FC2ブログ

早霧せいな×ルパン三世―「原作再現性」の高さと「宝塚的カッコよさ」の融和│ルパン三世 王妃の首飾りを追え!

『はいからさんが通る』『天は赤い河のほとり』『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』などのサブカル/MAG作品を巧みにタカラヅカナイズすることにかけては右に出る者がいない小柳奈穂子先生。
ただいま宝塚大劇場で絶賛上演中の『GOD OF STARS -食聖-』にかこつけて、先生の過去作品をレビューします。
[内容は2015年当時のもの]

対象作品は、2年前の本日(2017年7月23日)『幕末太陽傳/Dramatic“S”!』千秋楽をもって宝塚を卒業された元雪組トップコンビ、早霧せいなさんと咲妃みゆさんのお披露目公演『ルパン三世―王妃の首飾りを追え!―/ファンシー・ガイ!』。

あのルパン三世が生きて、動いてる!


昨年めでたく100周年の節目を迎えた宝塚歌劇。
記念すべき第2世紀1作目の作品は何?
期待に胸を弾ませていたところ「次回作はルパン三世」のニュースが飛び込み、耳を疑いました。

ルパンって、あのモンキー・パンチ原作のアレ!?
タカラジェンヌが「俺、ルパァ~ンさぁんせい」「ふぅ~じこちゃ~ん」とか言っちゃうわけ!?
期待と一抹の不安を抱きつつ観劇。

…言っちゃってた!
「俺、ルパァ~ンさぁんせい!」「あらららら~!?」「とっつぁ~ん!」「ふぅ~じこちゃ~ん!」
ルパンだ!ルパンがいる!!

ルパン三世を務めるのは本公演が主演お披露目のちぎさん(早霧)。
素顔はものすごい美女ですが…
独特の口調、棒のような身体つき、軽やかな身ごなし、すべてがアニメーションから飛び出して来たようなルパン三世

正直、生身の人間しかも女性がルパンを演じることに疑問を抱いてたのです。
しかし、舞台に現れた彼女は「ルパンそのもの」でした。

早霧せいな×ルパン三世―「原作再現性」の高さと「宝塚的カッコよさ」の融和


「宝塚歌劇」と「ルパン三世」という異色の組み合わせを、どう料理するか。
座付作家や役者の見識が問われるところですが、どちらのファンも満足させる作品として世に送り出した小柳先生と雪組生の腕前は見事

その功績は、役の人物と一体化するちぎさんの繊細にも大胆にも変幻自在の演技力によるところが大きいですね。
モノマネじみたアニメのコピーに終始するのではなく、きっちり宝塚の男役の格好良さもみせる。
「宝塚のルパン三世」という相反する人物像を自分のものにしたのです。

物語の舞台は現代。
ベルサイユ宮殿に展示中の「マリー・アントワネットの首飾り」を盗みに入ったルパン一味。
首飾りに手をかけた瞬間、革命前夜のフランスにタイムスリップし、マリー・アントワネット(咲妃)と出会い、そして…

「巧いな」と思ったのはココ。
マリー・アントワネットといえば『ベルサイユのばら』。
『ベルサイユのばら』といえば宝塚歌劇の看板演目。
宝塚の舞台に乗せるにはやや難しい素材を、自分たちの得意分野に引き寄せてしまう手腕はなかなかのもの。

怪しい錬金術を操る詐欺師カリオストロ伯爵(望海風斗)らの手を借りつつ、現代へ戻ろうと画策するルパンたち。
そんななか、マリーがたどる運命を知るルパンは、なんとか彼女を助けようと奮闘するが…

ルパン、次元、五エ門、不二子、そして銭形警部。
おなじみのメンバーが時空を超えて繰り広げるドタバタ喜劇。
しっかり宝塚らしいロマンスも織り交ぜて、大満足の90分でした。

そして、次の100年へ


もちろん、この面白さはルパン一人が生み出すものではありません。
コメディはひとつ崩れれば、すべてが台無しになる恐ろしさを秘めています。

終始速いテンポで進む物語、台詞の応酬。
誰かがタイミングを外せばガタガタになります。
そんな事態に陥らなかったのはメンバーの力の賜物。

私が観劇した回は思いきり台詞を飛ばした方がいらっしゃいましたが、それすら逆手に取って観客を沸かせていました。
アドリブも度を越せば客席は白けるばかりですが、いいバランス感覚を持った役者が揃っているのが何より。

サプライズ的に嬉しかったのは、物語終盤に歌われた「ルパン三世のテーマ」。
〽真っ赤な薔薇はあいつの唇~ で始まる、あまりに有名なあの曲です。
まさか生オケで聴けるとは!感激!!

