FC2ブログ

「超人」礼真琴、天才はいかに作られたか―“Amadeus”とサリエリ(凪七瑠海)の嘆き│ロックオペラモーツァルト

今更ですが、礼真琴は歌が上手い。
息を吸うように、ごく自然に生きるための必然の行動のように、歌う。

台詞から歌へのつなぎ目をほぼ感じさせず。
話すように歌い、歌うように話す。

ぶれない、外さない、ムラがない。
抜群の安定感は一幕冒頭の酒場で顕著。
「Le Trublion トラブル・メーカー」を歌いながらの背面ダイブ。

背中から落ちつつ、何事もなかったように起き直り、歌い続ける。
その間、一切ぶれず、途切れず。
恐るべき強靭さです。

今まで当たり前のように観ていましたが、踊りまくり・歌いまくりの『ロクモ』で改めて彼女の凄さを思い知ったのです。
持てる力を完全解放した礼真琴。
舞台の神様に魅入られたようなモーツァルト。
その「才能」について、ふたつの台詞からひもといてみたいと思います。

○過去記事はこちら↓
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト
圧巻、ただただ圧巻―礼真琴×舞空瞳コンビ│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、こけら落とし三冠達成!ロクモ 池袋初日感想│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、無限の可能性―進化するロクモの先にあるもの│ロックオペラモーツァルト

天才とは何か?モーツァルトと運慶とミケランジェロ


私がドハマりする作品には大抵ひとつ、強い印象を残す台詞があります。
『鎌足』の船史恵尺(天寿光希)の「過去はこんなにも力強い」。
『BADDY』の王子(暁千星)の「ぼくは退屈で眠られないんだ」。

『鎌足』MVPは天寿光希!―「船史恵尺=ルキーニ」説
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY

ひとつの台詞がフックとなり、物語世界の内側にズブズブ引きずり込まれる。
『ロクモ』のキーワードとなったのはモーツァルトの言葉。
「頭に浮かんだ音楽を五線紙に写すだけ」

聞いた瞬間「運慶か!」と思いました。

「こんな夢を見た」で始まる夏目漱石の『夢十夜』。
運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいるのを見学に来た主人公。

「よくああ無造作に鑿(のみ)を使って、思うような眉(まみえ)や鼻ができるものだな」と自分はあんまり感心したから独言(ひとりごと)のように言った。
するとさっきの若い男が、「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋まっているのを、鑿と槌(つち)の力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない」と云った。
[夏目漱石著『夢十夜』「第六夜」より抜粋]


もうひとつ思い出したのはミケランジェロのものとされる言葉。
“I saw the angel in the marble and carved until I set him free.”
超訳すれば「大理石に閉じ込められた天使を解き放つまで彫り続ける」ということですね。

木や大理石の中の像、そして頭の中の音楽。
国や時代は違えど、それぞれに「天才」と呼ばれる芸術家たち。
しかし、運慶もミケランジェロもモーツァルトも「元々そこに在るものを取り出すだけ」と描写されるのが面白いですね。

凡人が切ったり貼ったりこねくり回したり、手探りで積み重ねていくものを、一気に探り当てることができる。
「天才」とは「完成形が見えている者を指す」のです。

では、彼らにその力(才能)を与えたのは誰か?

才能は神からの贈り物


私の記憶が確かならば、劇中でモーツァルトをアマデウスと呼ぶのは、モーツァルト自身とアントニオ・サリエリ(凪七瑠海)ふたりきり。
一幕最後の「Lacrimosa ラクリモーサ」でのモーツァルト自身の言葉「アマデウス…アマデウス…何が神に愛された者か、僕は神に見放された男だ」。
そして、サリエリの「アマデウス!」のみ。

これは偶然ではありません。
意図的になされたものです。

モーツァルトの才能を目の当たりにしたサリエリは激しく嫉妬します。
彼と自分は何が違うのか?
神はなぜ彼だけに音楽の才能を与え給うた?
神よ…!!

