FC2ブログ

あの人は誰!?―心のオペラ泥棒【97期トリオ/綺城ひか理/佳城葵/留依蒔世】

以前、「舞台人の“華がある”とは何か?」の記事を上げた私。
「スター性がある」「キラキラしてる」「目を引く」とも言いますね。
「華がある」ってなんだろう?―タカラジェンヌの魅力を探る

今回は「いつ、どこで、誰に、なぜ」惹かれたのか具体的に上げてみます。

あの人は誰!?―思わず吸い寄せられるタカラジェンヌたち


「オペラ泥棒」という言葉はヅカ用語でしょうか?
他の界隈ではあまり聞きませんが…

普段オペラグラスを使わない派の私ですが、心のピントがロックオンされることはあります。
いわば「心のオペラ泥棒」。

お顔もお名前も分からない、完全にまっさらな状態で観て、心惹かれた生徒さん。
私の中で“無名”だった生徒さんが、ぐーんとクローズアップされる瞬間。

特に印象深い3名。
花組の綺城ひか理さん、月組の佳城葵さん、宙組の留依蒔世さん。
偶然にも全員97期です。

寡黙で誠実な男役、綺城ひか理


あかちゃん(綺城)を初めて認識したのは『風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-』の錦吾郎役。
北翔海莉さん演じる次郎吉に「スケベ蘭方医」呼ばわりされる医者。
すらりとした立ち姿、深く響く声、落ち着いたお芝居に注目しました。

寡黙で誠実な印象が強い彼女。
好きな役は『MY HERO』のハル・テイラー、『ハンナのお花屋さん』のライアン。
そして、『MESSIAH』の鈴木重成。
持ち味が最大限に活きた鈴木は絶品でしたね。

父と子の物語、芹香斗亜と綺城ひか理について│MY HERO観劇記(2)
「義」の人、鈴木重成(綺城ひか理)に称賛を惜しまず│MESSIAH −異聞・天草四郎−

代替わりする花組で、ますます大きな花を咲かせるであろうあかちゃん
これからの活躍に期待が高まります。

透き通った声の芸達者、佳城葵


やすちゃん(佳城)との衝撃の出会いは『月雲の皇子』。

「空を飛ぶ蜘蛛を見たことがあるか?」
耳にすっと染み込む、ティコの透き通った声にノックアウトされたのです。

中空に浮かぶ蜘蛛の糸が、月の光を受けてキラキラ輝くさまが目に浮かぶような。
『月雲の皇子』という作品世界を象徴する、もろく儚い美しさ。
あの凝縮した空気は忘れられません。

『アーサー王伝説』のケイ、『A-EN』のアダム、『All for One』のリュリも好きですね。
劇場中の愛を一身に集めたアーサー王の兄ケイ(佳城葵)

どんな役を演じても、その人の人生が見える役者。
観客の心を掴むことに長けた天性の演技者
これからどんな役の人生を生きていかれるか、楽しみにしています。

三拍子揃った実力者、留依蒔世


私の胸に「留依蒔世」の名が刻まれたのは『クライマックス』の影コーラス。
歌声のシャワーともいうべき、同期の夢なつきさんとのハーモニーに圧倒されたのです。

入団二年目とは思えぬ完成された男役声。
パワフルでエモーショナル、劇場の屋根を吹き飛ばす勢い。
鮮烈でした。

お芝居は『不滅の棘』のハンスが心に残っています。
大人になりきれない、寂しがり屋の大きな子ども。
ぬくもりが欲しくて、かまって欲しくて、のたうち回る哀れな青年。
ハンスの渇望が胸に迫り、思わず抱き締めたくなるような。

力強い歌やダンスだけでなく、繊細な芝居心も持ち合わせたあーちゃん(留依)。
あーちゃん主演で、歌いまくり踊りまくり演じまくる芝居仕立てのショー(ノバ・ボサ・ノバ的な)が観たいですね。
宙組の歌爆弾!和希そら・留依蒔世・瑠風輝『Bow Singing Workshop』

心のオペラ泥棒さん、待ってます!


