FC2ブログ

ファッションからひもとく『エルベ』の世界(1)―おしゃれ番長・ロンバルト(輝咲玲央)│霧深きエルベのほとり

演劇において、登場人物のパーソナリティを表すのに欠かせない衣装や装飾品。
前回の記事ではトビアス(七海ひろき)の結婚指輪について触れました。
トビアス(七海ひろき)の指輪―男役の儀式│霧深きエルベのほとり

彼のファッションは独特で、テンガロンハットやガンホルダーを思わせるベルト、ボトムスの裾をインしたロングブーツ。
海の男というより、西部劇のガンマンのような出で立ち。
ある方に「主演作『the WILD Meets the WILD』のオマージュではないか」と伺いましたが、まさにそんな風情です。

今回は、労働者階級であるトビアスとは相対する資本家階級に属するロンバルト(輝咲玲央)のファッションについて頭に浮かんだことを。

おしゃれ番長・ロンバルトのファッションが語るもの


ロンバルトの右手薬指にも結婚指輪が輝いています。
さらにカール(紅ゆずる)とマルギット(綺咲愛里)の結婚披露パーティーでは左手人差し指に大きな石つきの指輪も。

彼の財力、そして、彼が属する階級の証ですね。
カールやトビアスが宝石で身を飾ることは生涯ないでしょう。

正装のお歴々の中でも、ひときわ豪華な装いのロンバルト。
マルギットの父ヨゼフ(一樹千尋)とロンバルトのみ、燕尾服に色の入ったウエストコートを合わせています。

燕尾の中はオールホワイトでまとめるのがお約束ですが、ふたりが選んだのは高級感あふれるゴールドのウエストコート。
タイとポケットチーフも共布です。
当然、おあつらえでしょう。
成金趣味でなく、あくまで上品。
大人の余裕を感じさせるコーディネートです。

ロンバルトに至ってはウエストコートの打ち合わせがダブル。
恰幅の良さ、大人の色気を演出するチョイスですね。
彼はなかなか洒落者のようです。

妻のドレスを選ぶ男


ロンバルトの妻、アンゼリカ(音波みのり)のイブニングドレスも非常に凝ったデザインです。
金襴を施した赤のドレスに、黒の縁取り。
一歩間違えばケバケバしくなりがちな配色ですが、絶妙な生地選びで品の良さが際立ちます。

華やかさの中に女盛りの色香が匂う装いは、「エスコートする夫と並んで完璧な一対になるように」との計算が感じられます。
妻のドレスもロンバルトが選んだのだろうと想像が膨らみます。

(ここまでくると想像を通り越して妄想ですが、脚本外の物語を想像させる『エルベ』の奥深さゆえということで)

仕立て屋を呼び、妻のドレスをあつらえさせるロンバルト。
生地選びから口を出す姿が想像できます。

アンゼリカが悩んだら、さりげなく一番似合うものをアドバイスする。
TPOにかない、なおかつ妻を最も美しく輝かせる一着を。

赤(+金)×黒。
この配色のキモは「黒」。

単に赤×金襴のドレスでは印象に残らないでしょう。
胸元から肩を通る黒いリボンが、背中でV字を描いて長く垂れ下がることにより、縦のラインを強調し、すらりとした印象を与えます。
黒にはデコルテのまばゆい白さを引き立てる効果もあります。

黒に対する白の効果といえば、ロンバルトの白手袋。
傷心の妻の背中をそっと抱き寄せる彼の白い手が、黒いリボンに映えて美しいのです。
この視覚効果は見逃せません。

懐中時計とシガレットケース


燕尾服の胸元に懐中時計の金鎖を覗かせているのもヨゼフとロンバルトのみ。

時計は実用品ではありますが、持つ人の好みが如実に表れる趣味性の高い品でもあります。
ロンバルトの時計がどのようなものか、気になりますね。
凝ったムーブメント、質実剛健に見せかけて、さりげなく宝石が散りばめられているかもしれません。

ロンバルトの懐中時計と対をなすのが、アンゼリカのシガレットケース。
これもロンバルトの財力を示す贅沢品です。

10年以上前、東京都庭園美術館で催された『世界を魅了したティファニー 1837-2007』を訪れました。

アメリカの宝飾界を代表するTiffany&Co.の歴史をたどる展覧会。
目眩を覚えるほどのきらびやかさに、時を忘れて見入ったものです。

「たしか喫煙具の紹介もあったはず」と図録をめくったところ、やはりありました。
18金にダイヤモンドやサファイアで葡萄の房を象嵌した品。
14金にエメラルドやルビーで幾何学模様をあしらったアール・デコ調の品などなど…

同じ美術館で行われた『アール・デコ・ジュエリー -宝飾デザインの鬼才シャルル・ジャコーと輝ける時代-』はデザイン素描中心の展示で、これまた興味深いものでした。
こちらで紹介されたシャルル・ジャコーやブシュロンのデザインの方が、アンゼリカの持ち物(=ロンバルトの趣味)としてはしっくりくるかな?