新しい獲物へ向かうようにホリゾントへ消えるルパン。
「あばよ!」の声と共に、ビヨヨ~ンと跳び上がるちぎさん。
パーフェクトなルパンジャンプ!
幕が下り切る寸前まで100%ルパン三世。

劇場内は宝塚ファンだけでなく、原作のルパンファンとおぼしき男性客も多く見受けられました。

「ちぎみゆコンビ」として絶大な人気を誇ったふたり。
プレお披露目の『伯爵令嬢』を始め、『ルパン三世』『るろうに剣心』と多くの漫画原作公演を大成功に導き、着々と観客の裾野を広げてくださいました。

宝塚歌劇、次の100年へ向けて確かな足がかりを残してくださったちぎさん、ゆうみちゃん(咲妃)。
ご卒業記念日おめでとうございます!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○過去の発掘観劇記はこちら↓
思い出をつなぐ架け橋「霧矢大夢」│月組『エドワード8世/Misty Station』感想
誰にも邪魔されない世界へ旅立った二人│壮一帆・愛加あゆの『心中・恋の大和路』観劇記録
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』
ザ・因果応報!源氏物語ダイジェスト│花組:新源氏物語
宝塚的ハッピーエンドではないけれど│花組:復活/カノン
柚希礼音、男役の歴史が詰まったスペシャル・ライブ│星組:REON!!Ⅱ
スポンサーサイト

珠城りょうに心奪われた瞬間│月雲の皇子

珠城りょう様、お誕生日おめでとうございます。

10月4日の誕生花はカンパニュラ。
img-20181004_1.jpg
花言葉は「誠実」「感謝」。
珠様のお人柄に重なりますね。

さて、私が珠様に心を奪われたのはいつだったのか。
これは、はっきりしています。
忘れもしない、2013年5月5日のバウホール公演『月雲の皇子』でした。

もちろんそれまでも月組の舞台は観ていましたし、珠様のお姿も目には入っていたのですが、心惹かれるまでには至らず。

長年のヅカ離れから復活したのが2011年の『アルジェの男』。
『エドワード8世』のメンジーズでは「膝下の長い子だなぁ」と感じた覚えが。
思えば、ここで初めて珠様を個別認識したようです。

『ロミオとジュリエット』の死では「存在感のある子だな」と。
『ベルサイユのばら』のジェローデルは、白タイツに包まれた太ももの張りに目を奪われ。
(なんだかんだで結構気になっていた様子)

積極的に彼女のお芝居に注目し始めたのは『春の雪』の本多繁邦でしょうか?
主人公、松枝清顕(明日海りお)の親友。
原作の『豊饒の海』では全編通して登場する、キーパーソンとなる大きな役。

若者らしい苦悩、清顕への屈折した想い、その瑞々しさに引き込まれました。
カンパニー全体としても非常に若々しく、清新なエネルギーに満ちた気持ちの良い舞台でした。

そして、いよいよ『月雲の皇子』。
この期に及んで、まだ私の関心は珠様にはありませんでした。

実はモチーフである『古事記』の「衣通姫伝説」に惹かれ、遠征を決意したのです。
(ちなみにバウホールデビュー)
しいて言えば、『春の雪』で綾倉聡子を演じた咲妃みゆさんの上手さが印象的で、彼女が衣通姫ならば…という気持ちもありました。

結果的に私はこの作品で、月組と珠城りょうの芝居の魅力の虜になったのです。

ひたひたと心に染み入るような冒頭のモノローグ(夏月都さん?)。
恐ろしく研ぎ澄まされた台詞。
一字一句を聞き逃すまいと、息を詰め見守る観客。
瞬きするのもはばかられるほど静まり返った劇場。

役者の呼吸が自分の呼吸と同化するような、「お芝居を観ている」ことすら忘れる舞台。
素晴らしい体験でした。
(この公演を観に行こうと決めた自分グッジョブ!)