自分には神の啓示は聞こえない。
いくら努力しても、金を積んでも「神の声を聞く耳」を持つことは叶わない。
深い絶望はモーツァルトへの妬みの刃に形を変えました。

モーツァルトが“神に愛された者”と知るからこそ、サリエリは彼を“アマデウス”と呼んだのです。

では、サリエリはなぜ殺したいほどの嫉妬を手放すことができたのでしょうか?
その謎を解き明かすヒントがこれ。
ロシアには「才能は神からの贈り物」という考えがあると、米原万里が書いています。

才能は神様からもらったもので個人のものではないという考え方があります。
才能をもっている人と同じ空間に生きていることを純粋に喜び、そのことを祝福するのです。
ですから、その才能と自分とを比較したりは決してしません。
つまり劣等感がまったくないのです。
足の引っ張り合い、妬みという感情が稀薄で、それがすごく心地よかった。
[『言葉を育てる 米原万里対談集』「VS.神津十月 在プラハ・ソビエト学校が私の原点です」より抜粋]


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのミドルネーム「Amadeus」。
まさに、神(DEUS)に愛され(AMA)、才能を与えられた者なのです。

チェリストのムスティスラフ・ロストロポーヴィチは舞台に出るとき、絶対に緊張しないそうです。
米原さんが「なぜあがらないのですか?」と訊いたら「僕は天才だから」という答えが返ってきたそう。
「僕の才能は神様からもらったものだから、僕自身のものではない。僕は才能を単に差し出すだけですから緊張はまったくしないのですよ」

才能は神からの贈り物。
所詮、人智の及ぶところではない。
アマデウス・モーツァルトは「才能の容れ物」に過ぎない。

そう気づいたとき、嫉妬は消え、友愛や尊敬の念が生まれたのでしょう。
そして“アマデウス”から「才能」を取り除いた人格、つまり“ヴォルフガング”の部分に焦点が当たる。

「笑顔が素敵です」
なんのてらいもない言葉が示す、まっすぐな人柄。
あまりに短い友情でしたが、確かに嫉妬とは異なる感情がサリエリの心に芽生えたのです。

みんなに喜んでもらいたかったから


モーツァルトは「僕の才能は父が作ったもの」と洩らしています。
自分の才能は天賦のものではない、との自覚を表す言葉です。

一方、「頭に浮かんだ音楽を五線紙に写すだけ」とも言っている。
つまり、無意識下では神の啓示を受けていることが明らかなのですね。

さて、礼真琴はどちらに属する人間なのでしょう?
木の中の仏、大理石の中の天使が見える人間なのか?
それとも…?

私は彼女について何も知りませんが、舞台から受ける印象は「他人より恵まれた能力を持ち、それを更に高めるための努力を怠らない人間」と映ります。

礼真琴の才能をひもとくヒントになる言葉の、ふたつめはこちら。
「目隠しでチェンバロを弾いたのは、みんなに喜んでもらいたかったからだ」

モーツァルトが目隠しでチェンバロを弾いたのは史実ですが、このエピソードを、あえて礼真琴に語らせた理由は明らかです。
目隠し演奏は曲芸や見世物的なパフォーマンス、ましてや超絶技巧のひけらかしではなく、“礼真琴演じるモーツァルト”の行動原理が常に「誰かを喜ばせたい」という純粋な気持ちであるという事実を示します。

酒場での「音楽は人を楽しませ、喜びを与えるものだ」との主張とも一致します。
これらの台詞を礼真琴に与えた脚本に、座付き作家・石田昌也の愛と創意工夫を感じました。

礼真琴は何者なのか?
ヒントは先ほどの『夢十夜』にあります。
「あの鑿と槌の使い方を見たまえ。大自在(だいじざい)の妙境に達している」
“大自在”とは「少しの束縛も障害もなく、思いのままであること。自由自在、自由奔放であること」。

