FC2ブログ

宝塚史上最長タイトル誕生!?『シャーロック・ホームズ』から(仮)が取れた!

宝塚ファンをざわつかせた宙組公演の演目名『シャーロック・ホームズ(仮)』。
ようやく(仮)が取れ、正式タイトルが公開されました。

『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』 -サー・アーサー・コナン・ドイルの著したキャラクターに拠る-

長い!
記号も含めると60文字!
宝塚作品としては稀に見る長さでは?
むしろ最長記録樹立??

宝塚史上最長タイトルと最短タイトルは?


事あるごとにタイトルを口にしなくてはならない生徒さんやスタッフさんは大変そう…
(声に出してゆっくりめに読み上げたら9秒かかりました)
(字数制限のあるメディアはもっと大変)

開演アナウンスは「本日はようこそ宝塚大劇場にお越しくださいました。宙組の真風涼帆です。ただいまより生田大和作・演出、『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』-サー・アーサー・コナン・ドイルの著したキャラクターに拠る-X場を指揮XXXXにより開演いたします」的な感じになるんでしょうか?
初日はざわつきそうですねー 笑

今回に限らず、生田先生の作品はタイトルが長い傾向があります。
『Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』(27文字)とか、『鎌足−夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し−』(26文字)とか。
※『』除く

『シャーロック・ホームズ』は一気に倍以上の60文字(約物含む)!
作品にかける先生の意気込みがビシッ!バシッ!と伝わってきます。

ところで、最長タイトルは『シャーロック・ホームズ』で間違いないと思いますが、最短はどの作品でしょうか?
柴田侑宏先生のは短い気がします。
『マノン』の3文字かな?

『凱旋門』も3文字ですが、副題の「-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-」がつきますのでアウト。
同じ理由で『赤と黒』や『黒い瞳』も×。

『紫子』が2文字ですが、正式タイトルは「『紫子(ゆかりこ)』-とりかえばや異聞-」と結構長い。

というわけで、栄えある“最短タイトル賞”は『マノン』に決まり!
おめでとうございます!

(完全に2文字の作品をご存じでしたら教えてください)

※2021.2.6追記
3文字で『パック』、1文字で『竹』『鯨』『祭』『扇』『夏』(日本民族舞踏集より)、戦前の『桜』『幻』『光』などを教えていただきました。
なかでも『竹』『夏』は読みも2文字で最短。
というわけで、栄えある“最短タイトル賞”は『竹』及び『夏』に訂正いたします!

造詣の深い宝塚ファンの皆さまにご教示いただき、たいへん勉強になりました。
no name様、OM様、誠にありがとうございました!


真風ホームズに高まる期待


宝塚に負けず劣らずミステリ好きな私。
真風くん主演でホームズを演ると知ったときは嬉しかったですねーー

好きなジャンル同士のコラボって最高じゃないですか?
宝塚×雅楽の『蘭陵王』も嬉しかったなー

真風くんならヴィジュアルも200点満点間違いなし!
長身に映える鳥打帽&インバネス。
目に浮かびます。

ホームズといえばパイプですが、『Hotel Svizra House ホテル スヴィッツラ ハウス』に続き、2作品連続で喫煙者役でしょうか?
紫煙をくゆらすポーズ似合いますもんね。
煙草を持たせたくなる気持ち、分かります 笑

真風くんの声でホームズの台詞が再生されるタイトルに期待が高まります。
「ワトソン君、面白いことになってきたぞ!(The Game Is Afoot!)」
まだまだ先の公演ですが楽しみです!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

「パック」もありますね。

短い題名

短い題名で思い出すのは73年の「竹」です。
副題も何もなかったと思います。
他にも一文字だと「鯨」「祭」「扇」「夏」とかあったようですね。日本民族舞踏集の題名は短いのが多い。
調べてみると戦前には一文字の題名がけっこうあるようです。「桜」だの「幻」だの「光」だの。
「竹」はひらがなに直しても[たけ」二文字で読めるので(読みも一文字なのは戦前にも見当たらない)最短タイトル賞は「竹」「夏」でしょう。

Re: No title

>no name様
コメントありがとうございます!
そうでした、パックを忘れてはいけませんね!

Re: 短い題名

>OM様
コメントありがとうございます!
日本民族舞踏集については、ある講座を受講した際に知りましたが、タイトルまでは失念しておりました。
たしかに「鯨」は聞いた覚えがあります。

詳しく教えてくださり、感謝いたします。
「幻」や「光」など抽象的なタイトルは興味深いですね。
一体どんな作品だったのでしょうか?
イメージが膨らみます。

読みの「まつり」や「おうぎ」は3文字になりますので、やはり最短は「竹」「夏」ですね。
たいへん勉強になりました。
宝塚の世界は本当に奥深いですね。

No title

私も自称シャーロキアンなので、真風ホームズは期待しかないです(笑)!鳥打帽&インバネス&パイプに、ぜひヴァイオリンを加えたいですね。ガウン姿でベーカー街を見下ろしていただきたいです。楽しみですね〜。

Re: No title

>アヤ様

コメントありがとうございます!
真風ホームズ最高ですよね~~
ヴァイオリン&ガウン姿…見たいです…
生田先生なら叶えてくださるはず!
ストーリーはもちろん、ヴィジュアルも楽しみですね!
※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**