魅力的な生徒さんが多すぎて書ききれませんが、毎公演ごとに気になる方が増えていく私。

直近では『花より男子』の都姫ここさんに注目しました。
パッと目を引く華やかな風貌、力みのないお芝居。
舞台での居方が自然で、とても良かったです。

『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』では早速新人公演のヒロインに。
期待の娘役さんですね。

これからも心のオペラグラスを奪ってくださる生徒さんが続々現れることを楽しみにしています

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



強く、逞しく、美しく―カンパニーを牽引する娘役たち(白雪さち花/叶羽時)│ON THE TOWN

優しいぬくもりと一抹の寂しさを残し、幕を下ろした『ON THE TOWN』。
ふとした瞬間、バーンスタインのご機嫌なメロディが耳に甦ります。

そして、増え続ける“まゆぽん(輝月ゆうま)語録”。
『雨に唄えば』の「バッカみた~~い」「にゃい!」に続き、新たに「分ーかーるーよー」が追加されました。

幕開き第一声。
朗々たるソロを披露した、つっちー(颯希有翔)。
深く良く響く声。
「これは面白い作品になるに違いない」との期待を呼び起こす力がありました。

予感は的中!
月組らしい芝居力が爆発する素晴らしい舞台。

「芝居力」とは何か?
一言で言えば「実存感」でしょうか。
「こんな人いるよね」と思わせる人間臭さと言いますか。

月組は下級生に至るまで、そういう演技が本当に巧い。
特に印象に残った生徒さんを中心にピックアップします。

カンパニーを引っ張る力


「今回のMVPは?」と問われたら、間違いなく「白雪さち花」と答えるでしょう。

白雪さち花は最高!!!

なんて魅惑的な女性を演じるんでしょう!
歌・踊り・お芝居・表情のひとつひとつがとっても豊かで見飽きない!

あけっぴろげで、欲望に忠実で、行動力抜群。
ヒルディ(白雪)の自分に真っ正直なところが大好き!
自分の人生を自分の手足でガシガシ切り拓いていく逞しさを感じます。

一番好きなのはチップ(暁千星)を乗せてニューヨークの街を疾走する「家においでよ(Come Up To My Place)」。
痛快です!
飛ぶように過ぎていく街並み。
急停車!急発進!遊園地のアトラクションのような荒っぽいドライブを、わずかの装置と映像とマイムのみで再現する。
素晴らしい技術です。

ありちゃん(暁)のずっこけ方がまた巧いんですよね。
ちょっとした動きに、身体能力の高さ、観察眼の鋭さを窺わせます。

さち花ヒルディの良さは、悪びれないところ。
ホコリだらけのフライパンは最っ高でした!!
(声を出して笑ってしまった)
(というか、なんでソファの下からフライパンが出てくるの?)

賑やかさだけではありません。
チップの乗船時間が迫り、サブウェイで束の間の愛を惜しむ「またいつか(Some Other Time)」。
それまでの気丈さは影を潜め、どこか聖女を思わせるような深い慈しみを現します。

強引な部分が目につきがちな彼女ですが、言い換えれば、面倒見の良さ、情の深さが魅力の姉御肌。

それは同居人ルーシー(叶羽時)の存在からも明らか。
女性の価値は、その友人との関係性により推し量れるところがあります。

たとえば、『雨に唄えば』のリナ・ラモント(輝月ゆうま)とゼルダ・サンダース(叶羽)。
嬉しいことも悲しいことも分かち合える女友達。
恋に破れたって友達のなぐさめがあれば、また立ち上がることができる。

ルーシーを持て余しつつも、決して邪険にはしないヒルディの友情が彼女の人柄を物語るのです。

ともだちーーー!!!


