FC2ブログ

これからのお茶会や客席降りはどうなる?「新しい生活様式」の影響を考えてみた

「これからお茶会や客席降りはどうなるんだろうね?」って友だちと話してたんです。
まだ公演再開の目処も立ってないのに気の早い私たち 笑

生徒さんと間近に触れ合える、お茶会やお食事会、そして客席降り。
宝塚ファンの楽しみのひとつですが、これからはどんな形で行われるのでしょうか?

お茶会やお食事会はどうなる?新しい生活様式の影響を考えてみた


新型肺炎の影響が広がるなか、厳戒態勢で行われたお茶会。
それが公演中止になる前に参加した最後のお茶会となりました。
まもなくすべての公演が取り止めになり、その後、しばらくして緊急事態宣言が発令されたのです。

参加者は手指消毒とマスク着用必須。
お見送りも十分な距離を保って。
いつものお茶会なら必ずしてくださる、あれやこれもなく。

それでも十分満足でした。
それどころか、いつも以上の幸せをいただきました。
不自由など微塵も感じさせず、たくさん話し、たくさん笑わせ、たくさんの企画で楽しませてくれた生徒さん。
素晴らしい時間をくださった皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

今後は政府の専門家会議が提示する「新しい生活様式」に則ったお茶会やお食事会がスタンダードになるでしょうか?

たとえば…
1.こまめに手洗い・うがいをする
2.症状がなくてもマスクをつける
3.人との間隔を最低1メートル空ける
4.発熱や風邪症状のある場合は参加しない

これなら、先日参加したお茶会も十分クリアされていたように思います。
生徒さんが座る高砂の周りを透明なアクリル板で囲えば完璧!?

お食事会はおしゃべりを控えて食べることに集中する?
それとも折り詰めを持ち帰る?

もちろん、これからのファンイベント開催については劇団や生徒さんの判断によりますが。
いつかまた、あの楽しいひとときを味わえる機会が戻ってくればいいなと思います。

客席降りはどうなる?


最後に客席降りを楽しんだのは星組の『Ray -星の光線-』。
中詰で愛月ひかるさんや瀬央ゆりあさん、碧海さりおさんが来てくださいました。
恒例のハイタッチはありませんでしたが、キラッキラな笑顔を振りまきながら歌い踊るスターさんの姿を観られるだけで大満足!

いよいよ公演中止が現実味を帯びてきた2月下旬。
最後の最後に来てくださったのは七星美妃さん。
不安な気持ちもあったでしょうに、目一杯の笑顔と全力のパフォーマンスで楽しませてくれました。

力強い歌声、キビキビしたダンス、くるくる変わる表情も可愛くて…
普段と違う張り詰めた空気の中での観劇だっただけに、なおさらタカラジェンヌの眩しさが目にしみました。

せめてもの感謝を伝えたくてアイコンタクトと手振りであれこれしたら、弾けるような笑顔で応えてくれて嬉しかったですね。

不特定多数の観客と接する客席降りの再開は、お茶会などに比べてハードルが高いかもしれません。
全国ツアーでは大盛り上がりですが、だからこそ…というのが辛いですね。

先日再開した大阪の大衆演劇場では役者がマジックハンドで観客と握手してました。
宝塚に同じことは求めませんが、制限された中でも精一杯お客さんを楽しませようとする知恵とバイタリティに感動しました。

「新しい生活様式」に則った「新しい宝塚」。
これまでと多少形は変わったとしても、ファンに美しい夢を見せてくれるという宝塚の根っこは変わりません。
もしかして最初は戸惑うこともあるかもしれませんが…
新しい宝塚を楽しみに待っています!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



宝塚歌劇団の年間パスポート(年間シート)が欲しい!オプションは何をつける?

何年か前、ヅカ活に集中しすぎて国立科学博物館のリピーターズパスを無駄にした私。
贔屓が卒業するまで年パスのたぐいを買うのはやめようと心に決めたのです。
でも、宝塚の年パスなら欲しい!と思ってました。

むしろ、宝塚の年パスが欲しいですね。
野球みたいに年間シートがあったらいいのに。
キャスト個別感想(美弥るりか/輝月ゆうま/結愛かれん)│エリザベート より抜粋


先日、友だちの「年パスが欲しい」というつぶやきを見て、やっぱり需要あるよね!と確信しました。

宝塚歌劇団の年間パスポート(年間シート)が欲しい!


全組の本公演を1回づつ観られる年パス(年間シート)。
大劇場と東京宝塚劇場を両方観られる東西共通パス。
遠征用に単発で使えるマルチデーパスも欲しい!