もしも、上田久美子先生が珠城りょう初主演作に『古事記』を当ててくださらなかったら。
今の私はなかったでしょう。

また、はばかりながら珠様にとっても『月雲の皇子』という作品、「木梨軽皇子」という役がなければ、現在に至るまでの道のりもまた違ったものであったかもしれません。

* * *

あれから5年。
上田先生は珠様率いる月組に新たな道筋を示してくださいました。
『BADDY』です。

青く、傷つきやすい果実にも思えた木梨軽皇子。
経験を積み、徐々に色づき、熟れ始めの甘い香りを放ち始めたバッディ。

『BADDY』の刺激が宝塚ファンにもたらした衝撃は、皆さま記憶に新しいところかと思います。

節目節目に目覚ましい飛躍のきっかけを与えてくださる上田先生。
優れた作品を引き当てる運の強さも、珠様の役者としての才能。

盟友ちゃぴちゃん(愛希れいか)を見送り、新しい相手役さくらちゃん(美園さくら)を迎え、次なるステージへ進まれる珠様。
これから先、どのようなお姿で魅せてくださるか、期待で胸が弾みます。

新しい年も、お健やかに。
素晴らしい作品に恵まれますよう、心よりお祈り申し上げます。

○関連記事はこちら↓
月の申し子!?奇跡のタイミングで誕生日を迎えた月組トップスター珠城りょう
【RT1004】珠城りょうさん、お誕生日おめでとう!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

歌劇の魅力満載!KITTEの宝塚スカイ・ステージ15周年イベントに行って来ました

開局15周年を迎えるタカラヅカ・スカイ・ステージとKITTEのコラボイベント『15th Anniversary フェスタ in KITTE』に行って来ました。

衣装や映像展示、レストランやカフェとのコラボメニュー、スタンプラリーなどのイベントも盛り沢山。
最終日(18日)には、れいちゃん(柚香光)を迎えての番組公開収録も行われるそう。

1Fアトリウムの舞台衣装展示の様子。
ステージに近い方から順に、雪、月、花、宙×2、星。
img-20170815_3.jpg
雪組『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』より、ゆうみちゃん(咲妃みゆ)と、ちぎさん(早霧せいな)の衣装。
img-20170815_9.jpg
月組『Apasionado!!』より、ちゃぴちゃん(愛希れいか)と、珠様(珠城りょう)の衣装。
img-20170815_4.jpg
花組『仮面のロマネスク』より、かのちゃん(花乃まりあ)と、みりおさん(明日海りお)の衣装。
img-20170815_6.jpg
宙組『エリザベート-愛と死の輪舞-』より、みりおんちゃん(実咲凜音)と、まぁ様(朝夏まなと)の衣装。
img-20170815_10.jpg
同じく宙組『王家に捧ぐ歌』より、みりおんちゃんと、まぁ様の衣装。
img-20170815_11.jpg
星組『ロマンス!!(Romance)』より、ふうちゃん(妃海風)と、みちこさん(北翔海莉)の衣装。
img-20170815_12.jpg
衣装のチョイスに偏りがあるようですが、今後スカイ・ステージで放送予定の作品より選ばれたそうです。

また、ステージ脇ではトップスターさんの等身大パネルとツーショット撮影することができます。
パネルは日替わりで、こちらのアトリウムと4Fの旧東京中央郵便局長室にも展示されています。
1Fアトリウム→17日(木)朝夏まなと、18日(金)明日海りお
4F旧局長室→17日(木)珠城りょう、18日(金)望海風斗
4Fのカフェ『マルノウチリーディングスタイル』では期間中ずっと、みりおさんと彩世さん(仙名彩世)のパネルが置いてあるそうです。