ジュエラーの技術の粋を凝らした造形。
「手のひらに収まる美術品」を妻に与えられるのはロンバルトの甲斐性でしょう。

(1920年代のティファニーのカタログによると、金に貴石をあしらったシガレットケースは485ドルから販売されていたようです)

愛ゆえにこそ


ロンバルトは決して「自分の身を飾るアクセサリーのひとつ」として妻を磨き立てているのではありません。

愛する人がますます美しくなっていく姿を見たい。
愛する人に美しいものを贈って喜ぶ顔が見たい。
その一心でしょう。
彼の気持ちの底に流れるのは、常に「愛」であることは確かです。

マルギットも本来、こちら側の人間なのです。
その彼女が「年に2枚の着物がやっと」の暮らしに飛び込めばどうなるか。

ロンバルト夫妻を始めとする上流階級の人々の装いを見るにつけ、目に見えぬ「階級」という壁に阻まれたカールとマルギットの悲劇を思うのです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
トビアス(七海ひろき)の指輪―男役の儀式│霧深きエルベのほとり
七海ひろき、ダンケシェーン!―「足るを知る者は富む」トビアスとベティの愛の形│霧深きエルベのほとり
6つの台詞でひもとく、ロンバルト(輝咲玲央)の心│霧深きエルベのほとり
100の台詞よりも雄弁―ロンバルト(輝咲玲央)の芝居力│霧深きエルベのほとり
エルベがお江戸にやって来た!大劇場から変更点・ざっくり感想など│霧深きエルベのほとり
紅カールがさらに優しく、輝咲ロンバルトがさらに悩ましく│霧深きエルベのほとり
星の実り 共にさあ祝いて 飲もう 食べよう│星組『霧深きエルベのほとり』公演メニューレビュー
台詞からひもとく、フロリアン(礼真琴)の揺れ動く心│霧深きエルベのほとり
「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり
スポンサーサイト

トビアス(七海ひろき)の指輪―男役の儀式│霧深きエルベのほとり

颯爽と銀橋に現れ、旅立ちの歌を聞かせるトビアス(七海ひろき)。
胸がすく爽快なシーンです。

その指に輝くマリッジリング。
照明を反射してキラリと光る銀色に目が吸い寄せられます。

カイちゃん、男役人生最後のキスシーン


出会って一週間で、プロポーズして、指輪を誂えて、式を挙げるというスピード婚を果たしたトビアス。
前回の記事で「男役ラストステージにちゃんと相手役がいて、あまつさえ結婚式まで挙げられるのは男役冥利に尽きる」と書きました。
七海ひろき、ダンケシェーン!―「足るを知る者は富む」トビアスとベティの愛の形│霧深きエルベのほとり

晴れ晴れとした銀橋ソロも、組子たちの祝福の声に送られ、舞台を後にする演出も。
すべてが男役カイちゃん(七海)への素晴らしく愛のこもった餞です。

銀橋を渡り終えた花道に、花嫁ベティ(水乃ゆり)が待っています。
素朴な、しかし、精一杯のお洒落をしたベティ。
酒場の女たちの心尽くしのヴェールをまとうベティの美しいこと。

幸せいっぱいの花嫁に、優しく口づける花婿。
カイちゃんの男役人生最後のキスシーンです。

「男」としてキスができるのは現役時代限定。
ご存知のように宝塚のキスは「ふりをする」だけ。

それをいかに、愛を込めて「本当らしく」みせるかが男役芸。
生徒さんは皆、さまざまに工夫を凝らした美しいキスシーンを作り上げています。

積み上げた経験、練り上げたテクニック。
カイちゃん集大成のキスを披露する場面を設けてくださった上田久美子先生には感謝です。

男役の儀式―相手役へ指輪を贈る


ささやかな花束に添えられたベティの右手。
レースの手袋の下には、やはり銀の指輪が光っています。
トビアスと揃いの誓いのリングです。

恋人や妻のいる役を与えられた男役が、相手の娘役に指輪を贈る。
いつ頃から定着したか知りませんが面白い風習です。

慣習として格別な疑問もなく行っているのか。
互いの気分を盛り上げる儀式の一貫として行っているのか。

なにはともあれ、固定の相手役ができた男役さんはいつもよりちょっと嬉しそうに見えます。
(お茶会などで相手役に話題が及ぶと、明らかにデレつく方もいらっしゃいますよね)

