FC2ブログ

美弥るりかという「価値」―男役集大成の佐々木小次郎│夢現無双

正統派男役から異端の女役まで幅広い人物を演じてこられたみやさん(美弥るりか)。
宝塚集大成のお役は剣豪・佐々木小次郎。
劇中で本阿弥光悦(千海華蘭)が小次郎の剣を「まばゆい」と評しますが、それはみやさんその人への評価に他なりません。

併演のショー『クルンテープ 天使の都』。
シンプルな黒燕尾をまとったみやさんの、ダイヤモンドの粒子をまぶしたような煌めき。
照明や衣装の力ではなく、体の内側から発光するような輝き。
千穐楽が近づくにつれ、どこか、この世の者ではないような神々しさすら感じられます。

美弥るりかという「役者」


初めてみやさんのお芝居に注目したのは、2012年秋の『愛するには短すぎる』のアンソニー。
華奢で小柄な体から発せられた、思いがけず太い声が印象に残っています。

声色や台詞回しが星組の柚希礼音さんそっくりで、やはり育ってこられた組のトップさんに似るのかな?なんて思いながら観ていました。
しかしまもなく、誰でもないみやさん自身の魅力に気づかされたのです。

まさおさん(龍真咲)演じるフレッドとの息ぴったりの掛け合い。
軽妙洒脱な持ち味が合うのか、まさるりコンビは観ていて楽しい気持ちになりますね。

時は過ぎ、珠様(珠城りょう)がまさおさんの後を継いで、月組に新たな名作が次々に生まれました。
『グランドホテル』『All for One』『BADDY』…
作品の成功に大きく貢献したのは、みやさんです。

みやさんをひとことで表すなら、“フェアリータイプ”の男役さんでしょうか?
みやさんがお好きな涼風真世さんもこのタイプでした。

中性的な容姿に反して、芸風は骨太。
そんなところもよく似た二人であるように思います。

新生月組第一作は涼風さんの卒業公演となった『グランドホテル』。
みやさんのお役は涼風さんが演じられたオットー・クリンゲライン。

華やかで溢れんばかりの色気が魅力のみやさんが瀕死の簿記係?
初めはそう思いました。
しかし、蓋を開けてみれば、そこにいたのは限りある命を精一杯に燃やし、明日への希望を信じるひとりの人間でした。
愛を信じ、友を信じ、やがて生まれる新しい命を慈しむことができる男。

色気も美貌も封印して挑んだオットー役。
男役の垣根を超えた「人間」を演じたみやさんの芝居が心の奥深くに染み入りました。

「役」は「中の人」の写し鏡


オットーの真逆がスイートハートです。
宝塚ファンを熱狂の渦に巻き込んだ『BADDY』。
最大の立役者はみやさん演じるスイートハート。
初めて観た日の衝撃は忘れません。

色香も美貌もフルスロットル。
男役・美弥るりかの魅力、唯一無二の個性を最大限に活かしきった役と言えるでしょう。

スイートハートというキャクター無しで、果たして『BADDY』はあそこまでの狂乱を生み出し得たのか?

美しく妖艶でありながら骨太。
男性と女性の粋を集めたようなキャラクター。

オットーとスイートハート。
自由自在に色気を出し入れする変幻自在の役者、美弥るりか。
「役者」というより「人」ですね。

役は、それを演じる「中の人」以上の存在にはなれない
優れた役を演じるには、役者自身が優れた人間でなければならない。
そう思います。

観るのはひたすら舞台だけ。
スカイ・ステージはおろか、紙媒体もごくまれにしかチェックすることのない私ですので、みやさんの人となりは存じませんが、お人柄は演じる役に表れると感じます。
そういう意味で好きな役は『雨に唄えば』のコズモかな?

