしを受けました。

幸い雨はすぐに止みましたが、もしも終演後そのまま出されていたら全員びしょ濡れになっていたでしょう。
それでは観劇の余韻も台無しです。

心温まるスタッフさんのお気遣いで楽しい思い出が一層美しく彩られました。
そして宝塚がもっと好きになりました。
この日の感激はずっと忘れないと思います。

密を避けるために滞留させないのが、この場の最善の対応かもしれません。
しかし、それよりもファンが濡れないことを選ぶ。

相手の立場になって考えられたサービスに感動しました。
観終わったら「はい、さようなら」ではないんです。
(大劇場の広い敷地があってこそできるのかもしれませんが)

「また来たい」「また観たい」と思わせる。
それは“最上”のおもてなしです。

おもてなしとは何か?


その場その場で最も必要とされているものは何か?
求められるものを瞬時に読み取り、実行に移す機動力
宝塚歌劇団の得意とするところです。

それは昨年の公演中止期間中に強く感じました。

毎日のように届けられる生徒さんのリレーメッセージ。
スペシャル動画「OUR FAVORITE TAKARAZUKA」。
動画で生徒さんたちが着けたのとお揃いのツイリーの販売。
劇場に足を運べないファンに向けたライブ中継の充実。

他にも数え切れないほど沢山の楽しみが提供され、ちっとも寂しくありませんでした。

【宝塚歌劇】満足度無限大∞の理由

おもてなしとは何か?
究極の目的は「もてなす側と、もてなされる側の関係の持続」ではないでしょうか。

それは一方通行ではなく、双方向の思いやりがあってこそ成り立つものです。
何でもかんでも無理難題を押し付けることはフェアではありません。

サービスは受ける側も相応の心意気が必要なのです。
“お客様は神様”ではありません。

宝塚歌劇団が絶えず提供してくださる上質なおもてなしを“最上”にするのは、ファンである私たち次第です。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

贔屓に捧げる10万文字│宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ Part4

お手紙書き専用の万年筆をクリーニングに出したら見違えるように書きやすくなり、感動しました。
かすれも引っかかりもインク詰まりも解消!
するする書けて気持ちいいーー

こんなに快適なら、もっと早く綺麗にしてもらえばよかった!
心なしか字が上手く見える(かも)!

贔屓に捧げる10万文字


お手紙は「一発勝負!直接書く派」ですか?
それとも「下書き→清書する派」ですか?
ヅカ友さんにリサーチしたら一発書き派と下書き派は半々くらいでした。

私は「パソコンで下書き派」です。
感情の赴くままに書き出すと収拾がつかなくなっちゃうんですよね。

書いて、一晩寝かせて、読み返して。
読みにくいところを削ったり、書き直したり。
そしていよいよ本番!
誤字脱字のないよう、できるだけ丁寧に書き写します。

下書きするメリットは読み返せること。
公演期間が長くなると「前に同じ感想を書いたかも?」ってなりませんか?
私はなります。
なので過去データが大事!

ところが最近ちょっとした問題が…
スクロールが長い!!
同じファイルにどんどん積み重ねていくので膨大な文字数に 笑
確かめたら10万字ありました。

10万!?
そりゃ万年筆もくたびれますよねーー

目指せ!京極夏彦


お稽古や舞台に忙しいでしょうに、いつもきちんと読んでくださる生徒さんには心から感謝しています。
こんな状況ではありますが、変わらず応援の気持ちを届けられる宝塚のお手紙文化は、やはり素晴らしいですね。

10万字は、ごく薄い文庫本1冊程度の文字量。
お手紙に換算すると1通1,000字としても、たったの100通。
驚くほどの量ではありませんね。

“読む鈍器”と呼ばれる京極夏彦の『絡新婦の理』は1,408ページ。
84万字くらいでしょうか?

私はライトファン時代が長く、生徒さんにお手紙を書くようになったのはここ数年のこと。
長く宝塚を応援してらっしゃる先輩ファンでしたら絡新婦レベルの方もザラでしょうね。

しかし、それだけの文字量をただ一人のご贔屓に送り続けてこられたファンはあらゆる意味で幸せです。
私もそうありたいと願います。
目指せ!京極!!
目指せ!じょろうぐも!!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
【注意】宝塚歌劇団:ファンレターの宛先について【郵便番号】
世界に一つだけ!ご贔屓色のインクを作ってみませんか?―宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ Part3
すべては宝塚を守り、公演を続けるため―宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ Part2
文は人なり、字も人なり―宝塚の手書き文字文化について
宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ―おすすめの紙・ペン・インク・文具店

【注意】宝塚歌劇団:ファンレターの宛先について【郵便番号】

コロナの影響で生徒さんに直接お手紙を渡せる機会が失われてだいぶ経ちました。
最初は寂しく思いましたが、レターセットに合う切手を選んだり、新しい楽しみもあります。

顔が見えない分、より丁寧に、伝わる文章を書くように心がけたり。
物理的な距離は広がっても、心の距離は変わらないのが宝塚のお手紙文化の良さですね。

郵便番号は〒665-8585


ところで、公式サイトのファンレターの送り先表記がマイナーチェンジされたのをご存じですか?