旧局長室は『絵葉書で見る懐かしの宝塚少女歌劇』。
歌劇の歴史を追うのが楽しく、一枚一枚見入ってしまいました。
この展示はオススメ!
img-20170815_7.jpg
期間限定で『マルノウチリーディングスタイル』が『タカラヅカ・スカイ・ステージカフェ』に。
ひと休みしていこうかと思ったら満席でした…残念!
img-20170815_8.jpg
様々な側面から宝塚の魅力を取り上げた本展示。
とても見応えがあり、大満足!(教えてくださったG様、ありがとうございます!)
このイベントで歌劇に興味を持ってくださる方が更に増えたらいいなぁと思いました。

TAKARAZUKA SKY STAGE 開局15周年記念「15th Anniversary フェスタ in KITTE」
期間/2017年8月11日(金)~18日(金)
会場/JPタワー商業施設「KITTE」(東京都千代田区丸の内二丁目7番2号)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

あなたの好きなセリフは何ですか?│私が宝塚ブログを書く理由

いつもご訪問くださり、誠にありがとうございます。
昨年のレビュー記念日に始めた当ブログ。
早いもので、まもなく一周年を迎えます。

生来飽きっぽい私が途切れ途切れながらも続けてこられたのも、ひとえに歌劇への愛ゆえ。
当初は週末以外の毎日更新できれば…なんて思っていましたが、なかなか難しいですね。
(書きたいことは山積みですが、いかんせん手が追いつかない)

いつもご意見・ご感想をくださる皆さま、ありがとうございます。
多様なお考えを伺えるのは嬉しく、とても励みになります。
これからも、細く、長く、楽しくをモットーに続けていければと思います。
よろしければどうぞお付き合いくださいませ。

さて、なぜ私は公開ブログを書くのでしょうか?

劇評を書き、他人様に読んでいただくとは、すなわち己の人生観、恋愛観、時に死生観すら、さらけ出すことに他なりません。
なぜなら、芝居とは人間の営みをそのまま写し取るものだからです。
限られた空間と時間の中で人生を凝縮する芸術。

芝居を観て、どう感じたか。
何が心に残ったか。
自分のアンテナに引っかかったエピソードを取り上げて感想を述べる。
価値観を丸裸にする行為です。

これはなかなか勇気が要ります。
時に無知で未熟で偏った思考を、したり顔で発信する私。
精神的露出狂とも思える行為を何故繰り返すのか?

思うに、観劇記をまとめることによりインプットとアウトプットのバランスを取っているのではないかと思います。
インプットだけでは飽和する。
アウトプットだけでは空っぽになる。

自分のフィルターを通して、観た芝居を整理・理解・再構築して外に出す。
テキスト化する過程で、舞台のエッセンスが自分の中に取り込まれ、血肉となる。
食物を咀嚼し吸収する、生物の消化活動と同じですね。

前置きが長くなりました。
本題の『宝塚歌劇の好きな台詞』のテーマに参ります。

琴線に触れる台詞。
これこそ自身の『価値観の表出』以外のなにものでもありません。
ひるがえって、他人様の好きな台詞を伺うと、その方のお心をより深く知ることができるようで、非常に興味深い話題でもあります。

私の好きな台詞はこちら。
「長生きしてくださいませね」
木村信司先生作『太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~』のラストシーン。
女性遍歴を重ねてきたルイ14世(柚希礼音)に、その後半生を共にすることになるフランソワーズ(妃海風)が告げる言葉です。

愛する人の健康を願い、いつまでも寄り添いたいと望む心。
こんなにも優しく温かな愛の言葉を知りません。
ふたりの行く末に待つ穏やかな幸福が想像できます。

もうひとつ。
『月雲の皇子』の衣通姫(咲妃みゆ)から木梨軽皇子(珠城りょう)への言葉。
「花が日輪を向くように…」も好きですね。
抑えようのない恋心の発露は、自然の理のごとく。
香り高く、美しい表現でした。

ついでに(?)パートナーにも聞いてみました。
「お前はいつも俺を奮い立たせる」がお気に入りだそう。
生田大和先生の『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』で、ジョージ(真風涼帆)が妻ベス(伶美うらら)に向けた言葉ですね。

うーん、なるほどー。
舞台で観た時はあまり引っかかりませんでしたが、改めて聞くと含蓄のある巧い台詞ですね。
非常に男性的な感性で書かれた言葉だと思います。
生田先生の“尽きせぬ言の葉”が今後どのような形で私たちの許へ届くのか、楽しみですね。