この言葉で頭に浮かんだのは、一幕最後の「Je dors sur des roses バラの上で眠りたい」。
なんのしがらみもなく、ただ心のままに歌い踊る礼真琴。
劇場と溶け合うようなあの瞬間こそ、大自在の境地。

古来、歌舞は神に捧げる供物であったと考えれば、優れた舞台人とはシャーマンに近しい存在なのかもしれません。
神の声を聞き、その肉体を駆使して芸を披露する。

舞台人・礼真琴の才能を表すならば、「天才」ではなく「超人」こそが最もふさわしい。
そう思わせられた『ロックオペラ モーツァルト』でした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
ロクモ千穐楽観劇予定の皆さまへ、東京建物Brillia HALL 客席降り図を更新しました│ロックオペラモーツァルト
ロクモの“アダルト担当”コロレド大司教(輝咲玲央)の見どころ全部!│ロックオペラモーツァルト
モーツァルトに嫉妬したもう一人の男、コロレド大司教(輝咲玲央)│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、無限の可能性―進化するロクモの先にあるもの│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(音波みのり/桜庭舞)│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(紫藤りゅう/朝水りょう/咲城けい)│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、こけら落とし三冠達成!ロクモ 池袋初日感想│ロックオペラモーツァルト
東京建物Brillia HALL情報まとめ―舞台の見え方・客席降り・アクセス・館内施設など│ロックオペラモーツァルト
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part3 ウェーバー4姉妹(音咲・小桜・舞空・星蘭)―歌は生きる力│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part2 小桜ほのか―天使の微笑・悪魔の歌声、アロイジア│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト
圧巻、ただただ圧巻―礼真琴×舞空瞳コンビ│ロックオペラモーツァルト
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト
池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!
スポンサーサイト



ロクモ千穐楽観劇予定の皆さまへ、東京建物Brillia HALL 客席降り図を更新しました│ロックオペラモーツァルト

連日大盛況の星組新トップコンビお披露目公演『ロックオペラ モーツァルト』も残すところ一日!
東京建物Brillia HALL分の客席降り図、皆さまのご協力によりだいぶ埋まりました。
img-20191216_brillia.jpg
千穐楽間際で申し訳ございませんが、明日観劇予定の皆さまのお役に立てましたら幸いです。

情報をくださった方、RTなどでご助力くださった方、誠にありがとうございました。
皆さまのおかげで、梅田・池袋ともに立派な客席降り図となりました。
心より感謝いたします。

引き続き情報をお待ちしておりますので、お心当たりの方、どうぞよろしくお願いいたします。
[20191216更新:華雪りらさんを追加しました]

○梅田芸術劇場メインホール分はこちら↓
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト

明日もご安全に、皆様揃って晴れやかな千穐楽を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
ロクモの“アダルト担当”コロレド大司教(輝咲玲央)の見どころ全部!│ロックオペラモーツァルト
モーツァルトに嫉妬したもう一人の男、コロレド大司教(輝咲玲央)│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、無限の可能性―進化するロクモの先にあるもの│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(音波みのり/桜庭舞)│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(紫藤りゅう/朝水りょう/咲城けい)│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、こけら落とし三冠達成!ロクモ 池袋初日感想│ロックオペラモーツァルト
東京建物Brillia HALL情報まとめ―舞台の見え方・客席降り・アクセス・館内施設など│ロックオペラモーツァルト
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part3 ウェーバー4姉妹(音咲・小桜・舞空・星蘭)―歌は生きる力│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part2 小桜ほのか―天使の微笑・悪魔の歌声、アロイジア│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト
圧巻、ただただ圧巻―礼真琴×舞空瞳コンビ│ロックオペラモーツァルト
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト
池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

ロクモの“アダルト担当”コロレド大司教(輝咲玲央)の見どころ全部!│ロックオペラモーツァルト

前回の記事で「あのシーンはスルー!?」と思われた方、いらっしゃるかと思います。
安心してください。
あんな××なシーンをスルーするわけありません!