ファンレターは、組名、出演者名を明記の上、下記までお送りください。
なお、感染予防対策の一環として、当面の間、劇場へのお持ち込みはご遠慮ください。

〒665-8585 宝塚市栄町1丁目1番57号 宝塚歌劇団

※〒665-8585は宝塚歌劇団の大口事業所郵便番号です。
宝塚歌劇団│よくあるご質問・お問い合わせ より引用]


今までは郵便場号が〒665-8558と〒665-8585の2つ載っていて、どちらでも届きましたが、「大口事業所郵便番号」の8585に統一されたようです。

いつの間に変わったのでしょう?
今年の初めに手帳に写したときは両方載っていたので最近だと思いますが、公式にアナウンスされましたっけ?
いつも「8558」で送ってらした方、くれぐれもお気をつけください。

古川紙工の「今日のお手紙」


これだけではなんですので、一目惚れしたレターセットをご紹介します。
古川紙工の「今日のお手紙」シリーズのフルーツサンド柄。
思わず食べたくなっちゃいませんか?

古川紙工公式オンラインショップ│今日のお手紙 フルーツサンド

一筆箋サイズなのでサラッと一言送るときにオススメ。
ラインナップは全部で46種類。
丸善ジュンク堂とのコラボ「檸檬書店」シリーズも好きで集めています。

「大口事業所郵便番号」の謎


「大口事業所郵便番号」は宛名の住所をすべて省略できるのが特徴。
ということは…

たとえば「〒665-8585 虹組 花乃みち様」だけで届くってことですよね?
大胆すぎる 笑

本当に届くか試す勇気はありませんが…
ご贔屓へのお手紙を「郵便番号+組+芸名」だけで送ってる方っていらっしゃるんでしょうか?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
世界に一つだけ!ご贔屓色のインクを作ってみませんか?―宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ Part3
すべては宝塚を守り、公演を続けるため―宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ Part2
文は人なり、字も人なり―宝塚の手書き文字文化について
宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ―おすすめの紙・ペン・インク・文具店

円熟のショースター・蘭寿とむの魅力全開!花組『Mr.Swing!』感想

2013年の花組ショー『ショー・オルケスタ Mr.Swing!』。
作・演出は稲葉太地先生。
主演は蘭寿とむさん、蘭乃はなさんの蘭蘭コンビ。
二番手は月組から異動されたばかりの明日海りおさん。
先代雪組トップスターの望海風斗さんも花組にいらした頃の公演。
豪華な顔ぶれですね。

82期首席で入団された蘭寿さん。
『歌劇』の「初舞台生特集」のお顔が既にスターの風格を漂わせていたことを覚えています。

彫りが深く、端正。
「研一にして、この完成度!」の驚き。
私がヅカ離れしていた間に花組トップに就任されたことを知り、「やはり」と思いました。

いかにも花組のトップさんらしいダンディズムを感じさせる男役さんでした。

宝塚の王道!こういうショーが観たかった!


“最高にクールで最高に情熱的、躍動感に溢れリズムを生み出し舞台を燃え上がらせる人=Mr.Swing”
Mr.Swingこと、主演の蘭寿さん。
看板に偽り無し!
ショーテーマそのものの姿!
円熟期を迎えたショースターである彼女の魅力を余すところなく楽しめる舞台でした。

「スウィングしなけりゃ意味が無い!(It don't mean a thing)」。
ジャズの名曲に乗せ、ダンスに長けた花組の面々が軽やかに華やかに舞台を彩る、粋なムードのオープニング。

世界一スーツ&ソフト帽が似合う女性、蘭寿とむ登場!
軍服や宮廷服のコスチュームもハマるけど、やはり蘭寿さんはスーツ!
素顔はエレガントなお姉さんなのに、どうしてこんなにソフト帽が似合うのか?
長年積み重ねてきた男役芸の賜物ですね。

踊りながら、脱いだソフト帽をビシッと飛ばす。
いかにも「宝塚!」という仕草で大好きですが、舞台袖でどなたかが必死でキャッチしているかと思うと、ちょっと微笑ましいですね。

ここで、蘭寿さんと明日海りおさんがちょっと絡む場面があるのですが…
帽子で口元を隠した蘭寿さんが明日海さんに何事か語りかけ、ニヤリと微笑む明日海さん。
いったい何を囁かれたのかしら?