よろしければ是非、皆さまのお好きな台詞も教えてくださいませ。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

北翔海莉トートが観たい【エリザベート妄想キャスティング】

下書きフォルダを整理していたら『エリザベート』妄想配役の記事が出てきました。
宝塚ファンなら、どなたも一度は考えたことがあるはず。
組や学年の垣根を飛び越えた夢のキャスティングを。

こちらは2014~15年頃に組み立てた、当時の現役生でのドリームキャスト。
なかには既にご卒業された方のお名前もあります。
また、現役生ではその後、実際にその役を演じられた方もいらっしゃいます。

トート閣下は、みちこさん(北翔海莉)。

宝塚ご卒業後、益々精力的にご活躍のみちこさん。
前へ前へ、常に進化を続けられる彼女とファンの皆さまにとって、過去のたられば話は詮ないものとは思いますが…
ご笑覧くだされば幸いです。

トート北翔海莉[専科]
エリザベート実咲凜音[宙組]
フランツ・ヨーゼフ望海風斗[雪組]
ルキーニ和希そら[宙組]
ルドルフ礼真琴[星組]
マックス美城れん[専科]
グリュンネ羽立光来[花組]
ルドヴィカ美風舞良[宙組]
ゾフィー美穂圭子[専科]
死刑囚の母夏月都[月組]
ラウシャー輝月ゆうま[月組]
エルマー留依蒔世[宙組]
ツェップス宇月颯[月組]
ヴィンディッシュ嬢咲妃みゆ[雪組]
黒天使(マデレーネ)咲希あかね[月組]
ヘレネ晴音アキ[月組]
リヒテンシュタイン仙名彩世[花組]
マダム・ヴォルフ憧花ゆりの[月組]
ルドルフ(少年時代)彩みちる[雪組]
エーアンの歌手遥斗勇帆[星組]


※所属は2014~2015年当時
※専科15%、花組10%、月組30%、雪組15%、星組10%、宙組20%

星組公演『眠らない男・ナポレオン』のタレーラン以来、私の中でみちこトートのイメージが急激に膨らんだのです。
シシィを追う瞳を観てみたいですね。
陽または動の役柄、コメディに抜群の力を発揮するみちこさんですが、静または陰の芝居でみせる奥行きがなんとも味わい深く思えるのです。
『大海賊』でエレーヌの亡骸に語りかける場面、好きでした。

みりおん(実咲凜音)シシィと、そら(和希そら)ルキーニ(新人公演)は実現して嬉しかったなぁ。

みちこトート×琴(礼真琴)ルドルフの『闇が広がる』。
圧倒的な熱量と力、技巧のぶつかり合い。
ちょっと想像がつかないですね。
何か別なものが広がっちゃいそうな気すらします。

ゆうみちゃん(咲妃みゆ)のヴィンディッシュ嬢。
贅沢過ぎる配役ですが、是非観たいです。

すーちゃん(憧花ゆりの)のマダム・ヴォルフ。
新人公演で演じられたご経験があるのですね。
独特の癖がある歌声、腹に一物系娼館のマダムにはぴったりです。

当時考えた配役はそのままですが、今回どうしても入れたくて、エーアンの歌手(遥斗勇帆)を追加しました。
朗々とした美声を響かせて欲しいものです。

ちなみに元記事は昨年9月8日付のもの。
あれから、みちこさん・さやかさん(美城れん)・ちゅーちゃん(咲希あかね)は退団され、みりおんちゃんのご卒業もまもなく。
あやせさん(仙名彩世)は花組トップ娘役に昇進され、だいもんさん(望海風斗)は次期雪組トップスターに決定。
ヅカ時間の流れは早いものです。
妄想配役表も更新しなくてはなりませんね。
今なら、真彩希帆ちゃんと音くり寿ちゃんを入れたいですね。

OG編も検討し甲斐があります。
候補が多すぎて収拾がつかなくなりそうですが。
とりあえずシビさん(矢代鴻)のマダム・ヴォルフは真っ先に浮かびました。

エンドレスになりそうですので、この辺で。
それでは皆さま、素敵な週末をお過ごしくださいませ。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**