「コロレド大司教は厳格で清廉な人物だった」
「それゆえ自由奔放なモーツァルトとはそりが合わず対立した」
そう信じて劇場へ向かった私。
と・こ・ろ・が…
蓋を開けてビックリ!
清廉潔白なイメージはどこへやら、ロクモ界のコロレド大司教はとーーんでもない人物でした!

真面目な話で終わっちゃった前回。
今日こそロクモの“アダルト担当”コロレド大司教について語ります!
モーツァルトに嫉妬したもう一人の男、コロレド大司教(輝咲玲央)│ロックオペラモーツァルト

ロクモの“アダルト担当”コロレド大司教


ラウシャー、グイド、そしてコロレド。
「三人合わせてヅカ三大破戒僧」と呟いたら、「ラスプーチンも入れて破戒僧四天王」とリプが 笑
愛月ひかるさんだらけじゃないですか~~

愛ちゃんが本格参戦する星組 〽これからどーなるのっ!?(byローゼンベルグ)
あっちでギラギラ!こっちでムンムン!えらい騒ぎです。
ましてや玲央さんと愛ちゃんの並びなんて私得でしかありません!

なぜか愛ちゃん本人より先に衣装だけが星組に合流した『ロクモ』。
コロレド大司教がグイド司教(愛月)の衣装を着てるんですよ~~
(ちょっとアレンジされてますが)
グイド服を着た人はもれなくイケないお坊さまになるマジック?

今回も安定のおヒゲが激渋な玲央さん。
重々しく、いかにも厳格な聖職者らしい態度。
モーツァルト(礼真琴)の障壁となり、彼の人生を操る存在の大きさは申し分なし。

モーツァルトに退職届けを叩きつけられ、ならばおまえの行く先々で妨害してやる!と息巻くところまでは予習していたイメージ通りでしたが…

問題は、その先。

俺の尻をなめろ


場面は変わり、コロレド大司教と取り巻きの大臣(天希ほまれ)の二人きりのカーテン前芝居に。
背後に控える天希大臣へ意味深な流し目を送る大司教。

コロレド「俺の尻をなめろ」
大臣「えっ…!」

(間)

コロレド「…などという下品な曲を作る男は宮廷音楽家にふさわしくない」
大臣「よかったぁ~~」


たっっっぷりタメて、怯える天希大臣の反応を見る大司教。
やらしいわ~~

まさか大司教様の口から「俺の尻をなめろ」なんて言葉を聞くとは…
MY初日はビックリして天希大臣と同じ反応しちゃいました。
「えっ…」みたいな。

モーツァルトの人柄を語るのにピッタリな珍曲「俺の尻をなめろ」。
絶対どっかで出てくると思ったんですけどね。
まさか大司教の台詞に使われるとは。

決してコロレド大司教が天希ちくわ大臣に「俺の尻をなめろ」と要求したわけではありません。

くだんの台詞を口にするときの大司教、片頬だけ歪める好色そうなニヤニヤ笑いは必見。
相手のリアクションを楽しんでる感じ、意外といたずらっ気のある人物なのかも?

(それにしてもオレキザキ様の「俺の尻をなめろ」はシャレになりません

大司教様四十八手


二幕のハイライトはヅカファン騒然!大司教様18禁シーン。
劇場で会う人会う人、口々に「大司教が(絶句)」「アニキ凄いですね」って 笑

ザルツブルグの最高権力者・コロレド大司教のもとには便宜を図ってもらおうと、さまざまな賄賂が集まります。
ローゼンベルグ伯爵(紫藤りゅう)から贈られた女性も、そのひとつ。

それをネタにローゼンベルグを脅し、モーツァルトを追い込む策略に加担するよう持ちかけるサリエリ(凪七瑠海)。
聖職者でありながら、愛人を囲い、産まれた子に蓄えた財産を相続させるコロレド大司教。
おぬしも悪(ワル)よのう~~

ローゼンベルグとサリエリのやり取りを再現するように、舞台上手で絡み合う男女。
ピンクスポットに浮かび上がる大司教と愛人(彩園ひな)。
噂の18禁シーン(またの名を、大司教様四十八手)の始まりです。