キスと同じく、相手役に指輪を贈る習慣も男役ならでは。
宝塚人生の締めくくりに、大好きな「男役」を特有の儀式も含め、満喫できるお役で良かったですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
七海ひろき、ダンケシェーン!―「足るを知る者は富む」トビアスとベティの愛の形│霧深きエルベのほとり
6つの台詞でひもとく、ロンバルト(輝咲玲央)の心│霧深きエルベのほとり
100の台詞よりも雄弁―ロンバルト(輝咲玲央)の芝居力│霧深きエルベのほとり
エルベがお江戸にやって来た!大劇場から変更点・ざっくり感想など│霧深きエルベのほとり
紅カールがさらに優しく、輝咲ロンバルトがさらに悩ましく│霧深きエルベのほとり
星の実り 共にさあ祝いて 飲もう 食べよう│星組『霧深きエルベのほとり』公演メニューレビュー
台詞からひもとく、フロリアン(礼真琴)の揺れ動く心│霧深きエルベのほとり
「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

七海ひろき、ダンケシェーン!―「足るを知る者は富む」トビアスとベティの愛の形│霧深きエルベのほとり

『霧深きエルベのほとり』は、これ以上ないほど単純な物語です。
複雑な人間関係もなければ、大事件が起こるわけでもない。
ビア祭りの一週間に男と女が出会い、恋に落ち、ある者は成就し、ある者は別れる。

マルギットを挟んだカールとフロリアンの三角関係。
アンゼリカを挟んだカールとロンバルトの三角関係。
そこにもう一組のカップル、トビアスとベティが加わります。

トビアス(七海ひろき)はカール(紅ゆずる)の恋愛模様に直接関わることはありません。
しかし、『エルベ』の物語において非常に重要な役割を果たします。

トビアスとベティ(水乃ゆり)は、カールとマルギット(綺咲愛里)の合わせ鏡なのです。

足るを知る者は富む


珠玉の言葉が観客を魅了する『エルベ』。
とりわけ好きな台詞は、カールの妹ベティの「あたしは貧乏でも、兄さんや友達が元気で笑っとって、気兼ねのいらん人のお嫁さんになって、今と同じぐらいで暮らせたら幸福だ」。

「結婚は生活レベルが同じ相手と」と語るベティ。
マルギットとの対比が鮮やかです。

ベティの素朴な言葉の内には、ひとつの真実が潜んでいます。
価値観、社会常識、金銭感覚…
生まれ育った環境が同じならば、さほど乖離はないでしょう。

自分たちを取り巻く社会への共通感覚、共通認識。
他人と共同生活を送る上で、これらの一致は重要です。
「愛さえあれば」と言いますが、「愛だけ」では長続きしません。

ベティは地に足の着いた、賢い女の子です。

足るを知る者は富む。
(満足を知る者は、金銭的に貧しくても精神的には豊かである)

身の丈に合った幸せをごく自然に求められるベティとならば、温かく心安らぐ家庭を持てるでしょう。
トビアスが早々にモーションをかけるのも納得です。
「そんな相手がいるのかい」
「いないさ!」

カールとマルギットが出会い別れたのと同じ一週間で、出会い結ばれたトビアスとベティ。
愛の明暗をくっきり描き出す脚本が見事です。

トビアスとベティはきっと幸せに暮らすでしょう。

七海ひろき、ダンケシェーン!