「MAKE 'EM LAUGH」の笑いを含んだいたずらっぽい目つきが忘れられません。
くりくり動く猫のような瞳、軽やかな身ごなし、豊かな表情。
前向きな心、抜群のひらめき、逆境にくじけぬ明るい強さ。
さりげなく誰かに手を差し伸べることができる優しさ。
観ていて自然に心がうきうき軽くなる、自然体で力みのない芸。

本名のみやさんもこんな感じの方かな?と想像してしまいます。

美弥るりかという「価値」


集大成の佐々木小次郎。
端的に言えば「美弥るりかだから成立した役」ですね。

より多くのエピソードを描くことに筆が割かれた分、中心となる人物たちの書き込み不足が否めない『夢現無双』。
しかしながら、わずかな点と点を結んで線と成し、主人公・武蔵の人生を遠隔的に支配する佐々木小次郎という男を強く印象づけたみやさんの手腕は見事です。

武蔵の憧れであり、友であり、好敵手であった小次郎。
主人公に「この頂まで上がって来い」と言えるだけの度量。

なにより、劇場中の空気を一気に「美弥るりか色」に染め上げる存在感。
姿、声色、佇まい…
出てくるだけで「只者ではない」「物語の芯となる人物であろう」と思わせる説得力。

言ってしまえば、小次郎は美弥るりかという特異なタカラジェンヌの在り方に、すべてが委ねられた役なのです。

ただそこに在るだけで多くのものを観客に与えることができる役者。
それこそが美弥るりかの「価値」です。
舞台を通して沢山の喜びと希望をくださったことに感謝の気持ちしかありません。

ご卒業までまもなく。
完全燃焼の晴れやかな千穐楽となりますように。
そして、その先も、より豊かな輝きに満ちた道を歩まれますように。
心より、ありがとうございました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
似た者同士のふたり―月組の芝居巧者、祇園藤次(輝月ゆうま)とお甲(白雪さち花)│夢現無双
飢えが欲しい、渇きが欲しい│夢現無双
「たまき」が咲いて、まもなく『夢現無双/クルンテープ』東京初日の幕が開く
イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双
スポンサーサイト



似た者同士のふたり―月組の芝居巧者、祇園藤次(輝月ゆうま)とお甲(白雪さち花)│夢現無双

いつも魅力的なお芝居で作品を引き上げてくれる月組の芝居巧者、さち花さん(白雪さち花)と、まゆぽん(輝月ゆうま)。
今回も素晴らしい働きをみせてくれました。

機を見るに敏な男、祇園藤次(輝月ゆうま)


吉岡清十郎(暁千星)率いる吉岡道場の門弟、祇園藤次。
格別味わい深くて大好きな人物です。

日和見主義というか、変わり身が早いというか。
“機を見るに敏な男”というのが一番しっくりきます。

藤次らしさが最も表れた言葉がこれ。
「時代は江戸だ!もう京に用はねぇ」

沈みゆく舟に見切りをつけ、さっさと大船に乗り換える藤次。
朱実(叶羽時)には「薄情者」呼ばわりされますが、いつの時代にも通じる立派な処世術です。

脇目も振らず、ひたすらに剣の道を進む武蔵(珠城りょう)や小次郎(美弥るりか)とは180度異なる人生。
しかしながら、大事を成し遂げるヒーローばかりで世の中は成り立ちません。
市井に生きるリアリティあふれる人物がいてこそ、芝居は面白い。

とはいえ、彼もひとりの剣客。
決して剣の道をないがしろにしていたわけでは、もちろんありません。
彼の心が翻ったのは、吉岡一門74人斬りの現場だと思います。

「天下無双」の名のもとに次々倒れていく仲間たち。
剣とは何なのか?
命とは何なのか?

死屍累々を目の当たりにし、武蔵に先んじて剣の虚しさを感じ取ったのは藤次だったのかもしれない。
一瞬のためらいの後、きびすを返し、一目散に現場を離れる藤次の背中に、そんな思いを感じ取りました。

「生きるってのは大変なこった」とボヤきつつ、飄々としぶとく生き延びる藤次。
朱実に「おまえはどうする」とさりげなく問いかける優しさもある。

小物といえば小物ですが、世渡り上手で、カラッと明るく憎めない男。
まゆぽんの男役の愛嬌が存分に活かされた最高のお役、祇園藤次
「大根」どころではない、千両役者のまゆぽんです。

したたかに艷やかに生きる女、お甲(白雪さち花)


