FC2ブログ

少年よ、高く跳べ!―ライナス(和希そら)の「個」の魅力│オーシャンズ11

宝塚版『オーシャンズ11』といえば、「ひたすらカッコいい男役たちを愛で、きらびやかな大スペクタクルを味わう作品」と思っていた私。
しかし、その印象は宙組版により180度くつがえりました。
他でもないライナス・コールドウェル(和希そら)によって。

華やかなエンターテイメントを軸に、ひとりの少年の成長が鮮明に浮かび上がる『オーシャンズ11』。
宙組ならではのエッセンスが加わった、新鮮な味わいを楽しみました。

心揺さぶる、和希そらの芝居


雑踏からそらちゃん(和希)が現れ、歌い始めた瞬間、鳥肌が立ちました。
世をすねた目つき、どこかぎこちなく、周囲から浮き上がる存在感。
まぎれもない、ライナス・コールドウェルがそこにいました。

卓越したダンスと歌唱に注目が集まりがちなそらちゃんですが、芝居もなかなかのもの。
直近で印象深かったのは『WEST SIDE STORY』のアニータ。
男役ながら、物語のキーパーソンとなる艶やかで知的で感情豊かな女性を見事に演じきったそらちゃん。
“Somewhere”は何処に?―真風涼帆・星風まどか・和希そら評│WEST SIDE STORY

「いい芝居」に男も女もないと思わせた彼女が挑む少年ライナス。
その不器用な瑞々しさ。
「オーシャンズって泣くような話だっけ?」と思いつつ、父の旧友ソール・ブルーム(寿つかさ)とのやり取りから「JUMP!」への流れで不覚にも涙してしまいました。

ライナスの焦燥


ダニー、ラスティー、ソール、フランク、ルーベン、バシャー、イエン、リヴィングストン、バージル、ターク。
個性豊かなオーシャンズの面々で、ライナスだけが「子ども」なのです。
単に年齢の若さを指すのではありません。

リヴィングストンもモロイ兄弟も若いけれど、確固たる「自分だけの何か」を持っている。
犯罪すれすれ(というか完全にアウト)なクラッキングやヴィジュアルエフェクツの腕前。
決して褒められたやり口ではないけれど、それでも、彼らはその持てる技能を駆使して人生を謳歌している。
彼らには、自分の足で自分の人生を歩いている者たちの輝きがある。

でも、自分には何もない。
このままコソコソと他人の懐を狙い、小銭を稼いで、その日暮らしを送るのか?

自分はどうなる?
何者にもなれず、何も成し遂げず、ただ年をとっていくのか?

そんなのはイヤだ!
なんとかしたい!
どうすればいい?

くすんでちっぽけな自分に嫌気がさす。
俺だって、あの光の輪の内側に立ってみたい。

切羽詰まったようなそらちゃんの瞳から、ライナスの焦燥、煩悶、そして閉塞感がひしひしと伝わってきました。

跳べ!ライナス


鬱屈したライナスの心を揺すぶったのは、ダニー(真風涼帆)の「男にしてやる」。
突破口を開いたのは、ソールの「跳べ!ライナス」。

自分だって跳べる
あんたたちと一緒に跳んでみるよ!

オーシャンズの導きで、自分の進むべき道を探り当てたライナス。
それまでの怯えは消え失せ、目に輝きが宿る。
強く押さえつけられた分だけ、いっそう強く跳ね返すバネのような。
爽快感あふれる少年の成長。
見事な変貌ぶりでした。

血の通った人間が生きている。
その「熱」を観客に届けることができるのが、大勢の中で埋もれないそらちゃんの「個」の魅力
すごい武器です。

「男とはいかに生きるべきか」を問いかける『宙組オーシャンズ11』


ダニーやラスティー(芹香斗亜)を始め、ほとんどの登場人物のバックグラウンドが描かれない『オーシャンズ11』。
例外はテリー・ベネディクト(桜木みなと)とライナスのみ。
二人の共通点は、父親との確執。

ギャンブルで身を持ち崩し、家庭を破壊した父親への憎悪から裸一貫のし上がったテリー。
「伝説のスリの息子」のレッテルを持て余し、先の見えない暮らしに倦んでいたライナス。

自らの力で父親の壁を乗り越えたテリー。
オーシャンズが寄ってたかって跳び越えさせたライナス。
しかし、ダニーたちは手助けをするだけで、跳んだのはライナス自身の意志です。