女のために生き方を変えたトビアス。
その軽やかさ。
カイちゃん(七海)の飄々とした持ち味にぴったりです。

男役ラストステージにちゃんと相手役がいて、あまつさえ結婚式まで挙げられる。
男役冥利に尽きますね。

そして、晴れ晴れとした銀橋ソロ。
「ダンケシェーン!」
なにひとつ思い残すことなくやりきった。
男役を全うした。
そんなカイちゃんのタカラジェンヌ人生に重なる愛の歌です。

「それでは、諸君の安全な航海を祈る!じゃあみんな、あばよ!」
なんて温かな餞の言葉でしょう。

「トビアス、おめでとう!」
組子たちの祝福の声に送られ、舞台を後にする。
座付き作者ならではの粋な演出。
ファンの方も嬉しいでしょう。

男役への愛、宝塚への愛、ファンへの愛。
今まさに完全燃焼しようとするカイちゃんは、どこまでも爽やかな男役さんです。

まだ「卒業おめでとう」は言いません。
カイちゃん、千穐楽までめいっぱい男役を楽しんでくださいね!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
6つの台詞でひもとく、ロンバルト(輝咲玲央)の心│霧深きエルベのほとり
100の台詞よりも雄弁―ロンバルト(輝咲玲央)の芝居力│霧深きエルベのほとり
エルベがお江戸にやって来た!大劇場から変更点・ざっくり感想など│霧深きエルベのほとり
紅カールがさらに優しく、輝咲ロンバルトがさらに悩ましく│霧深きエルベのほとり
星の実り 共にさあ祝いて 飲もう 食べよう│星組『霧深きエルベのほとり』公演メニューレビュー
台詞からひもとく、フロリアン(礼真琴)の揺れ動く心│霧深きエルベのほとり
「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS

星にちなんだJ-POPメドレーがある、との事前情報を得た『ESTRELLAS(エストレージャス)~星たち~』。
J-POPに疎い私は初めて耳にする曲ばかり。
どれも場面にぴったり合った選曲で、新鮮な気持ちで楽しむことができました。

恥ずかしながら、ピンときたのは黒燕尾の「情熱大陸」のみ。
他は終演後に連れ合いやヅカ友さんから教えてもらいました。
デュエットダンスの曲が特にお気に入りです。

自分メモとして、歌手名と曲名と感想を合わせて残します。
間違いなどありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

ESTRELLAS備忘録


第7章『フィナーレ』のデュエットダンス。
MISIAの「逢いたくていま」は、カールとマルギットが別の世界で結ばれたような気がして、涙が溢れます。
あんるちゃん(夢妃杏瑠)と、ほのかちゃん(小桜ほのか)の澄んだ美声でさらに感動が増しますね。

第2章『スターライト』は、SEKAI NO OWARI の「スターライトパレード」。
明るくキャッチーなメロディと裏腹の意味深な歌詞。
琴ちゃん(礼真琴)のハスキーな声質に合う曲ですね。

卒業生への愛


本公演をもって卒業されるカイちゃん(七海ひろき)は、平井堅の「POP STAR」と、flumpoolの「星に願いを」。
〽流れ星にかけた願い 叶うのが今なら 行かなくちゃ
胸がじーんとしました。
カイちゃんの「行き先」が光に満ちた場所でありますように。
銀橋を渡るカイちゃんの清々しい笑顔と共に忘れられない曲となりました。

同じくご卒業のせっきーさん(瀬稀ゆりと)とカトリーヌさん(華鳥礼良)のデュエット、MISIAの「僕はペガサス 君はポラリス」。
せっきーさんはお芝居の最後の台詞も素敵でしたね。
共に歩んできた英真なおきさんとグラスを合わせ、万感の吐息をもらす。
素晴らしい餞のシーンでした。

卒業生に向ける中村暁先生の温かな眼差し、優しいエール。
退団者への愛情は座付き作者ならではの計らいですね。

適材適所の愛


第3章『星夢(スタム)』の使用曲「今夜はANGEL(Tonight Is What It Means To Be Young/Jim Steinman)」。
めちゃくちゃカッコいいですね!
連れ合いは「ヤヌスの鏡だ」と申しておりました。
好きだったドラマの主題歌に使われていたようです。

このシーンは、漣レイラさんの力強くドラマティックなダンスが印象的。
輝咲玲央さんや遥斗勇帆さんの歌、天飛華音さんのダンス。
歌手やダンサーに確実に場を与えてくださるのも中村先生の愛ですね。

男役はカッコよく、娘役は美しく


第4章『Back!』は琴ちゃんを中心とした若手男役のナンバー。
曲はK-POPの「Back/INFINITE」。
『Dance Romanesque』の「月色男子」を思い出すシーンですね。

琴ちゃんのセクシーボイス+キレキレダンスに負けじとギラつく若き星男たち。
紫藤りゅうさんの品、天希ほまれさんの美貌、極美慎さんの輝き、天飛さんの色気に心を奪われ、目が足りない!
魅力的な若手スターさんが目白押しで、星組の将来は安泰ですね。