乳房を揉みしだき、内腿をまさぐり、両手で尻を掴み、下から上に撫で回す。
むき出しの二の腕から首筋へ唇を這わせ、手首を掴んで、覆いかぶさるように唇を奪う。

無言で交わされる激しい愛の仕草。
固唾を呑んで見つめる観客。
(一階前列とか「この距離で!?」って席でも一斉にオペラが上がるのがツボ)

男役14年、渾身のエロ。
指の先まで神経の行き届いた愛撫、情欲に濡れる熱い視線。
リミッターを振り切った男役はここまで演るのか、演れるのか…と。
ヅカファン歴30年の私ですが、これほどのすみれコードぶっちぎりはなかなかお目にかかりません。

とはいえ、決して生々しくならないのが「男役」の技術。
ひとつひとつの所作は男女の交情を示す“型”であり、その積み重ねが“男役と娘役のラブシーン”となる。
そこには美しい官能があります。
宝塚ならではの様式美を極めてこそ、ありふれた情事を“見せ物”としてショーアップすることができるのです。

それにしても、百戦錬磨の上級生男役のリードに、一歩も引けを取らず応えてみせる彩園さん、強いですね~~
ワンショットのみの登場ですが、“愛人”のその後の人生が気になります。

守護神


本編だけでお腹いっぱいの『ロクモ』。
フィナーレまでつくなんて贅沢ですよね~~

琴ちゃんと娘役さんによる「Ave verum corpus アヴェ・ヴェルム・コルプス」のアレンジナンバー。
娘役さんが袖に下がり、ひとりセンターに立つ琴ちゃん。
「フゥッ」の掛け声にドキッ!

待ってました!の男役群舞!
キタ!キタ!キターーー!

これから始まるスペシャルショータイムへの期待に心臓バクバク!
「情熱の嵐」や「Hot Stuff」で毎回息の根が止まりそうになったことを思い出します。
星組の男役群舞って、どうしてこんなに昂ぶるんでしょうね?

琴ちゃんを頂点に踊り狂う星組選り抜きのダンサーたち!
キレッキレ!バッキバキ!
舞台から飛び出さんばかりのド迫力!
どえらい手数の多さながら、一瞬のスキを突き、思い思いにキザる星男たち。

最っ高です!!!

星男って単体でも星男なんですけど、集まると相乗効果で濃度が高まるというか…
より煮詰まった特濃星男感が出ると思いません?

そんな濃ゆい濃ゆい星男の中の星男、凝縮星男のオレキザキ様は、くすんだシルバーグレイのスーツに映えるグリーンのメッシュヘア。

渋い!!!

大司教様のヒゲ+ロン毛の下に、こんなセクシーお兄さんが隠れてるなんて反則~~
初見の方はコロレド大司教と同一人物と分からないのでは??

『ロクモ』では男役最上級生の玲央さん。
さりげなくジャケットの襟元を整える指先、唇をなぞる指先に漂う大人の色香。
長い手脚を活かしたダイナミックな踊りがカッコいい!

琴ちゃんを挟んで、左にかなえさん(漣レイラ)、右に玲央さん。
星組が誇る立役系男役のふたり。
礼真琴の守護神並び立つ、という感じで素敵!

頼もしい上級生、安定感抜群の中堅、伸びしろたっぷりの下級生。
層の厚い男役陣に囲まれて、礼真琴の新生星組は安泰ですね!
プレお披露目も終盤。
皆さま揃ってご無事の千穐楽を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
モーツァルトに嫉妬したもう一人の男、コロレド大司教(輝咲玲央)│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、無限の可能性―進化するロクモの先にあるもの│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(音波みのり/桜庭舞)│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(紫藤りゅう/朝水りょう/咲城けい)│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、こけら落とし三冠達成!ロクモ 池袋初日感想│ロックオペラモーツァルト
東京建物Brillia HALL情報まとめ―舞台の見え方・客席降り・アクセス・館内施設など│ロックオペラモーツァルト
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part3 ウェーバー4姉妹(音咲・小桜・舞空・星蘭)―歌は生きる力│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part2 小桜ほのか―天使の微笑・悪魔の歌声、アロイジア│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト
圧巻、ただただ圧巻―礼真琴×舞空瞳コンビ│ロックオペラモーツァルト
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト
池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