少年が大人の男として立つとき、避けて通れないのは、ひとりの人間として父親と向き合うこと。
『オーシャンズ11』は「父と子の物語」でもあるのです。

ライナスの擬似的父親の役割を果たしたダニーとソール。
今回の宙組版の面白いのは、初演星組と再演花組でライナスを演じた真風さんとキキちゃん(芹香)が、それぞれダニーとラスティーとして和希ライナスに対峙するところ。

初代が拾い上げ、二代目が手を差し伸べる三代目ライナス。
和希ライナスにとって、真風ダニーは父であり、芹香ラスティーは兄であったのかもしれません。
(ラスティーのさりげないスキンシップ[肩ポンや鼻ツン]に、いかにも彼らしい親愛の情が感じられて良かったです)

少年から大人にJUMPしたライナスを取り巻く面々。
クールでスタイリッシュな見てくれの奥に、「男とはいかに生きるべきか」の熱い問いかけが渦巻く宙組オーシャンズでした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト

【タカラジェンヌと血液型】トップコンビは○型×○型が最多!そして、好きな生徒は「○○き+○型」の法則

血液型と性格って関係あると思いますか?
「A型は几帳面、O型はおおらか」みたいなアレです。

『ザ・タカラヅカ ○組特集』(いわゆる「組本」)にはタカラジェンヌの血液型が載ってますね。
血液型信仰(性格診断や占い)が根強い日本ならではの項目です。

現トップコンビに多いのは○型×○型


五・七・五で語る宝塚~タカラヅカ川柳~』の管理人みーさんがタイムリーな記事を上げてらっしゃいました。

以前から、生徒さん、特に男役にB型が多いと感じてらしたみーさん。
タカラジェンヌの血液型分布は?
トップスター適性と血液型の関連は?
気になってあれこれ調べたところ、面白い結果が出たそう。

現トップコンビの血液型の組み合わせはこちら。
img-20190222_2.jpg
見事にB型とA型しかいません(byみーさん)。
5組中3組(60%)が「男役B/娘役A」、2組(40%)が「男役娘役共にA」の組み合わせ。

B×Aは、花組の明日海りおさん×仙名彩世さん、月組の珠城りょうさん×美園さくらさん、宙組の真風涼帆さん×星風まどかさん。
A×Aは、雪組の望海風斗さん×真彩希帆さん、星組の紅ゆずるさん×綺咲愛里さん。
ちなみに、月組は前任の愛希れいかさんもA型でした。
どんだけ~~

日本赤十字社の「日本人の血液型の発現率」によると、A型40%、O型30%、B型20%、AB型10%(みーさん調べ)。
この数字を鑑みると、宝塚トップコンビの血液型分布はかなり偏りがあると言えます。

みーさん曰く「男役さんは我関せずなB型、娘役さんは細かい気配りのA型が最強の組み合わせ」だそう。
トップさんは真ん中でドーンとして、娘役さんが内助の功で守り立てるイメージでしょうか?

いずれにせよ、どのトップコンビも息ぴったり。
組の雰囲気も作品の仕上がりも良く、それぞれがベストなコンビだと思います。

石を投げればB型に当たる月&星男


さらに各組を調べたところ、男役さんはB型、娘役さんはA型が多いことが判明したそう。
突出しているのが、月男・星男のB型率の高さ!

なかでも、星男のB型率は65%と驚異的。

5人に3人がB型。
石を投げればB型に当たる勢いです。
私が好きな輝咲玲央さんもB型だそう。

他人の褌で相撲を取りっぱなしでごめんなさい。
ここからが本題です。

珠城りょうさんもB型。
ひょっとして私の好きな生徒さんってB型が多い?
みーさんに確かめました。

「和希そらは?」
「B」
「綺城ひか理は?」
「B」
気持ちいいほどB型オンリー。

私が好きな生徒「○○き+○型」の法則


しかも全員、お名前が「○○き」。
きざき、たまき、かずき、あやき…
なぜか好きな生徒さんの芸名が「○○き ○○○」「○○き ○○」で統一されがちな私。
新人インストラクターはタカラジェンヌと同姓同名!

好みのタイプ「○○き」に、さらに「+B型」が加わってしまった…
皆さまも好きな生徒さんの傾向ってありますか?

「血液型と性格に因果関係はあるか?」と問われれば「人による」と答える私ですが、ここまで当てはまると笑っちゃいます。
これで花組の青騎司君がB型だったら100%的中かも。
あ、でも輝月ゆうまさんはA型なので80%くらい?