そして、星ショーの密かな楽しみは朝水りょうさんのヘアスタイル。
今回も気合い入ってますねー!
「求愛ダンス」を踊る南国の鳥かと思いました。
自分独自の色を出そうという気概が感じられて好きです。
(そろそろ彼にVO5イメージモデルのオファーが来てもいい頃)

第5章『アスタリスクメドレー』は、誰もが一度は耳にしたことがある「Hot Stuff/Donna Summer」。
無条件でテンションが上がりますね!
フレッシュな星色男子と打って変わって、アダルトな男役の魅力が炸裂します。

髪を振り乱して無心に踊る玲央さん(輝咲)がむちゃくちゃカッコいい!
「男役はカッコよく、娘役は美しく」の定石に則ったシーンは満足度が高いですね。
この場面については別記事で改めて。

あーちゃん(綺咲愛里)筆頭の娘役ナンバーは「Turn The Beat Around/Vicki Sue Robinson」。
いい男には、いい女。
これまた目が足りない美女たちの競艶です。

琴ちゃんと4組のカップルの「Sunny/Bobby Hebb」。
気だるく濃密な色気を振りまく琴ちゃん。
ぞくぞくするほどカッコいい低音。

カップルは七海ひろき/有沙瞳、瀬央ゆりあ/音波みのり、 紫藤りゅう/夢妃杏瑠、極美慎/紫りらの組み合わせ。
ところどころ男女の学年が逆転しているにもかかわらず、瑞々しさをキープしている娘役さんは凄い!
(特に、はるこさん[音波])

怒涛のナンバーは続く


トップコンビのデュエットダンスは、大好きな「Libertango/Astor Piazzolla」。
逃げる女(綺咲)、追う男(紅ゆずる)。
胸をかきむしるタンゴの音色が刹那の愛を彩る。
短いシーンでも確実にドラマを生み出す紅あーコンビ、さすがです。

中詰はORANGE RANGEの「チャンピオーネ」。
早口言葉みたいで楽しい曲ですね。
元気いっぱいで星組にぴったり!

劇場が一体となる客席降りの楽しさと言ったら!
生徒さんとのコール&レスポンスは文句なしに幸せ!

生徒さん同士のじゃれ合いも可愛くって目が足りませんね。
せおっち(瀬央)が琴ちゃんにかめかめ波(?)をお見舞いしたり、玲央さんが両手でメガネを作りながらカトリーヌちゃんを覗き込んだり…

『ESTRELLAS』のおかげで沢山の新しい音楽を知り、世界が広がったのが嬉しいです。

やっぱりオリジナル曲はいい!


中村ショーの特徴のひとつに、主題歌の覚えやすさがあります。
『Dance Romanesque』『GOLD SPARK!』『CRYSTAL TAKARAZUKA』『VIVA!FESTA!』…
どれも超音痴な私でも一回で覚えられるキャッチーさ。

観劇後に花のみちを歩きながら鼻歌が出る。
そんな歌が宝塚のショー作品にはふさわしいと思います。

既存曲の多い『ESTRELLAS』ですが、オリジナル曲はメインテーマの『エストレージャス』はもちろん、『星サギの歌』が大のお気に入り!

〽世界は輝く、この一瞬のため
銀橋を渡るベニーさんの姿を観たら、いろんな想いがこみ上げ、涙が浮かびました。

今この瞬間、大好きな宝塚の舞台を観ていられるのは、さまざまな条件が重なった上での好運であること。
決して当たり前ではありません。

この一瞬の輝きを享受できる幸せ。
まさに「ありえない奇跡」を味わっているのだ、と。

改めて、自分を取り巻くすべてのものへの感謝が湧いてきました。
そして、こんなふうに思わせてくれた紅さんと星組の皆さまと中村先生に。
素晴らしいショーをありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS』関連記事はこちら↓
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』

『ESTRELLAS(エストレージャス)~星たち~』いいですねー!
ベニーさん(紅ゆずる)率いる星組の魅力がいっぱい詰まってて大好き!
始まったと思ったら、あっという間にパレード!
体感時間5分かも!?

お芝居について書きたいことの半分も書けてませんが、ちょっと休憩。
一度、ショーの感想を軽くまとめておきます。

黒燕尾バンザイ!


どのシーンも素晴らしくて迷いますが…まずは!