野武士の未亡人、お甲。
まゆぽん藤次に勝るとも劣らない、強い生命力が魅力です。

乱世をしたたかに生き延び、ヒモと養い子を食わせるバイタリティ。
宝塚の娘役の枠ギリギリの、熟れて崩れる寸前の果実のようなしどけなさの表現も見事。
原作を読んだときから「お甲はさち花さんで」と思ってましたが、実現して嬉しかったですね。

一見、男から男を渡り歩く毒婦にも思えますが、主導権を握っているのは常にお甲。
彼女にとって、男は都合よく利用し、生き延びるための手段。
または、独り寝の床を暖めるだけの愛玩動物でしかない。

戦士した兵から金目の物を奪い取り、金品に替える。
奪衣婆顔負けの所業ですが、自分と朱実、女二人で食いつなぐのに手段など選んではいられません。

「おまえもいつか分かるさ」
お甲の優しさ、寂しさ、諦め、やるせなさ。
もろもろの想いが込められた台詞をサラリと流して、深く印象づける手腕はさち花さんならでは。

そんな彼女にとって、藤次はどんな存在だったか。
機を読み、動く力に長けた男。
いわば似た者同士のふたり。
お甲が初めて出会った、頼りに足る、共に生き延びることができる同志だったのではないでしょうか。
彼女が行き着いたところが藤次だったのは必然と思います。

まゆぽん藤次+さち花お甲。
いいお芝居を観せていただきました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
飢えが欲しい、渇きが欲しい│夢現無双
「たまき」が咲いて、まもなく『夢現無双/クルンテープ』東京初日の幕が開く
イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双

飢えが欲しい、渇きが欲しい│夢現無双

どうして、こうなってしまったのか?
モヤモヤと消化不良な後味が残る『夢現無双』。
複数回観ても、初めに感じた引っかかりが拭えません。

もちろん、生徒さんは素晴らしい働きをみせています。

剛勇無双を演じさせたら右に出るものはいない、無骨で不器用で、ひとすじな男っぷりを遺憾なく発揮した珠城りょう(宮本武蔵)。
原作のイメージそのまま、芯の強い一途な娘を好演した美園さくら(お通)。
武蔵の終生のライバルであり、心の拠りどころとして抜群の存在感を示した美弥るりか(佐々木小次郎)。
籠の鳥の悲哀と、一級の女の凄絶なまでの美を両立させた海乃美月(吉野太夫)。

他のキャストも申し分なく、どこをとっても安心して観ていられる舞台です。

飢えが欲しい、渇きが欲しい。


違和感の正体は、武蔵の描かれ方。
具体的には「千年杉」のエピソード。

お通が武蔵への愛を自覚し、武蔵が「けだもの」から「人間」に生まれ変わる大事な場面のはず。
なぜ、どうして、ああなってしまったのか?

千年杉に吊り下げられ、二日二晩。
ジリジリ焦げるような陽に焼かれ、吹き荒れる風に晒され、滝のような雨に打たれる。
命が尽きたら、木にぶら下がったまま鴉に目玉をえぐられる。

原作に描かれるのは、私刑にも似た沢庵(光月るう)の処罰。
「今日までの振舞は、無智から来ている生命知らずの蛮勇だ、人間の勇気ではない(略)怖いものの怖さをよく知っているのが人間の勇気であり、生命は惜しみいたわって珠とも抱き、そして、真の死所を得ることが、真の人間というものじゃ」

「くそ坊主!」「貴様を蹴殺してやる」
二丈(約6m)もの梢にぶら下げられてもなお、わめき、暴れ、牙をむく武蔵。
しかし、沢庵の真実の言葉が彼の心を揺さぶります。

「…沢庵坊、後生だ、助けてくれ」
沢庵への呼びかけが「くそ坊主」から「沢庵坊」へ変化していることにご注目ください。
武蔵の心にわずかながら他者を敬い慕う気持ちが芽生えているのです。

「俺は、今から生まれ直したい。……人間と生れたのは大きな使命をもって出て来たのだということがわかった。……そ、その生甲斐がわかったと思ったら、(略)……アア!取り返しのつかないことをした」