もっとも、血液型や星座はあくまで二次的なもの。
特定の生徒さんを好きになる理由は、ルックスや芝居、歌唱、ダンスなど舞台人としての資質が主であることは言うまでもありません。
付随する要素はプラスアルファに過ぎないのです。

ちなみに私自身はB型。
タカラジェンヌ適性があるのかな?
(にゃい!! byリナ・ラモント)

他にも雪組トップ娘役のA型率の高さなど、みーさんの記事は興味深いデータがいっぱい。
是非ご訪問くださいませ~~
血液型で占うタカラヅカ
血液型で占うタカラヅカ(2)~男B娘はAが強かった~

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

新人インストラクターはタカラジェンヌと同姓同名!

お盆休みも折り返し、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
東京は一日中、乾いた爽やかな風が吹いてましたね。
明らかに昨日までとは違う秋の気配にホッとするやら、寂しいやら。

来週のムラ遠征には夏のワンピースで行くつもりでしたが、ひょっとして時季外れ?
台風も心配ですね、こまめに情報を確認したいと思います。

* * *

休暇中にたるみきった体に活を入れようと、久々にジムへ足を運んだ私。
ふと目をやった掲示板のスタッフ一覧表に、見慣れないお顔がありました。
新人さんのようです。
お名前を見ると「○○き ○○○」。

タカラジェンヌと同姓同名!?

なんと!ある男役さんと同じお名前のインストラクターさん。
もちろん表記は違いますが、音が完全に一致。
キャーッ!
思わず頬がゆるんでしまいました。

同姓同名の生徒さんとは似ても似つかぬ、こんがりツヤッツヤに焼けたムキムキ!マッチョ!な青年ですが、同じ「○○き ○○○」さんなだけでウキウキしますね。
ジム通いがますます楽しくなりそう。

* * *

実は私、「○○き ○○○」というお名前の生徒さんに惹かれる傾向があるのです。
たまきりょう(珠城りょう)、きづきゆうま(輝月ゆうま)、あやきひかり(綺城ひか理)。

初舞台生でも、あおきつかさ(青騎司)さんが気になる筋金入り(?)の「○○き ○○○」好き。
OGの、あおきいずみ(青樹泉)さんも大好きでした。

決してお名前が好みだから好きというわけではないのに、なぜか偏る不思議。
皆さまもこんなことありますか?

歴代のトップスターにも「姓:○○き 名:○○○」の方は多いですね。
紫吹淳、湖月わたる、姿月あさと、柚希礼音、凰稀かなめ、珠城りょう。

ちなみに、名が2文字の「○○き ○○」も好き。
きざきれお(輝咲玲央)、かずきそら(和希そら)。

「き(ki)」の音のイメージとしては、輝くような華やかさ、しかし、どこか涼しく爽やかな響き。
芸名の真ん中に「き」が入ることにより、すっとした抜け感が生まれ、聴く者の耳に軽やかな印象を与える。
その音の連なりが心地よくて好ましい。
…なんて理屈をつけてみましたが、いかがでしょう?

* * *

『エリザベート』MY初日まであと一週間。
少しでも体を引き締めなければ。
○○き君の個人レッスン受けてみようかな?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

2018年上半期観劇ランキング│作品賞は宙組と月組、そして2冠獲得は○組!

台風が去り、また暑さが戻ってきましたね。
明日からお休みの方も多いかと思います。
くれぐれもお体に気をつけてお過ごしくださいませ。

さて、遅ればせながら上半期の宝塚観劇データをまとめました。
対象は上期(1~6月)に東宝で初日を迎えた作品まで。

観劇率はこのような結果に。

花組9.67% 月組45.16% 雪組6.45% 星組29.03% 宙組9.67%[2018年7月23日時点]

月組がダントツ、星組が激しい追い上げを見せ、花宙が拮抗しています。

ちなみに、昨年1年間の結果は、花組20.83% 月組58.33% 雪組0% 星組12.5% 宙組8.33%[2017年12月14日時点]
去年よりはバラつきが減ったかな?

<作品賞>

●不滅の棘(宙組)
限りある命の中で、どのように生き、どのように愛するか。
不死というファンタジーを通して、有限の生命の輝きを描いた物語。
優れた芝居を観る喜びを味わえた。
※関連記事↓
“永遠の命”がもたらすものとは?ふたつの不死の物語“ポーの一族VS不滅の棘”│不滅の棘感想

●ドクトル・ジバゴ(星組)
引き締まった緊張感が隅々まで支配する一幕。
「近来稀に見る面白さ、一体どんな結末を迎えるのか」と期待に胸をふくらませたが…
一幕で最高潮に達したボルテージを維持しきれなかった感のある二幕が惜しい。

ハイライトであるはずの、ユーリとラーラが愛を確かめ合うシーンで集中力が途切れた。
舞台のど真ん中で存在を主張するベッドがその後の展開を先回りしてしまい、気持ちが萎えた。
続く、陳腐なセリフの応酬にとどめを刺される。
もう少し繊細に描けなかったのか。