モーツァルトに嫉妬したもう一人の男、コロレド大司教(輝咲玲央)│ロックオペラモーツァルト

配役発表後、早速、予習に取りかかった私。
モーツァルト(礼真琴)と対立し、行く先々で彼の活動を妨害したザルツブルグの大司教・コロレド伯ヒエロニュムス(輝咲玲央)については特に念入りに。
「主人公の運命を操る男」って、興味深くありませんか?
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表

コロレドの人柄について調べると「厳格」「思慮深い」「清廉」「知識人」などなど…
「大司教」と聞いて思い浮かぶ人物像そのもの。
自由奔放なモーツァルトと、そりが合わなかったのが対立の原因でしょうか?

いかめしい大司教と、自由人なモーツァルトの対決。
面白そう!
というわけで、キャスト別感想「男役編」第2部はコロレド大司教について。

○男役編(1)はこちらから↓
ロクモ キャスト別感想(紫藤りゅう/朝水りょう/咲城けい)│ロックオペラモーツァルト

支配欲、そして征服欲


自由な世界と新しい音楽を求め、窮屈なザルツブルグを飛び出したモーツァルト。
「自分に歯向かう者は容赦しない」とばかりに、彼の行く先々で活動を妨害しようと画策するコロレド大司教。

地位と身分と権力、すべてを手にした男の自信。
荘重な冠と祭服をまとい、玉座にふんぞり返る尊大な態度。

この手の為政者を演じて右に出る者のない玲央さん。
冷酷な目つき、重々しい語り口、時折皮肉に歪む片頬…
「モーツァルトの障壁」っぷりを存分に見せつけました。

当時のザルツブルクは大司教領ですので、事実上、彼が最高権力者と考えてよいでしょう。
逆らう者などいないはず…
が、いたのです。

その無鉄砲な人物こそ、若干21歳のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
「天才」の名をほしいままにする宮廷音楽家です。

料理人ならば厨房、庭師ならば庭が仕事場。
ならば、宮廷音楽家の仕事場は?
当然、コロレド大司教の支配する宮廷である。
なのになぜ、モーツァルトは宮廷を飛び出そうとする?

一介の若造など歯牙にもかけないそぶりで、そのじつ、モーツァルトに振り回される苛立ちを隠しきれない大司教。
彼がモーツァルトに抱く気持ちは何なのか?
それはおそらく、支配欲、そして征服欲。

モーツァルトに嫉妬したもう一人の男


コロレド大司教のモーツァルトに対する異常な執着。
それはなぜなのか?
二幕始めの「Comédie tragédie 喜劇、悲劇」に大司教の複雑な心理が表れます。

身分をわきまえろ。
おまえは私の言うことだけを聞いていろ。
極めつけは「おまえは余の召し使いなのだ」。

私の手の内から羽ばたき、外の世界に飛び立つことは許さない。
おまえは私の籠の鳥なのだ。

どれだけ音楽活動を妨害してもへこたれず、一度は戻った籠から再び逃げ出そうとする小鳥。
意のままにならぬくらいなら、その羽根をへし折ることすら辞さない大司教。

前回は寛大に休暇扱いとしましたが、二度はありません。
今度は永久追放。
「僕は自由だ!」と叫び、一目散にふるさとを飛び出すモーツァルト。
完全なる決別です。
以後、互いの人生が交わることはありません。