反省、そして命乞い。
それまで、他人の生命も己の生命も塵芥のごとく扱ってきた男の心に差す光。
それは、人間らしい「理性」であり、「愛」です。

「死にたくない。もう一ぺん生きてみたい。生きて、出直してみたいんだ」

もう武蔵はけだものではない。
「死」を恐れ、「意味ある生」を求める心が生まれた
人としての自我が芽生えたのです。

目覚めた武蔵の心は赤子のよう。
「WATER」という言葉を知ったヘレン・ケラーのように、武蔵の精神にパァッと輝く世界が広がったのではないかと思います。

人間らしく生きることへの渇望。
希望、夢、憧れ、幸福…
このシーンでは、そんな当たり前の欲を求める強い気持ち、ヒリヒリするような焦燥が欲しい。

もっと飢えが欲しい、もっと渇きが欲しいのです

お通の愛


しかし、劇中では沢庵に先んじてお通がやってきて、武蔵を木から下ろします。
「又八とお甲のことを聞かせて」とせがむお通に、「は?」と返す武蔵。

「は?」は、こっち(観客)の台詞です。

又八とお甲の関係を知りたいから武蔵を助ける。
これは断じて違います。

武蔵を愛したから救うのです。
なぜ、お通の台詞をこんなふうに改悪したのか。
このシーンで笑いが起きるたび、残念な気持ちになります。

みなしごのお通は決して愛に恵まれていたとはいえません。
又八の母・お杉に拾われ、食うには困らなくても、心は満たされていない。

誰かを欲する気持ちは寂しさと相性がいい。
村中から憎まれ、誰一人助ける者とてなく、千年杉にぶら下げられた武蔵。
武蔵の孤独に、お通の孤独が共鳴し、愛が生まれるのが「千年杉」のシーンなのです。

「武蔵の苦しみとともに自分も苦しみたい」
原作に描かれるお通の気持ちと、あまりにかけ離れた『夢現無双』。

「舞台と原作は別物」と言えば、そのとおりですが、いくらなんでもこれは酷い。
ヒロインがこんなふうに描かれて、観客の共感を呼べるでしょうか?
それでも、懸命に武蔵を慕うお通を形作ったさくらちゃんはよく演っていると思います。

※台詞はすべて新潮社・吉川英治著『宮本武蔵』より抜粋

珠城りょうの男役


木から下りた武蔵のもとに沢庵が現れます。
武蔵を諭し、首を落とすかと思いきや…
電光石火、もとどりを切り落とす。
ざんばら髪になった武蔵。

木の上下で問答を交わすより、演出としてのインパクトは大きいでしょう。

しかし、これではあまりに受け身に過ぎます。
「諭される」のと「自ら悟る」のでは雲泥の差。

殺される前に殺す。
無造作に無慈悲に生命を奪ってきた武蔵。
乱世では当たり前のこととは言え、あまりに容赦がない武蔵の剣。
追われながら、飛ぶ鳥を石つぶてで打ち落とし、引き裂いて、血のしたたるまま貪り食らう悪鬼のような男。

そんなけだものの心が、他者の言葉ひとつで動くでしょうか?
生まれ変わりたいという欲が湧いたのに、体は千年杉に縛りつけられたまま。
身じろぎもできず、飢えて渇いて、死を待つばかり。
「死にたくない」
「生きて、出直したい」
喉から手が出るほど生きたいと願い、今までの自分を反省したからこそ、原作では沢庵の言葉が効いたのです。

極限状態で腹の底まで落とし込まれた言葉。
だからこそ、武蔵の心は底からひっくり返ったのです。

体が自由な(命の心配がない)状態で「俺は強い!」と土を掻いたところで、木に縛りつけられていたときとは切羽詰まりようが違います。

深い谷底から、遥かな頂きへ。
武芸者・宮本武蔵の成長こそ、吉川英治が書いた『宮本武蔵』のテーマでしょう。

その落差が大きければ大きいほど、読者(観客)はカタルシスを得られる。
しかし、『夢現無双』は平坦な印象なのが残念です。

珠様(珠城)の形作る男役の味は、粘り気を伴った熱く暗く重く湿った情念にある、と考える私。
そこに独自の男役の色気が生まれる。
汗と垢と泥にまみれ、飢えた瞳をギラつかせる青年武蔵はまさに適役。

決して「宝塚的」なヒーロー像ではありませんが、武蔵の成長をより深く印象づけるのであれば、原作に沿った構成でも良かったのではないでしょうか?