生徒の熱演、音楽、装置、照明、他が良いだけに非常にもったいない。
二幕での失速は残念だが、それを補ってあまりある一幕の完成度の高さによって作品賞。

●BADDY(月組)
緻密な構成、一貫した世界観、生徒の個性が最大限に引き出された当て書き。
芝居×ショーのハイブリッドとして楽しめた。
※関連記事→ #BADDY

●ANOTHER WORLD(星組)
登場人物の殆どが「死人」という特異なシチュエーション。
「あの世」を描きながらも、その本質は「死」の対極である「生」の尊さを高らかに歌い上げた舞台。
ちっぽけで、不完全、それでも愛すべき「人間」を描いて秀逸。
※関連記事→ #ANOTHER WORLD

<主演賞>

●愛月ひかる(宙組)
『不滅の棘』エロールにより。
※関連記事↓
見よ!愛月ひかるの圧倒的「主役力」│不滅の棘

●紅ゆずる(星組)
『ANOTHER WORLD』康次郎により。
※関連記事↓
「人生は美しい」稀代のつっころばし、紅ゆずるが紡ぐ優しい世界│ANOTHER WORLD

<助演賞>

●和希そら(宙組)
『WEST SIDE STORY』アニータにより。
キビキビ小気味よいダンス、パワフルな歌声。
成熟したおとなの女の豊かさや哀しみが深く感じられる役作り。
アニータの存在によって若者たちの対立の構造が、より際立った。
※関連記事↓
“Somewhere”は何処に?―真風涼帆・星風まどか・和希そら評│WEST SIDE STORY

●天寿光希(星組)
『ドクトル・ジバゴ』コマロフスキーにより。
えげつない、絞め殺したくなるような下衆を好演。
終盤に見せた改悛の情が、もう少し分かりやすい脚本であればなお良かった。

●紫りら(星組)
『ドクトル・ジバゴ』オリガにより。
ヒロインの同僚のお針子、その裏の顔は冷徹な革命の闘士。
鞭打つような切れ味鋭い口跡が絶品。
桁違いの巧さを感じた。

●美弥るりか(月組)
『BADDY』スイートハートにより。
とびきり美しい男であり、女でもあるが、そのどちらでもない。
フェアリータイプのルックスに反して、芸風は骨太な男らしさが滲み出る美弥ならではのキャラクター。
唯一無二の男役像を活かした当て書きが素晴らしい。
※関連記事↓
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY

●鳳月杏(花組)
『あかねさす紫の花(Aパターン)』中大兄皇子により。
額田女王を巡る二人の貴公子、大海人皇子と中大兄皇子。
二人の魅力が拮抗していないと面白さが半減するが、実の弟の妻を力づくで奪う非道な兄を色気たっぷり魅力的に演じ、与えられた役割を十二分に果たした。
※関連記事↓
珠玉の台詞が光る『あかねさす紫の花』-中大兄皇子(鳳月杏)編:「こんなに私は震えている」の説得力

<脚本・演出賞>

●木村信司
『不滅の棘』により。

●原田諒
『ドクトル・ジバゴ』により。

●谷正純
『ANOTHER WORLD』により。
限りなき愛の賛歌、谷正純先生の大傑作誕生!│ANOTHER WORLD

<場面賞>

●ドクトル・ジバゴ(星組)
全幕。

●BADDY(月組)
S7『ビッグシアターバンク式典舞踏会』からS10『ピースフル・パラダイス』まで。

●Santé!!(花組)
第21場『リシュブール(ヨード)』。
※関連記事↓
美女たちの競艶、仙名彩世筆頭のエイト・シャルマン│博多座『Santé!!』

* * *

下半期も面白そうな作品が目白押し。
これからの観劇予定は、雪組『凱旋門/Gato Bonito!!』月組『エリザベート』星組『Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge 星秀☆煌紅』etc.
バラエティに富んだラインナップで楽しみ!