宝塚歌劇団のチケット料金は、SS席12,500円、S席8,800円(東宝は9,500円)、A席5,500円、B席3,500円。

東西どちらかの劇場で全組各公演1回ずつ観劇できる「年間パスポート」。
年間10公演で計算すると…

宝塚歌劇団 年間パスポート料金(案)
SS席125,000円
S席88,000円(東宝95,000円)
A席55,000円
B席35,000円


東西両劇場で全組各公演1回ずつ観劇できる「共通年間パスポート」。
年間20公演だと…

宝塚歌劇団 東西共通年間パスポート料金(案)
SS席250,000円
S席183,000円
A席110,000円
B席70,000円


年間シートの特典、こんなのが欲しい!


せっかくだから特典も欲しいですね。
何がいいでしょう?

前の会社の福利厚生でプロ野球のシーズンシートがありました。
バックネット裏はたまに打ち損じのボールが飛び込んできたりして怖かったですが、選手の息遣いが間近に感じられ、野球音痴の私でも楽しく応援できました。
お土産は応援グッズや選手のネーム入りグッズなどを戴きました。

宝塚なら、こんな特典が嬉しいです。
1.トップコンビのメッセージカード
2.公演プログラムプレゼント
3.公演ドリンク/デザートサービス
4.キャトルレーヴ優待券

席種によってオプションを追加してもいいですね。
「バックステージ見学ツアー」や「別箱や全国ツアーのチケット優先購入権」はいかがでしょう?

オプションつき料金プラン案はこちら。

宝塚歌劇団 年間パスポート料金(改定案)
SS席150,000円
S席110,000円(東宝115,000円)
A席70,000円
B席45,000円


マルチデーパスも欲しい!


通年で席を確保できる年パス以外に、単発で使えるマルチデーパスも欲しいですね。

大劇場のオプションは、梅芸やバウ公演のセットチケット、歌劇の殿堂やすみれミュージアムの優待券、宝塚ホテルの宿泊プラン、阪急フリーパスなど。
東宝は、青年館や国際フォーラムや赤坂ACTとのセット、阪急系列ホテルの宿泊プランなど。
だんだん全部のせ状態になってきました 笑

夢は果てしなく広がりますね。
(年パスのデザインは大劇場?大階段?迷います…)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

宝塚歌劇と性描写―「すみれコード」セーフ/アウトのボーダーラインはどこに?

宝塚界隈独特の言葉のひとつに「すみれコード」があります。
劇団の理念である「清く正しく美しく」を守るための暗黙の了解ですね。

創設者・小林一三が目指した「家族ぐるみで安心して楽しめる国民劇」にそぐわない内容は自粛され、「愛と美と夢の世界」にふさわしい作品だけが上演される。
…はずですが、今となっては有名無実。

すみれコードもへったくれもない過激な描写が横行する現在。
もちろん、それが悪いとは言いません。
創立当初とは時代も状況も違います。

表現の幅が広がれば、より多くの集客が見込める。
しかし、行き過ぎては「あえて宝塚で演る」意義が薄れる
その見極めが難しいところです。

すみれコードによる規制の対象のひとつが「性」。
女性が男役を演じ、ほとんどの作品の主軸が男女の恋愛である宝塚歌劇において、「性」をどこまで描くかは難しい問題です。

一口に「性」といっても、その意味するところは様々。
生物学的な性、社会的な性…
ジェンダー及びジェンダー・アイデンティティに言及した作品としては『BADDY』『蘭陵王』などが浮かびます。

今回は「性行為(性描写)」にフォーカスしてみましょう。

「すみれコード」セーフ/アウトのボーダーラインはどこに?


ありがちな描写としては、二人がベッドに倒れ込んで暗転、次のシーンで朝を迎える。
何があったかはお察しください、の図ですね。
これならば「家族で観ても安心」です。

宝塚として限界ギリギリと思うのは『激情』のホセとカルメン、『アーサー王伝説』のアーサーとモーガンでしょうか?
あからさまに行為中であることを匂わせる振り付け。
『紫子』の風吹と舞鶴姫など、シルエットで示す場合もあります。

ファン同士で「すみれコードアウトだね」なんて言ったりしますが、では「すみれコード」のセーフ/アウトのボーダーラインはどこにあるのでしょうか?

宝塚歌劇における性描写の必要性


人間生活とセックスは切っても切り離せないもの。
恋愛の過程のひとつであり、(アセクシャルである場合を除き)最大の関心事のひとつであることは間違いありません。

「人間の三大欲」とされる食欲・睡眠欲・性欲。
演劇が「人間の営みを写し取り、そこに起こる感情の揺れや事件を表現するもの」と定義すれば、恋愛や性描写が占める割合が高くなるのは必然です。

そこで、宝塚で「性」をどこまで描けるか、描くべきなのかが問題となるのです。

直近の作品を例に挙げると『花より男子』。
これはセーフとアウトが入り混じっています。

互いに淡い想いを寄せ合う道明寺司と牧野つくしが、別荘の一室で二人きりになるシーン。
「俺だって男だから…」とつぶやき、つくしに背を向けるようにソファに寝転ぶ道明寺。
相手の気持ちがハッキリするまでは行為に及ばない。
若いエネルギーに打ち克つ、瑞々しい少年の純情。
絶妙なラインの表現でした。

三条桜子の陰謀で、つくしがニセ花沢類とのスクープ写真を撮られるシーン。
シーツから覗く、つくしの裸の肩。
キャミソールの肩紐が見えていたので、かろうじて全裸でないことが分かります。

皆さまは、どちらがセーフで、どちらがアウトだと思いますか?
私は別荘はセーフ、スクープ写真はアウトと考えます。

『アーサー王伝説』のアーサーとモーガンはセーフ。
二人が抱き合ったまま床をゴロゴロするのは◎
(「私の腹にはおまえの子が宿った」はギリギリかな?)