天命を帯びて生まれ変わり、その道を邁進する愚直なまでの明るさ、真っ直ぐさもまた珠様の男役の魅力。
どん底から高みへと登る武蔵の姿は、きっと宝塚ファンの心を捉えたと思います。

中途半端に口当たり良く仕立てる必要はありません。
もっと生徒と観客を信じてください。

原作物が増え、宝塚の枠からはみ出すかと思われる作品が多く上演されるようになった昨今。
元の作品をいかにタカラヅカナイズし、観客を納得させうる舞台に仕上げていくか。
今後の課題です。
その難しさを感じた『夢現無双』でした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
「たまき」が咲いて、まもなく『夢現無双/クルンテープ』東京初日の幕が開く
イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双

「たまき」が咲いて、まもなく『夢現無双/クルンテープ』東京初日の幕が開く

いつも宝塚ゆかりのお花情報を教えてくださるw様が「“たまき”が咲きました」とお写真を送ってくださいました。
月組トップスター珠城りょうさんと同じ名前の薔薇です。
img-20190426_3.jpg
お許しいただきましたので、可愛い花姿をおすそ分けいたしますね。
ふっくらまぁるい可憐な薔薇です。

宝塚歌劇ゆかりのお花たち


折りに触れ、生徒さんの芸名や作品名に結びつくお花の情報をくださるw様。
「たまき」も、以前ご紹介した「スイートハート」も教えていただきました。
「宝塚ファンの皆さまにも」とのお言葉と共に…
というわけで、シェアさせていただきますね。
w様、いつも本当にありがとうございます。
「たまき」という薔薇がある!
「スイートハート」という花がある!

「たまき」は「環」と書く、和ばら作家の國枝啓司氏の作品です。
國枝さんの薔薇は「フレネット日比谷」さんの「ローズファームケイジの和ばら」で紹介されています。
フレネットHIBIYA│Rose Farm KEIJI 品種一覧

どれも溜め息の出るような繊細な美しさ。
現役の生徒さんで同じお名前の方がいらっしゃるか調べてみました。
太字は薔薇の名前

●花組あかり(白姫あかり)、杏[あん](鳳月杏)、渚[なぎさ](舞月なぎさ)、凛[りん](凛乃しづか)、鈴[すず](鈴美梛なつ紀)

●月組葵[あおい](佳城葵)、凛[りん](妃純凛)

●雪組綾[あや](綾凰華)、千[せん](縣千)、奏[かなで](風雅奏)

●星組いろは(彩葉玲央)、ほのか(小桜ほのか)、凛[りん](颯香凜)、ひな(彩園ひな)

●宙組凛[りん](凛城きら)、空[そら](和希そら)、小春[こはる](小春乃さよ)、かなた(希峰かなた)、いおり(碧咲伊織)、ひいろ(朝木陽彩/陽彩風華)

●研一美咲[みさき](星空美咲)、雅[みやび](七城雅)

驚いたのは、「陽彩(ひいろ)」さんが宙組に2名もいらっしゃること。
しかも同期生!
こんなことってあるんですね~~

「凛(りん)」も大人気。
各組に4名いらっしゃいます。

ちなみに、「環~美空~ tamaki-misola-」という薔薇もあるのです。
月組トップコンビ、珠城りょうさんと美園さくらさんのコンビ名「たまき・みその」の一文字違い!
偶然とはいえ、なんだか嬉しいですね。

『夢現無双/クルンテープ』本日、東京初日!


img-20190426_2.jpg
数日前に送っていただいたw様の「たまき」は、まだ蕾がいっぱい。
今日あたりがちょうど花盛りでしょうか?
月組公演東京初日に見頃を迎えるなんてグッドタイミングですね!