「友達になりたい女の子」を演らせたら天下一品の時ちゃん。
『雨唄』に続く好演を見せました。

どこにでもいそうな、地に足の着いた女の子。
コツコツ真面目に生きて、身の丈に合った幸せをつかむ。

ピットキン(輝月)とのエピソードは嬉しかったですね~~
お姫様抱っこで退場するふたりに、思わず拍手を送ってしまいました。

ヒルディとルーシー、フロッシー(妃純凛)とその友人(花時舞香)が良い対比になっていたのも面白いところ。

「間」の達人、佳城葵


忘れちゃいけないウーパーマン。
ヒルディの上司として絶妙な味を見せたやすちゃん(佳城)。
とぼけた味わいで客席をほのぼのした笑いに包みます。

彼女の芝居の「間」は国宝級。
呼吸ひとつで観客の心を操ることができる。
恐るべきテクニックです。

強く、逞しく、美しく


振り切った芝居でアルコール依存の声楽教師を怪演した、なつこさん(夏月都)。
美貌を封印し、正義感あふれる元気なおばあちゃんを活き活き演じた、くれあさん(玲実くれあ)。
歌に踊りに八面六臂の活躍をみせた、はーちゃん(晴音アキ)、せんりちゃん(麗泉里)。
溢れんばかりのコケットで舞台を彩った、かれんちゃん(結愛かれん)。

女性たち(娘役)が、その力強さでカンパニー全体を引っ張る立役者となったことは間違いありません。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ON THE TOWN』関連記事はこちら↓
輝月ゆうまが蓮つかさのフィアンシー!?│ON THE TOWN
サクラサク!月組次期トップ娘役に美園さくらさん&新演目『ON THE TOWN』上演決定!

月の組本―それはあまりにも濃い内容だった―│ザ・タカラヅカVII月組特集感想

TAKARAZUKA-CITY、待たせたな!
『ザ・タカラヅカVII月組特集』大好評発売中だぜ!

というわけで、出ました!待望の『月組本』!

一年前の記事がようやく現実に…
たまちゃぴの組本はいつ出るのかな?

読み込みすぎて分解してしまった、きりやん(霧矢大夢)時代の組本(ザ・タカラヅカV)。
背表紙の糊がはがれて、ページがぽろぽろ落ちてくるんです。
今回のVIIもすぐバラバラになりそうな予感…

当時の珠ちゃん(珠城りょう)は、まだ女の子っぽさの残る可愛らしい下級生でしたね。
黒燕尾の集合写真も、どことなくほわんとした表情です。

あれから6年半。
あの珠ちゃんが、こんなにも早く表紙を飾るなんて誰が想像できたでしょう。

誠実で力強い意志を感じさせる視線。
相手を包み込む優しい眼差し。
表紙や個人ポート、ちゃぴちゃん(愛希れいか)とのロケ、同期とのショット。
目の表情ひとつとっても、多彩な魅力に溢れています。

組の頂点を担う責任と、それを上回る充実。
心身ともに満ち足りているのが、手に取るように伝わってきます。
美しく立派なトップさんになられましたね。
とても素敵です。

楽しみにしていた『演出家からのメッセージ』。
どこまでも温かく、座付き作者ならではの洞察にもとづいた言葉。
根底にあるのはすべて「愛」。

小池修一郎先生のきめ細かい観察。
石田昌也先生の軽やかなユーモア。
稲葉太地先生の若々しい親しみやすさ。
生田大和先生の真摯な情熱。

演出家はこんなにもぬくもりに満ちた目で生徒を見つめ、大きな愛で包んでいるのかと目頭が熱くなります。

* * *

お気に入りポイント、ほんの一部。

○みんな大好き、珠様の背中
トップコンビロケポートの珠様バックショット。
背中の美しさもさることながら、ちらりと覗くうなじの匂い立つような色香にノックアウトされます。

○愛知名物「喫茶店」の美人ウエイトレスさん
めちゃくちゃチャーミングな美女じゃないですか!
こんな可愛いウエイトレスさんがいるお店、日参しますわ!
しもん君(紫門ゆりや)の表情もツボ。芸達者だわー。

○からんちゃん(千海華蘭)の振り幅がすごい
プロフィールページと、ふるさとMAPのギャップ!
変幻自在過ぎる。

○『月の住人―それはあまりにも□□□□□だった―』が観たい
センス抜群のやすちゃん(佳城葵)の脚本、すっごく面白そう!
実現の日を待ってます!