すべてを手にした男が唯一、手に入れられなかったもの。
それがモーツァルトだったのです。

サリエリ(凪七瑠海)はモーツァルトの才能に嫉妬した男ですが、コロレド大司教もまた、モーツァルトに嫉妬を抱いた一人なのかもしれません。

モーツァルトの向こう見ずな若さ、何ものも恐れぬ強さ、失うもののない自由さ。
黄金の玉座に縛りつけられた身には決して手の届かぬ輝きです。

モーツァルトの瞳が映すのは無限に広がる新しい世界。
あるいは、コロレド大司教の心にはモーツァルトに対する憧れがあったのかもしれません。

尊大な態度の裏に秘めた葛藤。
コロレド大司教の心の内に思いを馳せながら観ると、また違った面白さのある『ロックオペラ モーツァルト』です。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
礼真琴、無限の可能性―進化するロクモの先にあるもの│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(音波みのり/桜庭舞)│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(紫藤りゅう/朝水りょう/咲城けい)│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、こけら落とし三冠達成!ロクモ 池袋初日感想│ロックオペラモーツァルト
東京建物Brillia HALL情報まとめ―舞台の見え方・客席降り・アクセス・館内施設など│ロックオペラモーツァルト
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part3 ウェーバー4姉妹(音咲・小桜・舞空・星蘭)―歌は生きる力│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part2 小桜ほのか―天使の微笑・悪魔の歌声、アロイジア│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト
圧巻、ただただ圧巻―礼真琴×舞空瞳コンビ│ロックオペラモーツァルト
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト
池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

礼真琴、無限の可能性―進化するロクモの先にあるもの│ロックオペラモーツァルト

日曜日は池袋で友人と星組『ロックオペラ モーツァルト』観劇。
その後、日比谷で月組『I AM FROM AUSTRIA』観劇の友人のお母様と合流して銀座でお食事。

「女三人寄れば姦しい」と言いますが、ヅカファンが三人集まったら“かしましい”どころの騒ぎじゃありません。
お互い観てきたばかりの舞台の感想やら、贔屓の生徒さんの話題でキャーキャーわーわー。
個室でよかった~~ 笑
楽しいヅカ女子会でした!

礼真琴、無限の可能性


初日ぶりの『ロクモ』…
凄かった!!
たった5日の間に、さらにパワーアップ!
ステージに収まりきらない星組のエネルギーがブリリアホールをいっぱいに満たして…
熱い!
真冬とは思えない熱気に当てられ、客席もヒートアップ!

“熱”の中心はもちろん、星組新トップスター礼真琴!

フルパワーのさらに先をゆく力…
そう、いつぞやの歌のように「今日より明日より早く走り出すガムシャラパワー」で舞台狭しと暴れ回る琴ちゃん。

爆踊り!!爆歌い!!

圧巻は一幕ラストの「Je dors sur des roses バラの上で眠りたい」。
母を亡くし、恋を失い、生きる意味を見失った絶望を全身全霊で吐き出すヴォルフガング。

倒れ伏し、目に見えぬ何ものかの手に掴まれたかのように起き上がり…
もがき、のたうち回り…
操り人形を思わせるコンテンポラリーな味わいのパフォーマンス。

なめらかに、しなやかに、切れ目なく繰り出される動きに身体能力の高さがうかがえます。
目の前に繰り広げられる鬼気迫る舞踊に、音もなく静まり返る劇場。

そして、絶唱。
〽AhーーーAhーーーAhーーーAhーーー!!!
劇場の屋根を突き抜けんばかりの言葉にならない叫び。
小さな体のどこに、こんな凄まじいパワーを秘めているのか…

そして、クライマックス。
〽眠れーーーーーーーーー!!!
叩きつけるような音の圧に鼓膜が、全身がビリビリ震えます。
音のシャワーなんて可愛いもんじゃありません。
轟音を立てて流れ落ちる瀑布です。