珠城さんと美園さんのトップコンビお披露目。
美弥るりかさん、響れおなさん、玲実くれあさん、音風せいやさんのご卒業。
どなたにとりましても、満開の花咲く素晴らしい公演となりますように

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
“グランドホテル”という薔薇がある!宝塚ファン視点の神代植物公園 春のバラフェスタ2017
「たまき」という薔薇がある!
「スイートハート」という花がある!
「るりたま」という名前の花がある!
望海風斗×真彩希帆コンビにぴったり!「希望」という薔薇がある!│神代植物公園 秋のバラフェスタ2018

ふたつのP→パッサァとポールダンス│クルンテープ 天使の都

ただいま2つのPで埋め尽くされている私のTL。
ひとつのPはパッサァ(Passâ)。
もうひとつのPはポールダンス(Pole Dance)。

Pはパッサァ(Passâ)のP


パッサァは言わずとしれた星組トップ紅ゆずるさんと綺咲愛里さんのコンビ愛称ですね。
今週半ばに退団発表をされたふたり。
その会見が愛に溢れた素晴らしいものであったこと。
称賛と喜びの声がTLで踊っています。

「大号泣した」との紅さんの知らせを受け、「では私は泣きません」と応え、見事に涙ひとつ見せず笑顔で乗り切ったあーちゃん(綺咲)。
お召し物のカラーリングも同じ、報道写真のポーズも同じ。
どこまでも通じ合うふたり。
見事な阿吽の呼吸。
二人の気持ちはおんなじだった(byカール・シュナイダー)ですね!

ところで、あーちゃんの「気を確かに」という言い回しが密かにツボでした。
「平常心を保つ」の意味でとっさに口をついて出る。
素敵な言語感覚だと感心しました。

Pはポールダンス(Pole Dance)のP


星組ファンがPassâで盛り上がるなか、月組ファンはPole Danceで大盛り上がり。
発信源はれいこさん(月城かなと)。
月組 稽古場 キャストボイス

男役がポールで踊る」で激震が走りました。

「タイのクラブ」「ポールダンス」「とてもかっこいい」
魅惑の言葉の数々に踊る月ファン。

皆さま、どんなシーンを想像してらっしゃいます?
月メンズのあんなポーズやこんなポーズ?
みんなの気持ちはおんなじだった(byカール・イッテナイダー)ですね!

ちなみに私の頭には、筋骨隆々に鍛え上げた武田真治みたいな月メンズ(珠みやれいこありおだまゆれんこん…そして筋肉ルネ子)がポールに妖しく絡みつく図が浮かびました。

めったに見られない男役の腹筋が披露されるとしたらわくわくですが…どうなるか!?
夢と不安が広がるキャストボイスですね!

生のポールダンスを観たのは20年ほど前、あるクラブのイベントが初めて。
最初のうちこそ際どいコスチュームや扇情的なポーズに驚きましたが、だんだんとアクロバティックな動きそのものに惹きつけられたことを覚えています。

鍛え抜かれた女性の肉体の美しさ、健康的な色気、なにより活き活きした表情がカッコいい!
ポールダンスは素敵なパフォーマンスという印象があるので、それを宝塚で観られるのは嬉しいですね。

今回は男役さんのみのようですが、娘役さんのも観たいですね~~
花組の仙名彩世さん、月組の結愛かれんさん、雪組の笙乃茅桜さん、星組の紫りらさん、宙組の綾瀬あきなさんのスペシャルチーム希望!

えびちゃん(綾瀬)は『異人たちのルネサンス』で披露したバッキバキな腹筋が記憶に新しいところ。
ゆきちゃん(仙名)の僧帽筋から三角筋にかけてのライン、美園さくらさんのヒラメ筋も美しいですね。
娘役さんの美ボディは筋トレの励みになります。

連れ合いに「今度のショー、珠ちゃんがポールダンスやるって」と言ったら「出初め式?」と返されました。
確かに珠城りょう×ポールは出初め式の方がしっくりくるかも…
卯之助スタイルで観たいですね!
(というか、れいこさんは珠様がこのシーンに出るとはひと言も言っていない)

なにはともあれ…
大介先生、期待してますよ~~

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**