星組の黒燕尾を観られて嬉しい!

「そろそろ星組の黒燕尾が観たい」との夢が叶いました。
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

変わり燕尾も素敵ですが、正統の黒燕尾は「男役の華」。
待望の星男たちの黒燕尾のカッコいいこと!
最高です!!

デュエットダンスは『エルベ』のアナザーエンド?


黒燕尾からデュエットダンスの流れも最高!
黒燕尾のベニーさんと、淡いピンクのドレスのあーちゃん(綺咲愛里)。

互いを見つめる優しい視線。
柔らかなぬくもりに包まれるような影デュエット。

〽戻りたい あの日 あの時に 叶うのなら 何もいらない
幸せそうに踊るふたりの姿にカールとマルギットの姿がオーバーラップし、視界が滲みました。

あーちゃんにそっと手を差し伸べるベニーさん。
はにかむような表情のベニーさんに、満面の笑みで応えるあーちゃん。
手をつないで銀橋を渡るふたりの姿に涙腺崩壊。

ベニーさんがあーちゃんを抱きしめるとき、心底嬉しそうな溜め息をもらされるのですよね。
愛しい人をようやく捕まえた安堵。
本当に幸せそうで、観ているこちらまで胸がいっぱいになります。

お芝居では結ばれなかったカールとマルギットがようやくひとつになれたと思えるデュエットダンス。
素敵な素敵なエンディングを用意してくださってありがとうございます!

男役はカッコよく、娘役もカッコよく


中村暁先生のショーで好きなところは、ほぼ毎回娘役だけのシーンを用意してくださること。
今回はなんと二回も!

あーちゃんを芯にバリバリ踊る娘役さんたち。
カッコいいーーー!

艷やかで、大人っぽくて、ちょっと挑発的。
思い思いのスタイルで自分の魅力をアピールする星娘たちに釘付けです。

特に好きなのは「フィナーレB」。
ショートカットのあーちゃんが絶品!
クールさがたまりません。

つい目を奪われるのは紫りらちゃん。
マリリン・モンローみたいなヘアスタイルがとてもお似合い。
コケティッシュな仕草、くるくる変わる表情がまぶしくて、観ていて飽きません。
大好きな娘役さんです。

中村ショーでもうひとつ好きなのは、男役さんの女装シーンが少ないこと。
たまになら効果的ですが、乱発されると娘役さんがないがしろにされるようで好きではないのです。

「男役はカッコよく、娘役は美しく(たまにカッコよく)」の基本に則った中村ショーは私好みです。

嬉しい!楽しい!客席降り


お芝居も含め、何度も客席降りがあるのでテンションが上がりますね。
印象的だった方を中心に。

『エルベ』のビア祭りでは、ひろ香祐さんの弾けるような笑顔に引き込まれます。
お芝居では美声と温かなお芝居を、ショーではダイナミックなダンスを披露され、大活躍ですね。

『ESTRELLAS』のプロローグは、漣レイラさんのカッコよさにやられました。
ときに甘く、ときに苦みばしった表情。
じっと狙いを定めてからの指差し。
上級生男役ならではの重厚感あふれる釣りは破壊力抜群。

中詰は輝咲玲央さん。
パッカーン!とした笑顔が最高!
舞台大好き!星組大好き!の気持ちが溢れ出すパフォーマンス。
星の熱血お兄さんは誰よりもアツい!
「楽しんでる?」と問いかけるような優しい眼差しもたまりません。

笑顔と言えば、有沙瞳さん。
目がなくなっちゃうくらいニッコニコ!
華奢で可愛くて、「娘役」という概念がドレスを着てるみたいな方ですね。

今回ご卒業の七海ひろきさん。
優しく穏やかな微笑み、爽やかな残り香が印象的。
カイちゃん(七海)の周りだけ違う空気が流れているような、静かな美しさがありました。

紅ゆずるのぬくもりと星組の輝きに包まれる


軽くまとめ…と言いつつ、長い!
それだけ楽しいショーだということで。

切ないお芝居と、きらびやかなショー。
最高の組み合わせで何度リピートしても飽きません!

『ESTRELLAS』の一番の魅力は、客席も組子もすべて、劇場全体をおおらかに包み込むベニーさんの愛。
そして、適材適所で力を発揮する綺羅星のような組子たち。
ベニーさんを中心に描かれる星空の輝きが何より素晴らしいショーです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS』関連記事はこちら↓
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**