それでは皆さま、よい休日をお過ごしくださいませ。

○関連記事はこちら↓
数字は正直!?2017年年間観劇ランキング│3位星組、2位花組、そして1位は…
年間観劇率ランキング2016│同率2位は雪組・宙組、そして1位は…

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

“Somewhere”は何処に?―真風涼帆・星風まどか・和希そら評│WEST SIDE STORY

気づけば2月も半ば。
年末から仕事もプライベートも大忙しで、すっかりブログをご無沙汰していました。
更新がない時期もお越しくださった皆さま、本当にありがとうございます。
吹けば飛ぶようなブログですが、気にかけてくださる方がいらっしゃることが何より嬉しく、感謝しております。

宝塚から足が遠のいていたわけではなく、劇場へはむしろ普段よりまめに足を運んでいたのですが、なかなかまとめられず…
宙組の『WEST SIDE STORY』、『不滅の棘』、雪組の『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』。
どれも素晴らしい舞台でした。

名曲揃いの『WEST SIDE STORY』でお披露目された真風君(真風涼帆)・まどかちゃん(星風まどか)コンビ。
見た目のバランスの良さもさることながら、歌声の相性がぴったりで心地いい!
“Tonight”の瑞々しい甘さ。
結末を知っているだけに、切なさがより一層胸に迫りました。

真風君は『エリザベート』のフランツ・ヨーゼフ以来、飛躍的に歌唱が上達されたように思います。
トニー(真風)の最初のソロ“Something’s Coming”こそ若干の硬さが見られましたが、徐々にこなれていく様子が感じられました。
トニーとしての心の動き、マリアへの想いを歌の翼に乗せているよう。
“Maria”の伸びやかさ、恋の喜びが全身から溢れ出すような甘やかさは素晴らしいものでした。

真風涼帆という生徒さんをはっきり認識したのは『ダンサ セレナータ』のルイス。
抜群に男らしい美貌、恵まれた体格。
なのに、なんだかヘナヘナした頼りないお坊ちゃまキャラ。
そのギャップが面白くて印象に残っていたのです。

クールな容姿と、ゆったり鷹揚な色気は得難いものがありますね。
そして、何と言っても素晴らしいスタイル。
ジーンズに包まれた長い脚のカッコいいこと!
ごまかしの効かないデニム+コンバースなのに、若々しい青年の筋骨を感じさせるのです。

私服姿の男役さんはどんなに体格の良い方でも体のラインにどことなく女性的な丸みが出るので「リアル男性!」と感じることはない私ですが、実は真風君だけは見間違えてしまったことがあります。

ある劇場で某娘役さんの後に続いて客席に入ってらした男の方。
背が高くて、ぱっと華やかなムード。
明らかに一般の方とは違う雰囲気に「モデルさんか俳優さんかな?」と思ったら、なんと真風君。
目の前にいらっしゃるまで気づかなかった私…

舞台上の作り込まれたいかにも男役らしい仕草ではなく、プライベートの何気ない歩き方や動作ですら、ごく自然に錯覚させてしまう。
そうなるまで、どれほど修練されたことか。

飾り気のない白いシャツにジーンズ。
ただ立っているだけで、ひとりの若者として存在できる。
周りの男の子たちより一歩先に大人の世界(精神的に)へ足を踏み入れたトニー。
その危うい瑞々しさと情熱は、まさに今このタイミングの真風君に相応しい役だったのかもしれません。

他、特に心惹かれたキャストはアニータのそらちゃん(和希そら)。
登場第一声から引き込まれました。
艷やかで、知的で、温もりがあって…
「あれはどなた?」と思ったら、そらちゃんアニータ!

キビキビとした小気味よいダンス、パワフルな歌声、小柄ながらパンチの効いた男役さん、というイメージのそらちゃん。
こんなに素敵な女性像を見せてくれるなんて!
成熟したおとなの女の豊かさや哀しみが深く感じられる、素晴らしい役作りに驚かされました。

アニータの言葉が呼び起こす悲劇。
しかし、誰が彼女を責められるでしょう?
物語最大のキーパーソンとなるアニータ。
ある種の生々しさ、体温、湿度が生み出す実在感が持ち味のそらちゃんをその任に就かせたことは、物語の成功要因のひとつのように思います。

トニーとマリアを引き裂き、ベルナルドやリフを死に追いやり、アニータを打ちのめした諍い。
その根は『WEST SIDE STORY』初演から60年以上経った現在でも何ら変わることはありません。
人種や民族間の対立を主軸に、貧困がもたらす若者たちの閉塞感、やり場のない憤りをぶつけ合う様が描かれる。
『WEST SIDE STORY』の主題が過ぎ去りし日のものではなく、現代を生きる私たちに密接な問題であることは不幸です。

リフを刺したベルナルドを、トニーが刺す。
トニーを撃ったチノを、そう仕向けたジェッツを、シャークスを、マリアが撃つ…
しかし、マリアは撃ちません。
憎しみの連鎖を断ち切ったマリアの行動に、問題解決のひとつの道筋が見えます。

“Somewhere”は一体どこにあるのか?

私たちはそんな世界を手に入れることができるのか?

物語のテーマが過去のものとなるその日まで、『WEST SIDE STORY』は不朽の名作であり続けるのでしょう。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**