観客の想像力を刺激するべし


なぜ、最中の『アーサー王伝説』がセーフで、事後を思わせる『花より男子』がアウトなのか?
違いは「露出度」です。
“シーツから裸の肩”では直接的に過ぎるのです。

もっとオブラートに包みなさい!
もっと観客の想像力を刺激しなさい!

色事は秘めてこそ。
まして「男役」と「娘役」のラブシーンであるなら尚更ダイレクトな表現に偏ることを是としません。

より強い刺激を求めてエスカレートすれば、どんな結果になるか?
感覚を麻痺させてはいけません。
演出家の皆さまには「この表現は本当に適切か?」の自問を繰り返していただきたいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○○く、正しく、美しく?

「忙しかった連休も、終わりと思うと名残惜しい」byデュッケさん(霧深きエルベのほとり)。

始まってみればあっという間のゴールデンウィーク。
皆さまいかがお過ごしでしたか?
私はいたって普通に暮らしてました。

夕方、友だちと電話中。
「せっかくの連休なのに、いつもどおりの時間に寝て起きちゃう」
「夜ふかしとかしてみたい」
と言ったら…

「きそく、ただしく、うつくしく」
と返ってきました。
さすが、ヅカファン!

「規則 正しく 美しく」
いいですねー。
座右の銘にしようかな?

明日からまた新しい日々が始まります。
「健やかに、規則 正しく、美しく」お過ごしくださいませ。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

【GW暇つぶし企画】宝塚ブログ 2020年5月の人気記事ランキングTOP10

明日は連休最終日。
ノープランのゴールデンウィークなんて生まれて初めてで戸惑いましたが、普段できないことをするチャンスですね。

私はこの機会にブログのリニューアルをしています。
ブログを初めて4年ちょっと。
慣れるに従い「あれをやりたい、これもやりたい」欲が湧いてきました。
新しい機能を取り入れる準備を進めつつ、リンク切れチェックやカテゴリの見直しなど細々したメンテナンスをして…
5月末の完成を目指しています。

過去記事をチェックしながら拾い読みしてると、観劇当時の感動が鮮やかに甦ります。
ブログをやっててよかった!と思うのはこんなときですね。
Twitterで知った言葉「日記は未来の自分が読者」。
まさにそのとおりです。

宝塚に感謝をこめて…ありがとう!


昨年行われた星組のショー『ESTRELLAS』の感想に、こんな文章がありました。

メインテーマの『エストレージャス』はもちろん、『星サギの歌』が大のお気に入り!
〽世界は輝く、この一瞬のため

今この瞬間、大好きな宝塚の舞台を観ていられるのは、さまざまな条件が重なった上での幸運であること。
決して当たり前ではありません。

この一瞬の輝きを享受できる幸せ。
まさに「ありえない奇跡」を味わっているのだ、と。
改めて、自分を取り巻くすべてのものへの感謝が湧いてきました。


「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS

これを書いたとき、まさか一年後がこんな状況になっているとは思いもしませんでした。
ひとつひとつの瞬間が「ありえない奇跡」だったこと。
数えきれない幸せをもらったこと。

離れている今も、絶え間ない幸せをくれる宝塚に心からの感謝をこめて…
いつもありがとうございます!

2020年5月の人気記事ランキングTOP10


過去記事の整理がてら、現在のアクセスランキングTOP10をピックアップしました。
おうち時間の暇つぶしにいかがでしょうか?

1.満を持して、礼真琴ロミオ登場!│『ロミオとジュリエット』キャスティング妄想

2.【宝塚歌劇】ファンの署名運動で退団撤回!?―もしも、贔屓が卒業を決めたら

3.わーかーるーよー!藤井大介先生の「真風涼帆評」に完全同意│アクアヴィーテ!!

4.宝塚再始動!星組千穐楽と万里柚美さんのこと│眩耀の谷

5.星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖

6.カテゴリ-礼真琴

7.美女たちの競艶、仙名彩世筆頭のエイト・シャルマン│博多座 Santé!!

8.「紅柳紅子の部屋」如月蓮の優しさと機転、天寿光希×輝咲玲央「星を継ぐ者たち」│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!

9.宝塚ファンが決して「してはならないこと」│私的・宝塚ファンの心得Part2

10.輝き、ひかる星になれ!星組生・愛月ひかる誕生│組替えについて、私の考え

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**