○珠様を「彼」呼びする生田先生
中の人って、ごく自然に男役さんを「彼」呼ばわりしますよね。
真顔で書いてる生田先生のお顔が目に浮かびます。

○『はみだしSHOT』は見どころ満載
・102期のハートが可愛い
・壁ドン
・珠様のバックショットはちゃぴちゃん発案だったのですね。さすが相手役さん、ファンの需要をよくご存じです。

それぞれの思いが詰まったロングインタビュー。
豊富な舞台写真。
サービス精神あふれる読み物。

魅力いっぱい、月組百科事典みたいな組本。
バラバラになるくらい読み倒したいと思います!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)

『BADDY』の気になるところ、お気に入りポイント、思いつき、その他なんでも備忘録。

○プログラムの謎(1)
公式サイトの公演解説は「バッディは超クールでエレガントなヘビースモーカー」ですが、プログラムは「バッディは超クールでホットなヘビースモーカー」に変わっています。

バッドボーイの役名、クール(宇月颯)とホット(紫門ゆりや)。
実は“クール”と“エレガント”だったのかも!?
“エレガント”も、ゆりちゃん(紫門)にはぴったりですね。

差し替えの理由が気になりますが、舞台上のバッディはエレガントというより、むしろワイルドだからかな?
初期構想は今とは違うキャラクター設定だったのでしょうか?

○プログラムの謎(2)
毬矢ソナタ君演じる『幸福な浮浪者』。
戦争も犯罪もすべての悪が鎮圧された世界での「浮浪者」の定義はどのようなものか?

行きたいところへ行き、食べたいものを食べ、眠りたいところで眠る。
何ものにも縛られず、自由を謳歌する流浪の民なのか?
それとも…?
気になる存在です。

○プログラムの謎(3)
『ビッグシアターバンク式典舞踏会』の『招待客?男』『招待客?女』。
“?”がついているのは、その正体がバッドボーイとバッディーズだから。

さりげなく『女』チームに入っている春海ゆう・夢奈瑠音・朝陽つばさ・蘭尚樹の4名。
スイートハート同様、女性の心を持つ男性の設定なのか。
それともポッキーと同じ“女装要員”なのか。
単なる人数合わせかも知れませんが。

○可愛すぎる頭取夫人
やすちゃん(佳城葵)が可愛すぎる~~~!
小柄で愛くるしい老婦人。
最初、やすちゃんだと分かりませんでした。

金庫の暗証番号を聞き出そうとするバッディの問いかけ「なあ、おまえ」に対する「どうしました?」の限りない優しさ。
短い言葉に長年連れ添った相手へのいたわりが込められて…
上手いなぁー、やすちゃん。

こんな可愛いひとを騙すなんて!
「バッディめ、地獄へ…いえ、天国へ行っておしまい!」と言いたくなります。

フィナーレのパレードでは赤い桜の花びら模様?水玉?のお着物にお着替え。
扇形シャンシャンの扱いも日舞の動きで可愛いの。
頭取を演じるもっくん(貴澄隼人)にとっては、男役生活最後の相手役ですね。

○公演グッズにシャンシャンが欲しい
一瞬で、扇からタバコに変身するシャンシャン。
あれ、楽しいですねー。
初めて観た時は仕掛けが分からず、二回目でようやく「あぁ!」となりました。

キャトルレーヴでミニチュアを売ってくれればいいのに。
『BADDY』こそ客席参加型にぴったりなショーだと思うのですが。
みんなで「BADDY!BADDY!」って盛り上がりたくありませんか?

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○BADDY関連記事はこちら↓
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

皆勤賞は誰?2016年までの珠城りょう主演作出演率100%の6人を発表!そして、今は…?