圧倒的な芸の質量に、もはや唖然とする客席。
幕が下り始め、ようやく我に返ったように拍手が沸き起こります。

このシーンのためだけでも劇場に足を運んだ価値があるというもの。
『ロクモ』が凄いのは、他のシーンも同等、もしくはそれ以上の価値があること。
観客は幸せです。

進化するロクモの先にあるもの


Go Beyond The Limit(限界を超えろ)!!
自身が定めた目標通り、常に遥かな高みを目指し続ける琴ちゃん。

琴ちゃんの芸の何が恐ろしいって、「これが限界」と思わせないところ。
余裕があるんです。
まだまだ行ける、もっともっと行ける。

限界への挑戦を、むしろ楽しんでいるような琴ちゃん。
伸びやかに、軽やかに。
『ロックオペラ モーツァルト』という作品を完全に手なづけ、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトという役を飲み込んで自分の血肉にする。

もちろん人間ですから疲れもあるでしょうが、観客には微塵も悟らせないのが舞台人の矜持。
一回ごとに進化する『ロクモ』。
この舞台を終え、星組全員が揃ったとき、一体どんな世界が広がるのか。
期待が高まるばかりです。

礼真琴、愛される理由


『ロクモ』観劇の楽しみのひとつは、ヴォルフィのアドリブ。
笑顔を見せないサリエリ(凪七瑠海)を、なんとか笑わせようと画策する琴ちゃん。

まずは、指で鼻を押し上げて…豚鼻!
タカラジェンヌの豚鼻を観る日がくるなんて!
(ブタさんでも可愛い琴ちゃん)
しかし、反応してくれるのは笑い上戸のローゼンベルグ伯爵(紫藤りゅう)だけ。

ここからが本番!
可愛い作り声で「ミュージック、スターティン!」
ガバっと腰を落とし、ガニ股で〽愛がぁ~~すべてさぁ~~
なんと!大友康平のモノマネをするりんごちゃんのモノマネという二段階モノマネ!
かちゃさん(凪七)たまらず本気笑い!
会場も大爆笑!!!
今まで観た中で一番ウケてたかも…

他組の生徒さんがいらしてるときは演目にちなんだものだったり、毎回違うアドリブで楽しませてくれる琴ちゃん。
一番多かったのは動物ネタかな?
何でもできる琴ちゃんですが、モノマネまでお上手なんて!

この日は宝塚好きで有名な某エアーバンドのメンバーがいらしてたので、そのネタかな?と期待したのですが…
琴ちゃんのHOUND DOGが聴けたので良しとします!
(しかも、めちゃウマ!)
いいもん観れました~~ありがとうございます!

一途に芸を追求する「求道者」タイプのトップスターは時として近寄りがたい印象も与えますが、それだけに留まらないのが琴ちゃんのよいところ。

先代の紅ゆずるさん譲りのサービス精神、観客を楽しませたいという心をしっかり持ち合わせているのが、愛される理由だと思います。
これは、ヴォルフィの台詞「目隠しでチェンバロを弾いたのはみんなに喜んでもらいたかったからだ」によく表れています。

歌も踊りもお芝居も、そしてアドリブも。
すべては観客を喜ばせたいがため。
「礼真琴」という舞台人を端的に捉えた座付き作家・石田昌也らしい言葉です。

ずば抜けた芸と愛嬌。
そして、頼もしい相手役と盤石の星組子たち。
すべてを兼ね備えた新トップスター・礼真琴の行く先には希望しかありません!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
ロクモ キャスト別感想(音波みのり/桜庭舞)│ロックオペラモーツァルト
ロクモ キャスト別感想(紫藤りゅう/朝水りょう/咲城けい)│ロックオペラモーツァルト
礼真琴、こけら落とし三冠達成!ロクモ 池袋初日感想│ロックオペラモーツァルト
東京建物Brillia HALL情報まとめ―舞台の見え方・客席降り・アクセス・館内施設など│ロックオペラモーツァルト
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part3 ウェーバー4姉妹(音咲・小桜・舞空・星蘭)―歌は生きる力│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part2 小桜ほのか―天使の微笑・悪魔の歌声、アロイジア│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト
圧巻、ただただ圧巻―礼真琴×舞空瞳コンビ│ロックオペラモーツァルト
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト
池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**