『Mr.Swing!』のタイトル通り、「Sing,Sing,Sing」「In the Mood」とスウィングジャズの名曲が続きます。
このあたりのスタンダード・ナンバーはどれも大好きなので嬉しいですね。

ここでもう一つの「スウィング」登場。
野球のユニフォーム姿でバットを構える蘭寿さんの姿が銀橋に!

「俺はいつでもフルスウィング!」的な歌を歌いつつ客席にちょっかいを出す蘭寿さん。
余裕綽々。
貫禄十分のトップさんならではのコミカルな味がまた楽しい。

男チームvs女チームの対決をダンスで見せるこの場面。
女子チームの可愛いお色気に惑わされ、なかなか点の入らない男子チーム。
途中、女子の一人に股間を蹴り上げられる(ような振り)男子がいて目を疑いました。
すみれコードは大丈夫?

終演後、連れ合いが「あれはダジャレだったのかな?」と言ってましたが…
ホームランジュってこと?

明日海さんを中心としたエキゾチックなシーン。
アラビアの王子様的ターバン姿の明日海さんが、蘭乃はなさん演じる精霊(?)に幻惑されます。
蘭乃さんは両性具有的なイメージで、対になる柚香光さんと入れ替わり立ち替わり現れ、明日海さんを翻弄します。
明日海さんはこういう役が似合いますね。

演出の稲葉太地さんのショーは『ルナロッサ』といい『Celebrity』といい、ターバン場面が多いですね。
1ショー必ず1ターバン。
中近東テイストがお好きなのかしら?
機会があれば是非「アラビアンナイト」がテーマのショーを演出していただきたいものです。

「In the Mood」に乗せて、明るいムードの豪華客船シーンが始まります。
「新入りでーす!」と歌うのは水兵服姿の明日海さん。
月組から花組へ異動後、初めての本公演ということで、このような演出になったのでしょうが、温かい雰囲気で◎

他にも今回で卒業される春風弥里さんが活躍される場面が多くあり、嬉しかったですね。
お辞めになる方にも、新しく加入される方にもしっかり見せ場を用意する。
座付き作家ならではの粋な計らいです。

船旅のシーンでは航海長(?)の天真みちるさんがチャーミングな笑顔を振りまいていました。
愛嬌たっぷりな彼女は舞台のどこにいても目を引きます。

続いて客席が息を飲んだ禁断の果実の場面。
妖しい紫の衣装の蘭寿さんと、目隠しをしたグリーンのドレスの女が登場。
男が目隠しを外すと…現れたのは柚香さん。
ねっとり度200%増しの望海風斗さんが歌う「This Masquerade」をバックに、仰け反り喘ぎつつ絡み合う男女。

聞き手の脳味噌に直接揺さぶりをかけてくるような圧巻の歌声
たわわに実る葡萄の房の下、取り憑かれたように歌う男。
狂ったように踊る男女(全員女性ですけど)。
何となく居たたまれないような気分になる濃厚なダンスでした。

ねっとりした歌で女装の男役を踊らせるのが最近の演出家のブームなのかしら?
(『Amour de 99!!』の某場面を思い出しました)

最も心惹かれたシーンは一連のフィナーレナンバー。
「宝塚=黒燕尾」と常々思う私は、黒燕尾場面が無いとショーを観た気がしません。

キリリと引き締まった燕尾姿は蘭寿さんの真骨頂。
ここまでくるとショーも終盤。
バラエティ豊かな構成で、あっという間に時間が過ぎます。
名残惜しい気持ちを抑え、一人一人の姿を目に焼き付けるようにステージを見つめました。

続く「Blues in the Night」に乗せてのデュエットダンスは、大階段の高低差を駆使した見応えのあるもの。
身体能力の高い蘭寿さんと蘭乃さんならではのアクロバティックな振付。

蘭寿さんの手をするりとかわし「じゃあね」とばかりに袖に引っ込む蘭乃さん。
「やれやれ振られちまったぜ」と反対へはける蘭寿さん。
アダルトで洒脱な雰囲気を持つ彼女たちならではの軽妙なシーンですね。

全編を通して、蘭寿さんを始めとする花組メンバーの大人の魅力を堪能できるショーでした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**