公開するタイミングを逸していた記事(2016年10月21日付)を下書きフォルダで発見しました。
このままお蔵入りも寂しいので、最新情報を追加してUPします。
よろしければお目通しくださいませ。

* * *

[2016年10月21日付 記事]

『アーサー王伝説』で珠様(珠城りょう)主演作も4作目となりました。
1作目の『月雲の皇子』から最新の『アーサー王伝説』まで、どれも珠様の魅力が炸裂した見応えのある作品です。

とは言え、舞台の成功は主演の力だけでどうなるものでもありません。
時に主役を凌駕するほどの技量と存在感を備えた共演者あってこそです。
この4作にとって幸せだったのは、その条件を十二分に満たすキャストが揃ったことでしょう。

ところで、珠様主演作のメンバーって割と固定していると思いませんか?
ヒロインを始め主要キャストは流動的ですが、毎回必ずと言っていいほど並ぶお馴染みの顔があります。
ちょっとまとめてみました。
細かいことが気になるのが僕の悪い癖 by杉下右京

調査の対象は『月雲の皇子』『Bandito』『激情』『アーサー王伝説』の4作品。

それでは、発表します!
皆勤賞を受けたのは以下の6名です!

貴千碧・咲希あかね・輝月ゆうま・早桃さつき・蒼矢朋季・蒼瀬侑季(敬称略)。

ちなみに、準皆勤賞(3作出演)は以下の9名です。

千海華蘭・貴澄隼人・朝美絢…『激情』以外

夢奈瑠音・叶羽時・蓮つかさ…『アーサー王伝説』以外

佳城葵…『Bandito』以外

早乙女わかば・英かおと…『月雲の皇子』以外

4作皆勤は70名中6名で8.57%、3作が9名で12.85%、併せて21.42%。
全4作中、5分の1強のメンバーが3作以上出演となりました。

皆勤のまんちゃん(貴千碧)、ちゅーちゃん(咲希あかね)、まゆぽん(輝月ゆうま)は納得の顔触れ。
ご本人たちも「私たちは全部出てる」的なことを仰ってましたね。
91期コンビは、お芝居はもちろんダンスがピカイチ。
ちゅーちゃんは色っぽいお姉さん役でも目を引きます。

そして、珠様と相性抜群のまゆぽん。
『月雲の皇子』で博徳先生を演じたのは入団3年目でしたっけ!?
ソロで観客の心を手玉に取った時は、末恐ろしい子がいるなぁと思ったものです。

その後も、珠様の親友だったり、悪行仲間だったり、敵だったり。
立場は様々ですが、安定した実力とリアリティある役作りで舞台を盛り上げます。
月組、そして宝塚に、無くてはならない存在です。

ところで私、からんちゃん(千海華蘭)とやすちゃん(佳城葵)はすっかり皆勤だと思いこんでましたが、おふたりとも準皆勤でした。

最後にもうひとつだけ by杉下右京

わかばちゃん(早乙女わかば)は星から月に組替えされてからは皆勤賞ですね。
『Bandito』のアマーリア、可愛かったぁ。
フィナーレのデュエットダンスも大好きでした!
あのリフトは何回転してたんだろう…
観るたびに「いつもより余計に回しておりまーす!」というフレーズが浮かんで困りました。

* * *

[2017.8.9 追記] ※本公演以外の出演者データを更新(下記表参照)

『長崎しぐれ坂』は、からんちゃん・わかばちゃん・あーさ(朝美絢)・蒼矢朋季君・蒼瀬侑季君。
『鳳凰伝』は、からんちゃん・まゆぽん・早桃さつきちゃん・うーちゃん(英かおと)。

皆勤賞は途切れましたが、準皆勤・準々皆勤(精勤賞?)を更新される方が続々…
なかでも『鳳凰伝』『Arkadia』『Razzle』『MOON SKIP』『神家の七人』と五分割される年末に、準皆勤を更新された3人。

からんちゃん・まゆぽん・さつきちゃん、強し!
img-20170809_2.jpg
※枠内黄色は2017年8月時点の準皆勤、青色は精勤賞(退団者・異動者は除く)
※朝美絢(2017年5月31日雪組へ異動)
※蒼矢朋季(2017年10月8日退団予定)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**